クレジットカード マイル。 クレジットカードでマイルを貯めるのはNG?【JAL・ANAマイルをドカンと稼ぐ裏技】

JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを貯める方法。

クレジットカード マイル

クレジットカードの利用で貯めたポイントの交換先として人気が高いのは、やはり お得な特典航空券に交換することができる航空マイルです。 今回は、 陸マイラーが持っておくべき7枚のクレジットカードと、陸マイラーデビューの為のポイントを解説していきましょう。 各航空マイルにマイル還元率1. 25%での以降が可能• SPGゴールド会員資格が付帯• 年に1回高級ホテルの無料宿泊特典が付帯 世界的なホテルチェーン・スターウッドホテルとアメックスの提携カードとして発行されている 「SPGアメリカン・エキスプレス・カード」。 SPGアメリカン・エキスプレス・カードの利用では、通常のアメックスのクレジットカードとは違い、 スターウッドの「スターポイント」が付与されます。 スターポイントは ・ANAマイル ・JALマイル ・デルタ航空スカイマイル ・ユナイテッド航空のマイレージプラス など、 各航空マイルに手数料無料で1対1のレートで移行することができるお得なポイントです。 SPGアメリカン・エキスプレス・カードの利用では 1%の還元率でスターポイントを貯めることができますが、 60,000ポイント以上の一度のマイル交換で5,000マイルがプレゼントされます。 60,000ポイントの交換で25,000マイルを獲得することができますので、 1. 25%の高還元率でマイルを貯めることができるのですね。 また、SPGアメリカン・エキスプレス・カードは スターウッドホテルの上級会員資格「ゴールド会員」が無料で付帯する特典もあります。 年に1回、スターウッドホテルチェーンの高級ホテルでの無料宿泊券がプレゼントされますので、特典航空券で出かけた旅先での宿泊料金も無料で旅行を楽しむことができるのですね。 SPGアメリカン・エキスプレス・カードは、 クレジットカード利用額の多い・複数の航空会社のマイルを貯めたい陸マイラーの方におすすめです。 年間100万円以上の利用でマイル1. 0%還元可能• カードの利用で直接マイルを貯められるから手間が無い• デルタ航空の「ゴールドメダリオン資格」が取得可能 世界的航空アライアンス 「スカイチーム」に所属するデルタ航空とアメックスが提携して発行する 「デルタ・アメリカン・エキスプレスゴールドカード」。 デルタ・アメリカン・エキスプレスゴールドカードでは、カードの利用で直接デルタ航空の スカイマイルを貯めることができます。 スカイマイルは、 スカイチーム所属20社の航空会社のマイルに交換することができるほか、 スカイマークの特典航空券に交換することが可能となっており、日本人にも使い易いマイルのひとつです。 デルタスカイマイルの特典航空券の交換は燃油サーチャージ無料という点も人気のポイント無駄に費用をかけたくない陸マイラーにも人気です。 デルタ・アメリカン・エキスプレスゴールドカードの大きなメリットとなっているのが、 デルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン資格」が取得可能な点です。 ゴールドメダリオンの特典として、 デルタスカイラウンジの使用特典や、 シートのアップグレードなどの優待を受けることが可能で、実際の搭乗の際にも特別なサービスをうけることができます。 デルタ・アメリカン・エキスプレスゴールドカードは、 有効期限を気にせず貯めたい・贅沢旅行がしたい陸マイラーの方におすすめです。 いつでも1. 5%の高還元率でマイルが貯まる• マイル有効期限は無期限• ユナイテッド航空の航空券購入でマイル2倍 カードの利用でいつでも1. MileagePlus JCBゴールドカードの利用で貯まるユナイテッド航空のマイル「マイレージプラス」は、 有効期限が無期限で年間のマイル獲得上限もないので、使えば使うほどマイルを貯めることができます。 ユナイテッド航空では、エコノミークラスでのフライトでも100%の区間マイルが付与されるので、ショッピングでもフライトでもマイルが貯まりますよ。 ユナイテッド航空の航空券では付与されるマイルが2倍になり3. さらに、カード更新時に継続ボーナスマイル(年間利用300万円以上とMyJチェックの登録が必要)として 1,500マイルもプレゼントされます。 MileagePlus JCBゴールドカードには、航空ラウンジサービスや航空便遅延保険も含めた、自動付帯の最高1億円の海外旅行保険が付帯しますので、マイルを貯めるだけではなく、旅行用のカードとしても重宝する一枚です。 ポイント付与条件は四捨五入で50円でも1マイルが貯まる• Apple Payに唯一登録できるJALカード• Suicaチャージ・オートチャージでJALマイル1. 0%貯まる• モバイルSuicaの年会費無料 JALのマイルを貯める陸マイラーにとっておすすめのクレジットカードとなっているのが 「JALカード Suica」です。 JALカード Suicaでは通常200円利用毎に1マイル 還元率0. 5% 貯まりますが、年会費3,000円のショッピングマイルプレミアムに加入すると、100円利用毎で2倍の1マイルと還元率1. 0%で貯められます。 JALカードの マイル付与条件は四捨五入です。 ショッピングマイルプレミアムに加入している方の場合、 例え50円の利用でも1マイル貯められます。 JALカード Suicaはです。 コンビニの少額利用でも気軽にマイルを貯められます。 JALマイル特約店の ファミリーマートで使えばさらに2倍で貯まりますよ。 また、Suicaユーザーに方は、定期券の購入・Suicaチャージ・オートチャージするとマイル還元率0. 5%分のJREポイントが貯められます。 ショッピングマイルプレミアムに加入すればマイル還元率が1. 0%分のポイントにUPします。 JREポイントの有効期限が実質無期限なので、 Suica関連で貯めたポイントはマイルに交換しなければ実質無期限で貯められますね。 因みに、JALカード Suicaを保有すると通常年会費1,000円税別必要な モバイルSuicaが年会費無料で利用できます。 JALカード Suicaは、 Suica・Apple Payを利用している陸マイラーの方におすすめの1枚です。 貯まったポイントはPonta経由でJALマイルに交換可能• 年会費無料のクレジットカードで0. 6%のマイル還元率• 電子マネーへのチャージでもお得にポイント還元 クレジットカードのコストをかけたくない陸マイラーの方に人気のクレジットカードが 「リクルートカード」です。 リクルートカードの利用では 1. 2%のリクルートポイントを貯めることができますが、リクルートポイントは人気の共通ポイント Pontaポイントとの相互交換が可能です。 Pontaポイントは1:0. 6の交換レートでJALマイルに交換することができますので、 リクルートカードでは0. 6%の還元率でマイルを貯めることができます。 リクルートカードは 年会費無料のクレジットカードの中では最強クラスの 還元率1. 2%を誇っており、電子マネーのチャージなどでも効率的にポイントを貯めることができます。 年会費無料のクレジットカードで気軽に陸マイラーをスタートしたい方にとっては、リクルートカードは非常に効率的なアイテムとなるのではないでしょうか。 ポイントを1:0. 5のレートでANAマイルに交換可能• 楽天市場の利用で4%のポイント還元可能• ANAマイルを実質有効期限無期限で貯められる 年会費無料のカードで気軽に陸マイラーをはじめたい方には 「楽天カード」もおすすめのクレジットカードとなります。 年会費無料のクレジットカードで 0. 5%のマイル還元率は非常に高い水準となっており、効率的にマイルを貯めることが可能です。 楽天カードのメリットとして、楽天市場の利用でいつでも 4%のポイント還元が可能という特典があります。 楽天市場の利用で貯めたポイントをANAマイルに交換すれば、 1%の還元率でマイルを貯めることができますので、ネット通販好きな方もお得にマイルを貯めることができます。 楽天ポイントは、年間1回でもポイントの加算があれば 有効期限実質無期限となりますので、ANAマイルを実質無期限で貯めることも可能となっているのですね。 マイルアップメンバーズ登録で1. 5%還元• コスモ石油での給油で2%還元可能• 無期限でマイルを貯めることができる ユナイテッド航空とセゾンカードが提携して発行するクレジットカードが 「マイレージプラスセゾンカード」です。 マイレージプラスセゾンカードでは、通常 1,000円につき5マイルのユナイテッド航空マイルを貯めることができます。 それだけではなく、別途年会費5,000円でマイルアップメンバーズに加入すると、マイル還元率が 1,000円に15マイルとなり、 1. 5%の還元率にアップします。 ユナイテッド航空のマイルは、スターアライアンス加盟の28社の航空マイルに交換することも可能で、 ANAの特典航空券にも交換することが可能となっています。 しかも、ANAの特典航空券より低い最低5000~ 片道 マイル数で交換できます。 マイレージプラスセゾンカードでは マイルの有効期限が無期限となっていますので、各航空会社のマイルを実質無期限で貯められるメリットもあります。 交換できる航空会社の幅も広く、陸マイラーの方にとっても人気の高いクレジットカードとなっているのですね。 あわせて読みたい• 陸マイラーにクレジットカードは何枚必要?ベストな保有枚数は? 実際に航空機に搭乗することなく、クレジットカードの利用でマイルを貯める「陸マイラー」。 陸マイラーの方がマイルを貯める際に必須のアイテムとなってくるのがクレジットカードですが、それだけに陸マイラーの方の クレジットカードの保有枚数は多くなってしまいがちです。 上級者の陸マイラーの方のカード保有枚数は30枚を超えている方もザラで、 平均的な保有枚数を見ても7枚〜10枚以上のクレジットカードを保有している方が多くなっています。 陸マイラーの方のクレジットカードの保有枚数が多くなる要因としては、 キャンペーンでのマイル獲得を狙い、新規のカード枚数が多くなる クレジットカードによって、貯めることができるマイルが変わってくる 同じマイルを貯める際にも、クレジットカードによってお得な店舗が違う 陸マイラーの方がマイルを貯める、最もお得なタイミングとなるのが クレジットカードの入会キャンペーンです。 クレジットカードの入会キャンペーンは、通常数百万円利用しなければもらうことができないようなポイントを一度にもらえるチャンスとなっています。 ですので、陸マイラーの方はポイントを求めてカードを発行し続けているので、自然とカードの枚数そのものも多くなってしまうのですね。 また、クレジットカードによって貯まるマイル、貯めやすいサービスなども変わってきますので、 複数枚のカードを併用することは重要です。 しかし、 クレジットカードの保有枚数が増えすぎてしまうと、年会費などの負担も大きくなってしまいますし、セキュリティの観点からもあまりおすすめはできません。 ベストな保有枚数としては、 貯まるマイルの違うメインのカード2枚 年会費無料のサブカードそれぞれ2〜3枚 このように、 常時5枚程度の保有枚数に抑えておくことが有効でしょう。 メインのカードに加えて、ネット通販などでお得になるサブカードを2枚〜3枚用意しておけば、毎日のお買い物で効率的にマイルを貯めることが可能なのですね。 陸マイラーデビュー!失敗しないクレジットカードの選び方 これから陸マイラーデビューをする方の中には、 どのクレジットカードを利用してマイルを貯めようかと悩んでいる方も多いでしょう。 陸マイラーにとっては、クレジットカードはマイルを貯めるための必須アイテムとなりますので、 クレジットカード選びによってマイルの貯まる速度も変わってくるものです。 ここでは、これから陸マイラーデビューをする方のために、 失敗しないクレジットカード選びのポイントをご紹介していきましょう。 マイル移行上限・手数料に注意 マイルを貯めるクレジットカードを選択する際には、 マイルの還元率を基準にクレジットカードを選択する方は多いでしょう。 マイル還元率でクレジットカードを選択する際には、マイルの還元率だけではなく、 マイルの移行上限や移行手数料に気を付ける必要があります。 クレジットカードの中には、マイルに移行する際に 年間の移行上限が定められていたり、移行に手数料が発生してしまうカードがあります。 特に、マイル移行手数料が必要なカードの場合は、 還元率が少し少なくても移行手数料が無料のクレジットカードを利用する方がお得になるパターンも多くなっています。 マイル還元率でクレジットカードを選ぶ際には、 移行手数料も含めた総合的なマイル還元率で判断をするようにしましょう。 マイル移行手数料が無料のクレジットカード 同時に複数枚のカードを申込むのは危険 陸マイラーを目指す際に、やはり最も多くマイルを獲得することができるタイミングは 入会キャンペーンのポイントプレゼントとなります。 ですので、陸マイラーデビューをすると、自然とクレジットカードの保有枚数が多くなってしまいますが、カードの申込みの際には少し注意が必要です。 クレジットカードの申込みの際には、 同時に複数枚のクレジットカードを申込むことはタブーとなっています。 申込みが同じ期間に重複してしまうと、返済能力に不安アリと判断されてしまい、それだけでクレジットカードの審査に落ちてしまうこともあります。 クレジットカードの申込みは、 月間に多くても1枚〜2枚・半年に6枚程度にとどめておいた方が無難です。 毎日の買い物でお得に特典航空券をゲット!陸マイラーデビューしてみませんか? 実際に飛行機に搭乗することなく、クレジットカードの利用でお得にマイルを貯める陸マイラー。 クレジットカードの中には、お得にマイルを貯めることができるポイントプログラムが用意されているカードも多く、毎日のお買い物でお得にマイルを貯めることができます。 陸マイラーデビューをする際には、 メインのカードと年会費無料のサブカードを2〜3枚利用して、5枚程度のカードを常時利用するのがベストの保有枚数といえます。 入会キャンペーンのポイント目当てで作ったクレジットカードは、 定期的にリストラをして、スタメンクレジットカードを決めることも重要です。 クレジットカードのポイントは、マイルに集中すると面白いくらいのスピードで貯まるものです。 あなたも毎日のお買い物で特典航空券をゲットできる陸マイラーデビューをしてみませんか?.

次の

ANAマイルをクレジットカードで貯める人気の7枚の審査基準や特徴を解説!

クレジットカード マイル

マイルは、各航空会社が独自に定めている「お客様サービス」です。 貯まったマイルは各航空会社のサービス内で利用が可能です。 日本国内のマイルといえば、JALまたはANAが代表格と言えるでしょう。 <JALのマイル> 正式名称「JAL Mileage Bank(JALマイレージバンク)」 <ANAのマイル> 正式名称「ANA Mileage Club(ANAマイレージクラブ) それぞれ、JMB、AMCと呼ばれることも多いので、覚えておきましょう。 共にフライトや日常のお買い物・旅先のホテルやレンタカーのご利用等で貯めることが可能なマイレージプログラム。 貯まったマイルは航空券やクーポンなどに交換可能で、とてもお得なサービスとなっております。 マイレージプログラムにはどうやって加入するの? では、マイルはどうすれば貯めることができるのでしょうか。 それには、いくつかの方法があります。 1 飛行機に乗ってマイルを貯める 飛行機に乗れば、フライト距離に応じてマイルを獲得することができます。 あくまで一例ですが、東京発着路線のJALでは、ニューヨークまでは片道6,723マイル、シドニーまでは片道4,863マイルとなっています。 2 クレジットカードを使ってマイルを貯める 特定のマイレージプログラムと提携しているクレジットカードで、日頃のショッピングや公共料金などの支払いで貯まるクレジットカードのポイントをマイルに交換することができます。 マイル提携をしているクレジットカードで航空券の代金を支払えば、フライト距離分のマイルとクレジットカードのポイントが一緒に貯まります。 そのポイントをマイルに交換すれば、よりマイルが貯まります。 「陸マイラー」という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 世の中には飛行機に乗らずにマイルを貯める方も多くおり、その方々を「陸マイラー」と呼んでいるようです。 日常生活でマイルを貯めて、貯まったマイルを航空券に交換し旅行に出かけるのもちょとした楽しみですね。 マイルを貯めるとどんなことができるの? マイルを貯めると、さまざまなメリットがあります。 1 飛行機代が無料になる マイルが一定の量に達すると、特典航空券に交換できます。 各航空会社で定められた規定があります。 例えばJALなら、国内線は片道6,000マイルから航空券に交換できます。 国際線なら片道7,500マイルから航空券に変換できます。 また、JALには、行き先がどこになるかはお楽しみ、往復6,000マイルで日本のどこかに行ける「どこかにマイル」といった人気のサービスもあるようです。 2 座席のアップグレード 貯まったマイルを使って、ワンランク上のクラスの座席へのアップグレードが可能です。 3 クーポン券への交換 航空会社の系列のツアー会社やホテルの宿泊などの支払いに利用可能なクーポン券との交換ができます。 4 電子マネーへの交換 航空会社によってはWAONなどの電子マネーに交換することも可能です。 マイルには期限がある! セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス R ・カード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス R ・カードを持っている方は、JALのマイルを効率良く貯められる「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」に登録できます。 これは、同カードを利用すると、JALのマイルに加え、永久不滅ポイントが貯まり、永久不滅ポイントをマイルに交換することで、より効率的にマイルを貯めることができます。 またファミリーカード・追加カードのご利用金額も合算されるので、効率的にJALマイルが貯まります。 JALに乗る機会が多い人なら、検討の余地は大いにあるでしょう。 「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 マイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードを紹介! 実際にマイルを貯めようと思った場合に、 マイル還元率最大1. 毎月のお支払いに換算すると約70,000円。 1年間これだけの金額を利用するだけで、下記のような航空券と交換をしていただくことも可能です。 より詳しい情報はこちらの記事もご参照ください。 セゾンマイルクラブは登録が必要で、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス R ・カードなら年会費4,000円 税抜 でこれらのサービスを受けることができるので、人気があるカードとなっております。 2 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス R ・カード セゾンマイルクラブ のサービスが受けられるカードは他にもあります。 ビジネス利用のサービスが充実したセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス R ・カード。 出張等で飛行機を利用される方はこちらのカードを利用していただくとよりお得にマイルを貯めることができます。 またこちらのカードは海外の140以上の国や地域、500以上の都市で空港ラウンジをご利用いただける「プライオリティ・パス」に無料で登録が可能です。 通常年会費429米ドルのサービスが無料というのは非常に魅力的です。 その他にも海外旅行傷害保険や手荷物無料宅配など充実したトラベルサービスが付帯 されているので、個人事業主や経営者の方にはおすすめのカードです。 3 ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス R ・カード ヤマダポイントに加えてさらに永久不滅ポイントが貯まるおトクなカードです。 永久不滅ポイント200ポイントはANAのマイル625マイルに交換もできます。 また、ヤマダポイント4,000ポイントもANAマイル1,000マイルに移行できます。 まとめ.

次の

陸マイラー初心者におすすめしたい、マイルが貯まりやすいクレジットカードは?

クレジットカード マイル

- 目次 -• マイルをためるには? マイルをためるスタンダードな方法としては、 飛行機に乗ることになりますが、 日常的にクレジットカードを使うだけでも、マイルは結構たまります。 一般の方は、日常的に飛行機に乗る機会なんてそんなに無いので、 マイルをためるには、クレジットカードを使うことが一般的です。 この記事ではクレジットカードでマイルをためることにフォーカスして、どれくらいマイルがたまるのか?どのクレジットカードが良いのか?などを説明していきます。 マイラーさんも、この記事を読んで、今一度、 自分のクレジットカードがそれで良いのかを見直しましょう。 クレジットカードでたまるマイルについて マイルをためる上で、JALマイルかANAマイルのどちらを選択するのかが重要です。 両方ためるのは非効率的なので、どちらかに絞ってためましょう。 順に説明していきます。 カード入会でためる カードを発行時や、年に一度のカード更新時に、マイルがもらえます。 入会ボーナス クレジットカードを発行すると、入会ボーナスでマイルやポイントがもらえます。 年会費が高いカードだと、10,000マイルも、もらえたりするので、すぐにマイルがたまります。 また、時期によっては入会キャンペーンを実施していることもあります。 通常よりもかなりお得にマイルがもらえることもあるので、良いキャンペーンの場合は、マイル狙いで申込もありです。 注意点として、マイルをもらうためだけに発行してしまうのは、多額の年会費がかかったり、カードの管理が複雑になるので、使わないカードは解約しましょう。 継続ボーナス 年に一度、クレジットカードの年会費の支払いすると、継続ボーナスでマイルやポイントがもらえます。 こちらも、年会費が高いカードだと、10,000マイルも、もらえたりするので、すぐにマイルがたまります。 ANAカードは複数持ちが可能なので、裏技として、以下のカードを複数持ちすることで、 毎年の継続ボーナスを、ガツンと獲得できます。 カード 年会費 入会・継続ボーナス ANA JCB 一般カード 2,160円 初年度無料 1,000マイル ANA VISA 一般カード 2,160円 初年度無料 1,000マイル ANA マスター 一般カード 2,160円 初年度無料 1,000マイル ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 2,160円 初年度無料 1,000マイル ANA VISA Suicaカード 2,160円 初年度無料 1,000マイル ANA VISA nimoca カード 2,160円 初年度無料 1,000マイル 注意点として、同じ国際ブランドの上位カードを持つ場合は、重複できません。 上記のカードを全て継続すると、 合計年会費が12,960円で、6,000マイル手に入ります。 6,000マイルですと、ANAではローシーズンの東京〜大阪間の片道チケットが発行できます。 新幹線代とそんなに変わらないですが、良いのか悪いのかは、微妙なところです。。。 かなりのパワープレーですが、どうしても、マイルをためたい方は有りかもですね。 ショッピングマイル マイルをガンガン貯めたいのであれば、この方法がベストです。 マイル還元率の良いカードであれば、飛行機をあまり乗らない方でも、国内往復分のマイルくらいなら1年くらいで貯まります。 セゾン・ビジネス・プラチナ・アメックス まず、セゾンマイルクラブ プラチナは年会費無料 に加入する必要があります。 セゾンマイルクラブの仕組みについて説明します。 加入すれば、ショッピング金額の1. 年間200万以上使う人に限られますが、この還元率の良さで、この年会費は異常です。 そもそも、JALカードのプラチナよりも、JALマイルの還元率が高いのも異常ですね。。 スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード SPG 良く海外旅行に行く方に、おすすめなのが、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード SPG となります。 年会費は、33,480円と高いですが、常時、マイルの還元率が1. マイルの種類も世界の航空会社(ANA,JALを含む)40社以上へ交換することが可能です。 さらに、特典として、入会ボーナス、年1度のホテル無料宿泊券など、素晴らしい特典も付いています。 SPGは条件付きにはなりますが、常時1. マイルについてもANA,JALだけでなく世界の航空会社へも転換可能です。 還元率は100円でMarriott Bonvoy MB ポイントが3ポイント貯まります。 通常は3MBポイントで1マイルと交換ですが、60,000MBポイントでの交換は5000マイルのボーナスがついて、 25,000マイルへと交換です。 このカードの特典として、毎年、世界各地のMB参加ホテルに無料で泊まれます。 人数は2名までです。 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード スカイトラベラーもおすすめです。 常時還元率が1. ANA VISAプラチナ プレミアムカード 接待や、経費などで高額な出費をする方におすすめなのが、ANAVISAプラチナです。 年会費は86,400円とかなり高いですが、ANAマイル還元率が常時1. さらに、毎年毎年初回搭乗ボーナスで、10,000マイルももらえます。 年間、1,000万くらい使う方であれば、それだけでマイルが15万マイルもたまるので、家族三人で、ハワイ往復できます。 搭乗ボーナス JALカードとANAカードで少し違いがあるので、分けてみます。 毎年初回搭乗ボーナスは、カード継続で年会費を払ってから、1回目の搭乗でもらえるボーナスです。 ANAの場合は、搭乗しなくても、クレジットカードの入会時と継続にボーナスマイルがもらえます。 5倍もマイルがもらえることになります。 ポイント交換でためる マイルは別のポイントから交換してためることが可能です。 例えば、クレジットカードでためた楽天スーパーポイントや、永久不滅ポイントからマイルへ交換ができます。 SPGのMarriott Bonvoyポイントや、スカイ・トラベラーのリワードポイントもこの事例に当てはまりますが、 マイルが貯まるクレジットカードのポイントは例外として、話を進めます。 ポイント交換でマイルをためるにあたり、 重要になるのが、交換率です。 10,000円分のポイントを持っていたとしても、6000マイルとなり、目減りしてしまいます。 実は、違う方法で、ポイント交換することで交換率をあげる裏技があるので、紹介します。 ANAマイルの方が貯めやすい状況です。 方法を以下にて説明します。 以下にて、そのルートをゴールから説明します。 【メトロポイント】 LINEポイントをメトロポイントへ変換する。 【LINEポイント】 「G Point」でGポイントをLINEポイントへ変換する。 【Gポイント】 貯めているポイントを ポイントサイトののGポイントへ変換する。 貯めているポイントをGポイントに変換する 貯めているポイントをGポイントに変換する事で、Gポイント〜ソラチカルートが完成します。 以下がGポイントへの交換リストです。 【クレカ系ポイント】• Tigers-net. なるほどMC. GetMoney! 残念ながら、メジャーな楽天ポイントなどは、Gポイントに変えられないようです。 モッピー公式プリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」の申込• 「ドリームキャンペーン対象広告」15,000P以上の利用 旅行保険付帯 海外旅行先で怪我や伝染病にかかってしまった場合、海外では日本の健康保険は使えないので、 全額実費になり、 高額な治療費を請求されることがあります。 また他にも、日本と違い、海外では油断してると、 カバンを盗まれたり、運が悪いと強盗にあうこともありえます。 そういった際に、海外旅行保険に入っていれば、 治療費や被害にあった金額を保障してくれます。 クレジットカードには、海外旅行保険が無料で付帯されているカードがあります。 カードのランクに比例して、保険の内容も良くなります。 マイルがたまるカードには付帯されているパターンが多いので、保険が付帯されているか確認しましょう。 空港ラウンジの利用.

次の