東風戦。 麻雀で東風戦、半荘戦それぞれの平均時間はどのくらいでしょうか

麻雀の東風戦で勝つコツは接戦攻略法にあり!3つの簡単セオリーが接戦を制する

東風戦

流石の加治木先輩も困惑中……と。 笑 これはぜひ一言言いたいです。 上家さん、すみませんでした…。 orz 今日は東風の【戦略】についてお話しようかと。 以前は【戦術】でした。 チェス用語にもこの二つの単語が登場するのですが、これの違いは。 ストラテジー【戦略】:長期的に見た戦いの構想・攻略など。 タクティクス【戦術】:今現在直面している状況での戦い方。 こんな風な意味だったと思います。 麻雀は一日にしてならず、というくらい長い時間を使って成績のデータが収束されます。 ただし、東風と東南では決定的に違う部分が一つあります。 それは、 『東風戦の結果収束はかなり短いスパンになる』 ということです。 以前の私の提示した【戦術】は偶然の要素が強すぎるので、偶然の要素を全面的に出せる攻撃スタイルがよいと日記に書きました。 これは今でも考え方は変わりません。 では何故、結果の収束が早いのでしょうか。 簡単です。 東風は東南の二倍早いからです。 加えて赤速という考慮時間の問題で、半荘一回を打つよりも2. 5倍以上(多分ですけどw)早くなっているはずです。 つまり半荘の2. 5倍以上、試行回数を増やすことが出来ると。 これにより、何が変わるのかというと実力の正確性が東南よりもハッキリと出やすいというところが変わります。 少し話は反れますが、東風戦のコツをちょっとネットでググっていた時に、こんなスレを見つけました。 2ちゃんねるの『天鳳の東南戦は東風戦よりレベルが低い件』です。 内容は見てもらえばわかると思いますが、ほとんどの方が東南を貶しています。 これについての私の考えは、この後国士さんの記事などを読んで理解をしましたが、 【全くのデタラメ】 です。 その理由が、『東風は結果収束が速い』と言うところにあります。 つまり、成績がバラつかないんです。 一気に収束するからこそ、安定段位は東南よりも東風の方が低くなると言うことです。 これにより、【確変(好調)と地獄(不調)の幅も狭まる】んです。 東南は、この確変幅が広いために安定段位から1〜2段程度上下します。 だから、天鳳位や十段クラスが出てくるのも東南だけになるんです。 一方東風戦は十段以上は出ていません。 これだけを見ると、『東南の方が楽で簡単なんだ』となりますが、その逆もまた然りです。 1〜2段程度安定段位よりも上下するということは、下にも落ちるという可能性が同じ確率分起こるということです。 つまり、今の七段〜八段の方の中には五〜六段でずっと上に上がれなかったと言うリスクを孕んでいた人が居るということです。 そんな危険な事をしてまで、到達された段位が決してレベルが低いとは思えません。 そして天鳳の本質は、『実力を知る事』ではなく、『段位を上げる事』にあると思います。 だったら段位の上下が激しい、東南を選んで当然じゃないかなと思うんですよ。 賭けにはなりますが、そちらの方が段位の最大化を目指しやすいです。 では、何故東風を打ってる人が(少ないですけれど)居るのでしょうか。 これは完全な私見ですが、上から順に想像してみました。 鳳東;鳳東初の天鳳位になることが目標。 前人未到の鳳東天鳳位の初代という栄光は非常に輝かしいです。 特東:実力の底上げが目標。 特東って強い人多いので。 国士さんや=伊藤かな恵=さんも特東から鳳凰卓に行かれたそうです。 基本的にはこれを目標に打たれる方が多いと思います。 上卓;時間効率が目標。 ササッと上の段位に行くのに時間をかけず効率よく打つ事が目標です。 一般卓も同じかと。 あくまで私の勝手な想像になってしまいますが、この三つが東風を打つにあたって妥当なところじゃないかなって。 で、肝心なのは、どこの東風も激戦区になると言うことです。 時間効率を考えて打つという上卓ですら、自分の実力に自信のある人が集まってると。 今まで何も考えずに、回線切れが激しいし東南だと集中力が持たないし早く終わるからという理由だけで打ってきた私みたいなのでも、上南にすると二つのIDが簡単に特上卓まで行けているので多分間違いないです。 笑 そこから考えた、今回のストラテジー(戦略)なのですが、もうシンプルに一つだけ。 【押し引き判断をシビアに見積もる】 この一点です。 周りの相手は相当強いとリスペクトして打つべきかなと。 『どうせ上東だから』とかそう言う事を考えから無くして打とうと思います。 『上東でも通過点を最速で抜けて行こうという人たちが居る』事を念頭に、甘い考えを無くすことを目標にします。 もちろん、一試合の結果は偶然の要素が強いという事は間違いないので、リーチ率は東南よりも増えますが、押し引きだけは間違いのないようにしていこうと。 点数状況判断外では東南と同じ内容の押し引きで良いと思います。 シビアというのは正確にという意味で使いました。 決して東南よりも……という意味ではないです。 笑 この押し引きだけはどう考えても、東風専用という答えが見つからなかったので、かなり普遍的な打ち方にはなります。 『名人に名手なし』という格言が将棋や囲碁にあるように、麻雀もまた、『麻雀に名手なし』なんだと思います。 この押し引きについて全部書こうとしたんですけど、流石に長くなりすぎたので、次あたりにでも書こうかなって思います。 最近、『思います』を頻繁に使ってますけど自信ない事ばっかり書いてるので。 mixiユーザー 2015年01月07日 10:14 地味な正着手の積み重ねですからねえ麻雀は。 後はメンタルですね。 メンタル激弱な自分には向いてないんです本当はw• それに、好手はほとんどないのに数えきれないくらい誤打はあるし、正着打っても必ず勝てるわけじゃないって言うところがもう…。 笑 それ言ったら私のメンタルなんてめちゃくちゃよわいです。。。 いつもラス引かされないか不安で不安で…。 そういう意味では竜宮さんの今みたいなコメントや、フッキーさんのコメントや鳳卓実況の方の不調を引いてる時の愚痴とか聞いてると少しほっとします。 なんか強い人って、無表情で黙々と負けても気にせず次次行くイメージがあったので。 みんな条件は同じなんだなーって思うと、私も頑張ろうと思えますから。 2020年• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 01月• 02月• 03月• 04月• 05月• 06月• 07月• 08月• 09月• 10月•

次の

天鳳(麻雀)で東南戦と東風戦、どちらをやるべきか

東風戦

4人打ちで東場のみを打つモードで、早ければ15分前後で1対局終了します。 転生回数を稼ぎたい真龍向けのモードかと思います。 真龍が4位と1位だった場合は黄龍オーブと真龍オーブの両方が移動します。 ) 全国東風リーグと段位別東風の違いとは おなじ東風戦でも全国東風リーグと段位別東風リーグの2種類が存在します。 両モードの違いはなんでしょうか!? 全国リーグは全国のプレーヤーと対戦するオンラインモードで、段位別はCPUと対戦するオフラインモードと勘違いされる方もいるようですが、 どちらも全国のプレーヤーと対戦するオンラインモードです。 ですが両モードには明確な違いがありますので以下で説明していきたいと思います。 全国東風リーグ まず全国東風リーグについてですが、全国東風リーグはプレーヤーがFIGHTリーグ、NEXTリーグ、SUPERリーグのいずれかに所属し対局終了毎にスコアを出します。 FIGHTリーグが1番下のリーグ、次いでNEXTリーグ、1番上のリーグがSUPERリーグです。 (初めてプレーする場合はFIGHTリーグからのスタートです) 麻雀プロの世界でもあるように、リーグ内で上位の成績を収めた者がより高みのリーグに昇格していくイメージです。 麻雀格闘倶楽部プレーヤーは最高峰のSUPERリーグの頂点を目指すことが目的となります。 もちろん昇格だけでなく芳しくない成績を収めるとリーグ降格なんてこともあります。 リーグ昇格、降格を決めるのは1戦だけの結果ではなく、あらかじめ定められた規定対局数を打ち1戦ごとにスコアを算出していきます。 規定対局数を打ち終わった時の合計スコアによってリーグ昇格、降格が決まります。 規定対局数以上打つと古いスコアから上書きされていきます。 スコアの算出方法 配給原点を基準に100点を0.01Pとして計算します。 これに順位によるボーナスポイントが加算されます。 FIGHTリーグとSUPERリーグでは規定対局数を打っていなかった場合それまでの成績は次週以降に持ち越すことができますが、NEXTリーグでは持ち越すことなく降格扱いとなります。 1戦1戦の勝ち負けよりも、もっと長いスパンでの勝ち負けがものをいう、やりこみ要素の強いモードと言えるのではないでしょうか。 段位別東風 対して段位別東風にはリーグという制度が存在せず対局終了後にスコアがでません。 単純にオーブの移動と地域貢献P、クラブスコアの増減のみ行われます。 現在NEXTリーグだけど規定対局数を打ってスコアを出す時間がない方や、サクッと1戦だけしたい方向けのモードです。 段位別というだけあって級位と黄龍や真龍が対戦するこはありません。 級位は級位同士のマッチングで、段位7段以上が黄龍や真龍とマッチングします。 多くのゲームセンターでは全国東風リーグより割安になっています。

次の

東風戦は東一局が特に大切

東風戦

4人打ちで東場のみを打つモードで、早ければ15分前後で1対局終了します。 転生回数を稼ぎたい真龍向けのモードかと思います。 真龍が4位と1位だった場合は黄龍オーブと真龍オーブの両方が移動します。 ) 全国東風リーグと段位別東風の違いとは おなじ東風戦でも全国東風リーグと段位別東風リーグの2種類が存在します。 両モードの違いはなんでしょうか!? 全国リーグは全国のプレーヤーと対戦するオンラインモードで、段位別はCPUと対戦するオフラインモードと勘違いされる方もいるようですが、 どちらも全国のプレーヤーと対戦するオンラインモードです。 ですが両モードには明確な違いがありますので以下で説明していきたいと思います。 全国東風リーグ まず全国東風リーグについてですが、全国東風リーグはプレーヤーがFIGHTリーグ、NEXTリーグ、SUPERリーグのいずれかに所属し対局終了毎にスコアを出します。 FIGHTリーグが1番下のリーグ、次いでNEXTリーグ、1番上のリーグがSUPERリーグです。 (初めてプレーする場合はFIGHTリーグからのスタートです) 麻雀プロの世界でもあるように、リーグ内で上位の成績を収めた者がより高みのリーグに昇格していくイメージです。 麻雀格闘倶楽部プレーヤーは最高峰のSUPERリーグの頂点を目指すことが目的となります。 もちろん昇格だけでなく芳しくない成績を収めるとリーグ降格なんてこともあります。 リーグ昇格、降格を決めるのは1戦だけの結果ではなく、あらかじめ定められた規定対局数を打ち1戦ごとにスコアを算出していきます。 規定対局数を打ち終わった時の合計スコアによってリーグ昇格、降格が決まります。 規定対局数以上打つと古いスコアから上書きされていきます。 スコアの算出方法 配給原点を基準に100点を0.01Pとして計算します。 これに順位によるボーナスポイントが加算されます。 FIGHTリーグとSUPERリーグでは規定対局数を打っていなかった場合それまでの成績は次週以降に持ち越すことができますが、NEXTリーグでは持ち越すことなく降格扱いとなります。 1戦1戦の勝ち負けよりも、もっと長いスパンでの勝ち負けがものをいう、やりこみ要素の強いモードと言えるのではないでしょうか。 段位別東風 対して段位別東風にはリーグという制度が存在せず対局終了後にスコアがでません。 単純にオーブの移動と地域貢献P、クラブスコアの増減のみ行われます。 現在NEXTリーグだけど規定対局数を打ってスコアを出す時間がない方や、サクッと1戦だけしたい方向けのモードです。 段位別というだけあって級位と黄龍や真龍が対戦するこはありません。 級位は級位同士のマッチングで、段位7段以上が黄龍や真龍とマッチングします。 多くのゲームセンターでは全国東風リーグより割安になっています。

次の