ラルク 火葬。 L'Arc~en~Ciel 花葬 この曲に衝撃を受けてラルクが好きになりま...

L’Arc~en~Ciel(ラルク)のおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムや新曲と無料試聴は?

ラルク 火葬

今や知らない人はいない圧倒的な存在感を放ち、不動のロックスターになりました。 数々のヒット曲を世に送り出していますね。 メンバーは、 ・ボーカル hyde ・ベース tetsuya ・ギター ken ・ドラム yukihiro の4人組で、日本だけでなく、世界を相手にラルク魂をぶちかましています!!もう、誰にも止められないほどの勢いで駆け抜けています。 1991年に結成されてから現在に至るまで、2度の活動休止を挟んだものの長きに渡り活動を続けていますね。 この楽曲は曲名の通りにドライブには取って置きのロックナンバーです!オススメはやはり、前奏の車のエンジン音の音です。 さあいよいよ駆け抜けるよ!と言わんばかりの雰囲気でこちらをワクワクさせてくれます。 そして、Aメロから「熱くなった~」という感じで勢いよく歌い出してきます。 またhydeのこえがクールでかっこいいので感動です。 ほんとはいけませんがこの曲を聴くとドライブ中に少しずつだけ速度が上がってしまいます。 この曲を聴く時は安全運転を心がけたいです。 それだけ、人を奮い立たせてくれる作品になっています。 2 NEO UNIVERSE 2000年1月リリース。 知名度100%です!オススメはやはり、サビです。 かっこいいし、メロディもいい、覚えやすい、三拍子そろった作品です。 伸びやかでハイトーンなhydeの声を聴いた瞬間、「これはいいなあ!」とつぶやくでしょう。 何回もかけ直して聴きたいナンバーです。 始まりのギターサウンドもキレイでかっこいいのでそこも聴きどころです。 3 flower 1996年10月リリース。 この楽曲のオススメは初めのhydeのハーモニカの音色です!楽器隊のロックサウンドに伸びやかでキレイなハーモニカは良い意味でズルいです。 絶対、女の子にモテる楽曲ですね。 サビも聴かせどころです。 合コン後の二次会で歌うと連絡先をゲットできる可能性はあると思います。 4 snow drop 1998年10月リリース。 この曲のオススメポイントは前奏のエレキの音色ですね。 この部分がこの楽曲のインパクトになってますね。 これはギター好きな方なら一度はギターの腕がなる部分ですね。 このギターの単音弾きはほとんど楽曲全体に響き渡っているので、hydeのクールな声に良い感じでマッチしていて、綺麗な楽曲に仕上がっています。 楽器隊の演奏力もさすがロックスターの風格を漂わせています。 サビもキャッチーでかっこいいので男性には人気だと思います。 5 winter fall 1998年1月リリース。 一言で言うととても綺麗な楽曲ですね。 オススメは歌い出し、hydeのソロから始まる部分ですね。 この瞬間に「おー!!」と聴く人は唸りをあげてしまいでしょう。 hydeの心地よくキレイで透き通った声が響き渡っています。 この曲は特に実際、ライブで聴いてみたい楽曲の1つですね。 サビもオシャレでかっこいいんですが、その前のBメロが好きですね。 少しリズミカルでワクワクする感じでサビに繋いであるので、 センスなるなあと思いました。 6 あなた 1998年7月リリース。 魂こもったバラード曲です。 オススメは二ヶ所あり、1つは始めのギターの美しい音色とhydeのしっとりとした声がマッチングしながら進行していくところが、ググッ!と心がもっていかれますね。 一発でラルクワールドに洗脳されていくのが自分でも分かります。 二つ目はサビの後のCメロですね。 かなり魂こもっています。 Cメロ歌詞に「嵐の夜が来ても 太陽がくずれてもいいさ」主人公が「あなた」へ向けて伝えているように思います。 この歌詞を自分の思いを表現として使っていると思いますし、深くて良い感じです。 7 花葬 1998年7月リリース。 私のラルク好きな友達は必ず火葬歌いますね。 やはり、かっこいいダークなロックなので歌いたくなるのでしょう。 オススメはダークでオシャレな前奏のギターの音色です。 このギターの音色を聴けば、聴き手は必ずある意味うっとりするでしょう。 あとはなんといってもhydeの声ですね。 「ばらばらにちらばる~」という始まり、友達がかっこつけてhydeのものまねをしていたのを思い出します。 8 Vivid Colors 1995年7月リリース。 爽やかなロックナンバーですね。 サーっと風が通りすぎていくような壮大で美しい楽曲になっています。 オススメは前奏のギターのサウンドですね。 レザービームのように大空に伸びていく響きを出しています。 聴いてて気持ちが良いので大好きです。 hydeの歌声がとてもセクシーなので女性は聴き惚れてしまうのは間違いないでしょう。 歌詞に「どれだけ離れたなら忘れられるだろう」真相は書いた本人しかわかりませんが大切な人と別れたのか、何かのきっかけに離れなければいけない理由があったのか、考えれば深いですね。 ますますラルクの魅力を感じます。 9 STAY AWAY 2000年7月リリース。 少しパンクロックテイストなノリノリな楽曲になっています。 私のラルク好きな友達が歌っていたのを覚えています。 快調なアップテンポナンバーなので気分が晴れてハッピーになれます。 ドライブ曲にももってこいですね。 今にも駆け出したい気持ちになります。 hydeのロックで悪そうな歌い方も力強さを出しているので作品に勢いがついています。 途中に入るコーラス部分もその力強さにキレイに乗っかっているので非常にバランスがとれています。 ・DUNE(1993年4月リリース) ・Tierra(1994年7月リリース) ・heavenly(1995年9月リリース) ・True(1996年12月リリース) ・HEART(1998年2月リリース) ・Ark(1999年7月リリース) ・Ray(1999年7月リリース) ・REAL(2000年8月リリース) ・AWAKE(2005年6月リリース) ・KISS(2007年11月リリース) ・BUTTERFLY(2012年2月リリース) オススメは最初にリリースされた DUNEですね。 聴くとhydeの声がやはり若いですね。 年を重ねるごとに、今は深みがあります。 今の声も好きですが若い時の声も清らかで素敵なので、過去に戻って聴いてもらいたいですね。

次の

L'Arc~en~Ciel 花葬 歌詞

ラルク 火葬

ベースを始めて2年、コピーの9割がラルクの者です。 ~難しい曲~ STAY AWAY・・・ソロが鬼門、Aメロでは左手をフル活用しましょう。 後はダウンピッキングについていければいけるかも。 HEAVEN'S DRIVE・・・指が動いていないときがないですが、原曲のテンポならいけるかも。 ライブバージョンでtetsuさんのコーラスもやったら確実に難易度MAX。 Blurry Eyes・・・「休符を弾く」というくらい休符が多い、運指のトレーニングにもなります。 STAY AWAYと同じく、イントロは左手をフル活用。 花葬・・・言わずと知れたラルク最難関だと思われます。 Entichers・・・弾いたことない(スコアあるんですかね? )ですが、tetsuさん曰く「指が死んだ」。 ~簡単な曲~ HONEY・・・ダウンでやると結構キツいかも知れませんが、フレーズ的には簡単。 READY STEADY GO・・・そんなに難しいフレーズはなし、「速く~」のコーラスもやりましょう。 Lies and Truth・・・1日で出来る上、おいしいソロ? もあります。 イントロのベースソロ? は休符をしっかり。 DAYBREAK'S BELL・・・1時間で出来ます。 ベースラインとしては低音中心でかなり落ち着いている印象。 ほとんどが繰り返しです。 Link・・・簡単、弾いてて楽しいですが、1番と2番で微妙にラインが違うので覚える際は注意。 まあこんな感じですかね。 正直難しいのは「超難しい! 」というわけではなく、簡単なのは「超簡単! 」というわけではないので、大差ないです。 好きな曲から始めましょう。

次の

【L'Arc】ラルクの歌詞の意味・解釈

ラルク 火葬

解説 [ ] 前作『』以来約1年3ヶ月ぶりとなる4作目のオリジナルアルバム。 翌年のをもってがL'Arc〜en〜Cielを脱退したことから、本作は sakura在籍の最後のアルバムとなった。 アルバムタイトルはhydeが付けており、「納得いく作品を作って、これから更なるスタートを切るという意味も込めて、強い言葉ににしようと思った」「もし他のメンバーがある部分で納得いかないところがあったとしても、このアルバムを作れたからいいんだと。 全部ひっくるめて"真実"からのスタートにしたかった」と述べている。 また、tetsuyaは「大袈裟に言うと『L'Arc〜en〜Ciel』というタイトルにもなってもいいぐらいの勢いのある名盤にしようという意気込みだった 」と述べている。 過去のアルバム3作と異なり、6人のプロデューサー(富樫春生、、秦野猛行、、、)を迎えて制作されたアルバムとなっている。 また、これまでのアルバムとは異なるバラエティに富んだ色の強いアルバムの方向性への批判に対し、当時は「僕たちのことを何も知らなかったんだ。 僕と価値観が合わない」「逆に統一感なくてもいいやって思ってた。 一曲一曲をかっこよくすればいい」と発言している。 ちなみに、長らくL'Arc〜en〜Cielの共同プロデューサーを務める(ex. )とは本作が出会いとなった。 後年には本作を振り返り、「僕らにやりたいことが山ほどあったから、ここでポップな曲での攻撃を覚え始めた 」「すごくバランスの良い、できたアルバムだなと思う。 L'Arc〜en〜Cielの前期の集大成 」と述べている。 また、kenは当時セールスを意識していたといい、「売れねえっていう声が聞こえた時、当時自分が一番曲を書いていたから、"曲が悪いんだろう"、"俺が悪いんだろう"、"そりゃ売れねえの作ってるよ、俺は"と思っていた。 だから"じゃあ売れるの作りましょうか"っていう気分で制作にあたった 」と振り返っている。 さらに、後にバンドに加入するは、当時本作を聴き「こういう曲もやるバンドなんだ!って、凄く新鮮だった 」と述べている。 オリコン週間アルバムチャートの初登場順位は2位であったが、発売6週目でシングル、アルバム通じて初の首位を獲得。 その後もチャートインし続け、最終的にシングル、アルバム通じて初のを達成した。 また、チャート登場回数は計110週となり、発売年、発売翌年の年間アルバムチャートで2年連続でTOP100位内(1997年度では約103万枚、1998年度では約25万枚を売り上げた)を記録し、L'Arc〜en〜Ciel史上最長のロングヒットとなった。 初回限定仕様はスーパーピクチャーレーベル。 収録曲 [ ]• Fare Well• L'Arc〜en〜Cielのアルバムでバラードが1曲目になるのは初のことである。 tetsuya曰く、1曲目をバラードにする構想はアルバム『』の頃からあったといい、「ようやくこれができる貫禄がついた 」と述べている。 楽曲にはとが入っているが、これはkenがを打ち込んだ時から自身の頭の中にイメージとしてあったもので、「女性が弾くイメージがあったから、実際に女性に弾いてもらった」と述べている。 また、が次曲のと被るような構成になっている。 2011年に開催したライブツアー「20th L'Anniversary TOUR」ではストリングスアレンジを施したアカペラバージョンで披露された。 Caress of Venus• kenは「こういうビートだったら売れるだろう 」と述べており、当時セールスを意識して制作した楽曲となっている。 tetsuya曰く、仮で録ったベースが採用されており、この曲ではベース本体のトレブルを絞って演奏している。 また、tetsuyaは発売当時のインタビューで思い入れのある曲でこの曲を挙げている。 アルバム発売から約10年後のに放送された系番組『』でTV初披露された。 ベストアルバム『』、『』には、イントロに前曲「Fare Well」のアウトロが被っていないミックスの異なるバージョンで収録されている。 また、ロックバンド、によるこの楽曲のカバーがトリビュート・アルバム『』に収録されている。 Round and Round• hydeは本作に収録されている楽曲の歌詞に関し、「自分が創造主になったような、高い視点からものを見ることを心掛けた 」と語っている。 実際の歌とで歌詞の一部が異なっており、ブックレットには「大人」と書かれている部分を、hydeは「こども」と歌っている。 ただし、これは誤植ではなく、hydeの意図によりが振られなかったものである。 そのため、誤解を招いたことがあった。 に行われたコンサートツアー「」において、ホールツアー「Tour '98 ハートに火をつけろ! 」以来22年ぶりにライブで披露された。 後に、パートチェンジバンドでリアレンジされ、25thシングル「」のカップリングに収録している。 また、系番組『』の企画でが兼担当のP'UNK青木として参加した「〜feat. P'UNK青木」バージョンも同シングルに収録されている。 ベストアルバム『』の収録曲を決める投票で1位に輝いた曲。 "good-morning Hide"• タイトルの「Hide」の読みは「ハイド」で様々な意味を包含しており、sakura曰く「"隠す"とか"隠れた"とかこの言葉自体に凄くいっぱい意味がある」「他にも"餓鬼みたいに痩せ細った人"とか"ジキルとハイド"とかもある」という。 普段のsakuraの言動に興味を示していたhydeが作詞を薦めたといい、「"sakuraの思う疑問"を何でもいいから書いてくれないか」というリクエストがあったという。 また、歌詞のテーマについてsakuraは「テーマはあるんだけど言いたくない」「歌詞には登場人物が3人出てるくんだけど、"僕"、"君"、"彼等"、それが何のことなのかイメージは任せる」と述べている。 ブックレットには日本語訳も付記されている。 楽曲は80年代後半のブリティッシュ・ロックをイメージしており、編曲を務めた岡野ハジメは「ギターはイギリスのやの感じにしようと話し合った」「そういうことができる日本のバンドは少なかったので、ラルクのメンバーはマニアックなものも受け入れてくれるんだ、これは嬉しいと思った」と述べている。 に行われたコンサートツアー「CONCERT TOUR '96〜'97 Carnival of True」以降ライブで演奏されていない。 上記の経緯から、アルバム曲の中では「」と並び知名度は高く、のホーンセクションが参加したことでも知られている。 には1st-14thシングルの再発に合わせて29thシングルとして発売され、ようやく日の目を見たこともあり、同年に行われたライブ「15th L'Anniversary Live」の演奏曲目リクエスト投票で1位に輝き、に行われたコンサートツアー「CONCERT TOUR '96〜'97 Carnival of True」以来9年ぶりにライブで演奏された。 余談だが、歌詞カードに記載されたタイトルには"fourth"が"forth"となる誤植がある。 "True" mix• シングルバージョンと違い、イントロに音・音やエンディングのメロディが追加され、完奏して終了する。 そのため、シングルよりも演奏時間が長い。 基本的にライブ等で演奏する場合はこのバージョンが基になっている。 "True" mix• この曲で初めてのオリコン週間シングルチャートTOP5入りを果たした。 仮タイトルは「の憂鬱」。 シングル版との違いは、イントロが削除されたことやミックス変更、一部のリテイク、使用の変更など。 そのため、こちらはシングルより僅かに短くなっている。 2020年に行われたコンサートツアー「ARENA TOUR MMXX」において、ホールツアー「Tour '98 ハートに火をつけろ! 」以来22年ぶりにライブで披露された。 I Wish• また、楽曲はtetsuya曰く「クリスマスに一人佇んで途方に暮れていると、雪が降って世界が滲んで見えなくなるようなイメージ 」だといい、当初はスローテンポのバラードとして制作されていた。 歌詞中にクリスマスという単語は入っていないが、「真っ白な天使が舞い降りて」などのクリスマスを彷彿とさせる歌詞が入っている。 また、コーラスの「Ring bell through the window I wish you smile for me sing song all together La la la la... 」の部分は子供達が参加し歌っている。 系音楽番組『』の「クリスマスに聴きたい曲」アンケートでアルバム曲でありながらランクインしたこともある。 また、に行われたライブ「」において、ライブ「1997 REINCARNATION」以来21年ぶりにライブで披露された。 後に、パートチェンジバンドP'UNK〜EN〜CIELでリアレンジされ、33rdシングル「」のカップリングに収録している。 このバージョンにはも製作されている。 Dearest Love• 曲中で聞こえる高音のコーラス(最高音は)はhydeではなくtetsuyaによるもの。 2018年に行われたライブ「L'Arc〜en〜Ciel LIVE 2018 L'ArChristmas」において、「I Wish」と同様にライブ「1997 REINCARNATION」以来21年ぶりにライブで披露された。 参加ミュージシャン [ ] 日本語表記が確認出来ない部分に関しては原文ママとする。 hyde:• ken:• tetsu:• sakura: Fare Well• 橋本しのぶ:• 富樫春生:編曲、その他の楽器• 迫田至: Caress of Venus• ken:、• tetsu、hyde:" of Venus"• :マニピュレート、その他の楽器 Round and Round• Take:• 秦野猛行:その他の楽器 flower• hyde:• :ファルセット• 吉田潔:マニピュレート• 小西貴雄:その他の楽器 "good-morning Hide"• ken:タンバリン• 名古屋君義 :• 北原雅彦 東京スカパラダイスオーケストラ :、編曲• 東京スカパラダイスオーケストラ :• GAMOU 東京スカパラダイスオーケストラ :テナーサックス• 東京スカパラダイスオーケストラ :バリトンサックス• Take:タンバリン• 秦野猛行:その他の楽器 Lies and Truth "True" mix• 金子飛鳥ストリングス:ストリングス• 西平彰:弦編曲、その他の楽器 風にきえないで "True" mix• tetsu:ファルセットコーラス• 佐久間正英:その他の楽器 I Wish• :ピアノ、• :アルトサックス,• :トランペット• 清岡太郎:トロンボーン• 金城寛文:テナーサックス• :管編曲、その他の楽器• Yusaku、Reiko、Nozomi、Yukari、Toshiyuki:"Children Chorus"• hyde、ken、tetsu、sakura:"L'Arc〜en〜Ciel Hand Claps"• :マニピュレート Dearest Love• 金子飛鳥:バイオリン• 橋本しのぶ:チェロ• 富樫春生:弦編曲、その他の楽器• Takako Ogawa:コーラス• tetsu:ファルセットボーカル• 迫田至:マニピュレート [Additional Musicians]• 赤波江敦夫:レコーディング• 内海幸雄:レコーディング• 藤島浩人:レコーディング• L'Arc〜en〜Ciel:プロデュース• :プロデュース( 1, 10)• :プロデュース( 2, 5)• 秦野猛行:プロデュース( 3, 6)• :プロデュース( 4, 9)• :プロデュース( 7)• :プロデュース( 8)• 原田光晴:マスタリング• 内田孝弘:リマスタリング(High-Resolution Audio) 収録ベストアルバム [ ]• 『』 4、 7,シングルバージョン• 『』 2、 4、 6、 7,シングルバージョン、 8,シングルバージョン• 『』 4• 『』 2、 4、 5、 7• 『』 4、 6 脚注 [ ]• 127、1997年1月号• 126、1997年1月号• 『ROCKIN'ON JAPAN』、p. 71、2004年3月号、• 63-p. 64、2004年3月号、• 『Vicious』、シンコー・ミュージック、p. 123、1997年1月号• - MUSIC-NET(2011年12月5日)• 『音楽プロデューサー 岡野ハジメ エンサイクロペディア CATHARSIS OF MUSIC』、p. 142、、2019年• 122、1997年1月号• 『音楽プロデューサー 岡野ハジメ エンサイクロペディア CATHARSIS OF MUSIC』、p. 143、、2019年.

次の