小泉 今日子 共産党。 検察庁法改正問題で松尾元検事総長らが安倍首相を「ルイ14世」「中世の亡霊」と批判! 小泉今日子、オカモトレイジ、浜野謙太らも抗議を続行|LITERA/リテラ

小泉今日子に「同志!」って呼びかけられたらどうする?

小泉 今日子 共産党

本日、参院本会議での安倍首相(参議院インターネット審議中継より) 本日、衆院内閣委員会で検察庁法改正案を含む一括法案の審議がおこなわれ、与党が目論んでいた強行採決は、立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党の4党などの野党が武田良太・国家公務員制度担当相の不信任決議案を衆院に提出したことで、ひとまず阻止された。 そもそも先週8日に審議入りしたこの改正案について、安倍自民党は13日に委員会で採決し、今週中に衆院を通過させる予定だった。 それが週内の衆院通過どころか委員会採決さえも先送りしなければならないところまで追い込んだのは、言わずもがな、Twitterでの抗議の声の高まりがあってこそのものだ。 実際、その声の高まりは勢いを保ったままだ。 本日の衆院内閣委員会は国民的関心がこれほど高いのにNHKでの中継がなかったため、衆院のネット中継を視聴しようという人が殺到。 「アクセスの集中により視聴しづらい状態」と表示される事態となったほど。 抗議の声をあげてきた小泉今日子や浅野忠信も〈国会中継見てます〉と投稿し、OKAMOTO'Sのオカモトレイジは、〈国会中継見てますか?〉というユーザーからの問いかけに〈もちろんー!〉と応答。 西郷輝彦も〈 検察庁法改正の強行採決に反対します〉のハッシュタグつきで〈13:50から注目の国会中継(web)〉と視聴を呼びかけた。 だが、そうした国民から厳しい目を向けられた委員会審議では、担当大臣たちが相変わらず答えになっていない答弁を連発。 たとえば、与党は野党が要求した法務委員会との連合審査を蹴っておきながら、武田担当相はきょうの答弁でも「検察庁法の内容は本来であるならば法務省に訊いていただければいいんですけど、本日も残念なことに法務省に通告を出していただけなかったので私のほうからやむを得ず答弁させていただきますけども」などと何度も強調。 法務省に訊かなければ埒が明かない話を内閣委員会だけで進めていることが根本的な問題であって、何も答えられないくせに野党側が無責任であるかのような印象操作にだけは精を出した。 しかし、与党も反発の高まりを受けて、本日はたった1時間ながら森雅子法相の出席をようやく認めたが、その肝心の森法相も、内閣や法相が認めれば幹部が特例として役職定年の63歳になった後もその役職にとどまれる「例外規定」の「基準」について、「新たに定められる人事院規則の規定に準じて定める」「現時点で人事院規則が定められていないので、その内容を具体的にすべて示すことは困難」と答弁した。 安倍首相はきょうの参院本会議でも「恣意的な人事がおこなわれることはない」などと主張したが、どのような理由・基準で役職定年の延長を判断するかを示すこともできないのに、それで改正案に問題はない、認めろと言うほうがどうかしている。 だいたい、黒川弘務・東京高検検事長のあきらかに恣意的な定年延長を閣議決定し、さらには恣意的に法の解釈変更を重ねてきたというのに、「恣意的な人事はしない」なんて言葉を、誰が信じられるというのか。 そして、だからこそいま、有名人を含む多くの国民が怒っているのだ。 ミュージシャン・俳優の浜野謙太は、昨晩の会見で安倍首相が「三権分立侵害全くない」「黒川氏人事、全く決めていない」と主張したことを伝える毎日新聞の記事をリツイートした上で、こう投稿した。 〈全く、全くって1番怪しいパターンよこれ。 縛られる当人が権限増えんのに恣意的にはなりませんてただの説得力無し男じゃん。 みんな忖度するよ。 検察が忖度し始めたらおれだって忖度する自信あるよ。 忖度の才能あるよ。 そういう教育受けてきたもん。

次の

小泉今日子「署名しました」→→ 香港の「国家安全法」を阻止しよう!

小泉 今日子 共産党

「ヤマトナデシコ七変化」 「なんてったってアイドル」 「あなたに会えてよかった」 「可憐」に歌っていたキョンキョンが、まさかこうも「勇猛果敢」に変身するとは誰が想像しただろうか。 「#検察庁法改正案に抗議します」 小泉今日子の七変化……。 「黒川検事長問題」は賭け麻雀発覚で辞職という結末を迎えたが、彼を追い込むにあたり「リーチ」をかけたのは、小泉をはじめとする芸能人の抗議活動だった。 「小泉さんがツイッター上での抗議活動に参加したことで、彼女クラスの大物が声をあげたのなら私もとなり、他の芸能人にも波及していきました」(芸能記者) また、彼女が動いたことによる余波は芸能界に留まらず、「芸能人だって政治的発言をしてもいいじゃないか!」というムーブメントを世の中に生み出しもした。 そして怯(ひる)むことのない小泉は、新たな「タブー」に挑戦。 日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」5月31日付の1面に登場したのだ。 そこで劇作家の渡辺えりと対談した彼女は、 「日本の国は、日頃から文化に温かくないなと感じます。 韓国なんて、国が映画を支援して、完全に日本を追い越しちゃったでしょう。 日本だって、やる気になればできるはずです」 と、「政府批判」。 これを共産党が「利用」しない手はなく、 「ある地方議員は、これを機に赤旗を読んでほしいと宣伝していました」(共産党ウォッチャー) 政治ジャーナリストの山村明義氏は、 「芸能人が政治的な発言をすること自体は問題ありません。 当然のことですが、誰がどんなことを言おうと、日本では言論の自由が保障されているわけですから」 としつつ、こう釘をさす。 「一方、影響力のある芸能人を、政治の側が利用しようとするのも当然の戦略です。 小泉さんのように反政府的なことを言えば、野党はそれを上手く使おうとする。 政治的な発言をするのであれば、その覚悟を持った上で行うことが必要だと思います」 近年の小泉は俳優の豊原功補との不倫を公言し、大手プロダクションのバーニングとも袂(たもと)を分かつなど、「覚悟」を決めたようにも映る。 最近は専らプロデューサー業に力を入れているが、必ずしも順風満帆ではないという。 なんてったって元アイドル、スポットライトが恋しくないはずがない。 畢竟(ひっきょう)、彼女の覚悟の先には次のような道が……。 芸能リポーターの城下尊之氏がこう見立てる。 「小泉さんが政治的な発言をするのは『新しいキョンキョン像』を模索しているからだと思います。 赤旗への登場はまさに彼女の新しい一面。 これをきっかけに、参院選に出馬してほしいと持ち掛けてくる政党も出てくるでしょうね」 赤旗に会えてよかった? 「週刊新潮」2020年6月18日号 掲載 新潮社.

次の

小泉今日子に「同志!」って呼びかけられたらどうする?

小泉 今日子 共産党

赤旗日曜版5月30日号に渡辺えりさんと小泉今日子さんのオンライン対談が掲載されました。 赤旗というのは日本共産党が発行する機関紙です。 党の考えをお伝えするだけでなく、時事問題、家庭欄、テレビ欄などもあり普通の新聞と同じような気持ちで読んでいただけるものだと思っています。 日曜版というのは週1回発行され、1週間中の重要な問題や、特集などを組みさらに多くの方に読んでいただくために発行しています。 この私たちの新聞に小泉さんが登場してくれたのです。 小泉さんといえばこの間、SNSで検察庁改正法についての反対の表明をされたり話題となっていました。 この対談でも、渡辺さんとコロナ禍で文化芸能に携わっているみなさんが大打撃を受けているをお話しながら、演劇や芸能への思いを熱く語り合っています。 お二人の対談は。 心に響くことばかりでした。。 小泉さん「政治も利権だけでなくもっと根本から社会を豊かにすることに目を向けてほしいです。 報道も!」 この社会的地位でこの発言。 カッコいいと思います。 もちろん。 渡辺さんも宮沢賢治の「世界のみんなが幸せにならなければ個人の幸せはない」という言葉を引用したり、そうそうと頷きながら読みました。 小泉さんは私と同年代。 デビュー当時は厚木の不良?みたいな噂もありあまり好きではなかったけど歳を重ねるごとに魅力的になってきて、大注目の方でした。 最近のブレずに自分の意見を真っ直ぐに表現する姿にとても励まれています。 今回の赤旗の登場も、本当に嬉しくてこのことを知ったときは市議団控え室で、万歳と叫んでしまいました。 赤旗に登場されるのは相当な覚悟があったと思います。 小泉さんに感謝です。 見本誌もあります。 週1回のお届けで1か月930円です。 ご連絡先 川崎南部地区委員会 044-233-3571•

次の