メロフラ 歌詞。 伝説のクムフラ、ロバート・カジメロとハワイアンミュージック界のスター、ケアリイ・レイシェルが初登場!世界最高峰のフラが楽しめる夢のステージをWOWOWで放送!|株式会社WOWOWのプレスリリース

Robert Cazimeroが歌うTewe Teweと歌詞の和訳

メロフラ 歌詞

マウナケア山頂を巨大天体望遠鏡施設建設による聖地冒涜と環境破壊から護る、プロテクト・マウナケア運動のプロテスト・ソング。 参加アーティスト Hinaleimoana Wong feat. ナー・レオ・アロハ・アイナ) 最初にボーカル・ソロをとるのが ヒナレイモアナ・ウォンです。 ナー・レオ・アロハ・アイナという名で参加しているのは、• レフア・カリマ• マヌ・ボイド• ロバート・カジメロ• スター・カラヒキ• ジョシュ・タトフィ• ロビ・カハカラウ• ホク・ズッターマイスター• チャド・タカツギ• ケアオ・コスタ• ナタリー&イオラニ・カマウウ• スノーバード・ベント• デル・ビーズリー• エイミー・ハナイアリイ• ケアリイ・レイシェル (ボーカル・ソロの登場順) ほか。 言葉の意味がわからなくても、そこに切々とした思いが込められているのが伝わります。 歌詞を訳してみれば、そこに見えてきます。 戦うことを選ばざるをえなくなったハワイ人の決意が。 このメレは、ハワイ島マウナケア山頂にただごとでないことが起ころうとしている暗示からはじまります。 ブルドーザーや建設工事の重機が、音を立てて神の山に押し入り大地を掘り返す。 外からやってきた人々の仕業。 彼らには理解できない。 ハワイ人が護りたい大切なものが何か。 それが目に見えないものだから。 各島の古代ハワイ人の末裔が立ち上がり団結する。 護るべきもののための戦い。 このメレに少しでも心が動いたあなたには、背後にあるハワイアンの苦悩の歴史について、調べてみてほしい。 アロハでやさしい笑顔の奥にある、彼らの悲しみを知るでしょう。 先住ハワイアンが何を護ろうとしているのか、それがわかるフラダンサーが一人でも多く増えてほしい。 ハワイを愛するフラダンサーのあなたが、ハワイアンを苦しめる当事者になってしまわないように。

次の

メロディーフラッグ BUMP OF CHICKEN 歌詞情報

メロフラ 歌詞

ハワイ諸島には、8つの島があり、そのうちの6島が観光できる島です。 それぞれの島には、その島の花や色が決まっており、フラを踊る際もそれらを意識して衣装や花などを決めます。 曲の中にもそのような島を象徴する花や名前が入っていることも多いのです。 それらの島に関係する歌を紹介します。 歌詞は美しいですが、曲は軽快で打楽器の音が鳴る楽しい雰囲気です。 兄のロバート・カジメロと弟のローランド・カジメロの兄弟ユニットThe Brother Cazimeroが歌っています。 Nawiliwili(ナヴィリヴィリ / George Manoa Huddy カウアイ島の美しい山や花、岬のことを歌った曲です。 カウアイ島は最古の火山活動で生まれた庭園の島と言われています。 カウアイ島もフラ発祥の地とも言われ、フラの女神とされる「ラカ」を祭ったカウル・オ・ラカ・ヘイアウ(ラカの神殿)があり、現在もフラにかかわる人がたくさん訪れています。 この曲はGeorge Manoa Huddy作と言われますが、ハワイのTraditional Song(民謡のように長く歌いつがれている曲)とも言われています。 雨が多く、昔は農業が盛んだったようですが、この歌はそのカネオヘの山や海について伝えた後に、カネオヘに電気がついたことを歌っています。 「ラニワイ協同組合のおかげで、カネオヘに電気がついた、ニュースが聞ける」と楽しい感じの曲です。 美しい聖なるモロカイの大地を、いつまでも忘れないようにという思いが歌に込められています。 歌の中に含まれる歌詞の全てには、何世代にも渡り語り継がれてきたモロカイ島の各エリアに関する社会生態学上の知識が織り込まれているそうです。 モロカイ島とそこに住む人々をたたえる歌詞です。 モロカイ島もフラ発祥の地と言われ、モロカイ島のカアナという場所で女神ラカがフラを始めたという説もあり、毎年5月にカ・フラ・ピコ(踊りの中心)という祭りが開かれています。 かつてはパイナップル農園が広がり、パイナップル・アイランドとも呼ばれていました。 明るく、太陽が輝いているいるような雰囲気の曲です。 マウイ島の海の波の音や谷の水が流れる音、高くそびえる山や穏やかなビーチなど、他の島には負けないような素晴らしい島の情景が描かれています。 明るく優しい雰囲気の曲です。

次の

Robert Cazimeroが歌うTewe Teweと歌詞の和訳

メロフラ 歌詞

マウナケア山頂を巨大天体望遠鏡施設建設による聖地冒涜と環境破壊から護る、プロテクト・マウナケア運動のプロテスト・ソング。 参加アーティスト Hinaleimoana Wong feat. ナー・レオ・アロハ・アイナ) 最初にボーカル・ソロをとるのが ヒナレイモアナ・ウォンです。 ナー・レオ・アロハ・アイナという名で参加しているのは、• レフア・カリマ• マヌ・ボイド• ロバート・カジメロ• スター・カラヒキ• ジョシュ・タトフィ• ロビ・カハカラウ• ホク・ズッターマイスター• チャド・タカツギ• ケアオ・コスタ• ナタリー&イオラニ・カマウウ• スノーバード・ベント• デル・ビーズリー• エイミー・ハナイアリイ• ケアリイ・レイシェル (ボーカル・ソロの登場順) ほか。 言葉の意味がわからなくても、そこに切々とした思いが込められているのが伝わります。 歌詞を訳してみれば、そこに見えてきます。 戦うことを選ばざるをえなくなったハワイ人の決意が。 このメレは、ハワイ島マウナケア山頂にただごとでないことが起ころうとしている暗示からはじまります。 ブルドーザーや建設工事の重機が、音を立てて神の山に押し入り大地を掘り返す。 外からやってきた人々の仕業。 彼らには理解できない。 ハワイ人が護りたい大切なものが何か。 それが目に見えないものだから。 各島の古代ハワイ人の末裔が立ち上がり団結する。 護るべきもののための戦い。 このメレに少しでも心が動いたあなたには、背後にあるハワイアンの苦悩の歴史について、調べてみてほしい。 アロハでやさしい笑顔の奥にある、彼らの悲しみを知るでしょう。 先住ハワイアンが何を護ろうとしているのか、それがわかるフラダンサーが一人でも多く増えてほしい。 ハワイを愛するフラダンサーのあなたが、ハワイアンを苦しめる当事者になってしまわないように。

次の