コロナ 岡田 モーニングショー。 [新型コロナFactCheck] モーニングショー 岡田教授の「療養ホテルに医師はいない」発言はミスリード

【コロナ】岡田晴恵教授の出演料に驚愕!週6日収録、睡眠3時間でコレ!?

コロナ 岡田 モーニングショー

時に14%以上も稼いでいた人気番組が、ここに来て2桁を割るようになったのだ。 もちろん、新型コロナが沈静化したわけではない。 緊急事態宣言こそ解除されたが、目下、「東京アラート」が発令中。 一体、何があったのか? *** 朝の情報番組「モーニングショー」といえば、同時間帯では16年度以降4年連続で民放首位の人気を誇る。 昨年度の平均視聴率は9・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。 だが、今年1月は連日10%台が当たり前のようになり、2月には12%台、4月に13%台、5月4日には番組最高の14・1%を記録するまでになった。 民放プロデューサーは言う。 羽鳥慎一 「『モーニングショー』が始まった15年当時の視聴率は5〜6%でした。 コメンテーターの石原良純、長嶋一茂、高木美保といったメンバーは前番組の『モーニングバード』から引き継いでいます。 大きく変わったといえば、さんが週1から毎日出演するようになったこと。 他局ではまず見ない局員がズケズケと、時にはけんか腰でまくしたてる、あの男は誰なんだと話題にもなりました。 ま、結局、ただのテレ朝社員だったわけですが、そのズケズケ感がコロナにハマったんでしょう。 政府の後手後手の対応に、国民が何をやってんだ!と思っていたところに、彼が視聴者の思いを代弁していた感じでした」 番組内容もコロナ一色となって、白鴎大学の岡田晴恵教授という新たなスターも生み出した。 玉川氏の発言も相変わらずで、3月には国民へのマスク配布を決めた厚労省に対し、彼は「医療機関に配るべきだったんじゃないか」と発言。 これに対し、厚労省は番組を名指した上で《医療用マスクの優先供給を行った》とツイート。 ところが、マスクの優先供給は《行った》のではなく、《開始した》だけだったことが番組の取材で明らかとなり、「モーニングショー」の信頼は増す格好となった。 「4月には玉川さんと政治ジャーナリストの田崎史郎さんの舌戦という目玉もあり、話題性も生まれたところに、在宅勤務、ゴールデンウィークで、普段番組を見なかったサラリーマンも『モーニングショー』を見るようになったのでしょう。 ただ同時に、その頃から、番組のアラが目立ってくるようになった」(同) 視聴率9・9% 4月29日の放送で玉川氏は、土日の感染者数が少なくなるのは、行政の検査機関がPCR検査を休んでいるためと発言したが、行政も土日返上で働いていることが判明。 全面的に謝罪するハメに。 5月19日には、PCR検査の精度が7割程ということついて彼は、(検体の)採り方がいまひとつと、医療従事者の腕のなさが原因とでも言いたげな発言はネット上でも炎上した。 「元環境相の細野豪志代議士も《玉川徹氏は常にテレビでコメントできる特権的な立場にある。 平時は色んな意見があっていいと思うが、有事に専門外の人間が付け焼刃の発言をして現場を混乱させるのは本当に困る》とツイートしていましたが、まさにメッキが剥がれてきたように思います。 おかげで『モーニングショー』の視聴率も6月3日、4日共に、9・9%と二桁を割るようになりました。 元々、夫を仕事に送り出した主婦層向けに、二枚目の羽鳥慎一アナを起用した情報番組であり、報道番組ではなかった。 それが玉川さんを毎日出演させて、政府にもの申す硬派なコーナーを売りにしていたところにコロナがハマった。 とにかくPCR検査をやらないとダメとばかりに視聴者の不安を煽った。 ただし、やっぱりなんだか怪しい……と視聴者も気づき始め、不安を煽る番組作りも通用しなくなったんでしょう。 決して焦るような状況ではない。 「裏番組の数字を見れば、そうとも言えません。 あの立川志らく師匠の『グッとラック!』(TBS)が3%を超えるようになっています。 1〜2%で低迷していた番組が『モーニングショー』と視聴者を奪い合っているんです。 さらにテレビ東京の韓流ドラマも数字を上げており、こちらも3%台です。 いずれも主婦層を目当てにした番組です。 日本テレビ『スッキリ』などは客層が違うので、あまり影響はありませんが、まだ新型コロナが終息したとは言えない段階で、コロナを売りにしていた『モーニングショー』の数字が下がるのは、スタッフにとっては頭が痛いはず。 本当にコロナ禍が終息したときには、さらなる苦難が待ち受けていると思います」(同) 果たしてどうなるのだろうか。 ちなみに炎上が当たり前になりつつある玉川氏、東京新聞の連載「熱風涼風」では、相変わらず意気軒昂である。 5月24日付のタイトルは「全員検査戦略」として、とにかくPCR検査(抗体検査も加わった)を拡げるべく主張を続けている。 《……検査はウイルスの遺伝子を検出するPCR検査だけでなく、主に簡便な抗体検査キットを使います。 週刊新潮WEB取材班 2020年6月8日 掲載 外部サイト.

次の

【コロナ】岡田晴恵教授の出演料に驚愕!週6日収録、睡眠3時間でコレ!?

コロナ 岡田 モーニングショー

カリスマ的人気とアンチ 国内初の新型コロナ感染者が確認されてから約4ヵ月この間、新型コロナ報道をリードしてきたのはテレビ朝日のワイドショー『羽鳥慎一モーニングショー』(月~金曜前8時)に違いない。 もともと朝のワイドショーの中では最強で、昨年まで3年連続で年間視聴率トップだった。 新型コロナ報道に注力する今年はより数字が伸び、5月14日(月)には裏番組を大きく引き離す14. 1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。 独走状態だ。 この番組は熱心なファンが多いのが強み。 朝日新聞の言論サイト『論座』が4月20日、朝日の敏腕放送記者によるレギュラーコメンテーター・玉川徹氏=テレビ朝日社員=への疑問という記事を掲載したところ、番組ファンから猛批判を浴びた。 玉川氏の存在はカリスマ化している。 半面、番組のアンチが多いのも事実。 新型コロナ報道が始まった今年は視聴率が伸びた分、アンチも増えたように見える。 事実、SNSには数え切れないほどの批判が並んでいる。 著名人による非難も少なくない。 アンチが多い第一の理由は何かというと、この番組は「主張」が強いからではないか。 ジャーナリズムの役割は、基本的には「報道」「批評」「解説」とされるものの、この番組は「主張」が加わっている上、それが大きなウェイトを占めている。 番組はPCR検査の拡充を強く訴えてきた。 その是非は別とし、これも「主張」だろう。 同じく適否はとにかく玉川氏たちによる政府批判も「主張」であるに違いない。 「主張」が強いワイドショー、ニュースはファンもアンチも多くなる。 久米宏氏(75)がキャスターを務めていた『ニュースステーション』(テレビ朝日、1985~2004年)がその典型例だし、今は『サンデーモーニング』(TBS、日曜8時)が代表格と言える。

次の

『Nスペ』より『モーニングショー』が信頼できる?岡田晴恵教授と玉川徹が国の専門家会議に注文した件(水島宏明)

コロナ 岡田 モーニングショー

岡田晴恵教授の出演番組(一例) 出演番組の一部を紹介します。 テレビだけでなくラジオニュースなどにも出演されています。 毎日、複数の番組をはしごしていて、多い日は1日で5番組ということもあったとか。 情報・報道番組がメインですが、明石家さんまさんの「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)に呼ばれたことも。 SNSでは過労で倒れないかと心配する声も見られます。 羽鳥慎一モーニングショー(テレビ朝日) 毎週月~金曜日、8:00~9:55放送。 毎朝、レギュラーかのごとく出演されています。 岡田教授「ウイルス学の先生は経済学の視点はなくてもいい。 サイエンスとしてやればいい。 ウイルス学の先生は政治家になってはいけない」。 — 活凡 aryabhagavan バイキング(フジテレビ) 毎週月~金曜日、11:55~13:45放送。 2020年2月ころまでは「ひるおび!(TBS)」に毎日出演していましたが、こちらにシフトしたようです。 何かあったの?? あらら 岡田晴恵先生がひるおびに出てないと思ったら? バイキングで「良いこと」「なるほど論」を伝えている。 その横が伊藤敦夫氏。 最強コメンテーター。 — kazuo. Sasaki ~政権の不都合な真実~ nabe10101948 Nスタ(TBS) 毎週月~金曜日、15:49~19:00放送。 こちらも、レギュラーかのごとく毎日出演されています。 Nスタ 元国立感染症研究所研究員の岡田晴恵さん、PCR検査について、現行の政府が示す体制では全員検査は無理、民間の検査会社を使い 健康保険適用にすれば全員検査が可能。 なぜ、政府は希望者全員を検査しないのか。 感染者は少ない、だから東京オリンピック・パラリンピックは可能としたいがためか。 — あらかわ kazu10233147 news23(TBS) 毎週月~木曜日は23:00~23:58、金曜日は23:30~23:58放送中。 こちらは時々ご出演。 朝、夕方、そして今も、一貫して検査体制の円滑な運営を訴えている。 PCR検査、なんで受けさせないのかな… 大谷先生もうったえてる。 現場は、苦しいだろうな。 夜遅くまで、岡田先生、お疲れ様です。 明日、またモーニングショーですかね。 こちらも時々ご出演。 平均3時間睡眠という多忙ぶり! そのおかげで 10kg痩せたそうです。 すごいダイエット効果!? 体力のある20~30代ならまだしも、岡田教授はアラ還世代。 相当キツイと思います。 しかし、それだけ出演していたら、さぞかし懐が潤っていそうですよね。 2020年2月17日のデイリー新潮の記事では、 ある民放のプロデューサーに聞くと、 「番組出演のギャラは、 基本的に1回で5万円ほど。 バラエティ番組は10万円くらいでしょう。 テレビ出演で顔が売れて、今後は講演依頼もかなり増えるのではないでしょうか」 と推測されましたが、2020年5月12日のデイリー新潮で、 ご本人に直撃した内容が明かされました。 「 文化人枠で、出演料も1回2万とか3万。 1万円ということも。 確かにたくさんテレビに出させていただいておりますが、そんなにガッポガッポ入ってくるわけじゃない」 各番組での出演時間はそれほど長くありませんが、事前準備や収録前には打ち合わせも必要。 最近はヘアメイクに時間もかけていそうですから、1つの収録に取られる時間は数時間になるでしょう。 それで、1本1~3万円というのは衝撃ですね……。 経験値と専門知識がありながら、この金額は妥当なのでしょうか。 高い? 安い? 岡田晴恵教授のビフォーアフターの真相 2020年1月下旬からメディアに登場し、徐々にヘアメイクや服装があか抜けたと話題です。 また、通常はメガネをかけているようですが、かけていない時もあります。 その真相がデイリー新潮の記事(2020年5月12日)で明らかになりました。 岡田晴恵さんのビフォーアフターほんとにすごいだろ — ゲジー暴れる naoshi323h ヘアメイクはプロがやっている 恐らく、出始めのころはご自分でされていたと思いますが、やはり視聴者の目も厳しくなるのか、今はメイクさんが付いているようです。 とても華やかな雰囲気になりましたよね。 それにしても、寝落ちしている間にメイクしてもらっているとは……相当お疲れですね。 「メイクだって、私、メイク室でずっと寝落ちしていますから。 その間、 メイクさんが目の下のくまを直したり、明るいファンデーションを塗ったりと、いろいろ工夫してくださっている。 終わったらゆすって起こしてくれるんです。 つけまつげもわざわざ買ってきてくださったんですよ」 服装は自前で番組ごとに変えている 服装は自前ですが、ネットショップで買った2~3千円のもの。 番組ごとに変えているのは、ファッションではなく、スタッフの方への気遣いのようです。 「服にも一切気を使っていませんよ。 元々そういうことに疎いので、 Amazonで買った2千~3千円のお洋服を着ているだけ。 ただ、違う番組に出る時は必ず着替えるようにしていますけどね。 前の番組を引きずっていたらスタッフの方に失礼でしょ」 メガネはストレスのために外していた 通常はメガネをかけていますが、最近は外して出演することも。 その理由はファッションのためではありませんでした。 「コンタクトにした? あぁ、あれは裸眼です。 最近はストレスで、人の顔をはっきり見られなくなってしまった。 だから視力0・1のぼやけた視界のまま過ごすようにしているんです。 番組のボードも見えないので、手元に拡大コピーをしたものを置いてもらっているくらい……」.

次の