柴咲 コウ ツイッター。 【柴咲コウ】プロフィール(年齢・身長・ツイッター・インスタグラム・映画・ドラマ)

柴咲コウ、事実と異なる記事には「法的措置も」 種苗法発言に改めて言及: J

柴咲 コウ ツイッター

女優の柴咲コウが5月27日、自身のツイッターを更新、以前から発信していた種苗法改正案について改めて言及し、「事実とは異なる投稿、捏造、誹謗中傷、脅迫行為、ミスリードしさらなる事実誤認した記事の作成元に関しては法的措置も検討しています」と訴えた。 「柴咲は文章の載った2枚の画像を掲載し、《意見を言うことは、誰にも平等に与えられた権利です。 賛成、反対だけでなく、その間にある声も聞きながらベストを探っていく。 その時間が必要だと思うのです》《伝統野菜を作っている農家さん、家族でこだわりを持って営んでいる農家さんが、未来に笑顔で仕事ができるように祈っています》と訴え、続けて《私は完璧な人間ではないので誤字脱字ミスも起こします。 適切でないものは今回のことに限らず気づいた段階で削除し言い直したり更新しています》《様々な人が健全にオープンに物事を語り合える高尚な社会をこれからも期待します》と、健全な議論が尽くされることの重要性を訴えました」(スポーツ紙記者) 事の発端は、柴咲による4月30日の投稿。 自家採取禁止。 このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。 これは、他人事ではありません。 自分たちの食卓に直結することです」と種苗法改正への懸念を記した。 「30日の柴咲の投稿は新聞でも取り上げられ、ネット上でも種苗法改正案についての議論が高まりました。 その後、このツイートは削除されていますが、5月20日になって自民党の森山裕国対委員長が、今国会での改正を見送る方針であることを公表。 種苗法の改正については、自民党参議院議員の小野田紀美氏が《今回の種苗法改正。 「外国企業による農業支配」とか「日本の農業を壊す」とか一部で言われているようですが、全くの誤解》《【外国にパクられ流出している日本の農産物を守る】ために現行法の穴を塞ぐ改正です》とツイートを投稿、一部生産農家からは『新品種を作った人の権利を守るのは当然。 「27日の投稿の前に、柴咲はユーチューブチャンネルの動画を更新しました。 発酵食品作りシリーズの第2弾として、味噌作りを紹介しています。 食や農業についての関心の高さからの発信が、自らの丁寧な暮らしを脅かすようなことにならなければよいのだが。 (多部順).

次の

【パヨク】柴咲コウ、炎上ツイート消し後も「種苗法改正案」反対署名運動 ネット「農家を敵に回した」「赤旗女優」「共産党だけでなくカルト臭も…

柴咲 コウ ツイッター

「新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしています。 自家採取禁止。 このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。 これは、他人事ではありません。 自分たちの食卓に直結することです」 とツイートしています(編注:現在当該ツイートは削除されています)。 柴咲さんは、以前から自給自足生活への憧れを語るなど、農業や環境問題に強い関心を持っているようで、昨年は政府の環境特別広報大使にも任命されました。 改正のキーワードは「グローバル化」 種苗法は「しゅびょうほう」と読み、植物の新品種の保護が法律の目的となっていて、1991年に改正されています。 新品種開発の際、一定のお金を払って「登録品種」申請を行います。 国から「育成者権」という、その登録品種の種苗の生産、増殖、販売などを、一定期間占有する権利が与えられるのです。 育成者権を得ると25年の間、登録品種の「種苗」「収穫物」「加工品」をビジネスとして利用する権利を専有することが保護されます。 新品種開発には、膨大な時間と労力がかかりますからね。 当然、それに見合った対価を得るための権利は主張したいでしょう。 ここまでは、芸術作品、例えば漫画や楽曲の著作権に似た感じのイメージで理解しやすいものかと思います。 今回の改正のキーワードは、「グローバル化」にあります。 3月3日に改正案を閣議決定して国会に提出した農水省サイトの説明によると、日本で開発されたブドウやイチゴなどの優良品種が海外に流出し、第3国に輸出・産地化されるケースがあるなどとして、国内で品種開発を滞らせないよう、新品種を保護するのが目的としています。 有名な話が2018年韓国平昌冬季五輪でカーリング女子チーム「もぐもぐタイム」のいちごが、日本で開発された「とちおとめ」と「レッドパール」が、無断で韓国に流出されて現地で生産された高級イチゴだということです。 どのようなルートでこれら品種が流出したか正確なことは分かっていないものの、種子等の流出が水面下で行われているのは事実のようです。 ここまでの流れだと「なるほど」と思うのですが、話がややこしくなるのはここからです。 ここからがわからなくなってきます。 さきほどの著作権にも似た「育成者権」が保証されないケースがあります。 それは、 ・試験または研究目的での利用 ・農業者の自家増殖 です。 自家増殖…? ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

「種苗法」巡りTwitter炎上の柴咲コウ 文言削除も反対の署名運動

柴咲 コウ ツイッター

いま、柴咲コウが世にはなったメッセージが波紋を呼んでいる。 《新型コロナの水面下で、「種苗法」改正が行われようとしています。 自家採取禁止。 このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。 これは、他人事ではありません。 自分たちの食卓に直結することです》 4月30日、彼女のツイッターに投稿された(現在は削除済み)この文言の影響もあってか、5月20日、ブランド農産品種の苗木などを海外に持ち出すことを規制する『種苗法改正案』の成立を見送る可能性が明らかになった。 毎日新聞のデジタル版がこの件について報じたときのタイトルが《「種苗法改正案」今国会成立を断念へ 柴咲コウさんの懸念ツイートで慎重論拡大》だ。 ツイッターでは、柴咲の名前が一時、トレンド入りするほどの事態となり、なかには彼女の意見に反対する農家も出てくるなど炎上と論争が巻き起こった。 農水省のサイトに掲載されていない例も この改正案は『シャインマスカット』や『とちおとめ』といった高級国産品が中国や韓国に持ち出された種や苗木が独自の新品種として出回っている被害を食い止めようと政府が提案したもの。 各農家が自分の畑などで増やすときに、開発者の許可が必要となった。 農業専門誌『現代農業』編集部の山下快氏(農山漁村文化協会)は「ほとんどの農家はこの法改正については反対しています」としながら、 「農家が反対しているのは、『農家による自家増殖』が自由にできなくなるというポイントでしょう。 しかし、法改正されることで実際に悪影響が出る農家もあるという。 有名なものでいくと『ユキホマレ』などがそれにあたりますね。 しかし、こうした(大豆のような)影響が大きくなるかもしれない作物の例は農水省のサイトには掲載されていません」(山下氏) また、国は日本のブランド農作物の国外流出を防ぐための法だとも発表しているが、実際の農業現場から落胆の声が聞こえているようで……。

次の