そ と づら が いい に も ほど が ある 4 話。 ランドセルが豪快につぶれた!~やんちゃにもほどがある?~

ワンピースを1日に最低でも4話無料で読む方法

そ と づら が いい に も ほど が ある 4 話

毎週水曜日にお送りする、コラム「本という贅沢」。 11月のテーマは「食」。 あなたの骨となり血となり肉となる1冊を、書籍ライターの佐藤友美(さとゆみ)さんが紹介します。 31 『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』 (渡辺一史/文春文庫) 前回ご紹介した『BUTTER』を読んだ後、バターかけご飯を食べ過ぎまして、一週間で2キロ太りました。 その体重を戻そうと思って、ジュースクレンズでプチ断食したところ、好転反応なのか、単なる風邪なのか、ひどい頭痛と嘔吐で散々な週末を過ごしたワタクシです。 ある意味、強制デトックス……。 本当は、おいしいおいしい料理エッセイなぞ、ご紹介したいと思っていたのだけど、食事シーンを思い浮かべるだけで胃が痛いので断念しました。 代わりにといってはなんですが、痛みに悶絶しながら布団の中で読了した、筋ジストロフィーの患者、鹿野靖明さんと、彼を支えた数百人のボランティアのノンフィクション『こんな夜更けにバナナかよ』をお送りします。 筋ジストロフィーとは、筋肉の変性と壊死によって、筋力が著しく低下する病気。 ひどくなると自発呼吸もできなるのだけれど、鹿野さんは人工呼吸器をつけたまま退院し、在宅での自立した生活を望んだ人。 寝返りできない彼のための体位交換や、痰をとる行為などは、ボランティアによって支えられていたそう。 と、書くと、愛と献身の物語に聞こえるかもしれないけれど……、この本はそんなわかりやすい関係で描かれる物語ではない。 わがままな鹿野さんにぶち切れたり、「帰れ」と怒鳴られ腹を立てたりするボランティア。 ボランティアに次から次へと恋をしたり、彼らが辞めるたびに精神不安定になったりする鹿野さん。 喧嘩したりムカついたりしながらも、なぜ彼らはボランティアを続けるのか。 鹿野さんと過ごす時間は彼らに何を与えているのか。 著者の渡辺さんは2年半の取材を通して、その問いを投げ続けます。 その答えは……。 などと、ひとことで要約できるような単純な結論ではないから、558ページもの大作になっているわけですが……。 ただひとつ言えることは、「五体満足で、やろうと思えばたいていのことはできる」時代を生きることは、結構苦しい。 どんな人生を選んでも自分の責任。 そしてなお悪いことに、情報があふれている分、「自分が選ばなかった方の道」を歩いている人の人生も見えてしまう。 自分の選択が正しかったのか、正しくなかったのか。 答えなどあるはずないのに、人と比べて答え合わせしてしまう。 だからこそ、バナナ1本、自分の手では買うことも食べることもできない鹿野さんの、それでも「食べたい」という真夜中の主張にみんな圧倒されるのだと思う。 制約がある体だからこそ、「自ら求めて自分の人生を決めること」の純度が増す。 その欲求の純度を目の当たりにすると、自由な体を持つ私たちのほうが、実は何かに囚われて自ら制約をかけていることに気づくのかもしれない。 自分の人生を自分でドライビングすること。 鹿野さんは動かない体で、それを主張し続けた……。 「自立とは、誰の助けも必要としないということではない。 どこに行きたいか。 何をしたいかを自分で決めること。 自分が決定権をもち、そのために助けてもらうことだ。 人に何か頼むことを躊躇しないでほしい」 本文にあったこの言葉。 これからもなんども思い出すだろう。 実は私自身も、昨年、若くして亡くなられた方のノンフィクションを上梓しました。 だからこそ、関係者の方々からの赤裸々な告白を引き出し、公開するまでにこぎつけた著者さんの、筆力とはまた違った力の凄みをひしひしと感じます。 読み終わった時にはだいぶ体調も回復し、「やっぱり書いて生きていかなきゃな」という気持ちになりました。 それではまた来週水曜日に。

次の

ストレスのない仕事ってあるの?仕事選びは『年収かストレスフリーか』の答え

そ と づら が いい に も ほど が ある 4 話

朝礼スピーチ「人から聞いた話」と「自らの体験談」どちらがより印象的か? 少々強引な分け方ではありますが、一般的にスピーチネタは以下の2つに大別できます。 結果として聞き手にも安心感を与え、さらには臨場感を伝えることもできます。 B 皆さんと同じ社会人1年生の時、私、衝撃的な言葉に出会ったんです。 B 昔、恩師から頂いた言葉で、聞いた瞬間「絶対誰かに話したい!」と感じた言葉があります。 ・・・ いかがでしょうか? 一言で言えば、 Aは他人事、 Bは自分事といった印象を受けませんか? もちろん、Aも自分自身の出来事ではあるのですが、どことなく「よそよそしさ」や「引用丸出し感」が漂い、折角準備したネタであっても、結果として「スピーチのためのスピーチ」に聞こえてしまいがち。 実に残念。 そこで役に立つのが、 「嘘も方便」。 スピーチのネタがたとえ、誰から聞いたかハッキリと覚えていないような話であろうが、ネットサーフィン中にたまたま見つけた言葉であろうが、あなた自身が「いい話」「感動する言葉」と感じたのであれば、そこはぜひ「嘘も方便」です。 それだけで、聞き手に与える印象が格段にレベルアップするはずです。 つまり、前述の例でいうところの、AをBに、他人事を自分事として話してみるということです。 朝礼スピーチに引用したい、例えばこんな「いい話」「感動する言葉」 ではここで実際に、年代問わず比較的万人受けしそうな「いい話」や「いい言葉」をいくつか並べてみます。 繰り返しとなりますが「嘘も方便」です。 こういった話を実際に人前で話す際は、自分の身に降りかかった出来事かのように情景をリアルに想像し、感情を込めて伝えるとより効果的です。 「あと10歳若ければなぁ」なんて口にすることがよくある。 そんな時は、10年後の自分を想像して、そこから今の自分に強く言い聞かせる。 「今この瞬間が、その10歳若い時なんだぞ!」と。 「今やらないと、10年後も同じこと言ってるぞ!」と。 遠い昔、学生気分の抜けなかった社会人1年生の時、筆者が実際に上司から言われた言葉。 年を重ねるごとに重みを増す、心にしみる言葉です。 つまずくのは、進んでいる証拠。 よく聞く「失敗は成功のもと」より、どこか温かさを感じる一言。 何かやらかした部下のフォローに効き目がありそうです。 交差点で信号待ちするカップル。 信号が青になると、彼氏が突然、びっくりするような大きな声で、 「青になったぞ!行くぞ!!」 見れば分かるよと言いたげな顔の彼女。 このとき彼女は気付いていない。 彼氏の優しさに。 彼氏を挟んで反対側に、白い杖を持った視覚障害者がいたことに。 決して事情を説明しない彼氏の優しさ。 もし、この光景を実際に3人の真後ろで目撃したら… 誰かに話したくなると思いません? 最寄駅からバスで自宅に帰る途中、誰も押してない停留所に突然止まった。 乗る人もいない。 すると運転手から「すみません、後ろに寝てる小さなお子さん居ませんか?その子多分ここで降りるので起こしてもらえますか?」とアナウンス。 皆に起こされた小学1年くらいのその子は照れつつ降りてった。 皆笑顔になった。 こちらも「優しさ」がテーマ。 運転手さんのややぶっきらぼうな物言いや、照れ臭そうに降りていく小学生の姿。 それを囲む乗客たちの笑顔。 その場の情景がリアルに伝わってくる逸話ですね。 イケメンが電車で「席どうぞ」ってお婆さんに譲ってた。 すると「まだそんな年じゃないですよっ!」と機嫌を損ねる、ひねくれ婆さん。 そしてイケメン「ただのレディーファーストですよ、お姉さん」とウィンク。 婆さん赤面。 俺も赤面。 客席全体がわりと赤面。 上2つの「優しさ」とは雰囲気が違いますが、「席どうぞ」の一言にも何かとシガラミを感じる昨今、この機転はすごいの一言です。 高校生カップルがチャリ二人乗りで警察に注意されてた。 警察が「彼女のこと本当に大切にしてるなら二人乗りなんて危険なことさせるな。 二人でおしゃべりしながらゆっくり歩くのも悪くないぞ! 」って言っててイケメンすぎた。 こちらはイケてる警察官。 「二人乗りは禁止だぞ!降りろ!」だけとは雲泥の差ですね。 子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出ていきました。 店員さんがその子供の背中に向けてかけた「ありがとうございます」という声が震えてました。 「お菓子我慢して募金してきた」と帰宅した息子(娘)に、あなたならどんな声を掛けてあげますか? 以上、「ネットで見かけた話」ではなく「尊敬するあの人から聞いた話」に変換して活用されてみてください。 できるだけ感情を込めて。 「小難しい著名人の名言・格言」も伝え方次第で「身近なネタ」に 冒頭、「歴史上の人物や著名人の名言・格言は、日頃の朝礼の話題として引用するには少々重く感じる方が多いかも」とお伝えしましたが、これもやはり「伝え方」次第です。 名言・格言の紹介のみに終始せず、その言葉から何を感じ、いかに日常の教訓として実生活の改善に落し込めたかまでを、実体験・具体例を交えてスピーチすることができれば、明らかに聞き手の印象が好転します。 そして、無情に時間だけが過ぎる。 やばい。 どうしよう… そんな経験ありませんか? 当記事内容を否定するわけではありませんが、気心知れたメンバーが集う朝礼の場などでは、難しいネタより身近なネタの方が馴染みやすいケースが多いのも事実ですね。 といった参考記事です。 次回の朝礼当番「ネタがない」とお悩みのあなた 実は、ネタ自体は思いのほかたくさんあるものです。 今回紹介させて頂いた「いい話」「名言・格言」「身近なネタ」などもそのごく一部。 ネットで検索すればいくらでも出てきます。 まずは 「ネタがない」のではなく「ネタが絞れていない」ことに意識を向けるだけでも、記述問題が選択問題になったようなイメージ、それだけで随分と気が楽になりませんか? そんなこと言われても無理なものはムリ! というあなた。 もしお時間があるようでしたら、こちらの記事を読み進めてみてください。 多少、気持ちが楽になるはずです。 ・・・ さて、朝礼当番が回ってくるというあなたにとっては、数週間先か数ヶ月先かは分かりませんが、また同じように「悩む時」が定期的にやってくるわけです。 現状「ネタが絞れていない」ということは、「複数のネタがある」ということ。 前向きに捉えれば次回や次々回のネタまでストックできていて、むしろ余裕綽々な状況。 自らにそう言い聞かせることもできなくはありません。 まずは「今回のネタを絞る」ことに意識を集中し、それが決まり次第「伝え方」に思考を巡らしてください。 案外やってしまいがちなのが「一気にスピーチ内容を完成させようとしてしまうこと」。 ネタ、つまり話の要点・軸が定まらないうちに、全体の流れを作ろうとしても、そりゃ難しいです。 当たり前のことのようですが、 『1. 伝え方を考える』この順番はとても大切です。 伝え方に「嘘も方便」をお忘れなくです。

次の

ランドセルが豪快につぶれた!~やんちゃにもほどがある?~

そ と づら が いい に も ほど が ある 4 話

数年前、HSPという言葉を知りました。 HSP、Highly sensitive person(ハイリー・センシティブ・パーソン)。 そこに書かれている診断項目をチェックしていくと、あてはまる、あてはまる(汗)そして、これはわたしのことだ!と。 そうか、 わたしの感受性の鋭さはHSPという特性だったのか、と妙に納得したものです。 わたしは周囲のありとあらゆるものに反応してしまい、心が落ち着く暇がありません。 自分のことはもちろん、周囲のこと、例えばテレビのニュースや雑誌などから得られる情報などにも。 とにかく自分が触れた、接したことに喜び、怒り、泣き、落ち込み・・・ととにかく、心のアップダウンの激しさに戸惑うことが多く。 特に生理周期と重なるとますます激しくアップダウンを繰り返します。 そんな自分の心の動きをコントロールしたく思い、いろいろと努力を。 が、うまくいかないことの方が多く、「これがわたしの性格なんだわ」と諦めていました。 自身がHSPである著者が、自分の日常をわかりやすい4コマまんがと、イラスト 本人作 で紹介。 と書かれています。 HSPを自覚している著者の生活とHSPに対して、どのように処しているのか書かれています。 著者の生活は恐らくHSPの自覚がある人ならば「分かる、分かる」と思うことが多いのではないでしょうか。 少なくともわたしは大いに共感しましたことよ。 【作者のブログ】 HSPとは「敏感すぎる人」。 HSPとは極度に敏感すぎる人々を指します。 普通の人より感受性が強い人。 従来は単に性格としてとらえられていましたが、 近年は先天的な脳や神経系の特徴による「気質」と考えられています。 そして、 どこの国でも、このHSPの気質を持っている人が5人に1人存在していると言われています。 HSPは病気ではありません。 しかし、些細なことに敏感に反応し、神経が高ぶりやすいため、心身ともに疲れやすい傾向があります。 非HSPの人からすれば「気にしすぎだ」ということをHSPの人はクヨクヨと受け止めます。 この敏感すぎる反応は生きていく諸刃の剣となりがちで、HSPの人の多くは生きづらさを抱えているとされています。 HSPチェックリスト、あなたは何個あてはまりますか? 以下は『 』より抜粋しました。 すべて、「イエス、ノー」で考え、最後に「イエス」を集計してください。 自分を取り巻く環境の微妙な変化によく気づく方だ• 他人の感情や体調に左右される• 体の不調(痛みや不快感)にとても敏感である• 人にあった後、疲れて一人になりたいと思う• カフェインに敏感に反応する• 服の肌触りや着心地が気になる• いつの間にか空想にひたってしまう癖がある• 他人の会話に無意識に注意が向いてしまう• 宗教的なものスプリチュアルなものに関心がある• 芸術や音楽などクリエイティブなことが好きだ• ウソをつくとひどく良心がとがめる• ちょっとしたことでも、びっくりしやすい• いろいろなことを同時にするのが苦手であり、混乱してしまう• 言葉にならない他人の気持ちによく気が付く• 物を忘れたり、ミスをしないように気を付ける• 何かに気を取られてミスすることが多い• 言葉のニュアンスがきになってしまう• 刺激が多いとイライラすることがある• 空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる• 引越し、模様替えなど生活の大きな変化が負担である• グループにいると自分らしくいられない• 人目がとても気になる• 競争させられることがきらいだ• 理由もなく気分が良かったり、悪かったりする• 子どものころ、周囲の大人や子どもから、内向的であったり、内気と思われていた 12個以上あてはまれば「HSP」の可能性があります。 わたしは23個あてはまりました。 当てはまらないのは11と23。 それ以外は概ね該当します。 個人的に感じた、HSPあるある!『「敏感」にもほどがある』 書店で並べられている表紙を見た時「ピン」ときました。 これも感受性の鋭さなのでしょうか。 笑 そして、ページを開き、第1章の冒頭にこれを書かれているのを見た瞬間、「あ、これはわたしのことだ!」と体感を得ました。 人といるだけで疲れてしまう そう、「人といるだけで疲れてしまう」。 むちゃくちゃ疲れてしまいます。 わたしの場合、主人以外の人といると疲れます。 場にいる人の数が増えれば増えるほど疲れます。 人から受けるエネルギーや感情、思考を勝手に受け止めてしまうんですよね。 わたしに関することはもちろん、わたしに関しないことも受け止めてしまいます。 また、うっかりとその場の人の注目を浴びてしまうとたちまちのうちにテンパります。 とりあえず、目立たず、おとなしく、壁の花になっているのが安寧です。 こんなことが続くと・・・ ひとりが好き むちゃくちゃ好きです。 ひとりで過ごす時間がとても好きです。 わたしはひとりの時間をとても大切にしていますし、ひとりの時間がないと生活のリズムを保てません。 このひとり時間で、自分を癒して、慰めて、何とか自分のバランスを保っているような感じです。 人と過ごす時間がストレスフルで辛いものであればあるほど、周囲に壁を作ってひとりになります。 自分の内に閉じこもります。 だもんだから・・・ 会社勤めがつらい そうなんですよね、会社勤めが辛かったです。。。 そもそも人といるだけで疲れるわたし。 机がずらーっと並んでいるフロアーで何十人の人と並んで座るなんて拷問でしかありません・・・わたしと関わりがあるないは関係ないのです。 ただ、同じ空間に人がいる。 それだけでわたしのストレスはマックス状態に。 初めて務めた職場の人間関係は良かったと思います。 とても良かったのですが、それでもわたしは疲れ、辟易し、4年ほどで職場を去りました。 しばらく、人と接したくない、と。 わたし、「引きこもり」の人たちの気持ちがちょっと分かる気がしますもん・・・ ま、とはいえ、正社員として次の職場へ移りましたが、やはり働きづらさ、生きづらさは常に抱えていました。 この2社目は特に人間関係とどうでもいい権力闘争に悩まされましたね~汗 正直なところ、これに辟易し、派遣社員になったようなもんですもん・・・派遣社員はわたしにとってやりやすいものでした。 「派遣社員」と言うだけで人間関係をざっくりと簡素にすることができ、意識を飛ばしやすかったりしました。 現実じゃない、どこかよその世界へ。 参考 意識が拡大してしまう え、これってHSPだけなの!?と驚きました・・・ 悩んでいる人格とは別の、もう一つの意識みたいなものがあるような気がします。 悩んでいる自分を俯瞰しているような意識。 生活する自分から乖離しているような意識です。 その世界でのわたしは万能です。 わたしの欲望や願望も概ね叶えられてしまいます。 いともたやすく。 それを「神」だと意識したことはありませんでしたが、その拡大意識がわたしを助けてくれたことは多々あります。 特に子供のころ、その傾向が強かったように思います。 わたしは目の前の現実からそむけるように意識を飛ばしていましたね~ 今でもその傾向があります汗 中二病的なことをよく考えていますことよ。。。 参考 そして、フリーランスをめざす 職場での人間関係に疲れ果てると、フリーランスやらひとり仕事を目指してしまいますよねー ええ、わたしもひとり仕事を。 もちろん、今もやっております。 ひとり仕事はわたしを疲れさせません。 他者の意識も感情も思考も入ってきません。 わたしは楽チンでしたし、今も楽チンです。 人と付き合うことで疲れるわたしから解放され、わたしはノビノビとしてきました。 5年経過し、わたしはもう一度、外で働きたくなってきました。 わたしの心の充電が満点になったのかもしれませんね(汗) で、週4日のパート。 参考 とりあえず、この仕事のいいところは 2日行けばとりあえず休める=ひとりになれる、ということ。 そして、 職場でその仕事ができるのはわたしだけで、わたしが好きなように仕事ができることでしょうか。 というわけで今のところ、ストレスは最小限で済んでおります・・・いつまでそれが続くのか定かではありませんが・・・それが難しいところですね。 それさえできればわたしは心を安定できるんだわ、と。 わたしは弱い。 わたしは脆い。 わたしはすぐに倒れる。 わたしはすぐに傷つく。 そして、わたしはHSP。 それらを自覚したうえでわたしはわたしに栄養素をあげることにしました。 わたしにアメをあげる。 文章を書いて吐き出す。 ブログでも手帳でも日記でもOK。 自分は自分、相手は相手とできるだけ割り切る。 切り離すぐらいの勢いで。 ひとり時間を確保する。 とりあえずウォーキング。 お気に入りの香水を見つける。 常に自分だけを意識させる。 後、本によると同じHSPの人と話し合うのもいい、と書かれていました。 なので機会があれば話し合う場などに参加をしてみたいですね。 わたしが開催するのもアリなのかな?ちょっと考えます。 あとですね、HSPは若い頃、本当に辛いと思います。 わたしもそうでした。 その中、いろいろと試行錯誤しました。 悩みました。 カウンセリングを受けたこともあります。 それでも生きづらさは解消されませんでしたし、40歳になった今もドーンっとわたしの中に「生きづらさ」が存在をしています。 おばちゃんになっても人とのコミュニケーションは未だに緊張します。 在宅ワークを抱えて、知り合いのいない所へ行きたくなります。 でもね、 年を重ねると自分なりに処方術を得るもんです。 自分の心を落ち着かせるための自分なりの処方術を得ます。 むしろ、得てください。 さもないと辛くなるだけです。 周りにも甘えてください。 そうするだけで少し楽になることもあります。 その 「少し楽になる」ことの積み重ねがHSPを助けてくれるとわたしは信じています。 そう、小まめにわたしを癒してあげましょう。 「変わっているね」「個性的だね」と言われるけれど、これがわたし 幼いころから「変わっているね」「個性的だね」「不思議ちゃんだね」「天然だね」と言われることが多かったわたし。 漫才でいうと知らず知らずのうちに「ボケ」の役割を担うことが多いわたし。 マイペースで協調性が限りなく薄く、ひとりの世界に閉じこもるのが大好きなわたし。 でも、それがHSPの特性なんだなーと思うとスーッと心が軽くなりました。 作者の高橋敦さんとすべてかぶるわけではありませんが、『「敏感」にもほどがある』を読んで心が軽くなりました! あ、わたしだけじゃないんだ、と。 これはHSPの特性なんだ、と。 この感受性の鋭さゆえに読書とかものすごく楽しめるんだよね~シミジミ。 共感し、感動する、と。 今、えらく感動しております。

次の