ネイル サロン 自粛。 行動自粛のお願い

「緊急事態宣言」発令に伴う営業自粛のお知らせ

ネイル サロン 自粛

2020. 05 緊急事態宣言の延長並びに東京都の自粛要請を受けまして5月31日 日 まで営業自粛を致します。 2020. 2019. 01 消費税増税に伴い、料金を修正致しました。 2016. 18 ギャラリー更新しました。 2015. 21 ゴールデンウイークも休まず営業しております! 2015. 05 3月7日 土. 9日 月. 10日 火 臨時休業致します。 ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。 2014. 27 *年末年始のお知らせ* 12月31日(月)〜 1月4日(月)までお休みさせて頂きます。 12月は込み合いますので、ご予約はお早めに! 2014. 07 10月20日(月)21日(火)は臨時休業をさせていただきます。 ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。 2014. 14 5月20日(火)ネイルイベントのため臨時休業させていただきます。 ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。 2014. 11 *営業時間変更のお知らせ* 3月17日(月)より、定休日を毎週月曜日から日曜日に変更させて頂く事になりました。 16 *年末年始の休業のお知らせ* 12月30日(月)〜1月6日(月)までお休みさせて頂きます。 2013. 17 7月27日(土)隅田川花火大会のため臨時休業いたします。 2013. 18 ギャラリーを追加しました。 2013. 12 ギャラリーを追加しました。 2013. 24 6月16日(日)~18日(火)まで臨時休業致します。 2013. 16 ギャラリーを追加しました。 2013. 26 *ゴールデンウィークのお知らせ* 5月4日(土)18時まで営業。 5月7日(火)より通常営業致します。 2013. 18 ギャラリーを追加しました。 2013. 01 NEWオープン!•

次の

ネイルサロンは外出自粛すべき?ジェルネイルのオフは不要不急?休業の店舗も

ネイル サロン 自粛

スポンサーリンク コロナウイルスの感染拡大に伴い、様々な地域で『不要不急の外出は控える』という自粛ムードが高まってきています。 今まで通っていたネイルサロンも臨時休業をしていたり、施術メニューが限定されていたりと、影響を受けている模様・・・。 この状況が続けば、ジェルネイルを付け替えられない!なんてことにもなりかねません。 そもそもオフもできなくなってしまう可能性もありますよね。 ネイルサロンが休業する前にジェルネイルをオフするべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 また、オフしたくてもネイルサロンが臨時休業していてできない人もいるかもしれません。 自分の通っているサロンがいつ休業になるか分からない状態で、ジェルネイルをそのままにしておくのは危険かなと感じます。 ジェルネイルをオフする頃にはコロナも収まっているんじゃない? と、 楽観的に考えるのはよくありません! そうなれば良いですが、今の状況だとなかなか難しいと思います。 ジェルネイルのオフは爪を傷つけやすいため、セルフではなくプロにお願いしたい工程の一つです。 しかし、セルフでオフをして爪を痛め、次回以降のジェルネイルを断られたら元も子もありません。 そして何より、ジェルネイルをしていると、血中酸素を測ることができなくなります。 今だとオフだけを受け付けているネイルサロンもありますので、まずはそこでオフすることをおすすめします。 自宅でできるジェルネイルのオフ方法 ジェルネイルをオフしたいけど、ネイルサロンがやってないなどの理由で、セルフオフを考えている人もいると思います。 セルフオフはあまりおすすめはできませんが、どうしてもセルフでやりたいという方向けに、オフの方法を紹介している動画をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 自粛ムードでおしゃれも存分に楽しむことができずに辛い状況が続いていますが、もう少し辛抱して頑張りましょう! コロナが落ちついたらたくさんおしゃれを楽しめるように、自爪の育成に目を向けてみるといいかもしれませんね。 また、ジェルネイルではなくすぐに落とせるマニキュアなどであれば気軽に楽しむこともできます。

次の

【営業自粛のお知らせ】│*金武町ネイルサロン&スクール『salon de peony』

ネイル サロン 自粛

最近は、マニキュアのことなど優先事項にないかもしれない。 しかし、ネイルサロンやスパの多くが閉店中の今、ジェルやアクリル、ディップネイルに、プロにしかできないメンテナンスが必要な時がそのうちやってくる。 伸びた部分が目につき、好みの状態ほどフレッシュにも完璧にも見えないだけでなく、マニキュアした部分を長く伸ばしすぎると爪の健康に負担がかかり、脆くなってダメージを起こしてしまう(重さのアンバランスや、エッジが上に反ったりギザギザになったりするため)。 そのため、一番いいのはオフしてしまうこと。 そこで、ネイルのエキスパートに、ジェルやアクリルネイル、ディップパウダーのもっとも安全で簡単な落とし方を聞いてみた。 いくつか鍵となるツール(オンラインショッピングする必要があるかも)と、ちょっとした忍耐力があれば、たちまち健康な状態の爪に戻すことができる。 ジェルネイルのオフ方法 ジェルネイルをつまんで剥がしたくなる衝動にかられるのは、誰もが嫌というほど知っている。 しかし、満足するのはほんの一瞬で、ダメージから爪が回復するには何週間もかかってしまう。 1:ネイルファイルで削る 考え過ぎないで。 自宅でジェルネイルを落とすのは、サロンと同じプロセスだ。 まず、新しいネイルファイル(爪ヤスリ)を用意。 もし、爪が割れたり欠けたりしている場合は、好きな形に削っていって、できればそのままにしておくといいと、タトルは言う。 ポリッシュを全部取ってしまいたい場合は、まず、注意しながらトップコートの部分だけをネイルファイルで取っていく。 2:湿らせて落とす さて、次のステップは忍耐力が試される。 アセトン(ネイルリムーバー)を浸したコットンボールを爪の上に乗せ、その上からホイルで包んで固定する。 そのまま15分ほど待ち、ジェルの部分が簡単に取れないようなら、さらに長く放置する。 この爪を湿らせるプロセスを短縮したい(そして、もっとスパ気分を味わいたい)なら、手を温かいタオルで包むといいとタトルはアドバイスする。 3:優しく剥がす もしポリッシュが簡単に外れない場合は、アセトンを浸したコットンをさらに数分間、爪に乗せておく。

次の