ワークマン 株価 pts。 私設市場(PTS)

【7564】ワークマンに新規投資。株価大化け株は更なる高みを目指すか。

ワークマン 株価 pts

どうも!!って気を付けないと最後の最後で指先にクリーム付くよなって思う 『らしらん』(rasiran)です。 本日は『ワークマン』【7564】の株価分析を行います。 ワークマンは、工事現場や、工場作業向けの作業服や関連商品を取り扱うチェーンストアです。 最近ではバイクや釣りなど、レジャーでの防寒に同社の イージス(AEGIS)シリーズが品質の高さと価格が安いことからSNSで拡散され話題となりました。 また、妊婦や新生児を抱いている方へ厨房での作業の為の コックシューズが滑らなくていいと評判ですね。 さて、注目の集まる同社は投資対象としてはどうなのでしょうか? 記事の内容は私の個人的な考えであり、株の購入を勧めるものでも安全性を保証するものでもありません。 あくまで投資は自己責任にてお願いいたします。 また、企業の一般公開情報によって判断をおこなったため、事実と異なる点が存在する可能性があります。 どのような考えをもって投資を行うかの『考え方の流れ』を参考にいただければと思います。 参考にした上での不利益を当方で負うものではありません。 ご自身の判断によって投資は行ってください。 プロ品質の製品が安価で買えるワークマンプラス 冒頭でもお伝えしたように同社の製品が、工事現場や工場作業以外の 一般ユーザーに好評であったことから、同社は一般顧客をターゲットにしたアウトドア・スポーツ・レインウェアを多く取り扱う 『ワークマンプラス』を展開しています。 これら製品の ウリは低価格でありながら、実際の作業現場などの 過酷な環境にも耐えうる品質です。 ただ、品質の高さは買い替えサイクルが長くなることが予想できます。 作業現場での使用であれば過酷な使い方をされるので製品の買い替えサイクルは短く、 実際に1000円前後の価格帯の作業靴は、 現場が変わるごとや、汚れてきたタイミングで買い替えるなどあくまで消耗品として使用されることもあるようです。 同社は今まで消耗品として リピート購入される作業服や作業関連商品で事業を行ってきました。 現在、一般顧客への売れ行きが好調ですが、今までの作業着とは異なる売れ方をすることは意識するべきだと思われます。 フランチャイズ加盟店からのロイヤリティ 2018年11月時点のワークマン(ワークマンプラス含む)の 店舗数は831店で、そのうち 87. このフランチャイズ・ストアからのロイヤリティは、売上高から売上原価を引いた 粗利益額を本部60%加盟店40%で分け合っています。 店舗家賃や広告費などは本部で負担しているので、 粗利の60%から店舗家賃や広告費等を差し引いたものがワークマン本部の利益となるわけです。 同社はドミナント戦略と呼ばれる、同一地域への集中出店で店舗数を拡大しており、2025年までに1000店舗の出店を目指しています。 ただ、ドミナント戦略には顧客を取り合うリスクもあり、店舗家賃は本部負担の契約の為、単純に店舗数を増やせばよいわけでもないようです。 一株当たりの利益の割合である 株価収益率 は、 36. 35倍とやや高めの値です。 を基準にお買い得と判断されるPERの10~15倍を掛けると、 1348円~2022円です。 ちなみに、現在の株価 4090円と の15倍の差は 2068円ですから一般的なお得と言われる範囲を基準にするなら2068円高いと言えます。 ワークマンを資産の視点から分析する 株価がの何倍の価格になっているかを表す(株価純資産倍率)の値を確認すると、 5. 98倍で資産に対する株価も割高と判断できます。 は 820. 08円で、お得の範囲内とされるBPSの1. 5倍を計算すると1230. 12 円ですから、現在の株価 4900円は、計算上は3669. 88円割高であると言えます。 理論上の株価の底値は820. 08円です。 ワークマンの配当や株主優待はどうか? 配当は、一株当たり 36. 5円を予定しているので、100株保有していたとすると配当は 3650円です。 は、 0. 74%とやや低めの配当です。 配当性向は、27. 4%で平均的な値です。 株主優待は、現在提供していないようです。 ワークマンの売上高と利益はどうか? 売上高は2018年まで順調に上昇しておりましたが、2019年には若干の減少が見られます。 営業利益について2017年までは、ゆったりとした上昇でしたが、2018年をさかいに急激に増加しており2020年予想についても同様のペースでの増加をみこんでいます。 あくまで予想ではありますが、プライベートブランドである、「FieldCore」(フィールドコア)、「Find-Out」(ファインドアウト)、「AEGIS」(イージス) このあたりの販売増加によるものでしょうか? 詳しく調べる必要がありそうです。 5%、は11. 4%、が13. 2%と相当に高い値です。 流動比率は4. 64倍で短期的な資金繰りに問題は全くないでしょう。 自己資本比率は80. 営業キャッシュフロー有利子負債倍率ですが、0. 14倍と一般的な基準とされる5倍を大きく下回ります。 営業キャッシュフローは十分ですね。 まとめ 今回は 『ワークマン』の株価分析を行いました。 一言で言うならば、非常に優良な企業であるけれど、それ以上に割高な銘柄といったところでしょうか? メディアからの注目によって過度な期待が集中しているように感じます。 現状からさらに成長する余地がどのくらいあるのかについては、考えてみる必要はありそうです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 投資の学習に役立つのか?.

次の

【7564】ワークマンに新規投資。株価大化け株は更なる高みを目指すか。

ワークマン 株価 pts

もくじ• PTS取引(夜間取引)を見てみる PTSとは「私設取引システム」と呼ばれる証券取引除外の取引です。 日本では個人投資家も参加できるPTSとしてSBIジャパンネクスト証券株式会社による「ジャパンネクストPTS」が稼働しており、実際の取引はSBI証券を通じて行います。 このPTSの取引時間は昼間8:20~16:00、夜間19:00~23:59となっています。 日本の株式市場は15:00でクローズするのでその後1時間と19時以降の夜間の株価の値動きを見ることができます。 ちなみに、単純にPTSの株価を見たいだけなら「」が参考になるかと思います。 こちらはPTS市場での値上がり率、値下がり率、出来高、売買代金別にソートすることもできます。 もちろん、SBI証券の口座を持っておくと、実際にPTS市場で株式の売買が可能です。 >> ADR(米国預託証券)の値動きを見てみる 日本企業の中でも下記の銘柄は米国の証券取引所にも上場しており、ADRとして取引されています。 取引時間は米国の取引時間と同様です。 米国時間だと午前9時30分~午後4時までです。 これを日本時間にすると午後11時30分~翌日午前6時(サマータイム期間中はマイナス1時間。 サマータイム期間は3月第2日曜~11月第1日曜まで。 )までということになります。 もっとも、ADR取引で出来高がどれほどあるかも重要になりますが……。 ちなみにADR取引価格の増減(上昇率、下落率)は前日のADR取引価格に対して表示されます。 日本のマーケット終了からの価格に対してのものではないのでご注意ください。 NYSE ・ソニー(SNE) ・キヤノン(CAJ) ・アドバンテスト(ATE) ・日本電産(NJ) ・京セラ(KYO) ・コナミ(KNM) ・トヨタ自動車(TM) ・ホンダ(HMC) ・NTT(NTT) ・NTTドコモ(DCM) ・LINE(LN) ・IIJ(IIJI) ・ユービック(UBIC) ・みずほFG(MFG) ・三菱東京UFJ(MTU) ・三井住友FG SMFG) ・野村HD(NMR) ・オリックス(IX) OTC(店頭) ・パナソニック ・シャープ ・ファナック ・KDDI ・ソフトバンク ・ヤフー ・任天堂 ・ファーストリテイリング ・日産 ・コマツ ・クボタ ・富士フィルム ・キリン ・三井住友トラストHD ・東京電力 上記の銘柄に関しては、おもに深夜の時間帯になりますが、米国で株式が売買されているので値動きを見ることができます。 なお、このADRを売買することもできるのですが、日本の証券会社はほとんど日本株ADRの取り扱いがありません。 外国の証券会社に口座を持てば別ですが、そうでない場合は基本的に株価チェックのみに使えるということになります。 日経平均先物でマーケット全体を確認する 日経平均の先物は世界中で取引されています。 そのため、日本市場がクローズしても絶えず日経平均は取引されているような状況が続いています。 指数としての日経平均株価とほぼ連動すると考えていただいてよいです。 日本の現物株市場がクローズした後も先物市場はほぼ1日中どこかで取引されているような状況になっているので、翌日の日経平均株価の動きは推測することができわけです。 CFD取引も夜間取引が行われている CFD取引(差金決済取引)は現物を売買するのではなく、価格差を相対で取引する金融商品です。 FXの株式(株価指数版)ともいえます。 たとえば、業界大手の「」では、「日経225」「ダウ平均」「ナスダック」「SPX500」などの各種指数を売買することができます。 日経225のCFD取引時間• 9時~15時30分• 16時30分~翌4時50分 となっており、日本のマーケットが終了した時間帯でも日経平均の値動きを読むことができます。 以上、現物株取引が終了してから翌日の株価を予想するためのツールとしてPTS、ADR、先物、CFDの4種類を紹介しました。 ただ、あまりにも株価が気になりすぎて夜も眠れずにずっとADRや先物、CFDの価格推移を見続けた……。 なんてことがないようにしましょうね。 多分、気になって眠れないくらいならそれは自分の精神的な許容範囲を超えたリスクを取っていると考えた方がよいです。 以上、明日の株価の参考になるPTSとADR、先物、CFDといった時間外取引の活用方法を紹介しました。

次の

私設市場(PTS)

ワークマン 株価 pts

もくじ• PTS取引(夜間取引)を見てみる PTSとは「私設取引システム」と呼ばれる証券取引除外の取引です。 日本では個人投資家も参加できるPTSとしてSBIジャパンネクスト証券株式会社による「ジャパンネクストPTS」が稼働しており、実際の取引はSBI証券を通じて行います。 このPTSの取引時間は昼間8:20~16:00、夜間19:00~23:59となっています。 日本の株式市場は15:00でクローズするのでその後1時間と19時以降の夜間の株価の値動きを見ることができます。 ちなみに、単純にPTSの株価を見たいだけなら「」が参考になるかと思います。 こちらはPTS市場での値上がり率、値下がり率、出来高、売買代金別にソートすることもできます。 もちろん、SBI証券の口座を持っておくと、実際にPTS市場で株式の売買が可能です。 >> ADR(米国預託証券)の値動きを見てみる 日本企業の中でも下記の銘柄は米国の証券取引所にも上場しており、ADRとして取引されています。 取引時間は米国の取引時間と同様です。 米国時間だと午前9時30分~午後4時までです。 これを日本時間にすると午後11時30分~翌日午前6時(サマータイム期間中はマイナス1時間。 サマータイム期間は3月第2日曜~11月第1日曜まで。 )までということになります。 もっとも、ADR取引で出来高がどれほどあるかも重要になりますが……。 ちなみにADR取引価格の増減(上昇率、下落率)は前日のADR取引価格に対して表示されます。 日本のマーケット終了からの価格に対してのものではないのでご注意ください。 NYSE ・ソニー(SNE) ・キヤノン(CAJ) ・アドバンテスト(ATE) ・日本電産(NJ) ・京セラ(KYO) ・コナミ(KNM) ・トヨタ自動車(TM) ・ホンダ(HMC) ・NTT(NTT) ・NTTドコモ(DCM) ・LINE(LN) ・IIJ(IIJI) ・ユービック(UBIC) ・みずほFG(MFG) ・三菱東京UFJ(MTU) ・三井住友FG SMFG) ・野村HD(NMR) ・オリックス(IX) OTC(店頭) ・パナソニック ・シャープ ・ファナック ・KDDI ・ソフトバンク ・ヤフー ・任天堂 ・ファーストリテイリング ・日産 ・コマツ ・クボタ ・富士フィルム ・キリン ・三井住友トラストHD ・東京電力 上記の銘柄に関しては、おもに深夜の時間帯になりますが、米国で株式が売買されているので値動きを見ることができます。 なお、このADRを売買することもできるのですが、日本の証券会社はほとんど日本株ADRの取り扱いがありません。 外国の証券会社に口座を持てば別ですが、そうでない場合は基本的に株価チェックのみに使えるということになります。 日経平均先物でマーケット全体を確認する 日経平均の先物は世界中で取引されています。 そのため、日本市場がクローズしても絶えず日経平均は取引されているような状況が続いています。 指数としての日経平均株価とほぼ連動すると考えていただいてよいです。 日本の現物株市場がクローズした後も先物市場はほぼ1日中どこかで取引されているような状況になっているので、翌日の日経平均株価の動きは推測することができわけです。 CFD取引も夜間取引が行われている CFD取引(差金決済取引)は現物を売買するのではなく、価格差を相対で取引する金融商品です。 FXの株式(株価指数版)ともいえます。 たとえば、業界大手の「」では、「日経225」「ダウ平均」「ナスダック」「SPX500」などの各種指数を売買することができます。 日経225のCFD取引時間• 9時~15時30分• 16時30分~翌4時50分 となっており、日本のマーケットが終了した時間帯でも日経平均の値動きを読むことができます。 以上、現物株取引が終了してから翌日の株価を予想するためのツールとしてPTS、ADR、先物、CFDの4種類を紹介しました。 ただ、あまりにも株価が気になりすぎて夜も眠れずにずっとADRや先物、CFDの価格推移を見続けた……。 なんてことがないようにしましょうね。 多分、気になって眠れないくらいならそれは自分の精神的な許容範囲を超えたリスクを取っていると考えた方がよいです。 以上、明日の株価の参考になるPTSとADR、先物、CFDといった時間外取引の活用方法を紹介しました。

次の