ワタシラガ レイド。 【ポケモン剣盾】こもれび林に出現するポケモンまとめ【ソードシールド】|ゲームエイト

【ダブルバトル】カラマネロ入りワタシラパルト

ワタシラガ レイド

相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 『くさ』タイプや特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 『くさ』タイプや特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の回避率を2段階下げる。 第6世代までは草むらなどフィールドで使うと野生のポケモンが出現。 第6世代では群れバトル発生 Lv. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 Lv. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 3倍になり 第7世代までは1. 5倍 、技『じしん』『じならし』『マグニチュード』の受けるダメージが半減する。 道具『グラスシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分は交代しても効果が引き継ぐ。 『くさ』タイプのポケモンには無効。 天気が『ひざしがつよい』の時は、2段階ずつ上がる。 『どく』タイプや『はがね』タイプ、『くさ』タイプ、特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 『でんき』タイプや『くさ』タイプ、特性『ぼうじん』、『ぼうじんゴーグル』を持っているのポケモンには無効。 『くさ』タイプや特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。

次の

【ダブルバトル】カラマネロ入りワタシラパルト

ワタシラガ レイド

もくじ• 【ほうし 夢特性 】 直接攻撃を受けると、30%の確率で相手を『どく』『まひ』『ねむり』状態のいずれかにする。 弱点 「2倍」ほのお、ひこう、むし、どく、こおり 耐性 「0. ワタッコみたいにワタゲでふわふわ浮いて可愛いですよね! ただ、 タイプ的には最も不遇な「くさ」単タイプなので、それだけで使う気がしない方も多いと思います。 ゴリランダーは種族値や技が優秀なので、ランクマッチでもそこそこ使われていますけどね。 綿ポケモンならではの技もちゃんと覚えるので、使い方次第では化けるポケモンだとは思いますね。 ワタシラガの育成論 特性 【わたげ】 攻撃を受けると、自分以外のポケモンの素早さランクを1段階下げる。 弱点 「2倍」ほのお、ひこう、むし、どく、こおり 耐性 「0. こちらのワタシラガは、 優秀なサポート技を活用した耐久 型となっています。 「コットンガード」で3防御ランクを3段階上げ、「やどりぎのたね、こうごうせい」で回復します。 後は「ゴツゴツメット&やどりぎ」のダメージで倒したり、「リーフストーム」で削っていきましょう。 ナットレイには「やどりぎ」は効きませんが、回復能力は上回っているため、ゴツゴツメットのダメージで落とすことが可能です。 物理受けを倒せる物理受けポケモンとも言えるでしょう。 怖いのはダイマックスほのお技「ダイバーン」ですが、 1回目と3回目にダイウォールすることで、ほのお技の威力が上がった状態でダイバーンを受けることが無くなります。 コットンガードの防御と持ち前の特防の高さもあり、効果抜群でも落ちにくいのも強みですね。 ダイマックス時には「ダイソウゲン」を撃つことで、グラスフィールドの効果で継続回復の効果を得ましょう。 そして、 特性「わたげ」はドリュウズやギャラドスなどの物理技に後出しし、素早さを下げていくのが有効です。 ドラパルトは「クリアボディ」で無効化する場合があるため、後出しするポケモンは選んでください。 まとめ ワタシラガは物理相手であれば、かなりの範囲を狩る事ができます。 「ちょうはつ、アンコール」を使う相手は苦手なので、使われたら直ぐにでも交代して下さいね。

次の

ポケモンソードシールドの新ポケモン「ヒメンカ、ワタシラガ、ウールー、アーマーガア、カジリガメ」が公開!

ワタシラガ レイド

Contents• はじめに はじめまして。 初めて投稿させていただきましたアオリアと申します。 普段はトリプルバトルをやっております。 今回はソード・シールドのダブルバトルランクマッチにおいて、ワタシラガ入りのパーティが一定の成果を残せたため寄稿させていただきました。 ワタシラガについての考察は自分が調べた限りあまり進んでいないようですので、興味を持った方にはぜひ使っていただければと思います。 パーティ作成経緯 第8世代もトリプルバトルがないのでダブルバトルに手を出していこうとダブル実況等から環境について調べていたところ、ダイマックス技による積みを軸にした構築が多い一方で、ダイマックスに通るにもかかわらず(鬼火が増え始める前だったこともあり)状態異常耐性がガバガバであった点に注目。 相手のダイマックスポケモンを眠らせて誤魔化すことで、一方的にこちらがダイマックスの恩恵を受けることを目指した。 最強の催眠使いは重力状態の広角レンズ草笛エルフーンだと考えていたので最初は重力パを組もうと考えたが、残念ながら第8世代では草笛が削除されていたため他の催眠要員を探すことに。 キノコの胞子を使えるポケモンにはマシェードがいるが、合計種族値の低さ等どうにも信用不可能だったため、次に命中の高い眠り粉を使えるポケモンからいいポケモンがいないものか検索。 出展:様 なるほど綿毛か。 今作では素早さ操作が即時反映されるということで、1ターンの間に綿毛を複数回発動させることができれば、行動順をひっくり返して無理矢理相手の上から眠り粉を通していけるのでは? 検証したところ、連続攻撃した場合攻撃回数分だけ全体に素早さダウンが発動すると判明。 あとは連続攻撃が使えて、素早さが高くて、さらに綿毛が効かないポケモンがいればコンボとして完成するが、そんなポケモンが存在するわけ・・・ おったわ。 何でもできるなこいつ・・・ あとは綿毛の影響が少なく相手のドラパルトに強いキリキザン、アタッカーとして耐性的にも使いやすそうだった水ロトムとジュラルドン、ドラパルトの袋叩きを流用できてめちゃくちゃ重いナットレイに対するけん制になるウインディを加えてパーティー完成。 綿毛1回で準速81族まで抜けるまで素早さを上げ残りを耐久に。 基本的には相手を誤魔化し続けるための行動として眠り粉と守るを使うが、最後っ屁として打つことができるようにリーフストームも採用。 トリパを相手にしていると「草タイプなんて世界に存在しませんわよ」と言わんばかりにトリトドンとドサイドンが平然と並びやがるので、不意に打つリーフストームは刺さる機会も多かった。 花粉団子は環境に大量発生しているエルフーンに対してあまりにもできることがなかったため採用。 ダイマックス状態でも体力を半分回復できたりするので意外と使用機会は多かった。 綿毛1回で意地っ張り砂かきドリュウズ抜き辺りまで抜けるよう素早さを調整。 少しでも火力が欲しかったので特攻に252振り、残りで気持ち耐久を上げた。 しかし、火力をもっと下げて素早さか耐久に割り振ったほうがコンセプト的には正しかったかもしれないと使っていて感じた。 持ち物は少しでも火力は上げたいが、袋叩きの火力上昇および反動による耐久の減少は避けたかったので、達人の帯を持たせた。 袋叩きでの起動を想定して採用したポケモンではあるが、綿毛の発動には波乗りで巻き込むことの方が多かった。 ゴースト技よりも波乗りやダイストリームを使うことの方が多かったので、いっそドラパルトは水タイプであると勘違いして運用するのがポイント。 ダイストリームと合わせて使用するために雷を採用したが、ウインディとのかみ合わせが悪かったので10万ボルトでよかったかもしれない。 味方の綿毛で負けん気は発動しないので知らない人は注意が必要。 ついでに言うとミラーアーマーで反射された綿毛もワタシラガにだけ対して飛んでいくので同様に負けん気は発動しない。 ダイマックス無しでも火力が確保できるように持ち物は拘り眼鏡。 ドラパルトではなくロトムがダイマックスすることでドラパルトの攻撃性能をあげるという選択肢もとることができる。 綿毛の影響を考慮して素早さにはほとんど努力値を割かなかったが、綿毛の影響無しで動かすことも多かったことから、特攻をもう少し素早さに振り分けるべきだったように思う。 努力値は、想定される相手のトゲキッスの他、耐性と攻撃範囲的にギャラドス辺りに出していくことも考えると素早さを上げた方がいいと判断したため特攻と素早さにぶっぱした。 綿毛で素早さが下がったフィールドに後投げすることも多かったのでとても使いやすく、素早さを上げたのは正解だった。 耐性が優秀とは言えあまりにも特殊耐久が貧弱で不安だったため、持ち物は突撃チョッキを持たせた。 ロトムやドラパルトにも通じる点であるが、特殊アタッカーの多いこの構築において相手の特防をダウンさせるダイアークは、悪の通りが良いこともあって不一致であってもかなり使い勝手が良かった。 特殊アタッカーの多い構築で技スペースが空いたら、今後も積極的にバークアウトや悪の波動を採用していきたい。 木炭を持たせて攻撃3段階上昇ダイバーンでダイマックスウォーグルを倒せる調整だが、ランクが上がってくるとウォーグルは減り、耐久ももう少し欲しかったので最終的にオボンを持たせた。 アイアンヘッドはダイスチルによる耐久上昇によって安定性を上げるのに役立った他、追い風ヒヒダルマに対してアイアンヘッド+神速でターンを消費しつつ倒せたり、ミミッキュやニンフィア等フェアリーに対して耐久を無闇に消耗せず相手をできたりして結構便利であった。 選出 特定の相手に対しては固定で選出をしていた。 また、ワタシラガを選出する場合は基本的に初手。 対バンドリ 先発:ドラパルト、ワタシラガ バンドリの並びがそのまま出てくることが多いので、ドラパルトで波乗りしつつワタシラガはバンギラスに眠り粉。 ドラパルトがまだ十分動けそうな体力があればダイマックスしてダイストリームで天候を書き換える。 実は珠ドリュウズのダイアースでドラパルトは落ちるのだが、大抵の相手はバンギラスの悪技で確実にドラパルトの処理を狙ってくるので意外と大丈夫。 珠ダイアースを撃たれないことと眠り粉を外さないことを祈ろう。 対トリパ 先発:ワタシラガ固定 残り3体:キリキザン、ジュラルドン、ロトム 大概のトリパに対してはワタシラガ+キリキザンから選出。 トリル要員をキリキザンで処理したり眠り粉をばら撒き続けたりしていると、相手のトリックルームとダイマックスがほぼ同時に切れて後続は眠っているという状況に持っていけるので、ワタシラガも含めた全員で攻撃体勢に移行すると勝てる。 イエッサンブリムオンの場合のみキリキザンではなくジュラルドンを出す。 ブリムオンに対して悪波を打ち、怯めば儲けもの。 怯まなくても持ち物にかかわらず次のターンにブリムオンは処理しつつ横のイエッサンは寝ているので有利に試合展開を進めていける。 トリルのアタッカーとしてドサイドンが多いが、キリキザン・ジュラルドンでダイアースを誘いつつロトムに交代してトリルおよびダイマックスのターンを浪費させるのが対トリパのポイント。 対トリパに対してはかなり有利に立ち回れる構築なので、マッチングしたら勝ちを逃がさないよう集中して戦うと良い。 ウインディに関しては、初手オーロンゲのサポート軸のような構築には素早さ的にもかなりコンボを通しやすい場合が多いので積極的に選出する。 あとナットレイがいる場合はウインディを出さないとかなり処理がきついので出す。 総括 画像の通り最高順位は959位。 この後は3桁順位と4桁順位を反復横跳びするような成績に。 1000位以内に入るのがとりあえずの目標であったため、まだあまり考察の進んでいないポケモンであったワタシラガでこの結果は満足のいく結果を残せたと思います。 まだまだ第8世代も始まったばかり。 今こそ考察の少ない新ポケモンを発掘して起源を主張するチャンスですので、皆さんも新ポケモンをどんどん使ってみましょう。 余談 この構築を運用している時に発見したバグと思しき挙動です。 ワタシラガを使ってみたいという人は気を付けましょう。 実際これのせいで1度負けました。 検証完了。 型破りの攻撃で発動した綿毛はクリアボディ貫通します。 バグでは? — アオリア 720666yousei 型破りポケモンの攻撃によって発動した綿毛は、クリアボディを貫通します。

次の