石原 さとみ 新 ドラマ。 石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』に「違う作品になる」と不満の声 年齢変更は無理がある? (2020年3月23日)

石原さとみ&西野七瀬が出演、新医療ドラマの撮影が開始「この現場、ずっと早歩きですね!」(ザテレビジョン)

石原 さとみ 新 ドラマ

石原さとみと福士蒼汰(各事務所公式サイトより) 石原さとみが、7月からスタートするドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)で主演を務めることが発表された。 同ドラマは、1999年から2003年まで「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されていた佐々木倫子の漫画が原作。 石原は店を繁盛させる気のない風変わりなフレンチレストランのオーナーを演じるという。 「石原は昨年主演したドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)が、同じホリプロ所属のライバルである綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)に視聴率で完敗。 打ち上げでは『悔しい。 全責任は私です』『ご迷惑をおかけしました』と、涙ながらに謝罪していたと報じられました。 それだけに、今作で挽回したい気持ちが強いはずです」(テレビ誌ライター) そんな石原の不安材料となりそうなのが、共演の福士蒼汰だという。 「11年に『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)の主人公でブレークしたイケメン俳優の福士ですが、『無限の住人』(17)『ちょっと今から仕事やめてくる』(17)『曇天に笑う』(18)『ラプラスの魔女』(18)『BLEACH』(18)『旅猫リポート』(18)など、出る映画は全て爆死していることから、『映画界の死神』という不本意な異名を得ているほど。 原作では福士演じる伊賀観が主人公なのですが、石原主演に変更されたのは、彼の不人気が意識されてのことでしょう。 福士も汚名返上できるだろうか。

次の

視聴率は爆死予報!? 石原さとみ、主演ドラマ撮影再開もフジテレビは「深田恭子を優先」でメンタルに追い打ち|日刊サイゾー

石原 さとみ 新 ドラマ

先日、撮影が始まり、主人公・葵みどり役の石原、新人薬剤師・相原くるみ役の西野七瀬がクランクインを迎えた。 悪天候を吹き飛ばすほどにキャスト、スタッフの士気は高く、石原と西野がスタッフに紹介されると大きな拍手が鳴り響き、院内は熱気に包まれた。 最初の撮影は、くるみの教育担当になったみどりが、くるみを連れて入院患者の投薬状況をチェックしに回るシーンから。 真摯 しんし に丁寧に一人一人の患者と向き合いながらも、病室から病室へはかなり早足で移動するみどり。 くるみは小走りになりながら懸命についていく。 同じ薬剤部のユニホームを着るみどりとくるみだが、足元にはそれぞれの個性が垣間見える。 みどりはスニーカーで、一方のくるみは厚底のブーツ。 キャリアの差が足元にも出ており、仕事に対して対照的な2人が今後どんなやり取りをしていくのか注目だ。 この日の撮影はひたすら早歩き三昧。 石原が「この現場、ずっと早歩きですね!」と監督に言うと、「でも、くるみはずっと走ってるよ 笑。 そのうち病院一周しちゃうかもね」と監督。 キャスト、スタッフに笑顔がこぼれた。 初共演の石原と西野は、撮影を続けるうちに2人のリズムをつかんできた模様。 撮影の合間は笑顔で会話しながら、心の距離を縮めていく姿が見て取れた。 同じ薬剤部の刈谷奈緒子 桜井ユキ の指示の下、羽倉龍之介 井之脇海 や工藤虹子 金澤美穂 ら病院薬剤師たちが、山のように舞い込んだ処方箋を一つ一つ確認し、調剤、監査、投薬といった膨大な作業量をスピーディーにこなしていく。 ある日、そんな薬剤部に新人の相原くるみ 西野七瀬 がやってくる。 人手不足に頭を抱える薬剤部にとっては明るいニュースだが、「向いてなかったら辞めようと思ってます」ときっぱり言い切るくるみ。 薬剤部部長の販田聡子 真矢ミキ がくるみを連れて院内を案内していると、救急センターに心停止の急患が運ばれてくる。 そこでくるみは、医師や看護師と連携して緊急処置に当たるみどりの姿を目の当たりにする。 (ザテレビジョン).

次の

石原さとみ、お団子ヘアの病院薬剤師に 新ドラマ『アンサング・シンデレラ』主演

石原 さとみ 新 ドラマ

女優の石原さとみが病院薬剤師役で主演を務めるドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』が、フジテレビ系にて4月から毎週木曜22時に放送されることが決まった。 日本の連続ドラマでは初の病院薬剤師を主人公にした医療ドラマとなる。 主人公・葵みどり(石原)はキャリア8年目の病院薬剤師。 「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。 それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っている。 1人でも多くの患者を救いたいと思っているが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師からはもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも。 チャームポイントのお団子ヘアを揺らしながら、患者一人一人と真剣に向き合っていく。 脚本は『グランメゾン東京』の黒岩勉。 木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』は、フジテレビ系にて4月から毎週木曜22時放送。 この記事の写真を見る•

次の