白血球 減らす 飲み物。 白血球を下げる食事!

免疫力を上げる食事とは?

白血球 減らす 飲み物

尿検査の項目 尿検査の項目に入る前に、 尿がどのように作られているのかについて簡単にご説明しておきます。 私たちが食事をすると、その栄養は腸を通って酸素とともに血液に変わりますが、その血液は腎臓へと流れていきます。 腎臓ではその血液をろ過(溶かす・分解するといった解釈)して体にとって必要なものとそうでないものと分けます。 そして、尿として出される成分は尿管を通って膀胱へと届き、尿道から排泄されます。 この流れを把握しているのとしていないのとでは、これからお伝えすることへの理解度が変わってきます。 では本題に入りますが、代表的な尿検査の項目について見ていきます。 尿蛋白(にょうたんぱく) この検査では、その名の通り尿に蛋白= たんぱく質が含まれていないか を確認するわけですが、 正常であれば尿に多くの蛋白は含まれないので、必要以上に多かった場合に陽性となり再検査の対象となります。 陰性以外は全て再検査になりますが、食事や運動などによって変動していることもあるので陽性であっても問題がないこともあります。 陽性の時は腎臓に疾患があることを示しますが、蛋白以外に赤血球も見られる場合に腎臓病を疑われますので、恐れず再検査を受けるようにしましょう。 尿糖(にょうとう) こちらも尿に 糖があるかどうかを調べるわけですが、 正常であれば尿に多くの糖は含まれません。 それは腎臓の中にある尿細管(にょうさいかん)というところで糖を必要なものとして再吸収してくれるからです。 尿蛋白同様に陽性と診断されれば再検査の対象となります。 尿ウロビリノーゲン こちらの検査は、 肝臓や胆嚢(たんのう) に異常がないかを診断します。 ウロビリノーゲンとは古くなった赤血球やコレステロールなどが肝臓でビリルビンになり 腸内細菌で生成される物質のことを言います。 尿潜血(にょうせんけつ) 尿の中に 血液が多く混じっていないか を確認する検査です。 健康体の人の尿であっても血液は混じっています(肉眼では確認できません)が、その 量が多いと腎臓や膀胱・尿管・尿道などに異常がある診断されるので結果が陽性の場合は再検査の対象となります。 尿比重(にょうひじゅう) 尿の中に含まれている 水分以外の成分(尿素や塩化ナトリウム、老廃物など) がバランスよく排泄されているかを確認する検査です。 尿は水分と一緒に老廃物などを一緒に排泄してくれますが、その濃度を調節しているのが腎臓の働きです。 正常値は 1. 010 ~ 1. 030とされているのでそれ以下でもそれ以上でも再検査対象となります。 尿pH pHとは水素イオン濃度のことで、尿が 酸性かアルカリ性か を確認する検査です。 健康体の人は弱酸性で、基準値6. 5前後と診断されます。 0以下は 酸性尿で糖尿病や痛風になる可能性があり、7. 5以上になると 尿路感染症や嘔吐・過呼吸になります。 酸性の場合は野菜や海藻類、アルカリ性の場合は肉類が適しています。 尿沈渣(にょうちんさ) 尿を遠心分離器にかけて沈殿してきた 赤血球や白血球などの成分を顕微鏡で確認する検査です。 腎臓でつくられる尿ですが、排泄されるまでの 尿路や膀胱に混入物などがないか確認して、腎臓や尿路に関する病気を早期発見します。 この検査は 尿蛋白・尿糖・尿潜血で陽性が出た場合にのみ行われます。 スポンサーリンク 腎臓に良い食べ物と飲み物 尿と腎臓が深い関係にあることや、尿検査の項目内容によって腎臓をいたわるべきということもわかっていただけたと思います。 また尿蛋白が正常値でなければ腎臓に異常があることもわかっていただけと思います。 ここでは、その尿蛋白を下げる=腎臓にとって良い食べ物を見ていきます。 具体的な食べ物を見ていく前に、腎臓にとって良い栄養についても触れておきます。 腎臓にとって良い栄養素は、ズバリ言うと 『オルニチン』と 『カリウム』です。 オルニチンは肝臓に良いイメージですが、腎臓にとっても良い栄養素と言えます。 通常、肝臓は毒素のあるアンモニアを解毒してから各臓器を経由して腎臓までは届かせ尿素に変えるのですが、肝臓の機能が低下していると解毒できないまま腎臓まで届くことになります。 しかし、オルニチンを摂取していれば 肝臓も腎臓の機能も低下させることなく 元気な状態でいられます。 次に カリウムですが、これの特長は 『利尿作用』があるということです。 カリウムは塩分の吸収を抑えて腎臓への負担を軽くしてくれる作用があります。 ただ、こちらの場合は腎臓病やすでに腎臓に関する疾患になってしまっている方にとっては摂取量を調整しなければ体にとって有害になります。 腎臓に関する病気を患っている方は病院からの指示に従って食事をしましょう。 これらを踏まえて腎臓にとって良い食べ物と飲み物=オルニチンやカリウムの多い食べ物と飲み物を見ていきましょう。 腎臓に良い食べ物 オルニチンの多い食べ物(100gあたり) シジミ:約10~15mg えのきだけ:約14mg チーズ:約1~8mg キハダマグロ:約2~7mg ヒラメ:約1~4mg これら以外にも特筆すべき食べ物が 『本しめじ』の存在です。 オルニチンというとシジミのイメージがありますが、この本しめじは シジミの約 6 倍ものオルニチンが含まれていることが判明しています。 上記のシジミ100g=35個に対して、 シジミ 700 個にも相当すると言われています。 というわけで、本しめじが気になる方はこちらをどうぞ。 尿検査をする意味や受ける前のポイントなどもまとめてありますので、こちらの動画をご覧ください。 腎臓に関する記事はこちらにまとめていますので、あわせてご覧ください。 また、腎臓に良いカリウムやオルニチン、タウリンに関する記事も書いています。 尿以外にも自分の健康が気になる方は、こちらの検査キットをどうぞ。 まとめ 以上、尿検査の項目と腎臓に良い食べ物と飲み物についてみてきました。 まとめると以下の通りになります。 ・尿検査には様々な種類があるが、その多くは腎臓に異常があった場合に再検査の対象となる ・尿検査の中でも尿蛋白の検査は腎臓の機能を知るための基準となるので、尿蛋白が上げない食生活をする ・尿蛋白を上げないためにはオルニチンとカリウムの栄養素が鍵を握っているが摂り過ぎには注意する.

次の

【管理栄養士監修】白血球を増やす食べ物3選!免疫力を上げて病気になりにくい身体を手に入れよう

白血球 減らす 飲み物

【白血球の異常について】 白血球は、外部からの病原微生物や花粉などアレルギーの原因物質、あるいは体内の悪性腫瘍や炎症に対する免疫反応により体を守るためにはたらく血液細胞です。 細菌感染などに対して殺菌作用をもつ好中球、ウイルス感染に対して抗体を産生し様々なサイトカインを出して攻撃するリンパ球、外部からの侵入者や体内の細胞を貪食する単球・マクロファージ、寄生虫感染やアレルギー反応で増加する好酸球、さらに標的細胞を直接攻撃する これを自然免疫といいます)ナチュラルキラー細胞などがあります。 白血球の数が増加する場合と減少する場合について考えてみましょう。 感染症では一般に白血球数は増加します。 また外傷や脳梗塞などの組織障害が起これば、これもまた好中球増加の原因となります。 しかし最も注意していただきたいのは、やはり白血病です。 白血病にはその経過から急性と慢性があり、細胞の起源により骨髄性とリンパ性にわけられます。 多くの場合、患者様自身の症状は軽微です。 風邪が長引く、段階を上るときつい、足に赤い斑点 点状出血)ができた、歯を磨くと血が出るなどの症状があり、たまたま血液検査を受けて見つかります。 白血病細胞は機能をもたない未熟な細胞で無制限に増殖しますので、造血の場である骨髄の中では逆に正常な血液細胞 白血球、赤血球、血小板)の生産を妨害し、このため感染症が重症化し、貧血や出血傾向が悪化します。 一方白血球が減少するのは、これもまた感染症による場合があります。 ウイルスが感染した細胞を破壊し、あるいは単球・マクロファージを異常に活性化し血球を貪食させ、リンパ球減少さらに汎血球減少(白血球、赤血球、血小板の全てが減少する)をおこします。 また細菌感染の重症例でも白血球は減少します。 血液疾患が原因ではなく白血球減少をおこす薬剤にも注意が必要ですが、これについては薬剤部の田渕さんが説明します。 このように白血球の異常には生命にかかわるような重大な疾患が隠れていることがありますので、放置せずに血液・膠原病内科を受診するようにしてください。 (内科医師 武本 重毅) 【白血球減少をきたす薬剤について】 白血球減少は薬剤によって引き起こされることもあります。 抗がん剤などの骨髄抑制をきたす薬剤で起こる場合と、それ以外の薬剤においてアレルギー性 あるいは中毒性)機序として起こる場合があります。 白血球減少のうち、特に好中球が著しく減少した場合を無顆粒球症と呼びますが、無顆粒球症の原因で最も多いのは薬剤性です。 抗がん剤以外で比較的高頻度に無顆粒症をきたす薬剤には、抗甲状腺薬 チアマゾール、プロピルチオウラシル等)、抗菌薬(ペニシリン系、ST合剤等)、解熱鎮痛薬(インドメタシン、フェナセチン等)、抗痙攣薬 カルバマゼピン等)などがあります。 しかし、漢方薬や市販薬を含め、抗血小板薬、抗潰瘍薬、降圧薬など、どのような薬剤でも起こりえます。 治療の第1は原因薬剤の服用を中止することです。 原因薬剤が特定できない場合は、可能性のある薬剤を全て中止します。 ほとんどの人は原因薬剤中止後1〜2週間で回復することが多いのですが、場合によっては好中球を増やす薬剤(好中球コロニー刺激因子:G-CSF製剤)を使用することもあります。 また、感染症を合併している場合は、抗菌薬を使用し治療します。 無顆粒球症の初期症状は、発熱や寒気、のどの痛み、倦怠感などです。 薬剤を服用中にこのような症状が出たら、かぜと思ってそのままにせずに、すぐに受診して医師にご相談下さい。 (薬剤科 田渕 真弓) 【白血病と食事】 白血球が異常を示した場合、その要因にはいろいろな疾患が考えられますが、その中でも、白血病について食事との関連を挙げてみましょう。 白血病は血液のがんと云われています。 白血球の減少により細菌の侵入を防御する働きが弱くなり感染症にかかり易くなります。 白血球は食事や運動で増加させることはできません。 感染に対する体の抵抗力をつけることが大切です。 バランスのとれた食事を積極的に摂ることが基本になりますが、生物(刺身、寿司、肉の刺身、生卵、半熟卵、冷奴など)は、完全に火が通った状態で食べるようにします。 免疫力をアップさせる食材には緑黄色野菜、キャベツ、大根、玉葱、ニンニク、お茶、紫蘇、生姜、きのこ、バナナ、りんご、ヨーグルト、納豆、チーズ、海草類などが挙げられます。 食欲不振や消化不良、口内炎などがある場合は不足がちな栄養素を濃厚流動食で補うこともよい方法です。 そのほかには、1. 加工食品、インスタント食品などに多く含まれる食品添加物など化学物質を避ける 2. 濃い味に慣れると粘膜が傷を受けやすい状態になるので、薄味に慣れる 3. アルコール飲料、カフェイン、炭酸飲料は禁止するなどがあります。 白血球数によって食べられる食品や料理法は変わりますので、専門の医師、管理栄養士によく相談しましょう。 (管理栄養士 浅井 和子) 診療の特色 <血液・膠原病内科> 血液疾患というとめずらしい病気のように思われがちですが、骨髄で造られる赤血球・白血球・血小板という血液細胞の増加・減少の検査と治療で多く患者様を御紹介いただいています。 貧血を例にとれば鉄欠乏性貧血のように一般女性にみられる疾患から消化管術後の巨赤芽球貧血、さらに重症で輸血の適応となる骨髄異形成症候群や再生不良性貧血などがあります。 血小板減少の原因も様々ですが、脳出血を起こす危険性がありますので早急な診断と治療が必要です。 造血器腫瘍(「血液のがん」)である白血病や悪性リンパ腫に対しては、化学療法ならびに造血幹細胞移植による治療を積極的におこなっています。 診療時間 8:30〜17:00 (診療受付時間 8:30〜11:00) ただし、 急患はいつでも受診できます。 診療科目:総合医療センター(総合診療科、血液・膠原病内科、内分泌・代謝内科、腎臓内科、神経内科、呼吸器科)、心臓血管センター(循環器科、心臓血管外科)、消化器病センター(消化器科)、精神科、神経科、小児科、外科、小児外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、感覚器センター(眼科、耳鼻咽喉科)、気管食道科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科・口腔外科、救命救急センター、人間ドック、脳ドック.

次の

【医師監修】白血球増加って? 血液検査・尿検査…知らなかった健康診断の数値の見方|杏奈先生のなでしこ健康相談室

白血球 減らす 飲み物

【白血球の異常について】 白血球は、外部からの病原微生物や花粉などアレルギーの原因物質、あるいは体内の悪性腫瘍や炎症に対する免疫反応により体を守るためにはたらく血液細胞です。 細菌感染などに対して殺菌作用をもつ好中球、ウイルス感染に対して抗体を産生し様々なサイトカインを出して攻撃するリンパ球、外部からの侵入者や体内の細胞を貪食する単球・マクロファージ、寄生虫感染やアレルギー反応で増加する好酸球、さらに標的細胞を直接攻撃する これを自然免疫といいます)ナチュラルキラー細胞などがあります。 白血球の数が増加する場合と減少する場合について考えてみましょう。 感染症では一般に白血球数は増加します。 また外傷や脳梗塞などの組織障害が起これば、これもまた好中球増加の原因となります。 しかし最も注意していただきたいのは、やはり白血病です。 白血病にはその経過から急性と慢性があり、細胞の起源により骨髄性とリンパ性にわけられます。 多くの場合、患者様自身の症状は軽微です。 風邪が長引く、段階を上るときつい、足に赤い斑点 点状出血)ができた、歯を磨くと血が出るなどの症状があり、たまたま血液検査を受けて見つかります。 白血病細胞は機能をもたない未熟な細胞で無制限に増殖しますので、造血の場である骨髄の中では逆に正常な血液細胞 白血球、赤血球、血小板)の生産を妨害し、このため感染症が重症化し、貧血や出血傾向が悪化します。 一方白血球が減少するのは、これもまた感染症による場合があります。 ウイルスが感染した細胞を破壊し、あるいは単球・マクロファージを異常に活性化し血球を貪食させ、リンパ球減少さらに汎血球減少(白血球、赤血球、血小板の全てが減少する)をおこします。 また細菌感染の重症例でも白血球は減少します。 血液疾患が原因ではなく白血球減少をおこす薬剤にも注意が必要ですが、これについては薬剤部の田渕さんが説明します。 このように白血球の異常には生命にかかわるような重大な疾患が隠れていることがありますので、放置せずに血液・膠原病内科を受診するようにしてください。 (内科医師 武本 重毅) 【白血球減少をきたす薬剤について】 白血球減少は薬剤によって引き起こされることもあります。 抗がん剤などの骨髄抑制をきたす薬剤で起こる場合と、それ以外の薬剤においてアレルギー性 あるいは中毒性)機序として起こる場合があります。 白血球減少のうち、特に好中球が著しく減少した場合を無顆粒球症と呼びますが、無顆粒球症の原因で最も多いのは薬剤性です。 抗がん剤以外で比較的高頻度に無顆粒症をきたす薬剤には、抗甲状腺薬 チアマゾール、プロピルチオウラシル等)、抗菌薬(ペニシリン系、ST合剤等)、解熱鎮痛薬(インドメタシン、フェナセチン等)、抗痙攣薬 カルバマゼピン等)などがあります。 しかし、漢方薬や市販薬を含め、抗血小板薬、抗潰瘍薬、降圧薬など、どのような薬剤でも起こりえます。 治療の第1は原因薬剤の服用を中止することです。 原因薬剤が特定できない場合は、可能性のある薬剤を全て中止します。 ほとんどの人は原因薬剤中止後1〜2週間で回復することが多いのですが、場合によっては好中球を増やす薬剤(好中球コロニー刺激因子:G-CSF製剤)を使用することもあります。 また、感染症を合併している場合は、抗菌薬を使用し治療します。 無顆粒球症の初期症状は、発熱や寒気、のどの痛み、倦怠感などです。 薬剤を服用中にこのような症状が出たら、かぜと思ってそのままにせずに、すぐに受診して医師にご相談下さい。 (薬剤科 田渕 真弓) 【白血病と食事】 白血球が異常を示した場合、その要因にはいろいろな疾患が考えられますが、その中でも、白血病について食事との関連を挙げてみましょう。 白血病は血液のがんと云われています。 白血球の減少により細菌の侵入を防御する働きが弱くなり感染症にかかり易くなります。 白血球は食事や運動で増加させることはできません。 感染に対する体の抵抗力をつけることが大切です。 バランスのとれた食事を積極的に摂ることが基本になりますが、生物(刺身、寿司、肉の刺身、生卵、半熟卵、冷奴など)は、完全に火が通った状態で食べるようにします。 免疫力をアップさせる食材には緑黄色野菜、キャベツ、大根、玉葱、ニンニク、お茶、紫蘇、生姜、きのこ、バナナ、りんご、ヨーグルト、納豆、チーズ、海草類などが挙げられます。 食欲不振や消化不良、口内炎などがある場合は不足がちな栄養素を濃厚流動食で補うこともよい方法です。 そのほかには、1. 加工食品、インスタント食品などに多く含まれる食品添加物など化学物質を避ける 2. 濃い味に慣れると粘膜が傷を受けやすい状態になるので、薄味に慣れる 3. アルコール飲料、カフェイン、炭酸飲料は禁止するなどがあります。 白血球数によって食べられる食品や料理法は変わりますので、専門の医師、管理栄養士によく相談しましょう。 (管理栄養士 浅井 和子) 診療の特色 <血液・膠原病内科> 血液疾患というとめずらしい病気のように思われがちですが、骨髄で造られる赤血球・白血球・血小板という血液細胞の増加・減少の検査と治療で多く患者様を御紹介いただいています。 貧血を例にとれば鉄欠乏性貧血のように一般女性にみられる疾患から消化管術後の巨赤芽球貧血、さらに重症で輸血の適応となる骨髄異形成症候群や再生不良性貧血などがあります。 血小板減少の原因も様々ですが、脳出血を起こす危険性がありますので早急な診断と治療が必要です。 造血器腫瘍(「血液のがん」)である白血病や悪性リンパ腫に対しては、化学療法ならびに造血幹細胞移植による治療を積極的におこなっています。 診療時間 8:30〜17:00 (診療受付時間 8:30〜11:00) ただし、 急患はいつでも受診できます。 診療科目:総合医療センター(総合診療科、血液・膠原病内科、内分泌・代謝内科、腎臓内科、神経内科、呼吸器科)、心臓血管センター(循環器科、心臓血管外科)、消化器病センター(消化器科)、精神科、神経科、小児科、外科、小児外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、感覚器センター(眼科、耳鼻咽喉科)、気管食道科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科・口腔外科、救命救急センター、人間ドック、脳ドック.

次の