七夕飾りの作り方。 七夕飾りの作り方 種類とその意味は?かわいくアレンジするには?

七夕かざりの作り方|七夕特集|縁結び祈願 京都地主神社

七夕飾りの作り方

1 15cm四方のいろ紙を使用します。 四角形になるように2回折ります。 2 一度開いて裏返しさらに三角形を二回折り折り目をつけます。 3 折り目にそって、たたむと図のようになります。 3 上下をひっくり返し、上の紙の端を中央に向かって折ります。 4 反対側、裏側も同様に折ります。 同様に反対側も合わせます。 6 折り目にそって、たたむと図のようになります。 7 端の長辺を中央に向かって折ります。 9 反対側、裏側も同様にし、図のような形にします。 10 上側の紙を下に向かって開きます。 11 開いた部分の折り目をていねいに折りたたんで裏返せばできあがりです。

次の

七夕飾りを折り紙で手作り 簡単な作り方8選~吹き出し・笹・短冊・天の川・星など~

七夕飾りの作り方

七夕飾り 七夕と言えば、笹に短冊等の飾りをしますが、 短冊の他に以下のものを飾るのが一般的です。 吹き流し• 千羽鶴 今回、これらを折り紙で作る方法について詳しく説明していきます。 紙衣の作り方 1. 斜めに折り目をつけます。 下を中央に合わせるように折って折り目をつけます。 できた折り目に合わせて折り、また新たに折り目を作ります。 3で出来た折り目に合わせて折ります。 点線のように、先ほど折った三角形の端の所を水平に折ります。 ちょうど重なるように折り返します。 左側も同様に折ります。 下を折り返します。 上端を真ん中の折り線に合わせるように折り、折り目をつけます。 上の三角形が上から少し出るように折り返します。 もう一回折り返します。 ここは完成図の下の部分に当たります。 折り目に合わせて段折りします。 中央の折り目に合わせるように折り返し、上部を押し広げます。 左側も同様に折ります。 続いて、以下の完成図の丸で囲った部分を表現します。 一枚だけ少し外に引っ張り出します。 点線のように折り返します。 左側も同様に折ります。 裏返して角を折れば完成です。 巾着の作り方 1. 半分におります。 折り目をつけます。 左右から中心に向かって折ります。 図のように折り目を付けます。 1枚めくって広げます。 図のように斜めに折ります。 少し余白を残して、上に折り返します。 残った部分をその上から折り返します。 裏返して、同じように折っていけば完成です。 投網の作り方 1. 半分に折ります。 さらに半分に折ります。 左右から1cm程度の間隔で切込みを入れます。 広げたら完成です。 屑籠の作り方 1. 半分に折ります。 さらにあと2回折ります。 左右から1cm間隔程度で切れ込みを入れます。 広げたら完成です。 吹き流しの作り方 1. 半分に折って折り目を付けます。 上から2cm程度のところで折り返します。 左右から真ん中の折り目に合わせて折ります。 さらにもう一回左右から折ります。 広げます。 段折りにします。 3等分するように2つ切り込みを入れます。 広げて十字型にして、のりづけすれば完成です。 あとがき 以上、七夕飾りの作り方についてでした。 ちなみにですが、 それぞれの七夕飾りには以下の意味があります。 紙衣:裁縫の上達• 巾着:金運• 投網:豊漁• 屑籠:整理整頓• 吹き流し:機織の上達• 千羽鶴:長寿 是非、七夕飾りを作る際に参考にしていただければ幸いです。 また、このサイトでは他にも七夕に関する折り紙の折り方について説明しているのでご覧ください。 他の七夕に関する折り紙•

次の

【七夕飾り一式】折り紙と『あるもの』で簡単に手作り!作り方・飾り方は?

七夕飾りの作り方

ティッシュはどこの家にでもあるし 半紙は100均に売っているので それほどお金を使わなくても作れます。 小学生の子どもがいる家だと 書初めに使った半紙が余っていることも多いですから わざわざ用意しなくてもいいかもしれませんね。 紙の方向に気を付け、 自然に裂ける方向に切ります。 親指と人差し指でつまんでねじっていく感じです。 ティッシュペーパーで作るこよりの完成です。 それを繰り返して使いたい幅にします。 半紙はティッシュに比べてかたいので 破れないように気を付けて。 親指と人差し指でつまんでよじるようにします。 半紙を使ったこよりの完成です。 最初の長さと比べると かなり短い仕上がりになるので 半紙を切るときは使いたい長さよりも大きめに切りましょう。 けっこう短くなってしまいます。 ティッシュで作ったたこよりと 半紙で作ったのを比べてみました。 (上:ティッシュペーパー 下:半紙) 同じくらいの幅で作った場合、半紙のこよりは わりと太めにできます。 七夕の笹飾りを外に置く場合は雨でぬれてしまうので ティッシュペーパーのこよりはやめた方がいいと思います。 濡れてちぎれて、飾りや短冊がなくなってしまうと とても悲しいです(短冊は恥ずかしいかも)。 手軽に作れるのはティッシュのこよりですが 強度が無くて不安なので半紙をオススメしておきます!! 七夕飾りを飾る こよりの使い方 ひらひらを残しておいた方の部分を 七夕飾りにのりなどで貼り付けます。 結び付ける場合はそのままにしておくといいと思います。 輪っかにしておくと、笹を輪に通すだけなので 七夕飾りをつけやすいですよ。 指先に水分・脂分がないアラフォーには 紙をよじる作業がつらい・・・。 水分を付けるとティッシュも半紙もふにゃふにゃになるし 適度な湿り気を与えつつ慎重に作ってもらえればと思います。 先端がねじれればスムーズに下までねじることができるので 最初が肝心です!! 七夕の短冊とこよりがセットになっているので これを使ってもいいかもしれませんね。 ちなみにくしゃみ誘発のために鼻をこちょこちょするには 『ティッシュのこより』を使ってくださいね。 半紙はかたすぎます・・・。

次の