東京 リージョン。 グローバルインフラストラクチャリージョンと AZ

AWS障害、“マルチAZ”なら大丈夫だったのか? インフラエンジニアたちはどう捉えたか、生の声で分かった「実情」 (1/3)

東京 リージョン

画期的なソリューションと改革のノウハウ• Google Cloud を選ぶ理由• 注目のソリューション• 注目のプロダクト• API 管理• モノのインターネット• 医療とライフ サイエンス• メディアとゲーム• 多彩な機能を低料金で提供する Google Cloud• Google Cloud Platform• その他の Cloud プロダクト• Google Cloud を使ってみる• ご自身で開始するためのリソース• エキスパートのヘルプを利用する•

次の

タブロー、東京リージョン開設とソフト最新版を発表

東京 リージョン

AWSのリージョンとは 大まかに言うと「 地域」のことです。 AWS は世界中にサーバーを持っており、 リージョンという大きな単位でまとまっています。 東京リージョン、ソウルリージョン、北カリフォルニアリージョン、など多数存在します。 各リージョンは分離されている それぞれのリージョンは完全に分離されています。 アメリカのリージョンで障害が発生しても、東京リージョンには影響がありません。 複数のリージョンにシステムを分散配置することで、障害耐性を高めることができます。 基本的には、利用場所に近いリージョンを使う方が良いと言えます。 日本では 東京リージョンを使うことで、海外リージョンよりも早いレスポンスが期待できます。 アベイラビリティゾーン AZ とは 「 アベイラビリティゾーン AZ 」は、リージョンよりも 小さな区分けです。 原則として、1リージョンの中に複数のアベイラビリティゾーンが存在しています。 概ねデータセンター単位で分離されており、 電源・ネットワークなども別管理となっています。 1つの AZ で障害が発生した場合でも、他の AZ には響かない設計となっています。 複数のAZを活用して障害対策 リージョンと同様に、複数のアベイラビリティゾーンを併用することで、 仮に1つのデータセンターが使えなくなった場合でも、システムを継続することができます。 東京リージョンでは4つの AZ が存在しています。 最多はバージニア北部リージョンの 6AZ、最少は大阪ローカルリージョンの 1AZ です。 東京リージョンと大阪ローカルリージョン 日本国内で利用したい場合は、基本的に「 東京リージョン」を利用することとなります。 AWS サービスのうち、主要なものは東京リージョンでも提供されています。 なお、出たばかりの新サービスなどは、東京リージョンで提供されないことがあります。 どうしても利用したい場合は、海外のリージョンで利用しましょう。 大阪リージョンについて 日本には「 大阪ローカルリージョン」と呼ばれる特殊なリージョンがありますが、 こちらはアベイラビリティゾーンが1つしかない、機能限定版のリージョンです。 東京での災害に備えておきたい場合は、 大阪ローカルもしくはソウルやシンガポールのリージョンの併用がオススメです。 まとめ AWSにおける「リージョン」と「アベイラビリティゾーン」の違いについて解説しました。 どちらもサーバーや設備を分離する単位ですが、 「 リージョン>アベイラビリティゾーン」といった関係性だけでも抑えておけばOKです。 AWS でシステムを構築する場合には、リージョン・AZ を意識した分散配置が重要です。

次の

GCPで東京リージョンにて使えるサービス&使えないサービス一覧

東京 リージョン

TRINTITYチャプターのサイトへようこそ。 TRINTITYチャプターはご参加いただいている方々のビジネスの発展や売り上げUPを目的として活動しております。 ご参加いただいた皆様が仕事で繋がり、人脈が拡大し、学びを持ち帰っていただける素晴らしい定例会を毎週水曜日、上野の東天紅にて朝の9時~11時30分で行っております。 TRINITY チャプターのTRINITYとは【三位一体】を意味し、 TOP「最高を目指し」 TRUST「信頼を築き」 TRY「挑戦し続ける」 この3つのコアバリューを大切にしていこうという想いからつけられた名前で、これらをモットーにメンバー一丸となって活動をしております。 BNIでは、経営者や事業者がお互いにリファーラルを提供しあうための、仕組みと環境を用意しています。 BNIのメンバーは、数十人の経営者や事業者で構成される「チャプター」と呼ばれるグループで信頼関係を築き、お互いにリファーラルを提供します。 リファーラルとは、質の高いビジネスにつながる紹介のことです。 BNIのメンバー間では年間何百万件ものリファーラルが交わされ、約1兆円相当のビジネスが生み出されています。 BNIのメンバーであることは、信頼できる営業チームを持っているのと同じです。 リファーラルとは、「メンバー間で交わされるビジネスの紹介」を言います。 チャプターとはBNIでのグループを意味し、あなたがご覧頂いているこのサイトは「トリニティー」というチャプターになります。 最後に(サンキュー金額)とは、「メンバーの紹介、つまりリファーラルから発生したビジネスの売上金額」を言います。 ビジネス間での紹介は、最も費用対効果が高いマーケティング手法のひとつと言われており、BNIでは、質の高いリファーラル、つまり紹介を1専門カテゴリー1名に限定し、メンバーの一人ひとりに優先的にリファーラルを提供しています。 また、メンバーは全員の名刺が入った名刺ファイルをいつも持ち歩いております。 このように皆様のビジネスにとって、リファーラルが重要な役割を果たすのであれば、BNIはビジネス拡大を目指す最適で効果的なシステムかもしれません。 そしてBNIのメンバーであることは、あなたのために戦う営業部隊が自社以外に多く存在することを意味します。 メンバー同士の深い信頼を築き、お互いのビジネスを拡大していくのがBNIの仕組みです。 毎日様々な交流会が行われていますが、通常のビジネス交流会が、ただの名刺交換の場、自分のビジネスを売り込むがなかなか仕事に繋がらない、例えるなら【狩猟】の場であるのに対して、 このトリニティーチャプターのビジネスミーティングは、毎週水曜日にメンバーとの信頼関係を築いて、しっかりと相手の仕事を理解し、さらにお客様に何をしたら貢献できるかを考える場でもあります。 例えるならば、じっくり時間をかけて行う 【農耕】のプロセスに近いかもしれません。 BNIはこの種の組織としては世界最大級で、現在、世界では73ヵ国9490以上のチャプターが活動しており、メンバー数は27万人を超えています。 2020年3月末時点で、国内のチャプター数は236、メンバー数は8,834名となっております。 国内のメンバーが交わしたリファーラル件数は79万件を超え、交わされたビジネスのサンキュー金額は839億円にのぼります。 "その中で我々トリニティーチャプターは東京N. Eリージョンに所属しており12月より国内チャプター内では全体の12%のプラチナチャプターの称号を手にしました。 そして東京NEリージョンは上野・秋葉原を中心に10個のチャプターがあり、そのメンバー数は467名となります。 " 以上、BNIについてのご案内でした。 私たちトリニティーチャプターは、皆様からの参加を大歓迎致します。 ただし、参加をいただき申込書を書いたからといって、入会を保証する訳ではございません。 トリニティーチャプターはただの交流会ではなく、信用信頼のおけるメンバーで「真剣」にビジネスを交わしあうビジネスミーティングになります。 ですので、申込書提出後はメンバーシップ委員会による入会審査がございます。 是非、仲間になって売上を上げたいという方は、まずは定例会に参加してみてください。 私たちトリニティーチャプターは、このようなコロナ影響で世間がザワザワした状況にあってさらにリファーラル(仕事を紹介で出し合う)を出し合う仲間で構成されています。 結果、発足1年以内のチャプターでダントツ全国1位を誇り、9月にはメンバー100名への拡大を目指ざす特別なチャプターでございます。 どうせやるならば、日本一を目指すこのトリニティーチャプターで一緒にビジネスを拡大しましょう! トリニティへのご参加をメンバー一同!心よりお待ちしております。 店名 所在地 〒110-8707 東京都台東区池之端1-4-1 JR 上野駅 しのばず口より徒歩13分 御徒町駅 北口より徒歩13分 地下鉄 千代田線 湯島駅1番出口より徒歩3分 銀座線 上野広小路駅A3番出口より徒歩10分 大江戸線 上野御徒町駅A3番出口より徒歩10分 私鉄 京成線 京成上野駅より徒歩10分 タクシー 「池之端の東天紅」とお申し付けください。 お車 首都高速1号線上野ランプ下車約1km。 上野公園方面へお進みください。

次の