木次カマンベールチーズ。 木次乳業ナチュラルチーズセット4種:交換商品を探す

木次乳業ナチュラルチーズセット4種:交換商品を探す

木次カマンベールチーズ

<イズモ・ラ・ルージュ> 赤いワックスコートを施したミニゴーダチーズです。 熟成期間によって微妙に味が変化していきますので、お好みの味をお楽しみ下さい。 辛口ワインやロゼワインとよく合います。 熱をかけると糸を引くようにのびますので、グラタンやピザなどにもお使いいただけます。 熱をかけると糸のように伸びるパスタフィラータタイプのセミハードチーズです。 じっくり薫製してあり非常に馴染みやすい風味で独特のモチモチとした感触があります。 ワインや日本酒にもよく合い、グラタンなどのお料理にも利用できます。 1791 年仏国のヴィムーチェ村で初めて作られ、世界中に普及したクリーミーなチーズです。 製品後の熱処理を行っていませんので、熟成期間が短く急速に特有の刺激的な風味になります。 遊びの要素を含み、くせのないあっさりとした風味ですので子供から大人まで幅広く食べていただけます。 添加物を一切使用しないナチュラル派。 子供のおやつ、お料理に安心してお使いになれます。

次の

産地直送 通販 お取り寄せ木次乳業 ナチュラルチーズセット (3種セット): しまね・うまいもんくらぶ

木次カマンベールチーズ

木次乳業の「カマンベール・イズモ」とは 奥出雲の牛乳で造られている国産カマンベール・チーズ 「農と食を通じて、いのちを育むメーカー」と会社説明に書いていらっしゃいます。 食べ物を造る姿勢が伝わってきます。 ご存知の方が多いと思いますが「カマンベールチーズ」とは 白カビタイプのソフトなチーズ でやさしい味わい。 熟成すると味が濃厚に変化する。 18世紀後半フランス北部ノルマンディ地方のカマンベール村近郊で造られました。 このカマンベール・イズモの特徴 白くてきれい。 香りはほとんどしません。 とてもソフト。 外側も。 カマンベールチーズは外側の白カビ部分を削いで食べることがありますが、こちらはそのまま食べました。 とても柔らかいです。 中は 製品後の熱処理を行っていないので熟成期間は短く、日にちによって味が変化。 自分の好みで食べ頃を決めて食べることができます。 【賞味期限】35日。 【原材料】生乳と食塩 【寸法】86x86x35mm 【内容量】120g 安心して食べられます。 ワインを買う時、どんな食材、料理、おつまみが合うだろうかと考えます。 ワインだけの味を楽しむために、食事中はワインを飲まずに、わざわざ食後に飲んでいたこともあります。 それはそれで美味しいですが、本来の飲み方ではないかもしれません。 近年流行りのマリ。 なぜこの言葉が流行っているか、今更わかるような気がします。 井筒ワインのナイヤガラを購入した時に、さてどんな食べ物と合わせようかと考えました。 井筒ワインの生ワイン ナイヤガラは以前飲んだことがあったので、 中甘口だと知っていました。 アルコールは 12. そんなに高くはありません。 個人のお好みですが、どちらかというと中甘口は デザート感覚かなと 日本ワインなのでやはり合わせるのは日本のものが良いです。 この井筒ワインは、保存料の健康を意識したワインです。 なのでそれに釣り合うような食べ物を探しました。 ワインにはチーズ 王道を行きます。 初めてのパリで、ビストロでランチを食べた時に、食後にカマンベールチーズが出てきました。 食後にカマンベールというのは私にとっては意外でした。 どう考えてもデザートが出てくるタイミングです。 確かに、カマンベールチーズは小さなケーキのような形状。 外側は粉砂糖がかかっているように真っ白。 中はカスタードクリームのような色。 デザートに分類してしまいます。 カマンベール・イズモのように マイルドな味わいのチーズには 井筒ワインの コクがある中甘口の白ワインがとても合います。 試してみて頂きたいです。 世界中に様々なワインがあります。 興味のあるワインだけでも飲みたいと思っても、一生かかっても飲みきれません。 自分が選んだ一本を、ベストな味で飲むための「おつまみ」探しは続きます。 に参加しています。 応援してくださる方は、もしよろしければ下の2箇所のクリックをお願い致します。 hatsuharupon.

次の

ふるさと納税「チーズ」の人気ランキング2019【北海道】 ふるさと納税ナビ

木次カマンベールチーズ

出典:Pixabay カマンベールチーズの発祥の地は、フランス北西部ノルマンディー地方にあるカマンベール村。 この村で作られている「カマンベール・ド・ノルマンディー(Camembert de Normandie)」が、カマンベールチーズの元祖です。 原産地呼称で保護認定されており、無殺菌乳を原料とすることや重さは約250gなど、細かな規定が法律で定められています。 かなりボリュームがあることや、熟成による味わいの変化を楽しむという点でも日本とは大きく異なります。 このように、一口に「カマンベール」と言っても実は千差万別。 フランス産にも、低温殺菌されたミルクで作られるカマンベールもありますし、国産の大手メーカーのカマンベールは、日本人が食べやすいようによりマイルドな味わいで、なおかつ一定の状態で長持ちするように改良されています。 表面の白カビは食べられるの? 出典:Pixabay カマンベールチーズはそのままでも十分おいしいですが、アレンジを加えるとさらに格別の味わいに。 粗びきの黒コショウを軽くふって酒の肴(さかな)に、はちみつをかければ絶品スイーツにも!気軽なおつまみとして、クラッカーやバゲットに載せて食べるのもおすすめです。 ちなみに、カマンベールチーズは中身がトロッとしているので切りにくいですよね。 上手な切り方のコツは、包丁を水で濡らしてから切るか、刃をクッキングシートで挟んで切ること!包丁がベタベタせずに、きれいにカットすることができます。 簡単でおいしい!カマンベールチーズレシピ20選 それでは、ここからカマンベールチーズのアレンジレシピをご紹介していきます。 どれも簡単でパパッと作れるのに、とってもおいしくできますよ。 ぜひお試しあれ! カマンベールチーズのおつまみレシピ 1. カマンベールチーズフライ 出典:写真AC 最近では日本でも、大手メーカーによるカマンベール以外に、手作りで製造されているものが増えてきています。 ほとんどが小規模のチーズ工房なので、まだまだ生産量も流通量も少ないのですが、しっかりと食べ応えのあるものも登場しています。 そんなこだわりの国産カマンベールチーズの中で、特におすすめのものをチーズのプロフェッショナル・佐野 嘉彦さんに紹介してもらいました。 佐野 嘉彦さん プロフィール NY発祥のレストラン評価ガイドの編集に携わった後、料理専門誌のWeb編集、ワインスクールでの講師、チーズのPR担当などを経て、現在、食と酒をこよなく愛するエディター&ライターとして活動中。 フードコミュニケーション企画「センブラール(sembrar)」主宰。 Japan Cheese Award実行委員、2017 Mondial du Fromage・国際チーズ コンクール審査員、C. 認定 チーズプロフェッショナル、J. 認定 ワインエキスパート。 北海道のスキー場としても有名なニセコの山麓で、健康に育った牛から搾った良質な牛乳が原料で、添加物、着色剤は一切使用していません。 国産ナチュラルチーズのコンクールでも数々の受賞をしているんですよ。 サイズは大手メーカーのものと同じ100gサイズです」.

次の