楊貴妃 顔。 楊貴妃の最期とは?顔の特徴・生い立ちから死因・日本に残る伝説も総まとめ

王昭君 【中国四大美人の1人・王昭君の生涯と伝説】

楊貴妃 顔

楊貴妃は西暦719年に蜀の楊家に生まれ、玉環と名付けられました。 幼くして父母と死別した彼女は叔父である楊玄璬に育てられました。 しかし一説によると、生まれた時のあまりの美しさに家族が驚き、これは高値がつくため売られたとも言われています。 彼女は16歳の時、玄宗皇帝の18番目の息子の妃となりました。 その後、その美しさを見初められて玄宗の後宮に入り、妃と同等の扱いを受け、皇帝の妻の位である貴妃となります。 玄宗は彼女をとても愛し、それは異常とも言える寵愛ぶりでした。 現代のライチにあたる果実が好物だった彼女のために、遠方からわざわざ運ばせるほどです。 その反面で、彼女はたびたび玄宗の意にそぐわない行いをして怒りを買います。 しかしその都度平伏して謝る楊貴妃の姿に、玄宗はますます愛情を深めていくのでした。 彼女が玄宗の寵愛を受けるなかで、楊一族も深く政権に入り込み絶大な権力を得ます。 しかし政策の失敗や、戦での大敗で多くの死者を出し、楊一族への風当たりは厳しくなっていきました。 庶民からも恨みや怒りを集める結果となり、「楊貴妃に子どもが生まれても男であろうと女であろうと喜ぶな」といった内容の歌が流行るほどでした。 その後、楊一族は国に対する謀反人として扱われ、次々と処罰されていき、それは楊貴妃も例外ではありませんでした。 彼女は首を吊り、その生涯を終えることになります。 彼女の死後には、玄宗が彼女を偲ぶ植物や小物などを身の回りに置き、時折それを眺めている姿が記されています。 1:理想とされた容姿を兼ね備え、音楽などで優れた才能を発揮した 中国に伝わる一般的な文献は、耳たぶが大きいなど人物の特徴がしっかりと記される特徴があり、楊貴妃もその対象の例外ではありませんでした。 艶やかで美しい髪、きめの細かい肌、物腰の柔らかい女性であったと伝えられています。 また、玄宗の作曲した曲を琵琶や打楽器などを用いて演奏し、誰もかなわぬほどの腕だったと伝えられていて、彼女の教養の深さを伺えます。 2:皇帝の息子の妃から、皇帝の妃になった 楊貴妃は玄宗の息子の妃になりましたが、当時妻を亡くしていた玄宗は彼女に一目ぼれ。 しかしさすがに息子の妻を奪うわけにはいきません。 そこで玄宗は彼女を女冠という位に付かせ、側に置くようになります。 その後、後宮に入り皇后と同等の扱いを受けはじめ、楊貴妃と呼ばれるようになりました。 3:彼女に珍しい贈り物をした地方官は昇進した 彼女は美しいものや珍しいものに目が無かったと言われており、実際に1000人以上の職人たちが専属として仕えていました。 また、玄宗がさまざまな場所に遊幸する際は、いないときがないと言われるくらい毎回同伴しています。 そこで各土地の地方官は、これこそはという逸品を献上し、彼女のお眼鏡にかなったものを献上できた地方官は昇進しました。 4:彼女が安史の乱から逃れて日本に逃亡したという説がある 実際に楊貴妃のお墓とされるものが日本の山口県に存在しています。 長門市油谷町にあるお寺、二尊院には彼女の墓とされる五輪塔があり、県指定の有形文化財になっています。 中国には蓬莱と呼ばれる天国があるとされ、それは日本のことなのではないかという説もありました。 5:玄宗に命じられた自殺であった 彼女の扱いが高くなればなるほど、彼女の親族も様々な要職に就くようになりました。 楊貴妃と縁戚になること自体が出世で有利となるため、楊一族は権力者との縁戚を重ねて権力を大きくしていきます。 国の中枢にまで入った楊一族は、失政や戦での大敗で多くの死者を出し、ついには国に対する逆賊という扱いにまで没落してしまいます。 楊貴妃も一族の者としてその例外にはならず、楊一族の断罪をせまられた玄宗によって自殺を命じられました。 この時彼女は、「私たちは国に逆らったのですから、こうなるのも仕方が無く、恨みはしません」と言い、それを聞いた玄宗はひどく嘆いたと言われています。 楊貴妃の基本を抑えた教科書ともいえる一冊.

次の

NHKためしてガッテンの鶏手羽煮込みレシピ【楊貴妃が愛した貴妃鶏/脇屋友詞】

楊貴妃 顔

創作背景 [ ] 《 长恨歌》是诗人的一首长篇。 元年(806年),白居易当时任盩厔(今)县尉,与好友陈鸿、王质夫在談古論今,有感于当地民间流传与的愛情故事,王質夫便提議大家應該寫下當時討論的感想。 於是,陳鴻寫下了《長恨歌傳》,而白居易也寫下了《長恨歌》 名篇,兩部作品都流傳於世。 內容 [ ] 《長恨歌》是將許多歷史典故融合編撰後,以歌行體表達的一個完整的故事。 白居易為增加詩歌本身的纏綿與傳奇性,對事實曾做若干改變。 詩歌裏包含了與的故事、以及與的故事,而又以唐玄宗與楊貴妃的故事最為主要。 楊家有女初長成,養在深閨人未識。 天生麗質難自棄,一朝選在君王側。 回眸一笑百媚生,六宮粉黛無顏色。 春寒賜浴華清池,溫泉水滑洗凝脂。 侍兒扶起嬌無力,始是新承恩澤時。 雲鬢花顏金步搖,芙蓉帳暖度春宵。 春宵苦短日高起,從此君王不早朝。 承歡侍宴無閒暇,春從春遊夜專夜。 後宮佳麗三千人,三千寵愛在一身。 金屋妝成嬌侍夜,玉樓宴罷醉和春。 姊妹弟兄皆列土,可憐光彩生門戶。 遂令天下父母心,不重生男重生女。 驪宮高處入青雲,仙樂風飄處處聞。 緩歌慢舞凝絲竹,盡日君王看不足。 漁陽鼙鼓動地來,驚破霓裳羽衣曲。 相關的史實與典故 [ ] 於元年(712年)即位,714年改元「」。 開元年間,唐玄宗勵精圖治,開創了;而他本人又多才多藝,引導了盛唐時期的文化走向。 然而晚年的唐玄宗勵精圖治的精神漸漸改變,對內將政權委任於權相、,對外重用等人導致軍權失衡,自己則縱情於聲色。 父親早逝,成長於叔父家 ,後來成為壽王的妻子。 早年寵愛,開元25年武惠妃去世 ,玄宗非常哀傷,後宮沒有其他女性再能符合玄宗的心意。 有人將楊貴妃的美貌告訴唐玄宗,玄宗以为祈福的名义,杨氏出家为女道士。 四年七月(745年)為壽王李瑁娶韦氏。 一个月后,命杨太真,受冊封為。 用當初待武惠妃的禮遇對待楊貴妃。 天寶初年冊封為貴妃。 而後貴妃的姊姊三人分別受封為韓國夫人、虢國夫人、秦國夫人;堂兄弟楊銛為鴻臚卿 ;楊釗(後改名)為侍御史。 同時因楊貴妃之故,數名公主楊家,如:玄宗與武惠妃所生的,降嫁楊貴妃叔父之子;楊國忠之子,尚玄宗與杜美人所生的等。 上述種種,使得楊家一時之間權傾天下,各政府官員對於楊家的要求無一不從,如同對待皇帝的旨意一般。 年六年(747年)十月,改「溫泉宮」為「」。 這是玄宗時常造訪的地方,天寶十四年十月唐玄宗還有巡幸華清宮的紀錄, 同年十一月,范陽節度使以誅殺楊國忠為理由,從河北起兵向西進攻。 文學表現手法 [ ] 的《長恨歌》有許多悖離史實之處。 認為這些與史實不符之處,是白居易明知故犯,而非不知典故。 《長恨歌》開頭記載:「漢皇重色思傾國,御宇多年求不得,楊家有女初長成,養在深閨人未識」。 然而唐玄宗在納楊貴妃之前已有武惠妃等寵妃,並非「多年求不得」;楊貴妃先成為壽王之妃,也並非「初長成」、「人未識」,故而這段與史實有違。 對這個相違處有兩種解釋:一種解釋認為白居易這是傳統的「春秋筆法,為尊者諱」,不能寫出當代君王做的大壞事 ;另一種解釋則是從文學創作著眼,認為白居易這樣寫的目的是出於文學的美化,讓主題更為集中,防止旁生枝節。 翠華搖搖行復止,西出都門百餘里。 六軍不發無奈何,宛轉蛾眉馬前死。 花鈿委地無人收,翠翹金雀玉搔頭。 君王掩面救不得,回看血淚相和流。 黃埃散漫風蕭索,雲棧縈紆登劍閣。 峨嵋山下少人行,旌旗無光日色薄。 蜀江水碧蜀山青,聖主朝朝暮暮情。 行宮見月傷心色,夜雨聞鈴腸斷聲。 其中「行宮見月傷心色,夜雨聞鈴腸斷聲」暗示了下一段的內容,與下一段回京城後的徬徨念舊相呼應。 相關的史實與典故 [ ] 攻下後,離開向西行,到了時,禁軍大將與合謀殺。 然而楊國忠死後,聚集的四軍仍不散去,玄宗派去詢問狀況,對方回應道「賊本尚在!」「賊本」指的就是楊貴妃。 唐玄宗不得已,只好下召,楊貴妃最後被縊死於佛室,得年38歲。 貴妃死後,玄宗與分道而行,玄宗往扶風縣而去。 在,軍隊一度騷動。 接著離開扶風繼續前進,先到,再到。 這時軍隊分為六軍,由潁王先行,由壽王等人分別統率六軍,前後左右相次。 接著經過、、,最後到了。 這時,太子已在即位,並且尊稱玄宗為。 文學表現手法 [ ] 黃永年認為用「君王掩面救不得,回看血淚相和流」描述這段歷史並不真實。 認為在當時危急的情況之下,首先考量的會是自己的安危;而在、與、的紛爭之中,陳玄禮與高力士與玄宗的關係更深,是四十年前就一起和謀奪取政權的伙伴,加上又負有扈從的重任。 所以當不能兩全時,玄宗必定傾向陳、高一方。 從事後事態的發展也可看出,玄宗前往、而後返回,甚至受到肅宗的監視時,玄宗都仰賴陳玄禮、高力士的扶持。 馬嵬坡下泥土中,不見玉顏空死處。 君臣相顧盡霑衣,東望都門信馬歸。 歸來池苑皆依舊,太液芙蓉未央柳。 芙蓉如面柳如眉,對此如何不淚垂。 春風桃李花開日,秋雨梧桐葉落時。 西宮南內多秋草,落葉滿階紅不掃。 梨園弟子白髮新,椒房阿監青娥老。 夕殿螢飛思悄然,孤燈挑盡未成眠。 遲遲鐘鼓初長夜,耿耿星河欲曙天。 鴛鴦瓦冷霜華重,翡翠衾寒誰與共。 悠悠生死別經年,魂魄不曾來入夢。 其中用「悠悠生死別經年,魂魄不曾來入夢」暗示下一段的道士在仙界尋訪貴妃的內容。 相關的史實與典故 [ ] 二年(757年),唐軍收復長安,肅宗於是派人迎接玄宗回京。 回長安的中途,曾想要為舉行喪禮,然而遭到侍郎的勸阻。 於是唐玄宗放棄了為貴妃舉行喪禮的念頭,然而仍秘密將貴妃改葬於別的地方。 回到長安後,玄宗在大內長安殿的臨時太廟祭拜謝罪後,開始居住在興慶宮。 後來乾元三年,玄宗被移居西內,這是因為宦官離間玄宗、肅宗的關係。 這時、等人也受到貶謫,令玄宗感到非常不愉快。 文學表現手法 [ ] 這一段用從正面與側面描寫思念之情。 認為白居易此處用筆細膩,其中情與景的烘托,很能堆砌唐玄宗對楊貴妃刻骨銘心的深情。 這一段之前,《長恨歌》著重於現實的描寫,從這一段開始,白居易開始運用幻想手法建構故事。 而精確生動的人物形象描繪,使人不覺得其為虛構。 第四段:仙界尋妃 [ ] 《長恨歌》:「梨花一枝春帶雨。 」形容貴妃感動落淚的楚楚可憐模樣。 圖為梨花。 為感君王輾轉思,遂教方士殷勤覓。 排空馭氣奔如電,昇天入地求之遍。 上窮碧落下黃泉,兩處茫茫皆不見。 忽聞海上有仙山,山在虛無縹緲間。 樓閣玲瓏五雲起,其中綽約多仙子。 中有一人字太真,雪膚花貌參差是。 金闕西廂叩玉扃,轉教小玉報雙成。 聞道漢家天子使,九華帳裏夢魂驚。 攬衣推枕起徘徊,珠箔銀屏迤邐開。 雲髻半偏新睡覺,花冠不整下堂來。 風吹仙袂飄颻舉,猶似霓裳羽衣舞。 玉容寂寞淚闌干,梨花一枝春帶雨。 含情凝睇謝君王,一別音容兩渺茫。 昭陽殿裏恩愛絕,蓬萊宮中日月長。 回頭下望人寰處,不見長安見塵霧。 唯將舊物表深情,鈿合金釵寄將去。 釵留一股合一扇,釵擘黃金合分鈿。 但教心似金鈿堅,天上人間會相見。 臨別殷勤重寄詞,詞中有誓兩心知。 七月七日長生殿,夜半無人私語時。 在天願作比翼鳥,在地願為連理枝。 天長地久有時盡,此恨綿綿無絕期。 相關的史實與典故 [ ] 元年(762年)在西內去世。 這一段所用的歷史材料,也包含了漢武帝與李夫人的故事。 為了參照起見,並敘述如下: 的哥哥,通曉音樂,擅長歌舞,很受到的喜愛。 一次李延年在漢武帝前起舞,唱道:「北方有佳人,絕世而獨立,一顧傾人城,再顧傾人國。 寧不知傾城與傾國,佳人難再得!」漢武帝嘆道:「世界上真的有這樣的人嗎?」平陽公主告訴漢武帝:李延年有個妹妹。 李延年的妹妹就是了。 於是漢武帝召見李夫人,發現她實在美麗,並且擅長舞蹈。 李夫人去世後,漢武帝思念不已,這時有一個齊國方士少翁說他能招致李夫人的魂魄。 於是少翁在晚上,點起燈燭,設立帷帳,陳列酒肉,並讓漢武帝坐在別的帷帳裏。 漢武帝在帷帳中看到引一個與李夫人很相像的美貌人影,卻又不能靠近。 在此之後,漢武帝就更加思念李夫人了,還作了一首詩:「是邪,非邪?立而望之,偏何姍姍其來遲!」 文學表現手法 [ ] 認為回到長安後,無論居住於或的期間內,都不可能有請招魂魄的舉動。 因為歷史上有許多大的案件都與交通左道、巫祝、方士之類發生牽連,甚至玄宗早年曾自行處理的許多案子也如此。 因此回到長安之後,受到肅宗政權監視的情況下,玄宗不太可能會與方士接觸而留下把柄。 此外在南內興慶宮居住時,玄宗的安危正有賴、的保護,而陳、高二人正是殺害貴妃事件中主要的人物;而移居西內後,玄宗幾乎失去行動自由。 因此都不可能有請方士招魂的舉動。 也贊同這個觀點,且進一步認為《長恨歌》裏尋覓楊貴妃的情節,是白居易以李夫人的故事為藍本所編造,而非採集社會上已有的傳說。 因為在當時流傳的玄宗與貴妃的傳說中,雖有涉及方士,卻沒有請方士尋覓貴妃這一類的故事。 《評點音注十八家詩鈔》認為這一個橋段,寫來讓人感到鬼氣森森,然而白居易寫來卻宛然如仙。 白居易描述的特別之處在於他不寫兩人的碰面,因為一旦碰面,就是鬼故事、或夢境的寫法了。 流傳與影響 [ ] 白居易在世時《長恨歌》的流傳狀況 [ ] 《長恨歌》在在世時,就已經廣為流傳於社會各階層。 寫給好友的《》中,就曾記載《長恨歌》廣為流傳的狀況。 白居易去世後,寫的《弔白居易》詩也有「童子解吟長恨曲,胡兒能唱琵琶篇」的句子,可見《長恨歌》在當時的流傳極為廣泛。 受《長恨歌》影響的作品 [ ] 長恨歌傳 [ ] 《長恨歌》影響了許多後代的文學作品,包括的《》, 是的名篇。 戲曲作品 [ ] 許多戲劇作品受到《長恨歌》的影響,如王伯度《天寶遺事諸宮調》、元朝《》雜劇、《》 、現代劇作家曾永義的《楊妃夢》 等。 日本的作品 [ ] 的《》受到《長恨歌》很大的影響。 特別是《源氏物語》首帖《桐壺》受到《長恨歌》的影響最為明顯,其影響可分為直接攝取與間接容受兩種方式。 此外的《》也受到《長恨歌》的影響,例如:清少納言認為「梨花」是色澤乏善可陳的花朵,然而因為讀到《長恨歌》用「梨花一枝春帶雨」形容楊貴妃,因而讓清少納言認為梨花「唐土卻以為無上可人之物,竟以之入詩文」,因此認為梨花一定有其無可比擬的優點。 另外,日本的藝術大師在1980年代,在向學習後,根據京劇的特點創作了歌舞伎曲目《楊貴妃》,內容脫胎於長恨歌中唐玄宗在楊貴妃死後,遣方士至海外求仙的情節。 於1991年在日本首次公演。 此外,日本中的曲目《》亦取材於長恨歌。 評論與研究 [ ] 白居易對《長恨歌》的評述 [ ] 將《長恨歌》分類為「感傷」類的詩歌。 在《》裏,白居易對《長恨歌》的評論有兩處。 在《》,白居易認為《長恨歌》雖然與「雜律詩」等作品受到許多人喜愛,但是並不是自己最重視的作品 ;然而白居易在編輯自己的文集後寫的《編集拙詩成一十五卷因題卷末戲贈元九、李二十》則說:「一篇長恨有風情,十首秦吟近正聲。 」 歷代的評論 [ ] 由於《長恨歌》的知名度高、話題敏感,且白居易並未明確揭示全詩主題,歷代解讀此詩也有許多評價與爭論。 例如 、 、張祖廉 等,或從禮教出發,認為《長恨歌》描繪愛情的內容太俚俗、輕薄。 、 、 、 、 、 認為《長恨歌》記載、的史實有錯誤。 而與周紫芝意見不同 ,不同意張戒的批評。 此外如 、 對全詩給予很高的評價。 参考文献 [ ]• 《長恨歌新解》收錄於黃永年《唐代史事考釋》,臺北:聯經出版事業公司,1998年出版,,259頁。 轉引自王万岭《長恨歌考論》,南京:南京大學出版社,2010年出版,。 208頁。 王万岭贊同《御選唐宋詩醇》。 然而王万岭在《長恨歌考論》中,也將《長恨歌》劃分為四段以比較異文,然而起訖文句與《御選唐宋詩醇》略有差異。 以下據《御選唐宋詩醇》的分段,而用王万岭下的標題。 參見王万岭《長恨歌考論》,南京:南京大學出版社,2010年出版,,136、143、148、152、與278頁。 王万岭《長恨歌考論》,南京:南京大學出版社,2010年出版,。 9至10頁。 王万岭《長恨歌考論》,南京:南京大學出版社,2010年出版,。 11至19頁。 寿王瑁妃杨氏,素以端懿,作嫔藩国,虽居荣贵,每在精修。 属太后忌辰,永怀追福,以兹求度,雅志难违。 用敦宏道之风,特遂由衷之请,宜度为女道士。 《 卷第二百一十五》秋,七月,壬午,册韦昭训女为寿王妃。 八月,壬寅,册杨太真为贵妃• 然太真本壽王妃。 顧云:『楊家有女初長成,養在深閨人未識。 』何耶?蓋宴暱之私猶可以書,而大惡不容不隱。 《陳鴻傳》則略言之矣。 如陳司敗問:「昭公知禮乎?」子曰:「知禮。 」蓋為國惡諱也。 司敗曾不知之,乃云:「君取於吳為同姓,謂之吳孟子,君而知禮,孰不知禮?」何其謬哉!唐明皇納壽王妃楊氏,本陷新臺之惡,而白樂天所賦《長恨歌》乃謂『楊家有女初長成,養在深閨人未識。 天生麗質難自棄,一朝選在君王側』,則深没壽邸一段,蓋得孔子答陳司敗遺意矣。 《春秋》為尊者諱,此歌深得之。 黃永年《長恨歌新解》,收錄於黃永年《唐代史事考釋》,臺北:聯經出版事業公司,1998年出版,,255頁。 力士復奏,帝不獲已,與妃詔,遂縊死於佛室。 時年三十八,瘞於驛西道側。 上令高力士詰之,回奏曰:『諸將既誅國忠,以貴妃在宮,人情恐懼。 』上即命力士賜貴妃自盡。 黃永年《長恨歌新解》,收錄於黃永年《唐代史事考釋》,臺北:聯經出版事業公司,1998年出版,,243-4頁。 游國恩、王起、蕭滌非、季鎮淮、費振剛主編《中國文學史》,臺北,五南圖書出版公司,1990年初版,上冊529-530頁。 夫人病時不肯別,死後留得生前恩。 君恩不盡念未已,甘泉殿裏令寫真。 丹青畫出竟何益,不言不笑愁殺人。 又令方士合靈藥,玉釜煎煉金爐焚。 九華帳深夜悄悄,反魂香降夫人魂。 夫人之魂在何許,香煙引到焚香處。 既來何苦不須臾,縹緲悠揚還滅去。 去何速兮來何遲,是耶非耶兩不知。 翠蛾彷彿平生貌,不似昭陽寢疾時。 魂之不來君心苦,魂之來兮君亦悲。 背燈隔帳不得語,安用暫來還見違。 傷心不獨漢武帝,自古及今皆若斯。 君不見穆王三日哭,重璧台前傷盛姬。 又不見泰陵一掬淚,馬嵬坡下念楊妃。 縱令妍姿豔質化為土,此恨長在無銷期。 生亦惑,死亦惑,尤物惑人忘不得。 人非木石皆有情,不如不遇傾城色。 孟堅寫來,森森有鬼氣,香山寫來,宛然如仙。 妙處在不使明皇與貴妃照面。 若一照面,便成鬼物,否則亦成夢境。 想其下筆時大有斟酌也。 」曾國藩纂,李鴻章審訂,王有宗評注,黃有容校定,上海廣益書局印行。 臺灣華文書局印行(影印)。 1027頁。 又足下書云:到通州日,見江館柱間有題僕詩者,復何人哉。 又昨過漢南日,適遇主人集衆樂娛他賓,諸妓見僕來,指而相顧曰:『此是《秦中吟》《長恨歌》主耳』……今僕之詩,人所愛者,悉不過雜律詩與《長恨歌》已下耳,時之所重,僕之所輕。 至於諷諭者,意激而言質;閒適者,思澹而詞迂。 以質合迂,宜人之不愛也。 唐宣宗《弔白居易》:「綴玉聯珠六十年,誰教冥路作詩仙。 浮雲不繫名居易,造化無為字樂天。 童子解吟長恨曲,胡兒能唱琵琶篇。 文章已滿行人耳,一度思卿一愴然。 林文月,《長恨歌對長恨歌傳的影響》。 收錄於林文月《山水與古典》,純文學出版社,臺北,1976年初版。 曾永義《楊貴妃悟夢蓬萊》,《聯合報》,2011年09月18日,臺北。 林文月,《源氏物語桐壺與長恨歌》。 收錄於林文月《山水與古典》,純文學出版社,臺北,1976年初版。 「 太液芙蓉未央柳」も、げに通ひたりし容貌を、唐めいたる装ひはうるはしうこそ ありけめ、なつかしうらうたげなりしを思し出づるに、花鳥の色にも音にもよそふべき方ぞなき。 朝夕の言種に、「 翼をならべ、枝をかさはむ」と契らせたまひしに、かなはざりける命のほどぞ、尽きせずうらめしき。 《》《》:梨の花、よにすさまじきものにして、近うもてなさず、はかなき文つけなどだにせず。 愛敬おくれたる人の顔などを見ては、たとひに言ふも、げに、葉の色よりはじめて、あいなく見ゆるを、唐土には限りなきものにて、文にも作る、なほさりともやうあらむと、せめて見れば、花びらの端に、をかしきにほひこそ、心もとなうつきためれ。 楊貴妃の、帝の御使ひに会ひて泣きける顔に似せて、「 梨花一枝、春、雨を帯びたり。 」など言ひたるは、おぼろけならじと思ふに、なほいみじうめでたきことは、たぐひあらじとおぼえたり。 參閱林文月譯,《枕草子》,洪範書店,臺北,2000年初版,2006年三印,,52-53頁。 朱金城箋注,《白居易集箋校》。 上海古籍出版社,上海,1988年初版,2008年三刷。。 白居易《編集拙詩成一十五卷因題卷末戲贈元九、李二十》:「一篇長恨有風情,十首秦吟近正聲。 每被老元偷格律,苦教短李伏歌行。 世間富貴應無分,身後文章合有名。 莫怪氣粗言語大,新排十五卷詩成。 《》:「首云:『漢皇重色思傾國,御宇多年求不得』,後云:「漁陽鼙鼓動地來,驚破《霓裳羽衣曲》」,又云:『君王掩面救不得,回看血淚相和流』,此固無禮之甚。 『侍兒扶起嬌無力,始是新承恩澤時』此下云云,殆可掩耳也。 『遂令天下父母心,不重生男重生女』此等語,乃樂天自以為得意處,然而亦淺陋甚。 《》:「白樂天《長恨歌》云:『玉容寂寞淚闌幹,梨花一枝春帶雨。 』人皆喜其工,而不知其氣韻之近俗也。 東坡作送人小詞云:『故將別語調佳人,要看梨花枝上雨。 』雖用樂天語,而別有一種風味,非點鐵成黃金手,不能為此也。 《定盦先生年譜外紀》:「()先生謂:『《長恨歌》「回頭一笑百媚生」,乃形容勾欄妓女之詞,豈貴妃風度耶?白居易直千古惡詩之祖!』」。 引自陳友琴編《白居易資料彙編》,中華書局,2003年版。 361頁。 《》:「白樂天《長恨歌》云:『峨嵋山下少人行,旌旗無光日色薄。 』峨嵋在嘉州,與幸蜀路全無交涉。 《潛溪詩眼》:「白樂天《長恨歌》,工矣,而用事猶誤。 『峨眉山下少人行』,明皇幸蜀,不行峨眉山也。 當改云劍門山。 」引自陳友琴編《白居易資料彙編》,中華書局,2003年版,52頁。 《》:「『夕殿螢飛思悄然,孤燈挑盡未成眠』,此尤可笑;南內雖淒涼,何至挑孤燈耶?」• 《升庵詩話》:「『七月七日長生殿,夜半無人私語時』,長生殿乃齋戒之所,非私語地也。 華清宮自有飛霜殿,乃寢殿也。 當改長生為飛霜,則盡矣。 」引自陳友琴編《白居易資料彙編》,中華書局,2003年版,195頁。 《甌北詩話》:「《長恨歌》自是千古絕作。 其敘楊妃入宮,與陳鴻所傳選自壽邸者不同,非惟懼文字之禍,亦諱惡之義,本當如是也。 惟方士訪至蓬萊,得妃密語歸報上皇一節,此蓋時俗訛傳,本非實事……特一時俚俗傳聞,易於聳聽,香山竟為詩以實之,遂成千古耳。 」引自陳友琴編《白居易資料彙編》,中華書局,2003年版,314頁。 《一瓢詩話》:「白香山『玉容寂寞淚闌干,梨花一枝春帶雨』。 有喜其工,有詆其俗。 東坡小詞:『故將別語調佳人,要看梨花枝上雨。 』人謂其用香山語,點鐵成金。 殊不然也。 香山冠冕,東坡尖新,夫人婢子,各有態度。 」引自陳友琴編《白居易資料彙編》,中華書局,2003年版,130頁。 《野客叢書》:「詩人諷詠,自有主意,觀者不可泥其區區之詞。 《聞見錄》曰:樂天《長恨歌》『夕殿螢飛思悄然,孤燈挑盡未成眠。 』豈有興慶宮中夜不點燭,明皇自挑燈之理?《步裡客談》曰:陳無己《古墨行》謂『睿思殿裡春將半,燈火闌殘歌舞散。 自書小字答邊臣,萬國風煙入長算。 』『燈火闌殘歌舞散』,乃村鎮夜深景緻,睿思殿不應如是。 二說甚相類。 僕謂二詞正所以狀宮中向夜蕭索之意,非以形容盛麗之為,固雖天上非人間比,使言高燒畫燭,貴則貴矣,豈復有此恨等意邪?觀者味其情旨斯可矣。 」引自陳友琴編《白居易資料彙編》,中華書局,2003年版,156頁• 趙翼《甌北詩話》:「古來詩人,及身得名,未有如是之速且廣者。 蓋其得名,在《長恨歌》一篇。 其事本易傳,以易傳之事,為絕妙之詞,有聲有情,可歌可泣,文人學士既歎為不可及,婦人女子亦喜聞而樂誦之。 是以不脛而走,傳遍天下。 又有《琵琶行》一首助之。 此即全無集,而二詩已自不朽,況又有三千八百四十首之工且多哉!」引自陳友琴編《白居易資料彙編》,中華書局,2003年版,308頁。 《》「以長恨歌之壯采,而所隸之事,只『小玉雙成』四字,才有餘也。 」引自陳友琴編《白居易資料彙編》,中華書局,2003年版,362頁。 參見 [ ].

次の

楊貴妃の最期とは?顔の特徴・生い立ちから死因・日本に残る伝説も総まとめ

楊貴妃 顔

の皇帝の愛妃。 古来、西のと並ぶ、東の美人の代表とされる。 楊家の出で、はじめは玄宗の王子の妃であったが、玄宗の目にとまり、いったん女道士(道教の尼)と言うことにした上で、玄宗の後宮に入った。 56歳の玄宗は22歳の楊貴妃を溺愛し、妃の最高位である貴妃の地位につけたので楊貴妃という。 二人は政治をかえりみず、長安から離れた驪山(りざん)の温泉に入り浸るようになった。 さらに節度使は、宮廷で楊貴妃に取り入り、隠然たる力を持つようになった。 また、一族の楊国忠が政界に進出し、宰相にまで上りつめた。 安史の乱の勃発 宮廷では年老いた玄宗が政治への意欲を無くして宴楽にふける間、安禄山と楊国忠の対立は根深くなり、楊国忠が安禄山の排除を図ると、安禄山は、拠点の幽州(現在の北京)に戻り、楊一族の排除を掲げて挙兵した。 これがの始まりであった。 乱の鎮圧に派遣した東軍がもろくも敗れ、安禄山軍が長安に迫るとの知らせが入ると、玄宗皇帝は楊国忠、楊貴妃ともども急いで四川を目がけて逃れたが、途中の6月13日、馬嵬(ばかい)駅で兵士たちが暴動を起こし、国難の原因となった楊貴妃・楊国忠らの処刑を皇帝に要求した。 やむなく玄宗は二人に死を命じ、楊貴妃は宦官の高力士によって絞め殺されてしまった。 楊貴妃は36歳だった。 玄宗と楊貴妃の逃避行は(白楽天)の『長恨歌』にうたわれ、広く知られている。 平安時代の日本にも伝えられ貴族たちに愛読された。 Episode 楊貴妃の好物 楊貴妃が玄宗の寵愛をもっぱらにしていたころ、大好物の茘枝(ライチ)を南方から特急の便で取り寄せて賞味していたという有名な逸話がある。 『新唐書』の后妃伝の記事では、楊貴妃は必ず生のまま食べたいので、騎馬を置いて伝送し、数千里を走らせ、味が変わらないうちに都に着くようにしていたという。 楊貴妃が茘枝を好んだのは蜀に生まれたからだという話もあるが、蜀よりもうまい茘枝は広東・福建あたりで、中国南部では「果物の王」と言われてている。 ライチは今でこそ日本のスーパーでも売られるようになったが、果皮はやゝ硬く、果肉はあまく半透明で水分に富み、少々酸味があって何よりも独特の芳香がある。 <村山吉廣『楊貴妃』1997 中公新書 p. 36> 楊貴妃のぜいたくだろうか。 幼くして後宮に入った楊貴妃が故郷を思いながら、わずかな楽しみをライチに求めたのだろうか。 現在だったら「産地直送」。 クロネコヤマトのクール宅急便で届けさせただろう。 Episode 日本にある楊貴妃の墓 京都泉涌寺の楊貴妃観音 反乱軍に追われ蜀をめざす玄宗に対し、兵士たちは国を誤らせた楊国忠と楊貴妃を処罰せよとせまる。 やむなく玄宗は二人に死を命じる。 楊貴妃は宦官高力士の手によって絞め殺されて、慌ただしく木の根元に埋められた。 ところで、源義経や西郷隆盛にもあるように、実は生きていた、という話が楊貴妃にもある。 以下は、村山吉廣『楊貴妃』第7章余聞・遺事より。 後の伝説では、首を絞められた楊貴妃だったが突然息を吹き返した。 蘇生した楊貴妃は宮女に守られて襄陽に送られ、そこで河舟を傭い渭水から揚子江に出て揚州に下った。 そこで日本に帰る遣唐使の船に乗せてもらい、日本に渡った、という。 日本で楊貴妃が漂着したとされているのが山口県大津郡油谷町の久津海岸である。 楊貴妃はまもなく死んだので里人は海岸近くの高台に埋葬した。 玄宗皇帝は夢でそのことを知り、追善のために陳安という将軍を日本に送り、釈迦と阿弥陀の二尊像と十三重の宝塔を作らせたという。 近くの二尊院にはその二尊を祀るお堂で、裏手の墓地に楊貴妃の墓がある。 楊貴妃の墓は五輪塔の形をしている。 <村山吉廣『楊貴妃』1997 中公新書 p. 183-190> 京都の泉涌寺(御寺)には楊貴妃観音が祀られている。 この像は聖観音像(重要文化財)で、もとより楊貴妃の像ではないのだが、鎌倉時代の初めに宋からもたらされたもので、その宝冠の細密な造りやたおやかな姿から、誰言うとなく楊貴妃観音とされるようになった。 泉涌寺の末寺である鎌倉の浄光明寺には、その楊貴妃観音像を模した石造が山門の脇に置かれているので、身近なところで楊貴妃に会いたいときは、とりあえず鎌倉に行ってみるとよい。

次の