差し支え ご ざいません でしょ うか。 「差し支えない」の敬語を正しく使えてない人が多い!意味と使い方を紹介!

「差し支えありません」の意味は?正しい使い方や言い換え可能な表現は?|ドクモバ!

差し支え ご ざいません でしょ うか

「お差し支えなければ」は正しい敬語か? 「差し支え」に丁寧語である「お」、をつけて「お差し支えなければ」と使用する事は、「お心配り」などと同じ用法となり、慣例的に増えています。 けれども、「 お差し支えなければ、 お名前を お聞かせいただいても宜しいでしょうか?」となるのは「お」が3つ連なり、フレーズとしてはくどくなります。 「 差し支えなければ、お名前をお聞かせいただいても宜しいでしょうか?」とした方がよりスマートな表現になります。 なお、お差し支えを使用する場合には、「お差し支えなければ、お名前を聞いても宜しいでしょうか?」となります。 なるべく「お」が重ならないようにするといいでしょう。 「差し支えなければ」の使い方 差し支えなければは、ビジネスシーンでは主に相手に何か依頼する時に使用するクッション言葉として使われています。 依頼する時に使用する事により、丁寧で柔らかい印象を与える事ができます。 相手に選択の余地を残した表現で、都合に合わせて断りやすい状況をつくる配慮のある表現でしょう。 「差し支えなければ」の類似表現と使い分け 「差し支えなければ」、は他の言葉に言い換える事もできます。 具体的には、 「問題なければ」「可能であれば」「希望としては」などがあります。 これらのフレーズを使用する時には、相手との距離感を考える必要があります。 単体で使うと強い口調となりがちですので、「問題なければ、~していただけますか?」「可能であれば、~についてご検討いただけますか?」など、より柔らかい表現をすればスマートです。 もしも、大切な取引先のお客様などで絶対に失礼にないようにしたい場合には「差し支えなければ」を使用しましょう。 また、 クッション言葉としては「恐れ入りますが」、がありますが、これは差し支えなければと異なり、相手が断れない依頼内容の場合に使用します。

次の

「差し支えありません」の意味は?正しい使い方や言い換え可能な表現は?|ドクモバ!

差し支え ご ざいません でしょ うか

アンケートなどを書くとき「こちらにご記入を」とペンを渡されますが、そんな時必ず頭についている言葉があります。 こちらがお願いされている立場であればその言葉が付かないと違和感を感じます。 逆に、その言葉が頭に付くことによりすんなりと依頼を受け入れやすくなります。 それが「差し支えなければ」というワードです。 それでは、「差し支えない」とは正確にはどのような意味でしょうか?それを知らなければ、間違えて使っている可能性もあります。 万が一仕事で間違った使い方をしていれば、「常識が無い」などという印象を与えてしまい、とても恥ずかしい思いをすることになります。 それでは、「差し支えない」の意味について正しい使い方と合わせて見ていきましょう。 意味 「差し支えない」という言葉の意味を知る前に、「差し支え」について調べてみるとこのように説明がされています。 「差し支え」が都合の悪い事情・支障・差し障りが「無い」ということになります。 もっと細かく注目すると、「支える」と言うのは、物事が滞り進まなくなることを意味し、「仕事が支える」等の使い方をします。 差し支えないを言い換えると「都合がよければ」「支障なければ」「差し障りなければ」となり、自分や相手にとって「不都合がない」ということが差し支えないの意味となります。 また「差し支えない」の使用方法として、最も多いのは先ほども出たように「差し支えなければ〜」と文章の頭につけ、ワンクッション置いた上で本題を提示する場合です。 ストレートに内容を伝えられるよりも柔らかい印象が出て、受け入れやすくなります。 このような使い方をする言葉を「クッション言葉」と言います。 差し障り。 「差し支えがあって行けない」「日常生活には差し支えありません」 クッション言葉って何? 「クッション言葉」という言葉自体は知らない方でも、社会人であれば無意識に使っているであろう丁寧な言い回しがあります。 何か依頼をする場合には「お忙しい中恐縮ですが」「お手数ですが」「恐縮ですが」「失礼ですが」と前置きをします。 また逆に断りや拒否をする場合は「申し訳ありませんが」「残念ながら」「せっかくですが」「あいにくですが」などと付け加えます。 本題をストレートに伝えるのは日本では「無作法」だという印象を与えてしまうため、ビジネス上はもちろん、日常会話でも活用させることで相手に失礼なく内容を伝えることができます。 しかし一つの文章の中にクッション言葉を何個も多用してしまうことで、逆に失礼になってしまうので気をつける必要があります。 目上の方の敬語として正しい? 目上の方と話をしたり、メールや電話をするときなどは「失礼があってはならない」と緊張するものです。 せっかく敬語を使っていても、使い方を間違ってしまうことで逆に失礼になってしまうこともあります。 それでは、目上の方に対して「差し支えなければ」や「差し支えありません」と使うのは正しいのでしょうか?結論はずばり失礼に当たらないので「正しい」と言えます。 その理由として「差し支えない」の類義語として「大丈夫」「問題ない」などがありますが、それらよりも上に立つ丁寧な言い回しなので、目上の方に使用しても失礼にはなりません。 差し支えないの使い方と例文 「差し支えない」は、何か質問をされたりお願いをされた際に問題ないという「OK」の意味合いで返答に使う場合と、相手に何かお願いをする際にワンクッション置いて本題を伝えるクッション言葉として使われます。 また返答で使う場合は、「差し支えないです」と言うよりも「差し支えありません」と答えた方が自然であり丁寧な印象を与えます。 」と使います。 そしてお願いをする立場であれば「差し支えなければ、こちらにご連絡先を頂戴してもよろしいでしょうか?」のように使います。 問題ないとの違いは? 「差し支えない」以外に、「OK」の意味合いを持つ言葉として「問題ない」があります。 日常会話として使う分としては聞き手を安心させるフレーズだと言えます。 しかし、ビジネス上で使用する場合は、少し注意が必要です。 何か確認を受けた際に、それが大丈夫な内容であれば「問題ありません」と使いがちですが、実は上司や目上の方には使用してはいけないフレーズとされています。 時代劇の言葉で例えると「苦しゅうない」に近いニュアンスを持ち、上から物を言っている印象が出てしまうので、目上の方には使わないようにしましょう。 ビジネス上で見てみると、ネガティブチェックを依頼された際の返答として、間違いや修正点が無かったことに対して「問題ありません」と使用することが可能です。 以上のことから「差し支えない」が目上の方にも使用できることに対し、「問題ない」は同僚や部下、何か依頼される立場で答える場合と限定的な言葉であることが分かります。 差し障りないとの違いは? 「差し障りない」は「差し支えない」と言葉の響きも似ており、混同して使っている方も多く見られます。 「差し障り」が「物事に支障がきたしている様子」を表す否定的な言葉を「ない」で更に否定しているので肯定的な意味を持つことが分かります。 また「差し支えない」の意味を調べると「差し障りない」が含まれているので、余計に分かりにくくなっています。 しかし次のように使い分けが可能です。 「差し支えなければこちらにご記入いただけますか」と「差し障りのない範囲でお答えいただけますか」となり、「差し支え」はその時の状況や気持ちがメインで「差し障り」は範囲を含めて先方が決められます。 また「差し支えない」が個人に対して使用するのに対し「差し障りない」は組織や会社、その先方が所属する団体に対して使用する言葉です。 差し障りのない 物事になんら支障がないさま、人に迷惑がかからないさまなどを意味する表現。 「差し障りのない返事」などのように用いる。 構わないとの違いは? 本来「構う」という言葉は、肯定的に使用すると何かを気にしたり、気を遣ったりするという意味で使われます。 一方それを打ち消した否定形である「構わない」は、受け答えで使用する際は「支障がない」「問題ない」という意味合いで使われます。 「差し支えない」と類義語であり、基本的な意味合いは変わらないので、同様に使っても良さそうですが、使用する相手を選ぶ必要があります。 同僚や部下、友人には「差し支えない」と言うよりも「構わない」と言った方が堅苦しくなく使えますが、特に目上の方に対しては「冷たい」印象を与えてしまう言い方なので、使用しない方がベターです。 「差し支えない」が誰に使用しても無礼にはならないのに対し、「構わない」は使う相手を選ぶという点で違いがあります。 恐れ入りますがとの違いは? アンケートなど相手に何か依頼をする際のクッション言葉として、「差し支えない」以外に「恐れ入りますが」というものもあります。 へりくだってお願いをする表現ですが、「差し支えない」と決定的に異なる点があります。 それは、相手の持つ選択肢の有無です。 例えば「恐れ入りますがこちらでお履物をお脱ぎください」と言われれば、依頼された側は履物を脱がなければならなくなり、「恐れ入りますがこちらにご記入いただけますでしょうか」と言われれば「書く」という選択が相手によりほぼ決定されています。 「恐れ入りますが」を使う場合は、先方もある程度内容に承諾した状態で使わないとぶしつけな印象になり、失礼になってしまう恐れがあるので注意です。 正しいクッション敬語「差し支えない」の使い方を身につけよう!.

次の

「差し支えありません」の意味は?正しい使い方や言い換え可能な表現は?|ドクモバ!

差し支え ご ざいません でしょ うか

Contents• 「差し支えありません」の意味と使い方 「差し支えありません」とは、「差し支え」がないということであり、その「差し支え」とは「支障」や「妨げ」などを意味します。 「支え」だけで支障という意味ですが、「差し」という強意の接頭語を付けることによって強調する効果が出ます。 従って「差し支えありません」という言葉は 「全く問題がありませんよ」ということを意味しています。 「差し支えありません」は丁寧な言葉ですので、目上の人に対して使っても失礼ではありません。 上司に都合を聞かれたときにも「差し支えありません」と答えられます。 ただし、「差し支えないです」とするとやや丁寧さを欠くので注意してください。 また、応答の言葉としてだけでなく、こちらから相手の都合を聞くときに「差し支えなければ、〇日にお伺いしてもよろしいでしょうか? 」などとも使えます。 「差し支えないようでしたらご教示くださいますか? 」などとするとより丁寧さが増すのでおすすめです。 「構いません」の意味と使い方 「構いません」とは、「構わない」を丁寧にした言い方です。 「構う」は「気にする」という意味ですので、「構わない」と言えば「気にしない」や「問題ない」ということになります。 何か都合を聞かれたときに問題なければ「構いません」と答える感じです。 逆に相手の都合を聞くときに、「問題ないですか?」という意味で「〜しても構いませんか?」などとも使えます。 「都合の良い時で構いませんので…」などと何かをお願いする時にも応用可能です。 注意が必要なケース 「差し支えありません」も「構いません」もビジネスシーンでよく使われますが、 特に後者の使用には注意が必要です。 「構わない」とは相手に許可を与える意味合いがあるため、目上の人に対して使うと「なんで俺がおまえの許しを得る必要があるのか? 」などと受け取られてしまう可能性があります。 または、「構わない」を「気にしない」と取られると、質問した人に無関心な印象を与える可能性も考えるべきでしょう。 いずれにせよ、「構いません」の一言だけでは冷たい、またはきつい印象を与えてしまいがちですので、使用する際はその後にフォローするような言葉を続けることが大切です。 「差し支えありません」も同様で、この言葉自体は「構いません」より丁寧なので目上の人に対して使っても問題ありませんが、その一言だけでは冷たい印象を与えてしまう可能性もあるので、前後の言葉に注意してください。 より柔らかい印象を与える言い換え表現 「構いません」よりは「差し支えありません」の方が丁寧な印象を与えますが、意味が通じる場合は「 かしこまりました」や「 承知いたしました」と言い換えると、より柔らかい印象を与えることができます。 ただ、「差し支えありません」でどんな目上の人にも失礼にならないので、 ビジネスでは最も無難な表現と考えてよいでしょう。 また、「 大丈夫です」や「 問題ありません」も同じ意味なので言い換え可能です。 ただし、「問題ありません」は文字通りビジネスでの使用において問題ありませんが、 「大丈夫です」は目上の人には失礼に捉えられる可能性が高いので注意してください。 まとめ 「差し支えありません」も「構いません」も問題ないことを伝える時に用いられる敬語ですが、ビジネス、特に目上の人に対しては「差し支えありません」を使う方が無難です。 相手や状況に応じて正しい使い方ができるようにしておきましょう。

次の