いろは に 愛 姫 スロット。 いろはに愛姫(6号機)【スロット新台】の通常時概要。通常時のステージ。連続演出やチャンス演出、演出期待度など。

いろはに愛姫 スロット新台 設定差まとめ|解析 設定判別 設定6 左 中 右 機械割 小役確率

いろは に 愛 姫 スロット

2020年3月5日 設定により押し順に偏りがある事で話題になっている「いろはに愛姫」、甘いからか稼働停止しているホールもあります。 サイトセブンは 確かに甘めの出玉評価となってまして、実際の所は100%となっているそうです。 遅いけど何軒か愛姫の稼働止めてるらしいので一昨日のデータを出率入りで。 停止するレベルの確定的な裏ネタ入ってこないなぁ。 気になるのはP新台のアウト低い~! 一番飛んだG1が51銭で2万抜けちゃうというね。 Sの割をPが食う。 5号機なくなったら併設店はダメかもしれんね。 S島倒さないと。 — モロンちゃん moron77 ちなみに2CHでは「BIG確率の詐称」の噂がありました。 そこが心配点だったものの、サイトセブンデータを見る限り大丈夫そうです(初日だけBIGが極端に引けてなかったので、そういう噂が出ていたのだと考えられます)。 押し順の試行回数が稼ぎやすい 甘く出ている原因は 「知識介入時の出玉率が最大104%であり、元々そういう台」としか言いようがありません。 ただ、大都技研の低設定は概ね辛い印象なので、想定よりかは甘く出ている可能性もあります。 ちなみに、ART終了後、REG後などRT終了準備中にリプナビを無視すると偏りを調べられるそうです。 【いろはに愛姫】 だそうです。 でもこれはオマケ程度の要素であり、実際打ってて思ったのは 「BIG中もART中も3択チャレンジがそこそこ来るので、案外早く見切れそう」と感じました。 ひょっとしたら大都技研の想定以上に「設定を見切った客が粘っている」のかもしれません。 個人的には青7成立確率をもう少し減らして、1回の3択チャレンジの価値を重いモノにした方が良かった感じました。 REGも「いろは姫」好きの僕にはたまらんですが、冷静に見れば存在価値が解りません。

次の

いろはに愛姫【設定示唆 判別 3択 押し順 朝一リセット やめどき】解析

いろは に 愛 姫 スロット

104. この画像は機械割が103. よって上級者でも台を捨てることはよくあると思いますよ! ハイエナ稼働のサブウェポンとして活用 ちなみにこの台を朝から晩まで打てば日当は2万くらい確保できます。 でも私はしません! なぜならば時間効率が悪いから! この台より高い時給の台はわんさかあります! リゼロの150Gの台なんか 時給3000円ですよ? この台を打つなら、店移動して、期待値がある台を探した方が安定して稼げると思います。 優良店の見分けにもなりますし。 貯メダル可能な店の設置は本当に優良店の中の優良店かと。 このご時世を、考えると。 とはいえ、大都技研らしく荒波になると1569Gのハマり履歴(しかもバケ)もあるくらい荒れるし、差枚+3000枚辺りだと失速しやすい台なんで、吸い気味な台狙いの吹きマチとかしないとキツイですね。 アフター打ちでもバケ地獄で普通に2万やられたりしますから。 今日も設定判別がもたつき、確率収束しながら300枚浮いたので、ハイエナみたいに帰ってきました(笑).

次の

いろはに愛姫、甘すぎて保証&回収へ。ただし・・・

いろは に 愛 姫 スロット

以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 中段チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 角チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 右リール適当打ち後、中リールに青7を狙う。 何も揃わなければチャンス目。 ==左リール下段に赤7が停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 右下がりベルテンパイ+右リール中段ベルでチャンス目。 押し順に正解すると、ARTゲーム数が上乗せされる。 その他の場合は適当打ちでOK。 毎ゲーム左リールに中段チェリーを狙うと・・・? AT中の打ち方 押し順ナビ発生時はそれに従う。 リール枠が白く発光したら、左 or 中リールにBARを狙う。 その他の演出発生時は、通常時の打ち方でレア小役をフォロー。 なお「青7を狙え」演出発生時は、押し順当てにチャレンジして偏りを見抜こう。 小役確率 通常時 — 優遇モード 優遇モードとは 通常時には、「通常」と「優遇」の2つのモードが存在。 優遇モード中に成立したBIGは必ず「優遇BIG」となり、ボーナスによる上乗せゲーム数が100G or 200Gになる。 優遇モード移行契機 優遇モードへは、通常時のスイカ成立時に移行抽選が行われる。 ただし、優遇モードへ移行したかどうかについては判別できない。 BIG当選時の優遇BIG昇格抽選 優遇モード中でなくとも、BIG当選時には優遇BIGへの昇格抽選が行われる。 昇格した場合は、愛姫ボーナス終了時の上乗せが多くなる。 またナオエ決戦ボーナスでは、開始時の初期上乗せで3桁ゲーム数が上乗せされている。 なおART中には、優遇モードの概念がない。 そのため、ART中にBIGを引いた際は「BIG成立時の優遇BIG昇格抽選」のみが行われる。 通常時のBIGは「愛姫ボーナス」、ART中のBIGは「ナオエ決戦ボーナス」となる。 232枚の払い出しで終了、純増枚数は約150枚。 「青7を狙え!」発生時に押し順を当てられれば、ARTゲーム数が上乗せされる。 BIG終了後は必ずARTに突入。 REG 「赤7・赤7・BAR」揃い。 通常時のREGは「いろはボーナス」、ART中のREGは「ツバキボーナス」となる。 8回の入賞で終了、純増枚数は約40枚。 ART「隻眼ノ嫁」 ART「隻眼ノ嫁」は、1セット30G以上、純増枚数は約0. 初当たり時のART初期ゲーム数は平均100G。 ART中は、「青7を狙え!」発生時に押し順を当てることができればゲーム数上乗せ。

次の