マリゴールド歌詞。 あいみょん「マリーゴールド」 歌詞の意味を解釈!2人の恋の行方は?

あいみょん『マリーゴールド』歌詞の意味・解釈と考察

マリゴールド歌詞

楽曲名「マリーゴールド」とは 「マリーゴールド」とは キク科コウオウソウ属( マンジュギク属)のうち、草花として栽培される植物の総称。 という意味になっています。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 花言葉に着目してみましょう。 マリーゴールドの花言葉は? この 「マリーゴールド」には いい意味と 悪い意味を 兼ねそろえているという特徴があります。 いい意味の代表としては• 永遠の愛 悪い意味の代表としては• 悲しみ などが一般的に挙げられます。 これを見ただけでも 複雑な花言葉であることがわかりますね。 恋愛という 複数の気持ちが交差する男女関係を 「マリーゴールド」という 複数の意味がある花言葉で 表現したかったのでしょう。 歌詞にも密接に関わってきそうです。 フルMVが公開されました。 本楽曲についてあいみょんは ずっとこのままでいたいし、欲深く、素直に誰かを求めていたい。 1番近くにいる誰か、遠くにいる君。 届きそうで届かない気持ち。 残したい記憶、懐かしいと笑えたあの日の恋。 とコメントしています。 歌詞はどうなっているのでしょうか。 細かく解釈していきます。 歌詞 風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた 君が恋しい でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて 抱きしめて 離さない 本当の気持ち全部 吐き出せるほど強くはない でも不思議なくらいに 絶望は見えない 目の奥にずっと写るシルエット 大好きさ 柔らかな肌を寄せあい 少し冷たい空気を2人 かみしめて歩く今日という日に 何と名前をつけようかなんて話して ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 2人の想いが 同じでありますように 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて離さない ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 離さない いつまでも いつまでも 離さない 歌詞の意味・解釈 1番 風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた 君が恋しい 前提として、本楽曲は 男性目線の歌詞になっています。 心が揺さぶられるとは 強く感銘を受け、印象に残る。 感動する。 ということ。 何気ない風に吹かれる「君」 この日常的な姿を見るだけで 心が感銘を受けるほど 君が恋しいのです。 主人公の君への気持ちが伝わります。 でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ でんぐり返しとは ひっくり返すという意味です。 つまり、 でんぐり返しの日々とは 何をやっても逆に作用する 上手くいかない日々ということです。 そんな上手くいかない日々に 挫けそうになる主人公ですが 彼女の姿を見ると救われるのです。 それくらい、 彼女の存在が大きいのでしょう。 サビ1 麦わら帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる 上でも述べたように 「マリーゴールド」には複数の意味があります。 ここでは 君と マリーゴールドを重ねていますが いったい、どの意味なのでしょう? 掘り下げていきます。 あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 過去に過ぎ去った彼女との夏を 主人公が想起しているようですね。 今では笑える思い出になった 下で想起した内容が描かれています。 もう離れないでと 泣きそうな目で見つめる君を ここから主人公と彼女は 別れては、寄りを戻して といった行為を繰り返していたのでしょう。 しかし、これは上で言ったように 今では懐かしいと笑える思い出 つまり、そういった困難を乗り越えて 今は、 固い絆で結ばれているのでしょう。 雲のような優しさで そっとぎゅっと抱きしめて 抱きしめて離さない この部分から マリーゴールドの花言葉の 永遠の愛が連想されますね。 いい意味の花言葉が 今回のキーワードなのかもしれません。 しかし、あいみょんの 今までの楽曲を踏まえると 嫉妬、絶望、悲しみといった 内容が入ってくる可能性があります。 2番はどうなっているのでしょうか。

次の

マリーゴールド/あいみょん》歌詞の意味を徹底解釈!花言葉に隠された情緒的な恋の背景とは?

マリゴールド歌詞

楽曲名「マリーゴールド」とは 「マリーゴールド」とは キク科コウオウソウ属( マンジュギク属)のうち、草花として栽培される植物の総称。 という意味になっています。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 花言葉に着目してみましょう。 マリーゴールドの花言葉は? この 「マリーゴールド」には いい意味と 悪い意味を 兼ねそろえているという特徴があります。 いい意味の代表としては• 永遠の愛 悪い意味の代表としては• 悲しみ などが一般的に挙げられます。 これを見ただけでも 複雑な花言葉であることがわかりますね。 恋愛という 複数の気持ちが交差する男女関係を 「マリーゴールド」という 複数の意味がある花言葉で 表現したかったのでしょう。 歌詞にも密接に関わってきそうです。 フルMVが公開されました。 本楽曲についてあいみょんは ずっとこのままでいたいし、欲深く、素直に誰かを求めていたい。 1番近くにいる誰か、遠くにいる君。 届きそうで届かない気持ち。 残したい記憶、懐かしいと笑えたあの日の恋。 とコメントしています。 歌詞はどうなっているのでしょうか。 細かく解釈していきます。 歌詞 風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた 君が恋しい でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて 抱きしめて 離さない 本当の気持ち全部 吐き出せるほど強くはない でも不思議なくらいに 絶望は見えない 目の奥にずっと写るシルエット 大好きさ 柔らかな肌を寄せあい 少し冷たい空気を2人 かみしめて歩く今日という日に 何と名前をつけようかなんて話して ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 2人の想いが 同じでありますように 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて離さない ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 離さない いつまでも いつまでも 離さない 歌詞の意味・解釈 1番 風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた 君が恋しい 前提として、本楽曲は 男性目線の歌詞になっています。 心が揺さぶられるとは 強く感銘を受け、印象に残る。 感動する。 ということ。 何気ない風に吹かれる「君」 この日常的な姿を見るだけで 心が感銘を受けるほど 君が恋しいのです。 主人公の君への気持ちが伝わります。 でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ でんぐり返しとは ひっくり返すという意味です。 つまり、 でんぐり返しの日々とは 何をやっても逆に作用する 上手くいかない日々ということです。 そんな上手くいかない日々に 挫けそうになる主人公ですが 彼女の姿を見ると救われるのです。 それくらい、 彼女の存在が大きいのでしょう。 サビ1 麦わら帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる 上でも述べたように 「マリーゴールド」には複数の意味があります。 ここでは 君と マリーゴールドを重ねていますが いったい、どの意味なのでしょう? 掘り下げていきます。 あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 過去に過ぎ去った彼女との夏を 主人公が想起しているようですね。 今では笑える思い出になった 下で想起した内容が描かれています。 もう離れないでと 泣きそうな目で見つめる君を ここから主人公と彼女は 別れては、寄りを戻して といった行為を繰り返していたのでしょう。 しかし、これは上で言ったように 今では懐かしいと笑える思い出 つまり、そういった困難を乗り越えて 今は、 固い絆で結ばれているのでしょう。 雲のような優しさで そっとぎゅっと抱きしめて 抱きしめて離さない この部分から マリーゴールドの花言葉の 永遠の愛が連想されますね。 いい意味の花言葉が 今回のキーワードなのかもしれません。 しかし、あいみょんの 今までの楽曲を踏まえると 嫉妬、絶望、悲しみといった 内容が入ってくる可能性があります。 2番はどうなっているのでしょうか。

次の

マリーゴールド(あいみょん) / コード譜 / ギター

マリゴールド歌詞

シンガーソングライターのあいみょんが、 5THシングル「マリーゴールド」をリリース。 あいみょんの夏の代表曲となる予感です。 今回は、その歌詞の意味を解説します。 「マリーゴールド」の歌詞の意味については、 描かれている主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 ぜひ、情景を想像されて、聴いてみてくださいね。 それでは、さっそく見ていきましょう。 あいみょん 新曲「マリーゴールド」の歌詞 マリーゴールド 作詞 あいみょん 作曲 あいみょん Release 2018. よく麦わら帽子をかぶっていた彼女。 その姿は、マリーゴールドの花のようでした。 風に揺れるマリーゴールドを見ると あの日の彼女との思い出が蘇ります。 彼を見つめる真っ直ぐな瞳の彼女、 二人で肩を寄せ合い歩いた日の空気、 愛してるの言葉だけじゃ足りなくてキスをせがんだ彼女。 今日もあの日と同じ優しい夏の雲が 青い空に浮かんでいます。 あの日の思い出が雲の中に残っているんじゃないかと、 雲に手を伸ばしたい気持ちの彼がそこにいます。 純愛は美しいですね。。 関連記事.

次の