ナルト 強すぎる。 NARUTOペイン六道って正直強いんですか ペイン六道とマダラが...

【ナルト】木の葉隠れの里・強さランキングと全キャラクター構図!

ナルト 強すぎる

ナルトには多くのキャラクターが登場し、敵も味方も含めて魅力的で個性を持つ人物ばかりなので興奮を覚えますね。 主人公のナルトが成長していくと、それに比例するかのように敵も強くなるので簡単に勝ち進むことが難しくなるのも特徴です。 そんなナルトですが、登場した人物の中で 最強キャラは誰なのか気になりますよね? ここでは、 最強キャラクターをランキング形式で発表していきます。 スポンサーリンク 10位 「うちはオビト」万華鏡写輪眼を所持し物語のキーマン ナルトに登場するキャラクターの中で、最強ランキングで10位に輝いたのが「 うちはオビト」です。 忍の神とも称される柱間の細胞を移植しており、「木遁」の術を使用できるだけでなく、うちは一族が徳地としている「火遁」の術も使用できます。 十尾の人柱力になれたことで、六道仙人に近い力を手に入れることに成功。 彼は、六道仙人から「肉体」そのものを受け継いでいる関係で、写輪眼の瞳力を無効化する特異体質の持ち主。 つまりこちらの術を相手がコピーできないので、戦闘では優位に立つことが可能。 当初、兄のインドラとは比べ物にならないほど実力差があり、落ちこぼれなんて言われていました。 それでも、努力を積み重ねることによって、最終的にはインドラよりも実力は勝っています。 その証拠に、兄のインドラとの直接対決で勝利を収めているので、最強キャラランキングで6位になるのは納得でしょう。 スポンサーリンク 5位 「うちはサスケ」一族の生き残りでインドラの転生体 5位にランクインしたのは「 うちはサスケ」ですが、見方によってはトップ3に入ってもおかしくない実力者です。 ハゴロモの息子であるインドラの転生体であり、主人公うずまきナルトのライバルであり親友であり、兄弟ともいえる間柄。 両目に白眼を所持しており、威圧感は相当なもので上位にランクインしているのも頷けます。 最初はカグヤに洗脳されてしまい、兄のハゴロモと対決をしましたが最終的には洗脳が解けて一致して母を 月に封印しました。 スポンサーリンク 2位 「大筒木ハゴロモ」忍の神と称され仙術をもマスターしている 忍の神と称され、六道仙人との名で呼ばれることも多い、 大筒木ハゴロモがナルト最強キャラランキングで2位にランクインしています。 母のカグヤが持つ能力を受け継いでおり、 印を結ばずとも術を使うことが可能です。 仙術という特殊能力をマスターし、数多くの忍術も使いこなせるため、ナルトもサスケもミナトですら倒すのは不可能でしょう。 洗脳された弟を倒したところからも、ハムラよりも強いことは確実。 忍の創設者で、尾獣たちの生みの親でもあり、死後千年が過ぎてもチャクラのみでこの世を漂うことが可能。 何もかもが常識外れなので、ラスボスに次いで2位です。 スポンサーリンク 1位 「大筒木カグヤ」本作のラスボスで単独で敵う者はいない 堂々の1位、で圧倒的な実力を持っているのが「 大筒木カグヤ」です。 両目に白眼、額にある目は「輪廻写輪眼」という 3つの眼を保持しており、神樹になる実を食べることで圧倒的な能力を手に入れました。 血継限界やその上位の術が使用でき、指定した人を6つの別空間に強制移転できる「天之御中」などの反則技もマスター。 初めてチャクラを所持した人物とも言われており、作中い登場する忍が持つチャクラの元となっています。

次の

【ナルト】木の葉隠れの里・強さランキングと全キャラクター構図!

ナルト 強すぎる

Contents• 3人共3代目火影・猿飛ヒルゼンに師事し、第三次忍界大戦では多大な成果を挙げます。 2年間に渡りナルトを修行し螺旋丸と口寄せの術を伝授しました。 自来也の実力は勿論ですが、自来也の弟子からは2人の火影が誕生しており、四代目火影の波風ミナト(ナルトの父親)と七代目火影のうずまきナルトです。 さらに五代目火影のはたけカカシは波風ミナトの弟子なので、自来也の孫弟子になります。 このことから自来也の育成力も優秀なのがわかります。 医療忍術のスペシャリストで、怪力を用いた白兵戦も得意としています。 サクラには医術とチャクラによる肉体強化を応用した体術を教え、これによりサクラは医療忍術と地面をたたき割るほどの怪力を身に付け、自来也からは綱手2号と言われるほどに成長します。 目的の為にはどんな犠牲も厭わない残忍な印象ですが、ナルトとの激戦の直後も、サスケとの約束を守って修行につきあうなど、意外に面倒見が良いところもあります。 新・伝説の三人 そう言えば、ナルト達もその内 伝説の三忍って呼ばれそうだよな。 三人共、口寄せの術は師匠と同じ動物になります。 会得難易度Aの禁術・超高等忍術である多重影分身を4人まで使え、ナルトでさえ習得に時間を要した螺旋丸も数日で覚え、さらにはナルトが仙人モードで使える性質変化螺旋丸もほぼ同時に覚えます。 ボルトが目指す忍はこちらの記事でまとめています。 正確には大蛇丸が作り出した人造人間で、7回目にして初めて自分の意思を持ったミツキが誕生しました。 手足が伸びる術が使え風遁と雷遁も得意です。 さらに仙人モードを使用することができ、隙をついたとはいえ、そのスピードには大蛇丸でさえ一歩も動けなかったほどです。 ミツキに関してはこちらの記事でもまとめています。 まとめ 木の葉丸班のボルトは自来也の孫弟子、サラダは綱手と大蛇丸の孫弟子、そしてミツキは弟子ではありませんが、大蛇丸の子供で、全員が伝説の三忍と関係があります。 そりゃ歴代最強と噂されますよね。 ボルトは既に多重影分身と性質変化螺旋丸が使え、これで母親ヒナタの白眼まで開眼したらどうなるのでしょう。 そしてボルトはサスケに弟子入りしました。 これで大蛇丸の孫弟子になるわけですね。 サラダに関しては、うちは一族の血継限界である写輪眼も開眼しています。 さらにミツキは既に仙人モードが使える。 これはもう噂ではなく 間違いなく歴代最強でしょw そして地味に大蛇丸が木の葉丸班の全員に関係しています。 大蛇丸から見るとサスケの弟子になったボルトは孫弟子、サラダは弟子の子供、ミツキは自分の子供。

次の

【ナルト】一番強い術はこれだ!最強の術ランキング10

ナルト 強すぎる

Contents• 3人共3代目火影・猿飛ヒルゼンに師事し、第三次忍界大戦では多大な成果を挙げます。 2年間に渡りナルトを修行し螺旋丸と口寄せの術を伝授しました。 自来也の実力は勿論ですが、自来也の弟子からは2人の火影が誕生しており、四代目火影の波風ミナト(ナルトの父親)と七代目火影のうずまきナルトです。 さらに五代目火影のはたけカカシは波風ミナトの弟子なので、自来也の孫弟子になります。 このことから自来也の育成力も優秀なのがわかります。 医療忍術のスペシャリストで、怪力を用いた白兵戦も得意としています。 サクラには医術とチャクラによる肉体強化を応用した体術を教え、これによりサクラは医療忍術と地面をたたき割るほどの怪力を身に付け、自来也からは綱手2号と言われるほどに成長します。 目的の為にはどんな犠牲も厭わない残忍な印象ですが、ナルトとの激戦の直後も、サスケとの約束を守って修行につきあうなど、意外に面倒見が良いところもあります。 新・伝説の三人 そう言えば、ナルト達もその内 伝説の三忍って呼ばれそうだよな。 三人共、口寄せの術は師匠と同じ動物になります。 会得難易度Aの禁術・超高等忍術である多重影分身を4人まで使え、ナルトでさえ習得に時間を要した螺旋丸も数日で覚え、さらにはナルトが仙人モードで使える性質変化螺旋丸もほぼ同時に覚えます。 ボルトが目指す忍はこちらの記事でまとめています。 正確には大蛇丸が作り出した人造人間で、7回目にして初めて自分の意思を持ったミツキが誕生しました。 手足が伸びる術が使え風遁と雷遁も得意です。 さらに仙人モードを使用することができ、隙をついたとはいえ、そのスピードには大蛇丸でさえ一歩も動けなかったほどです。 ミツキに関してはこちらの記事でもまとめています。 まとめ 木の葉丸班のボルトは自来也の孫弟子、サラダは綱手と大蛇丸の孫弟子、そしてミツキは弟子ではありませんが、大蛇丸の子供で、全員が伝説の三忍と関係があります。 そりゃ歴代最強と噂されますよね。 ボルトは既に多重影分身と性質変化螺旋丸が使え、これで母親ヒナタの白眼まで開眼したらどうなるのでしょう。 そしてボルトはサスケに弟子入りしました。 これで大蛇丸の孫弟子になるわけですね。 サラダに関しては、うちは一族の血継限界である写輪眼も開眼しています。 さらにミツキは既に仙人モードが使える。 これはもう噂ではなく 間違いなく歴代最強でしょw そして地味に大蛇丸が木の葉丸班の全員に関係しています。 大蛇丸から見るとサスケの弟子になったボルトは孫弟子、サラダは弟子の子供、ミツキは自分の子供。

次の