リカコ 婚 活。 勘違い才女の悲劇 case 1|読んだら試したくなる婚活法|婚活パーティー攻略にお役立ち|【公式】婚活のエクシオ

デブスな私の婚活の現実

リカコ 婚 活

勘違い才女の悲劇 case 1 大手IT企業の企画室に勤務するA子さんは自他共に認める才女。 お嬢様が集まる有名大学を卒業し、料理学校や着付け教室にも通い女子力をしっかり磨いてきました。 仕事もプライベートも充実していて、最近では趣味のワインに磨きをかけようとソムリエの資格を取得したばかり。 「女として評価が上がるものは何でもチャレンジしてきました。 子供の頃から性格的に負けず嫌いなところがありましたので、他人がすること以上のものをスキルとして身に付けたいと思っていました。 野菜ソムリエという言葉が流行った時も、直ぐに資格を取得しましたし。 自分に自信が持てると仕事にも良い影響が出ますから、その意味でも良い相乗効果だったんです、私の場合」 そんな彼女も気がつけば34歳。 これまで異業種交流パーティーに参加はしたことがあっても、婚活と付くものには全く興味がありませんでした。 その一番の理由を彼女はこう言います。 「婚活って、モテない男女が行くものというイメージしかなかったんですよね。 だってそれまでは普通に高校や大学で自由恋愛していたのに、わざわざ出会いの場に出掛ける意味が私には分からなかった。 だけど30歳を過ぎたあたりからでしょうか。 ふと気づけば「あれ?最近デートしたのっていつだったっけ?」って、思い出せないほど彼がいない時期が長くなっていたんです。 でもいきなり婚活パーティーに行くのはプライドが許さなかったので(笑)、ひとまず異業種交流系のパーティーから始めてみました」 そこでも企画室長の肩書きから異業種交流は大成功。 もっとも恋人探しではなく、ビジネス人脈作りや経営者と懇談出来る機会なので、魅力的な異性はいずれも既婚者だったそうです。 そこで彼女は友人の紹介や仕事関係で知り合った方と会ってみますが、どうにもしっくりくる出会いがなかったと言います。 「手身近で何とかしようというのが良くなかったのか、どれもピンとくるものがなくて。 しかも条件的に自分よりビジネス要素が低かったり、年収的に厳しかったり、または外見的にも恋愛気分になれないほど好みではない人ばかりでした。 やはり就職と同じで結婚も失敗は出来ないと思うし、それだけの努力と投資を自分にしてきましたから。 妥協は出来ないでしょう?」 自分の生き方に誇りと自信を持つ彼女は、初めての婚活パーティーでも理想を追求。 数あるパーティーの中で選んだのは、高学歴の男性が集まるものだったそうです。 互いに同じレベルでの会話が出来るだろう、というのが彼女の狙いでした。 「見るからに有名国立大学、私大卒業の男性ばかりで正直イケる、と思いました。 その時の私は服装も品のいい白のビジネススーツにエレガンス度を添えたもの。 「はっきり言って屈辱でした。 プライドがズタズタというか。 男性はどの人も面倒くさそうに接しているのが話していて分かるほど。 よく見ていると、彼らが話していて楽しげなのは20代の女性たちか、家庭的な雰囲気の地味なタイプばかり。 あんまりに頭にきて何であの子をチヤホヤするのか訊いてみたら、一緒にいて癒されたいからとか、支えて欲しい相手を探している、みたいなことを言っていましたね。 話が合わなくてもいいのかしらってこっちが白けたぐらいです」 そこで次に彼女が参加したのは年収が高い男性が参加するものでした。 ですがこちらも結果は出せないまま終了。 しかもこの時、参加男性からキツイ一言を言われたとも。 「自分も稼いでいるのに何で参加したの?と訊かれたんです。 何でって、ビジネストークも出来るから相性がいいでしょって答えたら、もっと若かったらねと笑ったんですよ。 これにはカチンときましたね。 よくネットの婚活情報を検索すると、30代半ばぐらいから女性は不利みたいなこと書かれているけど、ビジネスでも成果を上げている私には該当しないと思っていただけにショックでした。 あるサイトで女性が34歳になると婚活は難しいと書かれていましたが、認めるには時間が必要だったほど」 30代で結婚を希望するなら… 30代で結婚を希望するなら年令対象は自分の年齢にプラス15歳年上まで広げないと難しい、という言葉はまさに自分にも該当するとは思わなかったそうです。 婚活はビジネスの世界とは違う、ということを知らなかった彼女の悲劇。 あなたはこれを笑えますか? 「今は肩書きを忘れ、趣味が合うような企画もののパーティーにも行くようにしています。 男性はいつまでも女性の可愛さを求めているんだ、というのも分析出来ましたし。 今はその意味でも年下で気の合う男性と話すのも苦にならなくなりました。 今考えてみると高学歴編や高収入の男性たちの目線は、私の中にもあったように思います。 恋愛は肩書や生き方だけではない、もっと内面的なものとして今後はトライしたいです」 プライドをへし折られ、傷ついた分、気持ちが柔らかくなったという彼女。 今はどれだけ気が合う人と出会えるのかが楽しみでパーティーに参加されているそうです。 もしかして、今の婚活が上手くいかないという方、彼女のような自分が心の中にいませんか? 婚活をしている男性が求めているのは、「一緒にいて心が安らぐ家庭的な人」という事実を女性は知っておかなければなりません。 外見や知性を磨き男性と対等に仕事をこなす女性は、尊敬はされても結婚相手としては選ばれない…それが現実。 婚活を成功させるためには、変なプライドは捨て去り謙虚さを身につけることが大切です。

次の

勘違い才女の悲劇 case 1|読んだら試したくなる婚活法|婚活パーティー攻略にお役立ち|【公式】婚活のエクシオ

リカコ 婚 活

15年間やってきたあらゆる婚活手段 編集部 Rikakoさんは25歳から婚活を始め、 現在41歳、婚活歴なんと15年!とのことですが、最初に婚活を始めたきっかけや理由は何だったのでしょうか? Rikako 親からのプレッシャーもあって、 25歳くらいから「次に付き合う人と結婚したい」と漠然と考えるようになりました。 でも20代の頃はまだ全く焦りがなく、25歳で独立してフリーランスになったので、仕事に夢中になっていました。 本格的に婚活を始めたのは2015年の秋からです。 有名占い師に2016年に結婚すると言われたので、2015年冬に結婚相談所に入り、本気の婚活をスタートしました。 編集部 本気の婚活をスタートしてから、今までやってきた婚活内容を教えていただけますか? Rikako 結婚相談所、婚活パーティー、婚活イベント、婚活サイト、マッチングアプリ、合コン、友達の紹介、出会いの場に繰り出す、趣味を持つ…etc。 思いつく限りのありとあらゆる婚活を経験してきました。 婚活に使うべきアプリ、使うべきでないアプリ 編集部 ほんとうに、ありとあらゆる出会いの手段をご経験されてきたんですね。 ではその中でも、利用したことのあるマッチングアプリを教えてください。 Rikako 利用したことがあるのは、ペアーズ、タップル、Tinder、Yahoo! パートナー、ユーブライド、華の会メール、ゼクシィ縁結びの7つです。 編集部 多いですね!Rikakoさんにとって、 婚活に使うべきアプリ、使うべきでないアプリなどはありましたか? 婚活に使うべきアプリ Rikako そうですね~。 だから婚活初心者にピッタリ!田舎でも出会いがある。 30〜40代中心で真面目に婚活しているので安心して使える。 とにかくたくさんの人に出会うなら ペアーズですね。 女性は年齢に限らず 無料なのが嬉しいです。 私が婚活を長く続けていられているのは、こういった無料でできる婚活アプリのおかげもあります。 ユーブライドはペアーズほどアプローチがありませんでしたが、本気度が高い人がいた印象があります。 参考 参考 編集部 確かに ペアーズは登録人数の母数が大きいから、その分いろんな人に出会う可能性が高いですよね。 それに比べて、 ユーブライドは会員数がペアーズと比べたら7分の1程のため、アプローチの数は少なくなりますよね。 でも真剣度が高い人が多いと言われる婚活アプリだけあって、本気度が高い人が多いのはうなずけます。 逆に、真剣に婚活している女性にあまりおススメできないアプリはありましたか? 婚活に使ってはいけないアプリ Rikako 婚活として使ってはいけないと思うのは下の2つでしょうか。 女性はマッチできるが本気な人は極めて少ない。 ネットワークビジネス勧誘の危険性もあるので注意が必要なアプリです。 「お出かけ機能」でその日や週末に会える相手を探せる。 Tinderはペアーズ以上にたくさんの男性とマッチングしましたが、本気な人に出会える可能性が低いです。 タップルでもたくさんの男性とマッチングしましたが、本気度が低い印象でした。 あとブログにどんなプロフィールを載せているか書いていたら、 タップルに登録していた私のプロフィールが読者に特定されたことがありました。 女性読者がハイスペック男性になりすまして「いいね」をつけてきたので、それがトラウマになってタップルは即退会しました。 最近は身バレ防止のため、現在何のアプリを利用しているかはブログに載せないようにしています。 編集部 少しでも婚活仲間の役にたてればと、自身の体験談をオープンに掲載しているのに、そんなことがあるなんて想像できなかったでしょうし、傷つきますね...。 婚活パーティー、結婚相談所、婚活サイト、合コン、男性のタイプの違いは? 編集部 、、、、それぞれ出会う男性にタイプの違いなど何か感じることはありますか? Rikako 結婚相談所では、私がお見合いが成立したのは年上のアラフィフ男性ばかりでした。 そのせいなのか 年収は1,000万円前後が多いので、条件重視の年上男性を探している女性にはいいかもしれないですね。 婚活パーティーは基本的にコミュニケーションが取れる男性が多いです。 条件から入らず、 会話のテンポやフィーリングを重視できるところがいいと思います。 婚活サイト(アプリ)では、結婚相談所ではなかなかお見合いが成立しないような 好条件の男性(同年代&年下、高収入、美男子)からもたくさんアプローチが来ます。 だから40代女性でもまだまだイケる、と錯覚しがちなのですが…プロフィールを偽っていたり既婚者である可能性も高いので注意が必要です。 ネット婚活は 相手を見極める目が重要になってくると思います。 合コンは当たり外れが大きいです。 誰が来るかわからない合コンは 外れが多いので、最近は必ず相手の情報(年代、職業など)をリサーチしてから参加するようにしています。 編集部 う~ん。 なるほど!それぞれ特徴がハッキリしていますね。 やはり、真剣度や年齢によって婚活方法は変えたほうが良いと思いますか? Rikako 今すぐ結婚は考えていなくて、気軽に出会いたいならがおすすめです! 本気で結婚したいなら結婚相談所だと思います。 でも、結婚相談所が最も女性の年齢を重視される婚活市場なので、結婚相談所に入るなら1日でも若いうちがいいです。 まとめ 【結婚相談所】年収は1,000万円前後が多いので、条件重視の年上男性を探している女性に向いている。 Rikako 20代は出会いの宝庫で、合コンに誘われることも多くて、自ら出向かなくてもいろんな出会いがありました。 30代に入ってからは合コンのお誘いが減り、自ら企画するようになりました。 30代後半になると結婚相談所や婚活サイトなどで本格的な婚活をするようになりました。 人生の中で最も焦って婚活していたのは30代後半で、 妊娠・出産のタイムリミットを強く意識していたからだと思います。 40代になった今は子供のいない人生を受け入れられるようになったので、 30代よりも焦らずマイペースで婚活しています。 編集部 確かに女性は出産のタイムリミットが最も悩むし焦る要因かもしれないですね。 参考 参考 参考 婚活歴15年!出会った男性は1000人以上! 編集部 ちなみに今までの婚活で、累計何人くらいの男性と出会いましたか? Rikako いちいち数えていないので正確にはわかりませんが・・・おそらく 1,000人は超えていると思います。 編集部 え~~~!!!それはすごいです!その中で、結婚したいと思った男性はいましたか? Rikako 占いの通り2016年に結婚する気満々だったので、2016年にYahoo! パートナーで出会った男性と本気で結婚したいと思いました。 ・相手の年齢は1歳年下(当時37歳) ・外資系金融勤務、年収1,500万円 ・アメリカの有名大学院卒業、MBAホルダー 編集部 かなりスペック高いですね! Rikako でも、 経歴は疑わしかったと思っています(笑) 次に結婚したいと思った人は、ワイン会で出会った 大手企業勤務の10歳年上男性です。 でも彼には結婚願望がありませんでした…。 編集部 そんなに沢山の男性と実際に会ってきても、結婚まで行く人となかなか出会えない... やはりお互いが気持ちや条件も良いと思いあえる人と出会うのって、本当にとても難しいことかもしれませんね。 しかし、それでも諦めずに自分のペースで婚活を続けているRikakoさんのことを知ると、まだまだ頑張ろう!って励まされる人も多いと思います! 15年間婚活をしてきた率直な感想 編集部 今までいろいろあったとは思いますが、実際に15年間婚活をしてきて、今どのように感じていますか? Rikako そうですね... 30代後半はひたすら焦って婚活していましたが、今は結婚に対する焦りはなくなりました。 この先、本気で結婚したい人が現れなければ生涯独身でもいいと思っています。 編集部 良い人がいないなら独身でもいいという覚悟ができたんですね!それって、なかなかできないんですよね...。 でも、結婚に執着したり焦って妥協して相手を選んでも、長い目でみたらプラスにはならないかもしれないですしね...。 Rikakoさんは、過去に婚活に行き詰ったり、婚活をやめようと思ったこともありましたか? Rikako はい、何度かあります。 編集部 そんな時はどのように乗り越えましたか? Rikako しばらく婚活から離れていました。 でも 時間が経つと再びしたくなってきました。 編集部 そういうこともあるんですね。 婚活に行き詰ったら、しばらく婚活から離れるというのも一つの方法ですね。 沢山の婚活方法を実践してみて、今後も続けたい婚活手段は? 編集部 いろいろな婚活方法を試してみて、手ごたえがあった、今後も続けていきたい婚活手段は何ですか? Rikako 結婚相談所は10歳近く年上の男性としかお見合いが成立しなかった分、 素敵なアラフィフ男性に出会えるチャンスが残っているので、今後も続けていきたいです。 あと、 趣味を充実させて、自然な出会いも見つけていきたいです。 編集部 自然な出会いと結婚相談所の平行、対局にありますが案外バランス良いかもしれませんね! 結婚相談所はどこの会社を利用したことがありますか?また、今後も続けたい相談所はどちらでしょうか? Rikako 37歳のときに入会した結婚相談所は名前は出せませんが、男性は医者の会員が多いことを売りにしている ハイスペック専門の相談所でした。 そのため男性会員の多くが20代女性を希望していて、ほとんどお見合いが成立しませんでした。 あの相談所に入会したのは失敗だったと思っています。 40歳の時には、エン婚活に入会しました。 パートナーエージェントや楽天オーネットにも無料相談に出かけたのですが、 エン婚活の活動費用が一番安かったのが決め手でした。 毎月6人紹介してもらえますし、アラフィフ男性であれば好条件の相手ともお見合いが成立しているので、今後も継続してく予定です。 参考: 編集部 お見合いが成立しなきゃがんばろうにも先に進めないので、お見合いが成立しやすいとか、自分の年齢に合った結婚相談所を選ぶことも大切ですね。 参考 逆に、もうあまりやらないだろうとか、やりたくない方法はありますか? Rikako 特にありません。 Rikako 私が結婚したい理由に 「老後の不安」がありますが、結婚して相手の経済力に依存したいとは思っていません。 アラフォー婚活を制するには、自立していることが最重要だと考えています。 また、生涯独身である可能性も考えて今から老後の備えを行っています。 個人的にはiDeCoを始めた記事は読んでほしいです。 VIO脱毛や歯のホワイトニングなど、 自分磨きをしておくことも婚活の一環だと思っています。 失敗体験も、誰かの役に立つなら今までの経験は無駄ではない 編集部 ブログを始めてみて、ご自身で何か変化はありましたか? Rikako 公式トップブロガーになれたり、女子SPA!でコラムを書くようになったり、ブログを通じて新しいことを経験させていただいています。 編集部 新しいことを経験する機会が増えたことは、婚活にも良い影響を与えましたか? Rikako それまでは婚活で全く対象外の男性に出会ってしまうと、時間もったいなかったな…と凹んでしまいましたが、今はそういった体験もブログやコラムに活きるのでそう感じなくなりました。 私の失敗体験を反面教師にして学んでいただける方がいたのだとしたら、今までの経験は決してムダではなかったのだと思えます。 いつか結婚して成功体験をブログに綴れる日が来ることを目標にしています。 編集部 編集部も楽しみにしています! 最後に、この記事を読んでRikakoさんのブログに興味を持った方へメッセージがあればお願いします。 読者の方から共感してもらえたり、応援いただくことが、ブログ更新のモチベーションになっています。 同年代で婚活中の方がいましたら、ぜひ見に来てほしいです。 あとがき:編集部の感想 アラフォー婚活には自立していることが最重要!というRikakoさん。 アラフォーで婚活している人は、この先一生独身の可能性があることを20代の人よりも現実的に想像するようになるでしょう。 だからこそ、自分の生き方を確立していくことも婚活と同時に必要。 Rikakoさんのブログを読むと、自分自身の本当に求めているものを見つめ直すことができます。 私が結婚したい理由は何か? それが、Rikakoさんのように老後の不安だったら、結婚だけがそれを解決する手段ではないし、結婚するとしても相手の経済力に依存しない女性は魅力的ですし、万が一ずっと一人で生きていくことになった時も困らないから、まずは自立することが大事。 と、 この先の自分の人生を本気で考えてきた婚活のベテランだからこそ、ただ相手探しだけをするのでなく、結婚しないことも視野に入れて今すべきことをしていこう!と考えることができるのかもしれません。 Rikakoさんのブログには、そんな深い内容と、それに必要な広く行き届いた情報が沢山掲載されています。 一方で男性と会った体験談では、合わない・いけないと思う男性に惹かれてしまう正直な気持ちが赤裸々に綴られていたり、気持ちを大事にするがゆえに条件だけでは割り切れない様子などが書かれています。 迷ったり、読者のコメントやアドバイスを参考にしたり、いろいろ考え婚活と向き合っている様子に、とても共感したり、心配になったり、自分を振り返るきっかけになったり...。 ある意味切実で、若い人には分かりづらい心の葛藤や、悩みがある同じアラフォー世代の読者の方は是非読んでほしい。 意外と軽い気持ちになれるし、いろんな想いや相談したいこと、疑問に思ったことなど、何でもコメント欄に投稿して一緒に考えることもできるから、アラフォー婚活を盛り上げていける参加型ブログって心強い! そこが、Rikakoさんのブログの魅力だと感じました。 長い婚活は疲れるもの。 しかし15年間で1000人以上と会ってきて、今も諦めずに婚活を続けている経験豊富なRikakoさんのブログは、 40代の婚活女性に勇気を与えてくれます。 みんなで前向きに活動を続け、Rikakoさんと一緒に意見を交わし合いながら、少しでも幸せな50代の自分になるためにがんばっていきたい!そんな風に感じることができました。 そんなRikakoさんのブログはこちらから読むことができます。

次の

Rikakoさんのプロフィールページ

リカコ 婚 活

来歴・人物 [ ]• でパン屋を経営する父親の元で育つ。 13歳でモデルとして芸能界デビュー。 11月の15歳の時、「シャワーコロン」のCM用キャンペーングループを作るため、によって行われたオーディションに合格。 らと共に「」と言う7人組アイドルグループを結成し、2月21日、高校1年の15歳の時に、『Do Up・愛・ing(ラヴィング)』でレコードデビュー。 この曲で「」にも一度だけ登場した。 当時の芸名は「 村上理佳子」。 17歳でタレント・女優に転身し、「」に出演。 - 、美と健康をテーマにした深夜番組「」()でサブMC。 (メインMCは)• 、「」 にレギュラー出演し、はっきり物をいうキャラクターの生徒役で注目される。 共演者(生徒役)は、、、、など。 、「」にレギュラー出演し、若者のファッションリーダーとして注目を浴びる。 、当時同じ事務所に所属していた・と結婚、ライフスタイルを貫く姿勢からカリスマ主婦として名をはせる。 その年に長男・に次男と、2人の息子を出産。 には「」(系)で初のパーソナリティーを務め、には「別れさせ屋」でドラマ初主演を果たす。 に渡部と離婚。 話を切り出したのは渡部だった。 会見での里佳子は「これまで彼にはいろいろと支えられてきたし、私も支えてきた」、「ポジティブに私も頑張りますし、彼も今まで以上に頑張っていかなければいけないと思います」と語った。 離婚の原因を里佳子は「私が描いていた家庭像と彼が求めていた家庭像や父親像が違ったというのが一番大きかった」と話した。 以前は、俳優業は 村上里佳子、その他の活動は RIKACOと芸名を使い分けていたが、現在はRIKACOで統一している。 現在、タレント業の他に、洋服や雑貨などのプロデュース・販売などを手がけている。 エピソード [ ]• の頃から知人の死をきっかけにと親交が深くなり、現在でも江原の考えを支持している。 デビュー当時から自由奔放な発言をしていたが、当時は受け入れられない風潮が強かったためにバッシングを受け引退を考えたこともあった。 しかし、に説得されて思いとどまったという。 バブル期(特に1990 - 1993年頃)は夜な夜な界隈を遊び歩きボトル片手に裸足で徘徊するといった醜態を晒していた(本人談)。 お笑い芸人のがものまねをしている。 額に皺が寄るのでお馴染みで、ラジオ番組「」でもよくネタにされていたが、額の皺が消えたことが判明した。 やなどのアウトドアが好きである。 また、料理もかなりの腕前で、番組でも時々披露することがある。 重大な物事を決断するときでも、誰にも相談せずに自身で決断することが多く、離婚の決断に関しても自ら決意したという。 嫌いな食べ物は、馬刺しと鮒寿司。 魚介系も苦手傾向がある。 強烈な毒舌や過激な言動が多く、自身の持論を感情的に強く述べることも多い。 但し、「私は、人の悪口を言うのがすごく苦手」という。 「」の特番でと同席したとき、本人の前で武を「不細工」と罵倒していた。 また「」で、に対し当時の夫だったのことを「気持ち悪くない? 」と発言していた。 その他、「」出演の際、交流があると共に共演し、沖田からお笑い芸人に口説かれ、電話番号を聞かれた事を暴露され、本人が「ジミー大西の顔を見るだけでオエー」「あんな気持ち悪い顔嫌い」と発言した。 目上や先輩芸能人に対して「だってさ~」「~じゃん」などタメ口で会話することも少なくない。 また、語尾に「~わけよ」と言うのが口癖となっている。 レギュラー出演していた『ここがヘンだよ日本人』で、ゲスト出演したがの発言に興奮して物を投げつけた際、二宮の態度に「帰れ、この野郎! 」と罵倒したテリーに同調する形で「当たったらどうするのよ! 」「何で投げつけるのよ! 」と怒鳴ったことがある。 また、の正月、ホノルル国際空港で待ち構えていた日本の報道陣に「何で撮るのよ! 子供が写っちゃうじゃない!! 」と激怒する一幕を見せたが、数年後に息子たちをテレビ番組に出している。 2017年7月26日放送の日本テレビ系『』に出演した際、不動産などを含め5億円近い資産があることをにおわせ共演者を驚かせた。 「シングルマザーだし、子ども達に迷惑を掛けたくない。 今後、老人ホームに入るかもしれない、息子に世話にならないように決めた額があった」とRIKACOは理由を語った。 恋愛・結婚・子育てに対する姿勢 [ ]• 男性の恋愛観や価値観に対して厳しく批判することが多い。 『』の企画「恋愛センター試験」で講師として登場し、歴代講師の中で最も厳しい恋愛観と採点を行った。 特に、やの解答を「最低」「バカ」と容赦なく斬り捨てマイナス点を連発。 さらにスタジオでは、が「結婚しているから、関係ないですよね? 」という発言に対して、「結婚しても、女性を大事にする恋愛観は変わらない! 」と一喝した。 子育てに関して「男も家事をするべき」と発言しており、子供にも家事を手伝わせている。 また、しつけに関しても「ある程度の子育てには叩く事も必要。 時にはお尻叩いて気づかせる事も必要」とし、「よく食べ、よく寝て、よく遊び、よく勉強する」をモットーに教育している。 家事を一切手伝わない男性について、「家事をしないなんてナンセンス。 男っていうのはどうしても自分中心になる。 女性に対して優しくできない大人に育って欲しくない」としている。 「夫が帰ってきても、妻が家事をしない。 化粧もしていない。 」という意見に対して、「それは女性だけの責任ではなくて男性にも責任がある。 女性の魅力を減退させている責任は男性側にもある。 それがフィフティフィフティだと思う。 」と反論。 『』でゲスト出演した際、「女をバカにしているみたい」との歌詞を批判。 さらに、スガのインタビューを見た後に「歌詞は確かに素晴らしいかもしれないけど、実際にスガさんのような人と恋愛するかといったら止めといたほうがいいと思う」と発言。 後に『』でこれらのシーンが取り上げられて、スガと直接共演した際には「女の子って、ついつい恋愛に結びつけちゃう傾向がある」「興味を持った人と付き合ったらどうなるかと考えたら、あ、やっぱ止めとこ、みたいな」と持論を展開。 さらに、人の話を聞かずにトークに割って入ろうとして、から「もう、喋らんでええねん!」と呆れ気味にツッコミを入れられた。 が、「妻の出産で外国人選手が帰国してしまうのはおかしい」と発言したことに対し、「いい事じゃないですか。 奥さん寂しいじゃないですか。 一生に一度二度あるかないかですよ」と反論した。 但し、「(選手・監督の)奥さんが理解していれば(出産や病気などに立ち会わなくても)いいんじゃない?」「夫婦がお互いに納得すればいいんであって、絶対にこうでなければいけないというのはないと思う」とフォローしている。 男性中心の社会に対して批判的であることからと一緒にされることがあり、からも指摘されたことがある。 これに対して里佳子は、「ちょっと待って、ケビン! なんで私と田嶋陽子さんを一緒にするのよ! 」と反発。 ファッション・ライフスタイル [ ]• 「ファッションリーダーがカッコイイ服とは何か示すべき」としたことに、「あたしちゃんとやってるよ」としている。 のキャラクターが入った服や靴を自分の子供が着たがっていることに対して、「キャラクター物のTシャツやスニーカーを履いて一緒に子供と出かけるのは絶対イヤ」としている。 に女子高生の間で流行したファッションに対してもかなり嫌悪感を抱いている。 『ここがヘンだよ日本人』にて、当時スタジオに来た達に対しても「全然可愛くないよ。 可愛いと言っている男は視力は悪いんだよ。 (ガングロに関しても)私はスッピンの方が可愛いと思う」「白い口紅したり、あんなに高い厚底靴を履いているなんて信じられない! あれは、ヘンだしブサイク! みんな止めなさい」と批判したことがある。 政治・社会 [ ]• 東京都知事の発言がテーマとして取り上げられ、中国人・韓国人出演者などが石原の発言に反発したことに対して、「絶対禁句だって言うけど、人それぞれ価値観が違うしその時代のことをすごくいいと思っている人もいるわけよ」「今までの都知事は、礼儀正しくて言われたことしか言わなかったよね。 でも、石原さんがそういうことを覆してくれることを期待しているわけよ」と石原の発言を擁護していた。 しかし、「相手に対して不愉快な言葉を使うとケンカを仕掛けることになるし、政治家としてはやってはいけないことだと思う」「公式の場で不快に思う言葉を使うのは間違いであって、そういうことを認めなければならない」という反論に里佳子も返す言葉はなく黙り込んでしまった。 少年法に対しては否定的なスタンスで、「ただ走っている暴走族の子だったらいいけど、人を殺した少年に対して社会が暖かく見守るのは納得いかない」と発言をしている。 出演 [ ] テレビ [ ] 現在出演している番組 [ ]• (日本テレビ) 3色ショッピングなどのコーナーに出演。 (VTRのみ)• (読売テレビ) コメンテーター(不定期) 過去に出演した番組 [ ]• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (テレビ東京)• (テレビ東京)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (よみうりテレビ)• (TBS)• (TBS)• ソロモン流(テレビ東京)• (テレビ東京)• Club DADA(テレビ朝日)• (読売テレビ)• (日本テレビ) テレビドラマ [ ]• 第33話(1982年、系)• (1987年、系)• (1987年、フジテレビ系)• 『』(1988年、系)• (1988年、フジテレビ系)• 『死後の苦労』(1990年、フジテレビ系) - 朝倉小枝子• 『あの日に帰りたい』(1991年、フジテレビ系) - 江森玉枝• 『チャイナタウン』(1991年、系)• (1991年、フジテレビ系) - 深山由紀(商社OL) 役• VOL. 10「Miss BROADCAST」(1991年、TBS系)• (1992年、系)• (1992年、TBS系) - 波子 役• (元夫の渡部とはこのドラマがきっかけで出会い、打ち上げで意気投合。 渡部の方がお持ち帰りされスピード婚)• (フジテレビ系) - キャバレーのジャスミン役• (1994年、フジテレビ系)• 「顔に降りかかる雨」(1994年5月、フジテレビ) - 宇佐川耀子 役• (1996年、フジテレビ系)• (系)• (系)• (系)• (フジテレビ系)• (・日本テレビ系)• (フジテレビ系)• (NHK)• 1(2002年5月17日、フジテレビ)• 9 2004年• 第3話(2011年、系) - 篠崎光代• 2019年4月4日 -、フジテレビ - Maria 役 映画 [ ]• (1985年)• (1986年)• (1986年)• (1987年)• (1989年)• 第一話「こんな混んでどうするの」(1990年)• (2011年) ビデオ [ ]• (1986年) ラジオ [ ]• 「まあるい桜」(2002年3月16日、) CM [ ]• 「シャワーコロン」(1982年、アイドルグループ「」として出演)• BEACH BOY (1985年、出演映画「V. マドンナ大戦争」とのタイアップ)• 「PO ポ 」 1985年)• (1990年)• 「・VECTIS S1」(1996年10月)• (1998年11月 - 2004年12月) 前期型のCMでは前夫の渡部篤郎と夫婦で出演しており、後期型も継続して出演していた。 なお、リバティのCMが放映されていた当時の日産は、と資本提携のもとで経営再建中であり、提携先のルノーから派遣されたが日産の社長に就任以降からはCMに芸能人や著名人を起用しない事を特徴としていたが、例外的に、カルロス・ゴーンが社長就任以降にマイナーチェンジされたリバティの後期型以降も継続して村上里佳子が起用されていた。 『お隣さん篇』 ( - ) と共演• アンファー「スカルプDボーテ」(2011年6月 - )- ・と共演。 ウェブマガジン [ ]• 大人の女性のためのトラベル・ウェブ・マガジン『旅色』南東北特集(2008年~) 舞台 [ ]• 八王子ゾンビーズ(2018年8月5日 - 8月19日、)- 大池 役 著書 [ ]• かわいい月( 1994年)• リカコズセレクションスタイルブック( 1995年)• プラスラブ(主婦の友社 1995年)• Life - Health、beauty and family( 2004年)• HOME( 2011年)• RIKACO'S ALOHA STORY - Hawaii Perfect Guide( 2012年)• RIKACO'S ALOHA STORY 2(光文社 2015年) 主な友人 [ ]• - 住宅が隣同士であり家族ぐるみの付き合いがある• - ここが変だよ日本人で二宮清純を共に罵倒した仲。 - お騒がせタレント仲間。 - 自身のものまねを肯定的に評価し、顔が似ているのもありお互いに刺激し合う仲となる。 (ピーター) - ピーターの別荘にてよく一緒に風呂に入る。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 1991年11月14日 p. 221 - 223「シリーズ・当世美女告白」• DVD「」Vol. 1 (フジテレビ、)収録• 「コサキンの中2の放課後 2人合わせて100才」(興陽館)p. 46 ほか• 2012年4月7日号 p. 32 - 34• 2013年7月4日 芸能面「RIKACOが毒舌を反省…ブログに意見殺到で」• 2017年7月26日21時40分 スポーツ報知(報知新聞社、2017年10月20日閲覧)• 147 - 156• 「HOME」p. 008• フジテレビ. 2019年4月11日閲覧。 [ ]• ネルケプランニング. 2018年6月13日閲覧。 外部リンク [ ]• - 公式ウエブサイト• - LDH• - タレントデータベース 辞書.

次の