高温期のまま生理 妊娠。 妊娠初期に基礎体温が低い…妊娠は陽性のまま?

排卵後に基礎体温が上がらない!高温期がない原因と対処法は?

高温期のまま生理 妊娠

生理が来たのに基礎体温の高温期が高いまま?の原因と対策について書いています。 ここで書いている生理が来たのに基礎体温の高温期が高いまま?と別ページに書いている基礎体温の高温期が高いままで生理が来た?は一見同じように思えるかもしれませんが、これらは全く別の内容です。 生理が来たのに基礎体温が高いままの場合は基礎体温から見た不妊症の原因やポイントについての話になりますが、 基礎体温の高温期中に生理がきた? という内容では不妊治療な内容というよりも、基礎体温からわかる婦人科の病気の予測の話が中心になります。 そして特にこちらの内容には命に関わるような重大疾患も含まれています。 そのためこの二つは、はっきりと分けて考えるべきです。 この内容は長年基礎体温をもとに不妊治療を行ってきた漢方薬剤師としての長年の経験に基づくものです。 基礎体温の高温期が高いまま生理が来るのが何が問題なのか? 基礎体温の高温期が高いまま生理が来る場合は、西洋医学にしろ、漢方医学にしろ不妊症の原因をもっている可能性が方いのです。 そのため、今まで産婦人科などで不妊症に関わるしっかりとした検査をしたことが無ければ検査を受けてみるべきですし、もし過去に受けたことがある。 受けてみて問題なかった場合でも漢方医学的には問題があり、漢方治療した方が妊娠しやすくなるケースが多いのです。 基礎体温の高温期が高いままで生理が来る時の原因と対策 病院で不妊治療 ホルモン補充療法 の影響を受けている 病院で不妊治療のホルモン補充療法を受けていると基礎体温が長く高くなる傾向があります。 そのため、ホルモン補充療法を受けられていて基礎体温がだんだん高くなくなってきていて、なおかつ高温期であるのに出血が出るようになった場合、ホルモン補充療法の影響の可能性が高いです。 対策 基本的には特に対策する必要ありません。 ホルモン補充療法の影響ですのでやめてしばらくするとゆっくりゆっくりと正常に戻ってきますし、多くの場合、病的な問題は生じません。 ただし、基礎体温の状態が元の状態に戻るには年単位の時間が必要になります。 子宮筋腫 子宮筋腫があっても生理が来たのに基礎体温の高温期が数日続くことがあります。 子宮筋腫は場所によっては不妊治療の原因の一つとなります。 子宮筋腫はその大きさによって症状の度合いも異なってきます。 子宮筋腫が大きくなってくると月経過多、レバー状の塊が出る、重い生理痛またその筋腫が膀胱を圧迫すると頻尿になり、直腸圧迫すると便秘になります。 しかし中には自覚症状を伴わない方もおられます。 これは内診と超音波検査なのではっきりと確認することができます。 対策 病院での対策 手術による除去が一般的です。 手術を行わずに治療するにはピルを服用することによって子宮筋腫を小さくするやり方もありますが、ピルを服用していると妊娠ができないため、不妊治療されている方は手術をされるのが一般的です。 一般的に自分の握りこぶしよりも大きい大きさの筋腫は漢方薬では無理という風に考えられています。 あまり大きくない子宮筋腫が数多くあるようなケースの場合は漢方薬での治療も選択肢の一つになると思います。 子宮筋腫はで考えるとということになります。 その瘀血を取り除くため活血薬という血液をサラサラにする漢方薬を用います。 子宮内膜症とは子宮の内膜の細胞が子宮内膜以外の所にできてしまう病気のことです。 例えば子宮内膜症が卵巣内にできてしまうものをといい、子宮内膜症が子宮筋層内にできてしまうものをと言います。 どちらも不妊症の原因となります。 子宮内膜症の検査としては経膣超音波断層法、CTなどの画像診断が有効です。 確定診断には腹腔鏡検査が行われます。 対処法 病院での対処法 子宮内膜症で妊娠を希望されていない方の場合は、ピルなどのホルモン剤を用いて子宮内膜の増殖を抑える治療が行われることがあります。 これは治療も簡単で身体的負担もないですけれども吐き気や頭痛不正出血などの副作用が出ることがあります。 またピルを服用している間は妊娠することができないため妊娠希望されている人には向かない治療法です。 妊娠を希望される場合は手術療法が一般的になります。 手術は腹腔鏡を用いて行われます。 手術は保存手術という形で病巣部分以外の卵巣を残します。 病巣のみを切除して癒着を剥がします。 ただ 子宮 内膜症は再発リスクがかなりあります。 そのため、 重症化した子宮内膜症の場合は子宮内膜症の影響を受けない不妊治療(体外受精など)へステップアップすることも選択肢の一つです。 漢方による対策 子宮内膜症や子宮腺筋症など生理痛 月経困難症 などに関する治療に関しては漢方はとても有効です。 子宮内膜症による癒着が原因でキャッチアップ障害などが起きている場合は残念ながら漢方で対処する方法はありません。 自分で良かれと思って服用しているサプリメントが合わないとこのように基礎体温の高温期に生理が来てしまうことがあります。 サプリメントでもミネラル系やビタミン系のサプリではこのような影響は保護を受けることはありません。 このようなことが起こるのはマカやザクロなど、女性ホルモンに影響を与えるような成分が入っていて、なおかつ服用ている人に合っていない時にこのようなことが起こります。 また漢方薬でもこのようなことが起こることがあります。 これは合っていない場合と体質改善を行っていく時に一過性でこのような状態が起きることもあります。 対策 ご自身の判断でサプリメントや漢方薬を購入されている場合は、一旦サプリメントや漢方薬をやめて様子を見てみるというのはひとつのやり方です。 もし専門的な漢方薬局、健康食品のお店などで相談をされているようであれば、そちらで 改めて相談をしてみても良いと思います。 漢方理論の瘀血がある ホルモン補充療法などの不妊治療も行っていないし、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科の病気も無いのにも関わらず、生理が来たのに高温期が続くような場合というのは、 漢方理論でいうもともとが瘀血体質である可能性があります。 瘀血体質とはもともと血液の流れが悪いタイプのことです。 例えば唇が普通の方に比べて黒っぽかったり、舌を出すと舌にほくろのような点が見えたり、舌の裏の静脈が青黒く浮き上がって見えたりたりするようなタイプの方はこれにあたります。 自覚症状では足先の冷え、冷えのぼせといった症状が出やすいタイプです。 そしてこういう方は案外多くおられます。 対策 漢方でいう活血薬という漢方薬を用います。 簡単に言えば血液をサラサラにするお薬です。 明らかに生理が来たのにも関わらず、高温期が数日続くような場合の中で、気をつけるべき婦人科の病気としては子宮内膜症や子宮筋腫があります。 子宮筋腫の場合、そのできた場所と大きさによって対応は異なります。 もし、病院の医師の所見として子宮筋腫が不妊症の原因となっている場合は手術する方が早いです。 しかし術後しばらく不妊治療をお休みする必要があるため40代の高齢不妊の患者さんの場合は選択が難しいです。 子宮内膜症の場合は、手術という選択肢もありますが、子宮内膜症の影響を受けにくい体外受精へのステップアップの方が治療としては近道かもしれません。 子宮内膜症による激しい痛みは漢方でも対応できるものです。 そして、病院で原因らしい病気がない時には、生理が来たのに高温期が高いままの原因は瘀血であることがほとんどです。 そのため、そういう場合は漢方薬による治療をお勧めします。

次の

基礎体温が低温期のまま妊娠の可能性はありますか?|ママ友募集初めまして(妊娠したい)|妊娠・出産・育児に関する総合情報サイト【ベビカム】

高温期のまま生理 妊娠

普段から基礎体温をつけていると、生理周期や基礎体温のアンバランスに 気づくことがあります。 たとえば、「高温期なのに生理がきた」「生理がきた後も高温期が続いている」 というケースがそうです。 正常な生理周期であれば、排卵から約2週間後にプロゲステロン(黄体ホルモン)の 量が減って低温期となり、生理がきます。 しかし、「生理なのに高温期」という状態はこの正常なパターンとは異なるため、 「なにか異常があるのでは?」と不安を抱く方が多いのです。 これは生理? 不正出血? それとも妊娠? 今回は、この疑問にお答えします。 まず、理想的な基礎体温を理解しておきましょう 基礎体温(妊娠していない場合 )では、• 生理開始から14日前後の低温期を経て排卵• 排卵後、1〜2日で体温が上がって高温期に入り、高温期が12〜14日続く• 体温がストンと下がって低温期に入り、生理がやってくる このように、 くっきりと2層に分かれているのが理想です。 低温期の間、卵胞は静かに成熟し、排卵すると一気に高温期に入ります。 体温が上がるのは、排卵によって破れた卵胞が黄体に変化して、 プロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌しているためです。 妊娠すればそのまま高温期が続き、妊娠していない場合は、プロゲステロンが 減少することで体温がスッと下がり、次の卵胞を育てる準備に入ります。 子宮内膜は剥がれ落ち、新たな子宮内膜に生まれ変わります。 (子宮内膜の剥脱・再生) そして、また卵胞が成熟したら排卵して……というのを繰り返しているのです。 なお、生理周期には個人差があるので、• 生理初日〜次回の生理がくる前日までの期間が25〜38日• 毎月の生理周期の誤差が6日以内 この範囲であれば、正常な生理周期となります。 基礎体温は、体の様子を正直に映し出す 低温期に入って生理がくるのが普通ですが、たまにこのサイクルが乱れ、 「高温期なのに生理がきた」ということが起こります。 生理周期は女性ホルモンによって調整されていて、このホルモンバランスは 自律神経の影響を受けやすく、環境の変化やストレスですぐに変調をきたします。 ですから、多少の誤差は珍しくありません。 「いつもより早く(遅く)生理がきた」というのは、誰でも経験があると思います。 しかし、• 明らかに高温期が短かく(10日以下)、生理になる• 高温期が上がったり下がったり安定しないまま生理になる• 高温期のまま生理が始まり、その後もずっと高温期が続く このような場合は、治療が必要な場合もありますので注意が必要です。 基礎体温は女性の体の状態を反映しています。 「あれ? いつもと違う」という気づきが、外からは見えない体の中のトラブルを 見つけるきっかけになるのです。 さらに、低温期になって生理がくるのは、「次の卵胞を育てる準備に入る」ことを 意味しています。 しっかりと卵胞を育てるためには、十分な低温期が必要なのです。 「高温期のまま生理」という状態は、卵胞の発育にとっても、 よい環境とはいえません。 「高温期のまま生理」で考えられるトラブル 高温期に変調があるときに考えられるトラブルとして、• 黄体機能不全• 体内の炎症によるもの …があります。 黄体機能不全 高温期が短く、上がったり下がったりと不安定なまま生理になる場合は、 「黄体機能不全」を疑います。 排卵後の体温上昇はプロゲステロン(黄体ホルモン)によるものなので、 高温期が短かい・不安定という状態は、プロゲステロンが不足している証拠です。 ほかにも、子宮内膜をフカフカにして着床しやすくする、妊娠を継続させる作用が あるため、黄体が働いていないと不妊症や流産の原因になります。 体内の炎症によるもの 代表的なものに、 子宮内膜症があります。 子宮内膜症の組織から分泌される炎症性物質によって、体は慢性的な炎症状態となり、体温が下がりにくくなることがあります。 また、トラブルではありませんが、ホルモン剤を使用していると 体温が下がりきらないことがあります。 漢方的視点からみた、高体温と生理の関係 高温期が終わり、ストーンと低温期に下がるのが理想ですが、「ダラダラと下がる」「下がりきっていないのに生理がくる」という場合、• 陰虚(蓄えて育てる力の不足)• 血虚(栄養・ホルモンの不足)• 気虚・陽虚(エネルギーの不足・温める力の不足) ……このような状態が考えられます。 つまり、• 高温期が不安定・生理のタイミングが早いという状態は、ホルモンバランスの変調や、卵胞の発育不全からくる黄体機能不全を考えます。 どのような対応をすればいい? まれに、正常妊娠の場合でも生理の予定日から数日間続く出血(月経様出血)が 見られることがあります。 「生理がきても高温期が続く」という場合、まずは妊娠検査薬で妊娠の可能性がないか確認してみましょう。 高温期に「予定日通りに生理がきた」と考えて、検査をせずに妊娠の可能性を 見逃すのはとても危険です。 そして、妊娠検査が陰性であっても、• 高温期が続く• 生理周期のたびに高温期が不安定(2〜3ヶ月続けて) ……という場合には、一度病院で診てもらうことをおすすめします。 ホルモン療法が原因の場合は、治療を中止することで体温上昇は落ち着きます。 しかし、黄体機能不全や子宮内膜症は、適切な治療をしなければ不妊症の原因と なりますので注意が必要です。 黄体機能不全・子宮内膜症ともに、状態が改善することで基礎体温や生理の変調も 正常に戻ってきます。 漢方治療としては、育てる力である「腎・陰」を補うこと、血や気をつくる土台である「脾(胃腸)」の養生が大切です。 高温期の不調については、こちらでも詳しく説明しているので 参考になさってください。 【まとめ】 基礎体温と生理の変調、それにまつわる体のトラブルについてのお話でした。 今回の「高温期で生理」のように、気づかないところでトラブルが起きているのに 見逃してしまうと、病気の悪化だけでなく不妊症につながることがあります。 逆に、不妊症で悩んでいる方が基礎体温をつけることで、黄体機能不全などの不調に 気づき、適切な対処によって妊娠できることもあります。 異変を見逃さず、トラブルに早く気づいて治療するために、 まずは自分の体を知ることが大切です。 そのためにも、普段からご自身の基礎体温と生理周期を知っておきましょう。 「あれ? いつもと違う」 この気づきこそ、女性の健康や、安全な妊娠・出産にとって非常に大切なことです。 たくさんの喜びの声が届いてるとっておきのブレンドティー。

次の

生理がきたのに、陽性がでました。妊娠を希望しています。先...

高温期のまま生理 妊娠

あります。 月経が来ないまま2週間以上高温期が続いていれば、妊娠の可能性があります。 きちんと排卵があり、月経周期が正常な女性の基礎体温は、低温期と高温期の二相を描きます。 一般には生理が始まって2週間ぐらいは低温期が続き、その後排卵が起きた後には高温期が2週間続く、という具合です。 一方、妊娠したときの基礎体温は、月経が来ず、高温期が続きます。 その理由は、卵巣から分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)にあります。 黄体ホルモンは、排卵後、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くし、体温を上げるように働きます。 妊娠すると黄体ホルモンの分泌量は増加し、妊娠後期まで増え続けるため、基礎体温が高温期のまま継続されるというわけです。 ですから、高温期が2週間以上続いていれば、妊娠の可能性があります。 3週間以上続いている場合は、妊娠の診断が必要です。 産婦人科を受診しましょう。

次の