バットマン アーカム ナイト 攻略 リドラー。 【アーカムナイト】覚えておきたいバットマン:アーカムナイト攻略法&プラチナトロフィーまでの流れ(PS4)

【PS4】バットマン:アーカム・ナイト 困った時のヒント・操作画面・ガジェットの使い方 │ G@MERZ:HACK

バットマン アーカム ナイト 攻略 リドラー

獲得情報• 項目数:110• 基本パック:65• 家族の問題:8• ハーレークィンストーリー:1• レッドフードストーリー:1• スケアクロウ 悪夢の試練:1• 1989年 映画版パック:1• 2008 タンブラー バットモービルパック:1• ゴッサム市警封鎖:1• 1960年代TVシリーズ パック:1• キャットウーマンの復讐:1• コイン投げ:1• 2016 バットマン vs スーパーマン バットモービル:1• ヒーローチャレンジ:3• 悪者チャレンジ:4• シーズン・オブ・インファミー:12• オリジナル版アーカム バットモービル:1• コミュニティー・チャレンジパック:7• プラチナ:1• ゴールド:1• 基本パック合計トロフィーポイント:246• 追加パック合計トロフィーポイント:213• :459 廉価版 海外版トロフィー オンライントロフィー 備考 無 コンプ時間:• 最短2周でプラチナ獲得可能。 一周目 任意の難易度 でフリーロームやARチャレンジ中に獲得出来るトロフィーを全て取得後,スーパーヴィラン全員をゴッサム市警に収監しブルースとクレイン最後の対峙イベで「恐怖を支配する者」獲得後,更に続けて「ナイトフォール」を獲得しエンディング。 この時点で残すトロフィーは後述の二つのみとなる。 時限要素はなし。 クリア後でもすべての要素(難易度関係のトロフィー以外)が回収可能。 難易度関連のトロフィーに関しては下記「ハロウィンの夜は長し」参照。 また,ワーナーから今後もDLCが定期的に配信される旨が発表された為,ARチャレンジ関連のトロフィーに対してさほど神経質に挑む心配も無くなった。 追加トロフィー取得に必要なDLCは以下の通り。 家族の問題 ハーレークィンパック レッドフード ストーリー・パック スケアクロウのナイトメア ミッション バットモービルパック(1989年版) 2008 タンブラーバットモービルパック ゴッサム市警封鎖 バットマン クラシック版TVシリーズのバットモービル パック キャットウーマンの復讐 コイン投げ 2016 バットマン vs スーパーマン シーズン・オブ・インファミー オリジナルアーカム バットモービル 犯罪取締人チャレンジパック 6• 信念のジャンプ• うずくトラウマ• メインメニューからアクセスした拡張現実チャレンジで行ったテイクダウンはカウントされないという報告あり。 本編中のプレデター戦や、フリーローム中にマップに設置されたマーカーからアクセスした拡張現実チャレンジ中に行うこと。 ウェインテックのプレデタームーブ一覧で確認できる各アクションに加え、アップグレードで入手できるグラップネル・テイクダウンも行う必要あり。 大暴れの基礎• メインとサブの両ミッション,ARチャレンジでも獲得可。 基礎的なムーブに加え,どうやらウェインテックアップグレードで入手できる全ての強化コンバットムーブもカウントされている模様。 要検証• 一回のコンバットフローとあるがコンボを持続されている最中に15種類実行しなければ取れないとの情報もあり。 要検証• コンボとコンバットゲージは敵からの攻撃は勿論,通常攻撃やカウンターの不発,各種ガジェットのクイックファイアーを重複使用した場合でも即時リセットされるので注意。 以下はカウントが確認されているコンバットムーブ一覧。 この中から何れかのムーブ15種類を使用する事。 取得推奨イベント考察。 ロビンとの共闘。 雑魚が比較的多め。 箱を投げてくるチンピラの他,アルバートの体力と火力もバカにならないので注意。 武器庫戦はナイトウィングと共闘。 敵の数は少なめ。 撹乱機であらかじめ銃持ちや簡易武器庫を抑えると楽。 ピッグ教授とのボス戦は一人で戦う事になるが,教授は刃物を連続で投げてくる以外何もしない事に加え,ドロトロンはテイクダウンしない限り何度でも起き上がって来る。 ドロトロンは動きがかなり緩慢なのでカウンターも取りやすくコンボも維持しやすい。 教授の刃物にだけ注意。 ARチャレンジ:「ゴッサムナイト」 ナイトウィングとの共闘。 ステージにはテイクダウンオブジェクトも設置されている。 ただし敵の攻撃頻度がメインと比べてかなり苛烈な点に注意。 危うく感じたら即リダイレクト推奨。 特に第二波で出現する盾持ちが厄介なのでデュアルタッグテイクダウン,ディスアームデストロイ,SPコンボテイクダウンの何れかでとっとと黙らせよう。 闇の忠誠• 最終的にデスストロークを収監する事となるが街中の「爆弾」,「望楼」,「道路封鎖」を全て除去しなければならない。 「輸送車」も含まれているかは要検証。 百発百中• R2(60ミリ砲)ではなくR1(バルカン砲)ということに注意。 無法地帯を駆け抜けろ• グラップネル R1 の使用は不可。 ゴッサムで夜遊び• 鋼の猛突進• 輸送車とは、チンピラが乗っている普通乗用車ではなく、赤白で塗装された軍用車両のこと。 最重要指名手配ミッション「武装しており危険」でも見受けられるが、拡張現実ミッション「路上の猛攻」などでいくらでも稼ぐことができる。 そこの車 止まりなさい• 若気の至り、いい感じ、完全無欠• ARチャレンジのスターは本編で全69個だが各種DLCで獲得出来るスターも加算される為,全て獲得しなくても構わない。 ver1. 01時点で「シティヒートTT」「おぼろげな月光下で」の2つを解除しないままストーリーを進めると解除不能になる場合がある。 前述のとおりDLCを導入していればこの状態になってもトロフィーは獲得可。 ハロウィンの夜は長し• 一週目の難易度を下げウェインテックでアップグレードを全て拡張してから挑むのが効率的か。 家族の問題• サイバー攻撃• 「ハッキング方法の中から1つを使って敵を15人倒す」とあるが誤訳。 何かしらのハッキングで1周の間に15人倒せば良い。 例:電気床で直接倒す、暗くしている間に倒す、驚かせている間に倒す、など• 真実は闇の中• 記憶の刃• 各種バットモービルスキンパックのトロフィー• 本編収録の5コースおよびハイブリッドレース2コースに加え、DLCで追加されたスケアクロウ以外の全コースが対象。 上記を見て解る通りスターは余剰に設定されているので好みのレースを選択してスターを獲得しよう。 ヒーロー&悪党チャレンジ• DLCのヒーローチャレンジパック配信と共に最新パッチで新たに追加されたトロフィーパック。 七人のプレイアブルキャラクターを駆使しコンバットチャレンジとプレデターチャレンジで合計21のスターを獲得する事が目標となる。 キャラクター毎に使用出来るガジェットが異なる上に装備総数も限定されている。 その為,スター獲得条件が同じでも体感難易度が七人の間でかなりバラツく点に注意。 製品情報• 過去のコメント•

次の

リドルが終わらない

バットマン アーカム ナイト 攻略 リドラー

とりあえず一旦エンディングまで見たので。 一応シリーズはのブラックゲート以外はクリア済みなので前々からプレイしたいなぁと思いつつ、何故か 国内では版が発売されず残念と思いつつ4年も経ってしまいました。 ちなみに原作は読んでません… ついこの前にをと同時に買ってホクホクしてたはいいものの、そろそろ以外も遊びてぇぞってことでようやくナイトに手を付けました。 この記事では今作の要素を過去シリーズとも比較しながら感想書いてきます。 【ストーリー】 完璧…までとはいわないが、かなりよく出来てるストーリーだなぁと。 ナイトはシリーズの最終章なのでストーリーのハードル高いけど超えられるかな?と思ってたら悠々と超えていった。 (あらすじ…シティのクライマックスの後。 人々は「は変わってしまった」と噂するようになった。 そんなに立ちはだかるのは。 お得意の恐怖ガスによってシティを占領。 数多くのが蠢くシティ奪還のため、が特殊装甲車両『』と共に戦う。 ) 「歴代シリーズではシティがストーリーとしては一番よく出来てたかな?(後半のストーリーだけ評価するならビギンズが一番)」と思っていたが、今になって改めて言うとナイトが一番よく出来てると言える。 シリーズらしい暗く、ダークヒーローとしての活躍、そして自身の信念への懐疑が存分に描かれるのはどのシリーズもよく出来ていて、ナイトでも同様。 シリーズの中でも最大規模の戦いを、そして個性が強すぎるたちが盛り上げてくれまさに最終章にふさわしい出来。 演出についてだが、でも強烈なトを残したが今作の黒幕というのもあり、同様様々な演出・幻覚で及びプレイヤーをビビらせに来る。 また、もう一人の巨悪としてナイトが現れる。 ナイトは正体・行動理念が明らかにならない状態からに襲い掛かってくる、正しく謎の敵。 今作はこの二人による「幻覚か現実か」「ナイトの正体」という二つの疑問を常に持ちながら戦うストーリーは常に目的があり、そして常に油断ならない展開が来て(ビギンズを途中で投げかけた)自分でも中弛みせずにプレイを続けることが出来た。 特にストーリーの終盤は壮大なスケールかつ、これ以上ない試練がに待ち受けるのでそれが見れただけでもナイトをプレイした価値はあったなと思う。 カーが好きならマストバイ。 ただ、後述するが達は結構あっさり退場するのでやや肩透かし感がある。 ストーリーで滅茶苦茶苦しめてもボス戦になったら何も苦しめられずに終わる…ということが多く、シリーズ最大規模の戦争だがその戦争で一番盛り上がるのは結末ではないというガッカリ感はある。 サブストーリーでは数多くのが現れるが、そいつらを捕まえると鬼畜おじさんがあろうことか 全員同じ牢屋にぶち込むので、険悪な空間を見たいという目的だけでサブストーリー進めようというモチベが常に存在してた。 はクソ *ややネタバレのため暗転 今作では、死んだはずのカーがの恐怖とによっての幻覚として復活する。 よって、どんな環境だろうと出てくるので死んでいるはずなのにカーがシリーズで一番存在感あるわけわかんない状況になっている。 僕…というよりみんなカーが好きだろうから嬉しいストーリーだぁ…開発はユーザーが望んでいるのを分かっている。 【】 一番の賛否両論要素。 で街灯やフェンスぶっ壊しながらシティを駆け回るのは爽快感あるのだが、戦闘が単調な上に機会が多くてストレス。 敵の弱点部位を狙ってミサイル撃って、必殺ゲージ溜まったら必殺技撃って、敵の射線見えたら移動して…の繰り返し。 最初こそはカッコいい!ってなったけど『敵のドローン車30体撃破せよ』みたいなミッションがストーリーでもサブストーリーでも頻繁にやらされて単調な戦闘をここまでやらされるためにプレイする意味はあるのか?とフラストレーション溜まりやすい仕様になっている。 戦闘に関しては正直のタンクもどきをやらされてる印象で良いイメージがないが、ビルの屋上から呼び寄せ屋上から飛び降りてスムーズに乗車したり、走行中に飛び出してグライドに移行したりと移動要素としては面白かった。 戦闘がもう少し面白ければ印象が変わってたと思う。 戦闘状況に合わせてどのボタンを押すかしっかり判断し、映画さながらのモーションを楽しめるコンバット要素・敵を上空や床下からサイレントテイクダウンするステルス要素、どちらもよく出来ている。 特にステルス要素は今作からサイレントテイクダウンの複数対象版、フィアーテイクダウンが追加され3人ぐらいの集団をまとめてぶっ倒せるようになった。 今までは敵が一人になるのを待つ必要があったりとややテンポ悪いとこあったが、フィアーテイクダウンのおかげでサクサク敵を殲滅できる。 もちろん、フィアーテイクダウンは使い放題ではなくサイレントテイクダウンによってアビリティをリチャージする仕様になっている。 サイレントテイクダウンで敵を一人一人潰していき、恐怖によって固まって動き出した敵をフィアーテイクダウンで一気に潰す静と動はなかなかの爽快感。 【ボス戦】 歴代で一番つまらない。 個人的にはよりもがっかりしたのがこれ。 ビギンズでの熱い戦やテレビカメラ視点での戦闘、での戦、シティでの戦とシリーズはボス戦の演出が拘っているイメージを持っていたが、ナイトのボス戦はどいつもこいつも演出がチープで残念。 ンやムービーはあんなに拘っていただけにボス戦では力尽きてしまったのだろうかと疑いたくなる。 特に・あたりの戦闘は雑すぎて悲しみすら感じる。 お前ら過去作でも常連のメンツなのにな… ボス戦だけビギンズのスタッフが作らねぇかな。 【】 シティから面白くないなって多分全員に思われてるぞお前。 【移動等その他】 シティからのブーストのおかげで建物さえあればいくらでも飛行高度を上昇させることが出来るのは勿論、からのはシティで完成されているため今作も移動は楽しい。 らしく夜空をマント広げて飛び回れる。 で地上も素早く移動でき、一気に高地に移動も可能と縦横無尽に動けるためとしては完成されたアクションだと思う。 レベルアップシステムもビギンズの改悪っぷりからもとに戻ってまた選びやすくなったのは嬉しい。 これまでのシリーズ同様キャラクター図鑑も存在し、モデルと説明文見れるためとしての(こいつ誰だっけ…?)問題も解消されている。 ードで各種フィルター使って撮影できるためシティをカッコつけて飛び回って写真撮るだけでも楽しい。 最近のゲームはードがあるゲーム多くて嬉しいばね。 【結論】 は少し残念だが、シリーズの中でもとしてもステルスアクションゲーとしても非常によく出来てて本当に面白いゲームだと思う。 としては本当に細かい小ネタが多く、シリーズファンに向けるサービスも多くて会話を聞いてるだけでも楽しい。 物語に進むにつれて街に住み着くチンピラ(雑魚MOB)の会話が変化し、不安や欲望の声を聴くことによってヒーロー目線ではなく、一般人目線からの戦争の状況を垣間見ることが出来るのも雰囲気づくりに役立っていてストーリーの没入感を高めてくれる。 この会話自体はシティを駆け回ってるときに『ノイズ』として聞けるので移動の退屈さを軽減してくれている。 また、この会話源を探れば敵の位置も把握でき…とマップを見なくても情報がどんどん入ってくるのがシリーズの良いところだと思う。 では『巨悪』に、シティでは『因縁』に、ビギンズでは『孤独』と様々なものと戦ってきた。 ナイトでは『 恐怖』という、いや人間として最大の壁にぶつかるのはシリーズ最終章として相応しいテーマだったと思う。 として絶大な人気を誇るシリーズは今作で終わりというのが本当に悲しいが、人気シリーズの最後を担うだけのクオリティが今作にはあったし是非色んな人にプレイしてほしい。 ただ、シリーズ最終章だけあって過去作のストーリーが絡んでくるので最低でもシティだけでも予習しといてほしいのは事実でありややハードル高いが、それだけの価値がある作品だと思う。 余談だが、ビギンズではキャラクターのセリフを一気に8行出すという舐め腐っただったのに対し、今作は『多少』マシになっている。 まだ日本語の不自然さはあるが…ただ、以外全て日本語吹替・英語音声が収録されているのは人気シリーズ最終章だけあって気合が入ってるなとは思う。

次の

リドラーチャレンジ バットマン アーカムナイト 攻略[GAMING]

バットマン アーカム ナイト 攻略 リドラー

とりあえず一旦エンディングまで見たので。 一応シリーズはのブラックゲート以外はクリア済みなので前々からプレイしたいなぁと思いつつ、何故か 国内では版が発売されず残念と思いつつ4年も経ってしまいました。 ちなみに原作は読んでません… ついこの前にをと同時に買ってホクホクしてたはいいものの、そろそろ以外も遊びてぇぞってことでようやくナイトに手を付けました。 この記事では今作の要素を過去シリーズとも比較しながら感想書いてきます。 【ストーリー】 完璧…までとはいわないが、かなりよく出来てるストーリーだなぁと。 ナイトはシリーズの最終章なのでストーリーのハードル高いけど超えられるかな?と思ってたら悠々と超えていった。 (あらすじ…シティのクライマックスの後。 人々は「は変わってしまった」と噂するようになった。 そんなに立ちはだかるのは。 お得意の恐怖ガスによってシティを占領。 数多くのが蠢くシティ奪還のため、が特殊装甲車両『』と共に戦う。 ) 「歴代シリーズではシティがストーリーとしては一番よく出来てたかな?(後半のストーリーだけ評価するならビギンズが一番)」と思っていたが、今になって改めて言うとナイトが一番よく出来てると言える。 シリーズらしい暗く、ダークヒーローとしての活躍、そして自身の信念への懐疑が存分に描かれるのはどのシリーズもよく出来ていて、ナイトでも同様。 シリーズの中でも最大規模の戦いを、そして個性が強すぎるたちが盛り上げてくれまさに最終章にふさわしい出来。 演出についてだが、でも強烈なトを残したが今作の黒幕というのもあり、同様様々な演出・幻覚で及びプレイヤーをビビらせに来る。 また、もう一人の巨悪としてナイトが現れる。 ナイトは正体・行動理念が明らかにならない状態からに襲い掛かってくる、正しく謎の敵。 今作はこの二人による「幻覚か現実か」「ナイトの正体」という二つの疑問を常に持ちながら戦うストーリーは常に目的があり、そして常に油断ならない展開が来て(ビギンズを途中で投げかけた)自分でも中弛みせずにプレイを続けることが出来た。 特にストーリーの終盤は壮大なスケールかつ、これ以上ない試練がに待ち受けるのでそれが見れただけでもナイトをプレイした価値はあったなと思う。 カーが好きならマストバイ。 ただ、後述するが達は結構あっさり退場するのでやや肩透かし感がある。 ストーリーで滅茶苦茶苦しめてもボス戦になったら何も苦しめられずに終わる…ということが多く、シリーズ最大規模の戦争だがその戦争で一番盛り上がるのは結末ではないというガッカリ感はある。 サブストーリーでは数多くのが現れるが、そいつらを捕まえると鬼畜おじさんがあろうことか 全員同じ牢屋にぶち込むので、険悪な空間を見たいという目的だけでサブストーリー進めようというモチベが常に存在してた。 はクソ *ややネタバレのため暗転 今作では、死んだはずのカーがの恐怖とによっての幻覚として復活する。 よって、どんな環境だろうと出てくるので死んでいるはずなのにカーがシリーズで一番存在感あるわけわかんない状況になっている。 僕…というよりみんなカーが好きだろうから嬉しいストーリーだぁ…開発はユーザーが望んでいるのを分かっている。 【】 一番の賛否両論要素。 で街灯やフェンスぶっ壊しながらシティを駆け回るのは爽快感あるのだが、戦闘が単調な上に機会が多くてストレス。 敵の弱点部位を狙ってミサイル撃って、必殺ゲージ溜まったら必殺技撃って、敵の射線見えたら移動して…の繰り返し。 最初こそはカッコいい!ってなったけど『敵のドローン車30体撃破せよ』みたいなミッションがストーリーでもサブストーリーでも頻繁にやらされて単調な戦闘をここまでやらされるためにプレイする意味はあるのか?とフラストレーション溜まりやすい仕様になっている。 戦闘に関しては正直のタンクもどきをやらされてる印象で良いイメージがないが、ビルの屋上から呼び寄せ屋上から飛び降りてスムーズに乗車したり、走行中に飛び出してグライドに移行したりと移動要素としては面白かった。 戦闘がもう少し面白ければ印象が変わってたと思う。 戦闘状況に合わせてどのボタンを押すかしっかり判断し、映画さながらのモーションを楽しめるコンバット要素・敵を上空や床下からサイレントテイクダウンするステルス要素、どちらもよく出来ている。 特にステルス要素は今作からサイレントテイクダウンの複数対象版、フィアーテイクダウンが追加され3人ぐらいの集団をまとめてぶっ倒せるようになった。 今までは敵が一人になるのを待つ必要があったりとややテンポ悪いとこあったが、フィアーテイクダウンのおかげでサクサク敵を殲滅できる。 もちろん、フィアーテイクダウンは使い放題ではなくサイレントテイクダウンによってアビリティをリチャージする仕様になっている。 サイレントテイクダウンで敵を一人一人潰していき、恐怖によって固まって動き出した敵をフィアーテイクダウンで一気に潰す静と動はなかなかの爽快感。 【ボス戦】 歴代で一番つまらない。 個人的にはよりもがっかりしたのがこれ。 ビギンズでの熱い戦やテレビカメラ視点での戦闘、での戦、シティでの戦とシリーズはボス戦の演出が拘っているイメージを持っていたが、ナイトのボス戦はどいつもこいつも演出がチープで残念。 ンやムービーはあんなに拘っていただけにボス戦では力尽きてしまったのだろうかと疑いたくなる。 特に・あたりの戦闘は雑すぎて悲しみすら感じる。 お前ら過去作でも常連のメンツなのにな… ボス戦だけビギンズのスタッフが作らねぇかな。 【】 シティから面白くないなって多分全員に思われてるぞお前。 【移動等その他】 シティからのブーストのおかげで建物さえあればいくらでも飛行高度を上昇させることが出来るのは勿論、からのはシティで完成されているため今作も移動は楽しい。 らしく夜空をマント広げて飛び回れる。 で地上も素早く移動でき、一気に高地に移動も可能と縦横無尽に動けるためとしては完成されたアクションだと思う。 レベルアップシステムもビギンズの改悪っぷりからもとに戻ってまた選びやすくなったのは嬉しい。 これまでのシリーズ同様キャラクター図鑑も存在し、モデルと説明文見れるためとしての(こいつ誰だっけ…?)問題も解消されている。 ードで各種フィルター使って撮影できるためシティをカッコつけて飛び回って写真撮るだけでも楽しい。 最近のゲームはードがあるゲーム多くて嬉しいばね。 【結論】 は少し残念だが、シリーズの中でもとしてもステルスアクションゲーとしても非常によく出来てて本当に面白いゲームだと思う。 としては本当に細かい小ネタが多く、シリーズファンに向けるサービスも多くて会話を聞いてるだけでも楽しい。 物語に進むにつれて街に住み着くチンピラ(雑魚MOB)の会話が変化し、不安や欲望の声を聴くことによってヒーロー目線ではなく、一般人目線からの戦争の状況を垣間見ることが出来るのも雰囲気づくりに役立っていてストーリーの没入感を高めてくれる。 この会話自体はシティを駆け回ってるときに『ノイズ』として聞けるので移動の退屈さを軽減してくれている。 また、この会話源を探れば敵の位置も把握でき…とマップを見なくても情報がどんどん入ってくるのがシリーズの良いところだと思う。 では『巨悪』に、シティでは『因縁』に、ビギンズでは『孤独』と様々なものと戦ってきた。 ナイトでは『 恐怖』という、いや人間として最大の壁にぶつかるのはシリーズ最終章として相応しいテーマだったと思う。 として絶大な人気を誇るシリーズは今作で終わりというのが本当に悲しいが、人気シリーズの最後を担うだけのクオリティが今作にはあったし是非色んな人にプレイしてほしい。 ただ、シリーズ最終章だけあって過去作のストーリーが絡んでくるので最低でもシティだけでも予習しといてほしいのは事実でありややハードル高いが、それだけの価値がある作品だと思う。 余談だが、ビギンズではキャラクターのセリフを一気に8行出すという舐め腐っただったのに対し、今作は『多少』マシになっている。 まだ日本語の不自然さはあるが…ただ、以外全て日本語吹替・英語音声が収録されているのは人気シリーズ最終章だけあって気合が入ってるなとは思う。

次の