勝間 和 代 twitter。 とうとう、paypay のために Yahoo カードを作りました 勝間和代オフィシャルサイト

勝間和代「発達障害でも挫折しなかった」ワケ

勝間 和 代 twitter

バーコード決済については d払いをずっと使っていたのですが、私が通っている美容院やスポーツクラブが paypay 対応になっていて、 paypay がないと不自由なのでとりあえずpaypayのアカウントを取って、まずは自分の普通のクレジットカードに紐付けました。 加盟店への支払い自体はこれで不自由はないのですが、人にお金を受け渡ししようとすると銀行口座か Yahoo カードが必要になります。 そしてなぜか今 paypay は三菱ufj銀行の扱いがないので、 Yahoo カードが必須になりました。 もうこれ以上増やしたくないと思っていたのですが、そういうわけでまたクレジットカードが増えることになりました。 なんかソフトバンクグループの戦略に屈したようで悔しい気分です。 --------------------------- 塾生コラムをお届けします --------------------------- 「勝間塾では会社員だったら出来なかったことが沢山ある!」 ウエダナオコ(ねこ大好きナオコ)、東京都在住、会社員 勝間塾に入ったのは2015年 いつもの生活を変えたくて何か始めたいと思っていたときに勝間さんのツイッターを見て「面白そう」と思って即申し込みました。 私の場合、入塾したはいいけど、サポメを読むだけで、コミュの投稿もしないし塾生が開催しているイベントにも参加しない日々が3ヶ月くらい続きました。 知らない世界はなんとなく怖くて(SFのトップ5に慎重性あり 、それでもコミュでイベント参加の感想を読んでいるうちに、「ストレングスファインダーって何?」「ドルコスト平均法って何?」と色々疑問が湧いて、思い切って塾生が開催しているイベントに参加してみました。 少人数の参加者だったこともあって、初めての方とも沢山話せた事が安心感に繋がり、さらに「月例会も楽しいよ」とその時、月例会後オフ幹事のエミコさんが誘ってくれて、やっと月例会デビュー! それまでに約半年くらいかかりました。 それからは、イベントや月例会でお友達が出来て、さらにその友達を紹介してもらったりしてどんどん向上心のある人たちと知り合うことができました! それでも自身のイベントの立ち上げが出来ないまま、私はここで何か成長したのか?と自問自答したときに ・ドルコスト平均法のおかげで会費以上の利益が出た ・分散投資が出来るようになった ・仕事でメルマガ発行が毎日出来るようになった。 ・ZOOMを使えるようになった ・スマートウォッチで健康管理ができるようになった ・経済学の本を読んだりLIFESHIFTを読んで未来に備えるようになった 一会社員だったら、きっとのほほんとした生活をして危機感もない生活を送っていたと思います。 だけど勝間塾のおかげで、自分の現状を把握することができ、副業宣言をしてブレイン・プログラミングファシリテーターとして講師活動をしたり、一緒に未来を作るコーチングの活動を始める事ができました。 それも、アドバイスや協力してくれた勝間塾の仲間がいたからです。 彼らは、私が突拍子もないことでも一切否定せず、逆に興味深く聞いてくれて応援してくれます。 今の目標は、熱海に移住して、副業をさらに充実させて、会社に縛られない生き方をすること! 多分こんなに、前向きなマインドになったのも勝間さんの毎朝配信されるサポメが、多分野に渡って新しい情報や価値観を提供してくれるからだと思います! 今までは勝間さんや塾生からgiveしてもらってばかりだったので、これからは恩返しをしていきたいと思っています。 私が変わっていってることをブログに書いていますので、よろしければ読者登録してくださいね。 未来をつくる猫好きコーチのブログ ---ここまで--- いかがでしたでしょうか。 勝間塾では、勝間和代が講師を務める月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの大幅な年収アップや、資格取得、起業や出版、資産形成などをサポート。 男女比は半々でオフ会やイベントも盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます。 興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。 --------------------------- 「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内 --------------------------- こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。 -勝間塾に入る 月額5029円、含むサポートメールサービス 毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの大幅な年収アップや、資格取得、起業や出版、資産形成などをサポートします。 オフ会や合宿も盛んです。 学びたい仲間に出会うことができます。 特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。 ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。 -サポートメールに入る 月額1027円、当初1ヶ月は無料体験あり 毎日届くサポートメールのサービスです。 1週間に1つのテーマを扱っています。 これまでの数年分のバックナンバーも読めます。 -------------------------- 友だちにこのメールマガジンの登録を勧める --------------------------- こちらのメルマガは無料です。 くすっと笑ってしまうような話や、なるほどと思う話が多いと思った方はぜひ、下記のアドレスから、友人にメルマガ登録を推奨ください。

次の

Facebook,Instagram,Twitter各SNSで最適な投稿頻度・投稿回数とは?

勝間 和 代 twitter

最近の投稿回数のトレンドとしては、。 SNSアカウントの数が増え、タイムライン上の争いが激化するなか、よりユーザーに有益な情報を提供できなければ生き残れなくなっているというのが変化の背景にあります。 FacebookやInstagramはを導入しており、リアクションを得られないような短い文をただ投稿しているだけのアカウントはどんどん不利になっています。 投稿を増やしたからといってリーチが増えるわけではないなかで、どのくらいの頻度で投稿をしていくことが最適なのでしょうか。 複数のSNSアカウントを運用し、かつそれぞれのアカウントで投稿頻度を変えている事例を分析し、傾向を探ってみました。 MERY• Netflix• Zoff• LOWRYS FARM• サントリー• まとめ MERY MERYでは、Facebookへの投稿数が著しく減少する一方でTwitterへの投稿は増加しています。 投稿をみてみると、 Facebookは1日1回、朝か夜に投稿していますが、投稿がない日もあります。 かつては、記事へのリンクが投稿の中心でしたが、 現在は動画にて女性向けのトレンドやファッション情報を投稿しています。 投稿数が減った理由として、動画の方がFacebookでのエンゲージメントが高くリーチが伸びやすいため、このような方針に変更しているのかもしれません。 一方Twitterはというと、最高投稿数958回を1日に換算すると、 1日30回以上は投稿している計算になります。 投稿内容はオーソドックスで、リンク投稿+記事内容に適したハッシュタグをいくつか、という形です。 Instagramは、 1日に3回程度投稿をしています。 MERYのInstagramアカウントの特徴としては、一般ユーザーの投稿をリグラムし、それに解説を加えて投稿している点です。 Instagramは投稿にリンクが貼れないため、サイトへの誘導はしにくくなっています。 そのため、写真の転載などを通して一般ユーザーとの関係性を作りながらInstagram内でファンを増やし、コミュニティを作ることを目的としているかも知れません。 全体的に、自社サイトのトラフィックを増やすための導線としてSNSを使うのではなく、各SNSでのリーチを最大化する分散型メディアのような方針に転換しているように見えます。 メディアではない一般的な企業でこれほどの投稿数を確保するのは難しいでしょうが、各SNSの投稿頻度や使い方の方向性としては非常に参考になりそうです。 そして Twitterの更新頻度が最も高い状況になっています。 Twitterの投稿が1日に2~3回に対して、 FacebookとInstagramの投稿数は1日1回あるかないかの投稿。 投稿の表示順にアルゴリズムが導入されている両SNSの投稿数は絞っているのかもしれません。 発信する情報としては、Facebookでは「今日のおススメの1本!」という形で紹介していますが、Twitterでは様々なジャンルの動画を次々と紹介していっています。 またInstagramでは動画を紹介する投稿は少なめで、言葉遊びのように「ネトフリ」と掛けた投稿をしていることも多い様子。 遊び心のある投稿で、面白いコンテンツが集まる場所としてのNetflixへのファンを増やしているのかもしれません。 Facebookへの投稿数は徐々に減りつづけ、現在は 月に2回の投稿となっています。 内容も、キャンペーンや特集の告知のみといった投稿です。 Twitterでは、イベント情報や商品情報、リツイートなど、コンスタントに 毎日数回投稿をしています。 Instagramは、最近の投稿だとメガネを掛けたファッションを主に投稿しています。 以前は、商品メインでしたが、トレンドの発信、ファッショナブルさを意識した投稿に変更したようです。 こちらも 1週間に2~3回ペースで更新しています。 ブランドの魅力の伝えやすさや自社のターゲットと ユーザー層の親和性などの観点から、今はFacebookよりもInstagramを優先しているのかもしれません。 投稿内容を見てみると、 より内容を厳選しているように見えます。 Facebookでは、キャンペーンやセールなどのお得情報を配信し、Twitterでは、New Itemを中心に掲載、ネットショップへと誘導しています。 Instagramでは、New Itemを取り入れたコーディネートの写真を主に掲載しています。 SNSの投稿数を減らす代わりに、それぞれのSNSに合わせて内容に変化をつけ、質を向上させているのがわかります。 かなりの頻度で更新されるTwitterに対して、 Facebookは1日1回程度、朝か夕方のリーチが伸びやすい時間帯に投稿しているようです。 TwitterとFacebookの投稿内容はお知らせ中心でかぶっているものが多いものの、表現方法を変えるなどの工夫が見られます。 Instagramは毎日ではないですが、 1週間に3回程度の投稿をしています。 こちらはFacebook、Twitterとの被りが少なく、女性向けの商品を写り込ませたおしゃれな写真が並んでいます。 それぞれのSNSに合わせた投稿回数でコンスタントに投稿していくことで、確実にファンへ向けて情報を発信していっているようです。 全体の平均として、 最も更新頻度が高いのはTwitterで1日に数回、時間帯も夜や朝が多いもののかなりバラつきがありました。 Facebookは1日1回、朝や夕方の時間に投稿していることが多く、リーチの伸びやすい時間帯を狙って厳選した投稿をしている傾向が強いです。 冒頭でも触れたFacebookのアルゴリズム改定への対応という側面もあるかもしれません。 Instagramの投稿頻度も1日1回程度の企業が多く、Instagramと相性のいい業種だとFacebookよりも更新頻度が高くなるようです。 「これが正解!」というような答えはなく、どのような内容を伝えたいのか、それに適切なSNSはどれで、どのくらいの頻度で届けるべきか、などを考えて、実践してみることが何より重要です。 しかしながらこのように事例を並べてみると傾向はつかめます。 こういった事例を参考に、自社のブランドや商品に適した運用方法を見つけていってください。 ガイアックス提供サービス一覧.

次の

勝間和代の元夫との離婚理由や子供(娘)の現在は?恋人 増原裕子との馴れ初めとは?

勝間 和 代 twitter

勝間和代ってどんな人? プロフィール 生年月日 1968年12月14日 出身地 東京都 学歴 早稲田大学大学院卒 勝間和代さんは、中学時代からパンチカードで大学のコンピュータを使ってプログラムを作るなど早くからIT関係に興味を持っていました。 その後、高校生の頃から公認会計士試験の勉強を始めて、大学在学中から会計士補や会計士として企業に出入りするなど、早くから社会との関わりを持っています。 そして、大学卒業後は 「金利トレーダー」や 「経営コンサルタント」として企業に在籍し、2007年から 投資顧問業や 経営コンサルタントとして独立しました。 また、それ以前の2005年には、ウォール・ストリート・ジャーナルの「世界の最も注目すべき女性50人」に選ばれるなど、独自の活動が評価されています。 さらに、独立と同時に執筆活動にも力を入れて、『 』と言った書籍が発売されるとすぐに10万部を超える大ヒットとなります。 その後も、テレビに出演したりと知名度も上がり、現在は中央大学大学院戦略経営研究科客員教授や経済評論家として活動されています。 勝間和代の元夫はどんな人? 勝間和代さんは、1990年に22歳で結婚しています。 ただ、21歳の時に長女を出産しているので完全なデキ婚だったと思われます。 そして、結婚相手は4歳年上の男性で、東京大学の学生だったようですが後に中退して、その後は塾講師の仕事をしていました。 また、勝間和代さんの実家はテープレコーダーのヘッドケースをプレス加工で製造する工場を運営していた為、結婚の条件としてその工場を継ぐ事が条件だったようですね。 その為、元夫は結婚後、勝間和代さんの実家の工場で働き、勝間和代さんは外で 会計士、金利トレーダー、経営コンサルタントなどの仕事に従事する生活を送っていました。 なので、毎日外で多忙な仕事をこなす勝間和代さんに代わって、元夫が子供の面倒を見る感じで毎日を過ごしていましたが、結婚から13年目の 2003年に離婚しています。 勝間和代と元夫の離婚理由は不倫 離婚の理由は、元夫が 「勝間和代さんの貯金を勝手に使い込んだ事」で金銭トラブルとなり、それがキッカケで離婚に至ったと言う事です。 しかし、勝間和代さんは離婚からわずか1年後に他の男性と再婚していて、しかもその男性は 婚姻中に不倫していた男性だった事が発覚しています。 この頃、勝間和代さんは外資系コンサルティング会社の 「マッキンゼー」に勤めていたので、恐らく相手はこの会社の方なのかも知れません。 そして、その不倫が分かったのは、元夫が 「不倫相手と再婚する為に金銭トラブルをネタに離婚させられた」と 週刊誌に暴露した為です。 恐らく、元夫としては勝間和代さんの実家の工場の為に働き、忙しい母親の代わりに子供の面倒も見てきたのに、理不尽な理由で離婚をつきつけられたのに我慢ならなかったのでしょう。 そんな経緯もあってか、勝間和代さんが不倫して再婚した相手とはわずか1年ほどで離婚してしまいます。 ちなみに、その二度目の結婚相手の名前が 「勝間さん」で、離婚した現在もその勝間性を名乗り続けているようです。 勝間和代の子供もすごい? 勝間和代さんの子供は全員で3人います。 1990年に長女、1994年に次女、1999年に三女を出産していて、3人とも元夫との間に出来た子供です。 ただ、子供の名前などについて色々検索してみたものの、長女は「文香」と言う名前が出ていましたが確証はありません。 さらに、下の2人に関しては噂もありませんでした。 なので、娘に関する詳しい経歴は一切出ていませんでした。 しかし、元夫との離婚後は親権は全て勝間和代さんが持つ事になっていますが、長女だけは勝間和代さんと生活をせずに 元夫と一緒に暮らしてるとの事です。 さらに、以前長女がブログを開設していた際、勝間和代さんとのエピソードを色々書き込んでいました。 その内容は、 勝間和代さんを嫌悪するような内容だった為、恐らく勝間和代さんと長女の関係はかなりギクシャクしているものと思われます。 考えて見れば、長女に関しては仕事で忙しい勝間和代さんよりも、元夫と一緒に過ごした時間の方が長い訳ですし、離婚した時も13歳なので原因も理解していたでしょう。 それを思うと、長女が勝間和代さんよりも元夫を選ぶ気持ちも分かりますね。 そして、勝間和代さんの元夫や子供達が現在どのような仕事に就いてるかは分かりませんでしたが、元夫も東大でしたし子供も相当優秀な人物になっていそうな気がします。 ただ、現在は何も情報が出てないので、元夫や子供に関してはまた何か情報が出てくれば追記していきます。 勝間和代が同棲している増原裕子とは? 2018年5月に、勝間和代さんが自身のブログで両性愛者の 増原裕子(ますはら ゆうこ)さんと同棲関係にあると告白し、話題となりました。 増原裕子さんは、1977年生まれの方で現在は 「株式会社トロワ・クルール」の代表取締役として活動されています。 学歴は、慶應義塾女子高等学校から慶応義塾大学文学部へ進学し、その後慶応義塾大学 大学院フランス文学修士課程へ進み、パリ第3大学への留学経験もあるようです。 そして、大学を卒業してからは在外公館勤務、会計事務所勤務、教育系IT会社勤務を経て、2013年に現在の 「株式会社トロワ・クルール」を設立しました。 なので、経歴を見てもものすごく優秀な方だと言うのが良くわかります。 また、増原裕子さんは2012年に元タカラジェンヌ・東小雪さんと交際し、東京ディズニーランドで挙式を挙げた事でも話題になりました。 さらに、2015年11月には渋谷区の 「パートナーシップ証明書」の受理第1号にもなり注目を集めましたが、その後2017年に東小雪さんとのパートナーシップは解消しています。 勝間和代と増原裕子との馴れ初めは? 勝間和代さんと増原裕子さんはどういう風にして現在の関係へと発展していったのでしょうか。 その馴れ初めを調べてみると、2015年の12月に勝間和代さんが高校の同窓会へと出席して、当時の恩師と雑談していた際、増原裕子さんの存在を知ったそうです。 と言うのも、その当時はちょうど増原裕子さんが、東小雪さんと渋谷区の 「パートナーシップ証明書」の受理第1号となって話題となっていた頃でした。 そして、恩師が 「この子はここの卒業生」と話して話題にしますが、勝間和代さんは 「そんな子もいるんだ~」と当時は軽く聞き流していたそうです。 しかし、その後友人のフェイスブックの画像に増原裕子さんが写っていた為 「この人、高校の後輩なんだよ」と書き込んだ事で、この友人を介して知り合うようになりました。 また、増原裕子さんは当然勝間和代さんの事は昔から知っていて、著書も読むほど尊敬の対象として見ていたそうです。 そうして、知り合った当初は、当時のパートナーである東小雪さんと共に勝間和代さんの自宅に招かれたりしながら親交を深めて行ったそうです。 さらに、その後は勝間和代さんが運営する 「勝間塾」に参加するようになったりと、私用だけで無くビジネスにおいても親交を深めて行きました。 そして、そんな友人関係がしばらく続くうちに、2017年12月に増原裕子さんが東小雪さんとパートナーを解消しました。 増原裕子と東小雪のパートナー解消は勝間和代が原因? 増原裕子さんと東小雪さんのパートナー解消の理由は、東小雪さんのオフィシャルブログに書かれていました。 増原裕子と東小雪はこの度、約6年半 の関係にピリオドを打ち、離婚すると いう選択をいたしました。 昨日12月 25日、渋谷区にパートナーシップ 証明書を返還いたしました。 それぞれの活動や仕事が増えていく 中で、時間のすれ違いが生じてきて、 また価値観の違いから、ふうふとして 見たい将来にも少しずつすれ違いが 生じるようになりました。 引用: これを見ると、多忙によるすれ違いでだんだん価値観がズレてのパートナー解消だと言うのが分かります。 しかし、増原裕子さんと東小雪さんのパートナー解消の翌月に、勝間和代さんが増原裕子さんに 自分の想いを告白して交際するようになったと言います。 なので、増原裕子さんが勝間和代さんと出会うようになった事で、少しずつ東小雪さんとの関係にヒビが入って行った可能性もあるのではないでしょうか。 例えば、増原裕子さんと勝間和代さんの仲が良くなりすぎて、東小雪さんが 「その関係に嫉妬して関係がギクシャクした」と言う事も考えられます。 ただ、そうなら 別れた後も良好な関係は続けられないと思うので、増原裕子さんと東小雪さんのパートナー解消に勝間和代さんは直接関係は無いでしょう。 ただ、同性愛である事を世間に公表して堂々と生きる増原裕子さんに、勝間和代さんは かなり魅力を感じていたという話もあります。 なので、2人が出会いその後交際するのは時間の問題だったのかも知れません。 きっと、幸せのパワーで世の為になるような事をどんどん推し進めてくれそうな気がします。 今後も勝間和代さんと増原裕子さんの活動に注目です。 こちらの関連記事もどうぞ! 終わりに 勝間和代さんは、もともと小学生の頃から定期的に女性の事を好きになっていたそうですが、それはダメな事だとずっと蓋をして生きてきたそうです。 しかし、増原裕子さんと出会う事でその価値観が少しずつ変わって行き、自分の本当の気持ちを素直に出せるようになったと言います。 そういう意味で、勝間和代さんは増原裕子さんと出会えて本当に良かったと言えますね。

次の