カウンセラー 資格。 カウンセラーに必要なこととは?求められるスキルや仕事に活かせる資格

心理カウンセラーとして独立開業するために必要な資格と知識

カウンセラー 資格

タグ NLP 教育カウンセラー 産業心理学 産業カウンセラー 生理心理学 独立開業 独学で資格取得 犯罪心理学 災害心理学 民間資格 教育現場で働く 教育機関で働く 教育心理学 教育 発達心理学 悪い質問 恋愛心理学 恋愛の心理学 応用心理学 心理相談員 心理学とは 心理学 心理士 心理カウンセリング 心理カウンセラーを目指す理由 心理カウンセラーの資格 心理カウンセラーの合格率 病院で働く 相補性の法則 心理カウンセラーの仕事 認定カウンセラー 電話相談員 部分強化理論 適正チェック 返報性の原理 転職 質問力 資格取得条件 資格取得 資格の種類 資格の取り方 講座や学校の選び方 行動心理学 相談業務 行動心理 行動主義 良い質問 自己開示 自己肯定感 臨床心理学 臨床心理士 肩書き 給料 精神保健福祉士 福祉関係で働く 社会福祉 心理カウンセラーの働き方 心理カウンセラー アッシュの同調実験 ツァイガルニク効果 交流分析士 メンタルケア心理士 メリット ミラーリング フックド理論 ビジネス心理学 パート パーソナリティー パブロフの犬 ハマる心理 デメリット ダブルバインド 人格心理学 セルフエスティーム スキルアップ スキナー サイトマップ コミュニケーション力を高める資格 クローズドクエスチョン カウンセリング技法 カウンセリング オープンクエスチョン ウィンザー効果 イエス誘導法 アルバイト 人の心を読む 人間関係 心の働き 基礎心理学 心の健康 年収 就職先 就職 家族相談士 客観的理解 学習理論 学校心理士 学校で働く 好意の返報性 基礎心理学の種類 国家資格 人間関係の改善・向上 同調行動 古典的学習理論 受容 収入 効果 共感的理解 公認心理師 働き方 傾聴 信頼を得る心理学 信頼 仕事の心理学 類似性の法則• 『 心理カウンセラーとして独立開業し、悩んでいる方の力になりつつ、生計を立てたい』 漠然とこの様に思っても、一体どのようにしたら心理カウンセラーとして事業を起こせるのかわかりませんよね? 心理カウンセラーとして独立開業する場合は、まず実績と実力が必要です。 その上で 社会的信用度の高い資格を取得していると集客のアドバンテージがあります。 そして、自分の実績に基づいて得意分野や専門分野を持っていると他の心理カウンセラーとの差別化やお客様への信頼度も上がります。 ですから、あなたは資金の用意と各種手続きを済ませることができれば、明日からでも心理カウンセラーとして事業を始めることが可能なんですね。 心理カウンセラーとして独立開業するのであれば、当然、への知識やカウンセリング技術が必要になってきます。 これを学ぶ方法が、資格取得だったりするのですね。 ですから、を取得する努力をすることは必要になってきます。 また、独立開業して成功するかどうかのポイントは集客力です。 どのような人を対象に、何ができるかというメッセージが集客に関わってきます。 この様に、心理カウンセラーとして独立開業するためには、様々な条件をクリアしていく必要が出てくるのですが、本記事では 独立開業していくために一体なにが必要となり、成功するための秘訣は何か?お伝えしていきたいと思います。 【1】 心理カウンセラーとして独立開業する場合に資格は必要か? 『心理カウンセラー』の看板を掲げるのは、特別な資格がなくてもできます。 心理カウンセラーは医師や弁護士のような国家資格・名称独占資格ではないので、誰でも実力があれば「心理カウンセラー」と名乗ることができるのですね。 そういう意味では心理カウンセラーとして独立開業するのに絶対に必要な資格というのはありません。 しかし「心の相談室」などのカウンセリングオフィスを開設している人のほとんどは、を取得しているのが現状です。 もちろん、自営業やフリーランスで活動している方はその限りではなく、特になどの資格を持っていなくても十分に活躍されています。 独立開業で成功するには実績や集客力が重要ですが、社会的信用・権威があるに越したことはありません。 そういう意味では心理カウンセラーの資格は非常に強い武器となるでしょう。 こういった資格を保有する事で得られる効果は、必ずしも社会的な認知度とはイコールとはなりませんので、 現実的には実力がものを言う世界にはなってくるのですが、少なくとも、それらの資格の認定基準に達している( 必要な知識を有している)という証になります。 ただ、それだけに専門機関や研究団体が発行している資格はなかなかハードルが高いものになっているのも事実ですね。 中には名称が似ているものや、同名称で他の民間団体が発行しているものもあります。 肝心なことは、 資格の効力にすべてを頼るのではなく、自らの力で集客し、実績を残していくことです。 いくら素晴らしい心理カウンセラーの資格を所持していても実力が伴わないのであれば、独立開業してもうまくいかないでしょう。 とは言っても、資格の有無は集客・技術を含めたすべての面で少なからず影響してきますので、以下、所持していると効果の高い心理カウンセラーの資格をご紹介します。 心理カウンセラーとして社会的信用度や権威のある資格• 臨床発達心理士() 心理カウンセラーとして権威のある資格(学会系の資格)• 認定心理士()• () など。 繰り返しになりますが、まずは実績・実力が大切です。 しかし、独立開業して生計を立てていこうとするのであれば、公認心理師や臨床心理士など権威のある資格を持っている方が有利です。 心理カウンセラーとして独立開業するには、どんな条件が必要なのか? 心理カウンセラーとして独立開業するといっても、ビジネスの規模や内容、サービス形態によって必要な条件は変わってきます。 共通して言えるのは『 実績』です。 どの専門分野でどういう実績を挙げてきたか?(経歴・学歴も含めて)• あなた自身にどのような強みがあるのか? が基本になります。 独立開業するために必要となる共通の三大条件を挙げておきます。 あなたが学んできた学校や取得してきた資格が、展開しようとしているビジネスの内容に合致すればするほど、顧客の信用は得られるでしょう。 この様な意味で、• あなた自身のプロフィール(経歴や実績)• 提供するサービスの方向性 は重要な要素となります。 独立開業の条件-2 : 集客力・営業力 お客様がいることで初めてビジネスは成立するのですが、あなたが提供するサービスを必要としてくれる顧客を探し出し、自社へ誘致する必要があります。 ここでは詳しく解説しませんが、あなたの人脈を活かすのも一つの手ですし、お金をかけて広告を出稿するという選択肢もあります。 もちろん、顧客が、法人や団体なのか/個人客なのかによって、営業・集客の方法が違うでしょう。 いずれにしても、あなたが独立開業する以上、ゼロから信用と信頼を築き上げる必要があります。 集客システムの構築やビジネスビジンの明確化は開業前に行っておきましょう。 独立開業の条件-2 : 税務・会計などの知識 法人化するのか、個人事業主なのかによっても違いますが、独立するなら税務署への申請が必要です。 税務・会計領域は個人で行うことは可能ですが、想像以上に面倒で時間を取られます。 経費はかかりますが、お近くの会計事務所などの税理士さんにお任せする方が良いでしょう。 【2】 心理カウンセラーとして独立開業を成功させよう! 心理カウンセラーとして独立開業するに当って、 世の中のカウンセリング需要は一体どれほどあるのか?を知っておく必要があります。 カウンセリング先進国のアメリカとは違い、日本ではまだまだカウンセリングが一般的に普及している状況ではありません。 確かに職場でのメンタルヘルスへの関心が高まり、ストレスチェック制度なども始まりました。 しかし産業精神保健分野で、ストレスチェック・プログラムなどを企業から受注できるのは法人化している団体や産業医・の協会などに限られてきます。 どのような人に…• どのようなサービスを…• どのような方法で…• どのような満足を…• どのような価格で… 提供していくのかを十分に考え、あなたのビジネスのビジョンを明確にしましょう。 ここでは、独立開業を成功に導く3つの条件について説明していきます。 独立する場合は、自分の得意分野や専門分野を持っている方がとても有利です。 実績は心理カウンセラーとして独立開業する場合の方向性に関ります。 例えば「児童」に関する分野でも、不登校・発達障害・親子関係など、それぞれに対処の方法や知識の範囲が違います。 また、発達障害(児)の悩みを抱えている人と、職場のストレスに悩む人とでは、関心を惹くメッセージは違うでしょう。 実績をもとに、 心理カウンセラーとして何が出来るか?というメッセージが相手に伝わることが独立開業の成功ポイントです。 実績をもとにして、ある程度の方向性を考えましょう。 独立開業で成功するかどうかは、集客力にかかっていると言っても過言ではないのです。 TVでCMを見るのと、実際にその商品を手に取り、レジへ持っていくという行動には大きな隔たりがあります。 収入につながる集客は、レジに持っていくお客様です。 まず告知宣伝をしなければ何も始まりません。 その次に、行動を起こさせることが重要な要素なのです。 集客ノウハウ : 宣伝告知の方法 宣伝告知の方法には様々な方法がありますが、現代社会ではインターネット・SNS・メルマガは少ない費用で大きな効果を生み出す事ができますので、利用しない手はありません。 ただし、対象とする見込み客が見てくれているどうかという問題はついてまわります。 いずれの媒体を使うにしても、 お客様(悩みを抱えている人)に対して有益な情報を配信しつつ、あなたの魅力を感じさせ、信頼関係を構築し、サービスを購入してもらうという一連の流れが大切です(これをコンテンツマーケティングと言います)。 少ない資金で集客できる代償として、『情報を無償で提供し続ける』という労力が発生しますが、Webを含めたIT分野での成功なくして、個人で勝ち抜いていくには今の時代では難しいと感じます。 お金をかける方法としては、TVCM・新聞の広告・雑誌の広告などありますが、これからの時代を考えれば、費用対効果が大きいとは言い難いのが実情です。 同じようにお金をかけるならば、Web site(ウェブサイト)を構築して、PPC広告(ペイ・パー・クリック広告)を出稿した方が効率的かもしれません。 私がおすすめするネット主体の宣伝を展開するのであれば、 まずは同業者のサイトを沢山まわり、どのような訴求をして、どの様なサービスを提供しているのかをチェックすると参考になるでしょう。 他にも無料のセミナーを開いたり、特定の活動をしている団体に参加するのも人脈を広げる上で役に立つでしょう。 マーケティング方法 そして次に、見込み客がお金を払ってカウンセリングを受けてみようという気にさせることがポイントです。 料金体系や相談メニューも必要です。 カウンセリングの普及が遅い日本では、初回無料のカウンセリング相談も有効かもしれません。 お客様にサービスを購入してもらうためにも、どういうメッセージを届けるかが大切です。 どんな手法で集客するにしても、マーケティングの基礎知識は持っておくことをオススメします。 独立開業すると自分で税金を納める必要が出てきます。 法人化するにしても個人事業主になるにしても、税務署などへの手続きが必要になります。 心理カウンセラーとして独立開業する場合は、最初は個人事業主として始める人が多くなっていますが、個人事業主の場合は、税務署に青色申告の申請をするのが一般的です。 独立すると規模の大小に関らず事業主ですから、税金や会計・経営の知識は必要になります。 地元の商工会議所に入会するのも良いでしょう。 商工会議所では創業の相談や税務・法務などの相談に乗ってくれます。 入会金と年会費は必要ですが、さまざまな活動をしており地元の事業主との人脈を得る機会にもなるでしょう。 【3】 通信講座などで心理カウンセラーの資格を取得して独立開業はできるのか? などの社会的に通用する資格を持たずに独立開業する場合は、とにかく実績と実力が必要です。 通信教育講座の心理カウンセラーの資格を取得しただけでは、知識・実力ともに不十分です。 そもそも、心理カウンセラーとしての仕事を経験できないので実績を積むのも難しいです。 通信教育でも実技実習つきの通信教育もありその方が望ましいですが、いずれにしても実技実習と実際の相談業務では雲泥の差があります。 独立開業を目指して、どのようにして実績を積むか?デザインする必要があります。 ここでは、実力や実績を積む方法を紹介していきます。 他にもボランティアで電話相談員を募集している所もあります。 そのような場で経験を積むことは、ひとつの方法です。 組織に就職する場合は、ボランティア活動は実績として評価されないのが一般的です。 開業の場合はとにかく実力勝負ですから、さまざまな相談経験を積むほど力がつくこと間違いありません。 一般職員として施設で働きながら、部分的にに関って職域を広げていく方法があります。 などは、養成施設を修了すると受験資格が得られます。 遠回りをしたくないのであれば、国家資格を取得して福祉施設に相談員として就職し、経験を積む方が近道かもしれません。 一般養成施設は50万円~70万円ほどの費用がかかりますが、臨床心理士になる費用の10分の1程度で済みます。 ただし、認めてもらう事ができれば…という話にはなってしまいます。 落語の師匠に弟子入りするみたいなものです。 数ヶ月で誰でも簡単に取れる資格を取得しただけでは、仕事や実績作りに役に立たないのが現実です。 既に実績のある人はその限りではありませんが、実績のない人が将来独立開業を目指すのであれば福祉系の国家資格を取得するのも方法でしょう。 【4】 まとめ この記事の冒頭でも触れましたが、心理カウンセラーとして独立開業するためには、まず実績と実力が第一です。 乱暴な言い方をすれば、 資格を持っていなくても心理カウンセラーを名乗ることはできますし、独立開業する事も可能です。 そういった意味で、に代表される社会的信用度の高い資格を取得することは、ひとつのアドバンテージ(有利)になります。 ただ、たとえばの資格を持っていれば、独立開業して成功することができるか?というと、それは間違いです。 開業して成功するためには、集客力や経営力などのマーケティング能力やビジネスセンスが重要になってくるからです。 例えば、偏差値の高い、有名な大学を出た人だけが会社で活躍して出世していくかと言えば、そうではないですよね。 高卒の方でも優秀な方は沢山いますし、いわゆる知識の量だけでは計り知れない『 センス』が重要な要素になってくるわけです。 これは、ビジネスセンスに関わらず、心理カウンセラーとしてのセンスでもあります。 などのハイレベルな資格を取得することに越したことはありませんが、まずは心理カウンセラーとして生計を立てることを目標に、通信講座などで心理学やカウンセリング理論を体系的に学ぶことも、駆け出しとしては有効だと思っています。 それをきっかけに少しずつ深く勉強していけば良いのです。 【PR】おすすめの心理カウンセリング通信講座 通信教育などの講座で資格を取った人が独立開業する場合は、相当の実績・経験を積んで勉強することが必要です。 力をつけるためには、相談業務のあるボランティア活動や福祉施設などで活動する方法もあります。 これは本記事でも解説した通りです。 心理カウンセラーとして独立開業するためには勉強と行動あるのみなのですね。 そして、独立開業して成功するかどうかは自分の工夫と努力次第です。 心理学やカウンセリングの専門知識以外にも、マーケティング・ビジネスに関する勉強はしておいて下さい。 【PR】民間の心理カウンセラー資格を取得してみませんか? 心理学やカウンセリング技法を学ぶことは、 自分自身やまわりの人への理解が深まり、 人間関係能力 や コミュニケーション能力 を向上させることが出来ます。 その結果、人間関係を良好に保つことが上手になり、 対人関係から生まれるストレスを大きく軽減すること が可能になりますので、 人生の幸福度が上がるという大きなメリットがあります。 もちろん、 心理カウンセラー資格を取得して 相談業務 などの仕事をしたり、 独立開業 して自分で人の役に立つ仕事をしていくことも可能です。 あなたも心理カウンセラーについて学んでみませんか? 通信講座ですので在宅での学習から資格取得までが可能になります。 詳細な資料は無料で請求できますので、あなたの未来のためにぜひチャレンジしてみてください!•

次の

心理カウンセラーになるための資格一覧

カウンセラー 資格

就職に有利な心理カウンセラー資格の種類とは 就職・転職に役立つ心理カウンセラー資格として第一に名前があがるのが 臨床心理士。 必要とされる知識のレベルが高いこともあり、信頼度の高い資格です。 臨床心理士になるには、 指定の大学院を卒業する等の必要があります。 臨床心理士の受験資格は、日本臨床心理士資格認定協会が指定する 臨床心理士指定大学院の臨床心理学系専攻修士課程を修了することが基本条件。 「医師免許取得者で、取得後、心理臨床経験2年以上を有する人」なども試験を受けることができます。 臨床心理士の資格については、当ブログの次の記事でまとめています。 ・ 社会福祉士、精神保健福祉士、産業カウンセラーも人気 転職サイトで実際の求人を調べてみますと、臨床心理士以外では、 社会福祉士、精神保健福祉士、産業カウンセラーなども人気です。 転職サイトの求人例 indeedという 転職サイトで 実際の求人を見てみますと、次のようなものが見受けられます。 〇 一般社団法人の心理カウンセラーの求人(堺市) ・応募条件 産業カウンセラー、心理相談員、精神保健福祉士、臨床心理士、社会福祉士 ・スキル カウンセリング経験のある方優遇 〇 公立小・中学校スクールカウンセラーの求人(香川県) ・時給 2,700 ~ 4,800円 - アルバイト・パート ・応募条件 臨床心理士 社会福祉士 精神保健福祉士のいずれかを有する者 〇 病院の臨床心理士の求人(奄美市) ・月給 18. 6万 ~ 24. 2万円 - 正社員 ・応募条件 学歴:大学卒、専門学校卒 必要な経験等:不問 必要な免許・資格:臨床心理士(必須) 〇 民間企業のカウンセラーの求人(大阪市) ・年収 550万円 - 正社員 ・応募条件 企業勤務経験が3年以上ある方 次の資格のうちいずれか一つお持ちの方: 臨床心理士、産業カウンセラー、精神保健福祉士 カウンセラーとしての実務経験2年以上 基本的PCスキル 〇 非営利法人 【新卒採用】心理・精神医学的カウンセラーの求人(横浜市) ・日給 4. 4万円 - 新卒・インターン ・応募条件 学歴:大学院 必要な免許・資格: 臨床心理士等(取得見込み可) 〇 スクールカウンセラーの求人(上田市) ・時給 3,070 ~ 4,810円 - アルバイト・パート ・応募条件 臨床心理士資格 〇 民間企業の社内カウンセラー【契約社員】の求人(東京都) ・想定年収 400万円程度 ・応募条件 下記何れかの経験必須 臨床心理士の資格をお持ちの方 大学院にて臨床心理を学ばれたご経験をお持ちの方 【尚可】 法人での勤務のご経験をお持ちの方 〇 大学のスクールカウンセラーの求人(那覇市) ・時給 5,000円 - アルバイト・パート ・応募条件 学歴:大学卒 必要な経験等:病院臨床経験3年以上 必要な免許・資格: 臨床心理士 〇 カウンセラー、臨床心理士の求人(新宿区) ・月給 20万円 - 正社員 ・応募条件 発達の近接領域の大学・大学院卒業者、もしくは臨床経験者のみの募集です。 ・活かせる資格 臨床心理士、臨床発達心理士 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士 保育士、小学校教諭、幼稚園教諭 〇 市役所の心理相談員の求人(亀山市) ・月給 17万円 - 契約社員 ・応募条件 学歴: 心理関係大学院卒( 心理関係学部卒可) 必要な経験等:心理発達相談の経験者優遇 ・必要な免許・資格 心理に関する諸資格( 臨床心理士、学校カウンセラー等) 普通自動車運転免許(AT限定可) 心理カウンセラーの種類 カウンセリング系の資格の種類には、 臨床心理士をはじめとして、 教育カウンセラー、産業カウンセラー、精神対話士、精神保健福祉士(国家資格)、NPO日本教育カウンセラー協会認定ピアヘルパーカウンセリング実務士、日本心理学会認定 心理士、日本応用心理学会認定 応用心理士、学校心理士といったものがあります。 通信講座で心理カウンセラーになることも可能 心理カウンセラーになるためには、大学・大学院や専門学校の心理学系の学科で学び、資格を取得して心理カウンセラーになるという道が一般的。 しかし、自ら「心理カウンセラーです」と名乗ってしまえば、誰でもカウンセラーになれるという自由な面もあります。 ですので、 学校に行かなくても、通信講座で勉強して心理カウンセラーになることもできるのです。 心理カウンセラーの通信講座 たとえば通信教育の 「キャリアカレッジジャパン」ですと、2つの心理カウンセラー資格の同時取得をめざす 「メンタル総合心理講座」が一番人気。 この講座は、一般財団法人JADP(日本能力開発推進協会)が認定する 「メンタル心理カウンセラー」と 「上級心理カウンセラー」の資格を対象にしています。 また、 ヒューマンアカデミーの通信講座 「たのまな」では、 心理カウンセラー講座(メンタルケア心理士講座、准ケアストレスカウンセラー講座)が人気です。 関連記事 ・ ・.

次の

心理カウンセラーの仕事内容・なり方・給料・資格など

カウンセラー 資格

心理系の仕事といえば「心理カウンセラー」や「スクールカウンセラー」などのカウンセリングの業務が有名です。 カウンセラーという名称自体は、特に法律で定められていないため、資格を持っていなくても、誰でも名乗ることができます。 心理学部・大学院など、教育機関での学習が必要な資格には、「臨床心理士」「学校心理士」「認定心理士」などが有名です。 特に臨床心理士は、心理系の民間資格の中で最高峰であり、医療機関や教育機関の採用基準に臨床心理士資格取得者が入ることもしばしばあります。 一方、2015年に「公認心理師法」が公布され、国家資格の「公認心理師」が誕生しました。 心理系の国家資格として期待が高まっています。 その他、民間団体が認定する資格については比較的短期間で取得できるものもあります。 職業として心理・メンタルを学ぶ 代表的なのは病院やクリニックなどの医療機関にある相談室、学校や児童相談所、自治体の相談室や保健所などが挙げられます。 他にも、企業の中で活躍し、従業員のをトータルでケアしたり、カウンセラーとして独立したりと、活躍の場のバラエティに加え、対象とする人も様々なのがカウンセラーという仕事。 まず、医療機関や公立学校のスクールカウンセラーとして活躍することを念頭に置いた場合、これらの募集要項には、臨床心理士の資格を求められる場合が多いようです。 臨床心理士の資格を取得するには、日本臨床心理士資格認定協会が指定する「大学院」で臨床心理に関する知識と技術を学び、必要単位を取得しなければなりません。 そのうえで臨床心理士資格試験に合格し、登録手続きを経てはじめて臨床心理士として認定をされます。 カウンセラーとして応用範囲の広い臨床心理士を取得していれば活躍の場は広がるでしょう。 しかしその分、大学や大学院、受験期間などを含めると、資格取得までにかなりの時間を要します。 企業内で従業員のメンタルヘルスケアを行うカウンセラーを目指す場合、産業カウンセラーの資格があります。 学校などをフィールドとした心理教育的援助のプロフェッショナル資格もあるので、スクールカウンセラーを目指す場合は、学校心理士の取得を視野に入れるとよいでしょう。 心理・メンタルを専門にカウンセラーとして活躍する以外に、その他の職業で心理的スキルを応用することも可能です。 特に、医療・看護の分野で既に勤務する方や介護施設で働く職員など、多種多様な人と関わりがあるような方に、コミュニケーションを円滑にするなどの目的で、近年注目が集まっているようです。 こういった場合、心理の基本的な知識なども十分に活かせるでしょう。 メンタル心理カウンセラー、メンタルケアカウンセラーなど多くの資格があるので、目的に合わせて学ぶのも良いでしょう。 自分自身、身近な人に役立てる 仕事に結びつけて学びたい人のほかに、自分自身のメンタルヘルスのため、もしくは家族や友人など身近な人のケアのために学びたいという方も、少なくないようです。 心理学への第一歩として認定心理士の資格、心理学の知識や、話し方、話の聴き方のテクニックを認定するメンタル心理アドバイザー、心理学・カウンセリングの基礎知識のメンタル心理カウンセラー、コーチングなどにも役立つNLPトレーナーなど、心理資格はそれぞれ特徴も異なります。 どういったことに役立てたいのか、目的に合わせて知識を習得していくのも一つの手でしょう。 似ている名称でたくさんの資格があるので、気になる資格は一つずつ調べたり、資料を取り寄せるなどして、目的に合わせたものを選択するとよいでしょう。 難易度で資格を探す.

次の