トイプードル 吠える。 トイプードルが吠えるのをやめさせる方法

トイプードルの子犬のしつけについて解説します

トイプードル 吠える

トイプードルと言えば、室内飼いが定番ですよね。 元気で甘えん坊な性格ですが、その分吠えて飼い主を困らせることはありませんか? 近所の目もありますし、できれば吠えてほしくないですよね。 そこで、トイプードルが吠えるのをやめさせる方法をご紹介します。 玄関で吠えないための対策 まずインターホンが鳴ったら、自分より前へ出ないようトイプードルを後ろへ下がらせましょう。 何より人が優先というのを、トイプードルにわからせることが重要です。 前に出て来ようとしたら、自分の足を盾にして、押し返すようにして阻止します。 ここから先へは出てはいけないというのを、繰り返し指示していけば、トイプードルもだんだんと自分のいるべき定位置を何となく認識していきます。 客が帰るまでケージへ入れるか、奥の部屋へ追いやるというのも一つの方法です。 また、家族の手を借りても良いですね。 インターホンが鳴ったと同時に奥の部屋へと誘導し、そこでお座りができたらご褒美にエサを与えます。 このためには、日頃から名前を呼んだら来るようしつけておくことも必要です。 奥の部屋でご褒美を与えられている間、トイプードルは玄関から気がそがれています。 もちろん客が来ていることを忘れた訳ではありませんが、飼い主との遊びを優先しているのです。 客が帰ってしまった後で、トイプードルはきっと玄関まで臭いの確認に行くでしょう。 しかしすでに興奮は冷めているはずです。 トイプードルのストレスを発散してあげる なぜトイプードルは興奮して吠えるのでしょうか。 一つには日頃からのストレスが溜まっていることが考えられます。 プードルは見た目がぬいぐるみのようでおっとりして見えますが、かなり活発です。 と言ってもトイプードルの性格にも個人差があり、パワーが余っているトイプードルもいれば、じっとしているのが好きなトイプードルもいます。 プードルの場合、毛の色によっても性格の違いがあると言われているくらいです。 そのトイプードルが活発であればあるほど、1日ずっと部屋に閉じこもっていることにより、うっぷんが溜まりやすい傾向にあります。 散歩に行って、ストレスを発散させてあげましょう。 散歩はしつけには絶好の機会です。 ただのんびりと散歩をするのも楽しいものですが、しつけが目的の場合は、トイプードルによそ見をさせずに、きびきびと歩きます。 トイプードルが飼い主の顔色をチラチラ伺いながら、元気に跳ねるように歩くのが理想です。 普段のしつけの際にも、あまりに言うことを聞かず暴れ回るようであれば、先に運動をして少し体力を消耗させてから、改めて取り組むと良いでしょう。 コミニケーションをとる 実はトイプードルは、人の感情を読み取るのがとても上手です。 もし飼い主の気分が落ち着かなければ、トイプードルの方もそわそわしますし、トイプードルに対して悪い感情を持っていれば、それを察して、吠えて攻撃してきます。 反対に人が穏やかな気持ちでいれば、トイプードルは落ち着いていられるのです。 最初の話に戻りますが、インターホンが鳴ったとき、人間がバタバタ慌てますと、やはりトイプードルも一目散に玄関へ走ります。 トイプードルが客に吠えるのは、そうした人の感情を読みとっているとも考えられます。 ですから、まずは気持ちに余裕を持って、ゆっくりと玄関へ向かうよう心掛けましょう。 すぐに玄関へ出ていくのではなく、先にトイプードルに対して、ここにいなさいと位置を指図してやります。 気持ちに余裕を持つというのは、日頃の生活においても言えることです。 あまりに忙しい日々を送っていると、トイプードルの気持ちにも向き合えません。 トイプードルが退屈そうに耳の後ろをしきりに掻いていたら、いったんしていることを止めて、ボール遊びの相手をしてあげたり、散歩に行ってあげたりしましょう。 トイプードルは常に飼い主の気持ちを見ています。 飼い主の方でもトイプードルが何を考え、どうして欲しいのか察してあげられる関係を作っていきたいものですね。 人が優先を徹底する トイプードルが吠えないようにするには、毎日のしつけの積み重ねが大切です。 人の指示に従う様にコツコツと根気強く教えましょう。 そのとき飼い主に優柔不断な気持ちがあったら、トイプードルにも伝わります。 トイプードルは人の心を見透かすことができ、ちょっとしたチャンスも見逃しません。 また日によって人の対応が変わるのも、トイプードルを混乱させてしまいます。 ダメなものはダメを徹底しましょう。 トイプードルも次第にこちらの意図を理解するようになります。 いったん観念し、諦めてしまえば、かえってその方が落ち着いていられるはずです。 トイプードルが吠えるのをやめさせよう もちろん大きな音をたててびっくりさせることで、一瞬、黙らせるといった直接的な対策方法もあるでしょう。 しかしそれ以前に、トイプードルの心に向き合うことを忘れてはいけません。 しっかりとトイプードルと向き合って、厳しくすべきところは、心を鬼にしてしつけに臨みましょう。

次の

トイプードルの子犬・成犬での無駄吠えの原因や治すしつけ方法は?

トイプードル 吠える

com トイプードルの人気が止まりません。 ジャパンケネルクラブ(JKC)が発表した2018年(1月~12月)における犬種別犬籍登録頭数によると、プードルが74,215頭で2位のチワワの49,689頭に大差を開いて堂々の第1位、しかもプードルの中でもトイプードルが73,046頭と断トツの人気です。 さらにアニコム損害保険株式会社の「どうぶつ健保」に加入した0歳の犬種ランキングでも、トイプードルが20,427頭で2位のチワワの15,295頭に5,000頭以上の差をつけて堂々の第1位、しかも2010年から10連覇達成というのですから安定した人気ぶりがわかります。 そんなトイプードルの人気の秘密のひとつに「吠え癖が少ない」という理由が挙げられています。 物覚えが良くて賢い犬として知られているトイプードルは、小型犬でありながらほかの犬種に比べると吠え癖が少なくて集合住宅でも飼育しやすいようです。 とはいえ、飼ってみたら思っていた以上に吠えるという飼い主も少なくありません。 トイプードルが吠えると、とにかくキンキンと甲高い。 そのため家族みんなにとって迷惑なだけでなく、近所迷惑になるのではないかと心配にもなります。 人間はこれを「無駄吠え」と呼びますが、トイプードルからすると何かしらの理由があって吠えています。 今回はトイプードルが吠える原因として考えられること、その対策について考えていきましょう。 com わたしたち人間にとっては無駄吠えでも、犬にとっては無駄吠えではありません。 何かしらの原因があって吠えているのです。 原因がわかれば吠えるのをやめるかもしれません。 人間とは違って言葉を話すことのできない犬、だからこそよく観察して何を訴えているのかを感じ取ってあげましょう。 では、どんな理由で吠えることがあるでしょうか。 トイプードルが吠えるときに考えられる原因を挙げます。 警戒心が強いので吠える 小型犬は中型犬や大型犬に比べて警戒心が強い傾向にあり、よく吠えると言われています。 トイプードルは比較的吠えることが少ない犬種だとされていますが、それでも小型犬なので警戒心は強いです。 何か気配を感じたりすると唸ったりワンワンと吠えたりすることがあります。 いつもとは違う物音が聞こえているのかもしれませんし、誰かが玄関に近づいているのかもしれません。 子犬時代に社会化トレーニングがうまくできないと、他の犬や人に対して警戒心が強い子に育ってしまうことがあります。 その場合も過度の警戒心から少しのことで吠えるようになります。 慣れさせようとして対象を近づけるとさらに吠え続けるので、対象から離れるようにして落ち着かせてあげましょう。 落ち着いて吠えるのをやめたら褒めてあげてください。 要求吠えをしている ご飯やおやつが欲しくて要求吠えをすることもあります。 飼い主がご飯の用意を始めたとたんに飛びつきながら吠える場合はこれにあたります。 「お腹が空いたよ~。 早くちょうだいよ~!」と訴えているかのように吠えるのです。 これを毎回のご飯の時にされると困ってしまいますね。 ご飯だけでなく、遊んで欲しい時や散歩に連れて行って欲しい時に吠える子もいます。 トイプードルは物覚えが良くて賢いため、散歩の時間を察知するようです。 「そろそろ散歩の時間だな」と思ったら吠え続けて飼い主に催促するようになります。 吠えることによって要求がかなった成功体験はなかなか忘れることができないようです。 興奮しているから吠える トイプードルが興奮すると、あちこちに動き回りながら吠えたりもします。 飼い主が家に帰ってきたときや、友達が遊びに来た時などに飛び回って吠えることがありませんか?これはうれしくて興奮している証拠です。 興奮して吠えるときと要求吠えは少し似ているかもしれませんね。 ご飯や散歩の時間がうれしくて興奮して吠え続けることもあります。 体調が悪い、または不安なので吠える いつもとは違う吠え方をしている時は体調が悪いのかもしれません。 痛い時にはキャンキャンと吠えることがあります。 体調が悪かったりケガをしたりして吠えている時は、いつもと様子が違うのがよくわかると思います。 すぐに対処するようにしましょうね。 不安や恐怖を感じて吠えることがありますが、この時は体をこわばらせていたり、尻尾が下がっていたりするのが特徴です。 小型犬なので基本的に怖がりな子が多く、工事の騒音や雷の音などにビックリして吠えることがあります。 攻撃的になって吠える 日頃のストレスが溜まって攻撃的になる子もいます。 散歩が足りなくて運動不足になっているのかもしれません。 また、自分の縄張りを守ろうとして攻撃的になって吠えることもあります。 飼い主や家族を守ろうとする意識が働いていることがあり、相手が犬や人間、テレビに映ったものであっても吠えかかります。 飼い主や家族を守ろうとして攻撃的になっているときは注意が必要です。 もしかしたら家族の中で自分がリーダーだと勘違いしているかもしれないからです。 飼い主との主従関係がうまくできていないとこのような勘違いをするようになり、常に気を張っているのでよく吠える子になるようです。

次の

トイプードルの無駄吠え・要求吠え!吠え癖を直すしつけの方法|賢く甘えん坊なトイプードル達との暮らしブログ

トイプードル 吠える

1目でわかるこの記事の内容!• どうして吠えるのか?6つの理由と対策! 犬は人間のように喋ることができない代わりに、感情を行動やアイコンタクト、吠えることで飼い主さんに伝えます。 無駄吠え中の犬は一体どんなことを飼い主さんに伝えたがっているのでしょう? 吠える理由を知って対策を練ってみましょう。 例えば玄関のチャイムが鳴ったら吠える犬がいますが、これはチャイムが鳴る=外から誰かが来ると犬は記憶していて、縄張りを守るために警戒心を高めて吠えますし、誰かわからない不安から吠えます。 これは、チャイムの音に慣れさせてあげて、安全だということを教えてあげましょう。 詳しくは下記のしつけについてでご紹介します。 また、上記の不安の感情以外にも、飼い主さんと離れることに不安を異常に感じる犬もいて、これを分離不安といいます。 分離不安は飼い主さんと一時たりとも離れることができないような、精神的なものから起こります。 飼い主さんの姿が少しでも見えなくなると、異常に吠え続けたり、震えたり、壁や床を噛んだり、掻いたりという行動を見せますので、愛犬が分離不安じゃないかしっかりチェックしましょう。 分離不安は愛犬の精神面に多大な影響を与えてしまいます。 子犬の頃から、一人で過ごす時間や一人遊びをする機会を与えて慣れさせるのが良いのですが、成犬の場合は一人遊びができるおもちゃなどを与えて、徐々に一人の時間に慣れさせる必要があります。 これは、寝ている時に邪魔をされた、何か気分を害されることがあった、敵を見つけた時などです。 怒りの感情で吠えている時は、牙を剥きだし、唸りながら吠えますので何に対して怒っているのかしっかり見極めてあげましょう。 怒って牙を剥いたり、唸っている時は迂闊に手を出すと、噛まれてしまうので、まずは声をかけて落ち着かせることをしましょう。 おやつが欲しい、抱っこして欲しい、外に出して欲しいなどを飼い主さんに訴えるために吠え続けます。 多少は言うことを聞いてあげてもかまわないのですが、頻繁になると犬は吠えれば飼い主さんが言うことを聞いてくれると思ってしまい、無駄吠えに繋がるケースが多々あります。 外でしかトイレができないなどの理由がない場合は、飼い主さんの都合で動くことが大切です。 例えば、雷や花火などの大きな音を犬は苦手とします。 小屋に丸まって震えてしまう犬もいるのですが、吠える犬の方が多いことでしょう。 他にもフライパンや鍋を落とした音にビックリしてしまったり、恐怖を感じ吠えることがあります。 恐怖を感じている時は、声をかけてあげたり、優しく撫でてあげたりして愛犬を安心させてあげてください。 認知症は昼夜が逆転してしまったり、粗相が多くなったり、突然吠え始めることがあります。 シニア犬になったら、注意しておきたいケースです。 今までと何かが違うと感じたら、動物病院で検査をしてもらいましょう。 多頭飼いの場合でも起こりますし、ご近所に犬がいる家庭があっても起こります。 他の犬が吠えても、つられて吠えないように、飼い主さんがしっかりコントロールしてしつけをしてあげる必要があります。 無駄吠えのしつけはどうやって行う?3つのトレーニングの方法 原因と対策が分かれば次は、無駄吠えのしつけトレーニングになります。 しつけ方法は何パターンかあるので、原因にあったものを選んで行うようにしてください。 方法は至って簡単で、家族や友人に外からチャイムを何度か鳴らせてもらい、犬が吠えると飼い主さんが注意をするということを繰り返し行うのみです。 犬が安全であるから吠える必要がないと理解すれば、無駄吠えは落ち着きます。 なので、犬の頬を両手で包むように持ち、飼い主さんとアイコンタクトを取らせましょう。 そして、マテやフセなどのコマンドをさせて、犬を落ち着かせるトレーニングです。 このトレーニングは、動物病院へ診察に行った場合や、散歩などにも応用が利くトレーニングです。 なので吠えたらいけないということだけを教えるのではなく、吠えてもいい合図を教えるトレーニングです。 このトレーニングの方法は、犬が吠える音をわざと出し、犬が吠えている時に「吠えろ」とコマンドを言い、吠え続けたら褒めてあげることと、反対に吠えている時に「ダメ」と言いオヤツを鼻の前に持っていき静かになったら褒めるということを繰り返します。 犬はにおいを嗅ぎながら、吠えることができないことを利用したトレーニングです。 このトレーニングは番犬向きのトレーニング法になりますので、愛犬の性格と相談して行いましょう。 まとめ 犬と人間がより良く生活していくためには、しつけは大切なことです。 無駄吠えは様々な原因があり、それに対して対策やしつけ方があります。 愛犬がなぜ吠えるのかを理解してあげて、ステップを踏むようにしてください。 関連: 関連: スポンサードリンク•

次の