キャベツ 豆腐 グラタン。 豆腐グラタンのレシピ・作り方

豆腐と挽き肉のカレーグラタン

キャベツ 豆腐 グラタン

グラタンの効果について グラタンはチーズ、ホワイトソースが基本の材料です、その他にマカロニやじゃがいもなど使う素材によってカロリーが変わってきます。 一般的なマカロニグラタンだと一食あたり約490kcalになっています。 これだけでみると高カロリーな感じがしますが、ドリアとピザが一食当たり約600kcalとなっているので、比べてみるとマカロニはそれほどカロリーが高いわけではありません。 マカロニ以外のもっとカロリーの低い材料に置き換えると、さらにカロリーを低く抑えることができます。 グラタンの糖質量は、1人前約39. 2gです。 ドリアが約60g、スパゲティが約70gとなっており、こちらもグラタンの方がかなり糖質量も低くなっています。 カロリーと糖質量が他の人気メニューより低めなので、さらに低カロリーな材料を意識して使って作るとグラタンはダイエット中でも食べられますよ。 グラタンの栄養について グラタンは使用する材料で栄養も異なりますが、基本のマカロニグラタンだとマカロニに含まれる糖質、チーズや牛乳、バターに含まれるたんぱく質や脂質が多くなっています。 グラタンはホワイトソースをたくさん使い、小麦粉とバターの量を減らすことで炭水化物や脂質を減らすことができます。 薄力粉の代わりに強力粉を使うと、糖質を抑えることができます。 具材にベーコンや鶏肉を使うと、さらにカロリーや脂質もアップします。 できるだけブロッコリーやピーマンなどの野菜を使ってかさ増しすることで、ボリュームを増やしカロリーを減らすことができます。 牛乳やチーズにはカルシウムが豊富で、丈夫な骨を作る大切な栄養素ですが摂りすぎると脂質を多く摂ることになってしまいます。 ダイエット中にグラタンを食べるのであれば、低カロリーでヘルシーなメニューを使って作るようにしましょう。 作り方は豆腐を水切りし、具材を炒めホワイトソースの材料を加えてとろみが付くまで煮詰めます。 耐熱皿に豆腐を入れ、その上にホワイトソースを流し入れチーズとパン粉をかけます。 先に小麦粉と牛乳を混ぜるとダマになりにくいです。 鶏肉やほうれん草などを使ってもおいしくできますよ。 作り方は具材をカットし木綿豆腐はレンジでチンして水切りします。 ボウルに木綿豆腐と牛乳・マヨネーズ・コンソメを入れ、滑らかになるまでしっかりと混ぜます。 フライパンで具材を炒めてホワイトソースを流し入れ、オーブン皿に移しチーズをのせてトースターで焼いたらできあがり。 バターと小麦粉を使わず、豆腐でホワイトソースを作るのでとってもヘルシーですよ。 作り方は豆腐を耐熱皿に入れて崩し、調味料を全て混ぜて豆腐の上にかけます。 トースターに入れて、焼き色が付いたらできあがり。 チーズと味噌ダレが絶妙にマッチして、ボリューム満点なのにヘルシーなのがうれしいですね。 七味唐辛子の辛さがアクセントになって、おつまみにもぴったりです。 パスタメニューの定番でもあるミートソースは、こどもから大人まで年齢を問わず大人気のメニューです。 イタリア南部では簡単な調理法しかなかったパスタに、北部のボローニャの裕福層が肉や野菜、ワインなどを贅沢に使用して作ったフランスの「ラグー」を合わせたことが始まりと言われています。 日本では明治から大正にかけていくつかの洋食屋がメニューに出し始めたといわれていますが、1959年・キユーピーが独立した缶入り商品としてミートソースを発売したことにより一般家庭に普及しました。 いろいろな食材と相性が良く、レシピも無限大であることから手作りでミートソースを作る家庭も多く、また気軽に利用できる缶詰やレトルトをアレンジする家庭も多くあります。 今回はミートソースの作り方からミートソースを使ったパスタレシピ、そしてパスタ以外にもご飯やトッピング素材を入れたもの、そしてデザートなどひと味変わったミートソースを使ったレシピと作り方をご紹介します。 ほっこりとどこか懐かしく、時々無性に食べたくなる肉じゃがは、「おふくろの味」と聞いて真っ先に思い浮かべる人気料理のひとつですよね。 もともと東郷平八郎がイギリス留学中に食べたビーフシチューを再現しようとして作ったのが始まりといわれるメニューで、簡単に作れるのであっという間に日本中の家庭で定着しました。 一般的にお肉、じゃがいも、玉ねぎなどといった基本の材料を使い、甘辛い味付けがされていますが、地方、そして家庭によって様々なアレンジが加えられており、何とも奥深い一品です。 今回はそんな肉じゃがのレシピと作り方を紹介します。 レシピは基本レシピ、あっさり塩味、変わり種、リメイクと、カテゴリ別にまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。 ひとことでクッキーといってもその作り方や材料によって、食感も味わいも様々です。 コンビニで気軽に買えるお手頃なものから、こだわりの専門店のものまでバリエーションも豊富です。 そんな誰もが大好きなクッキーは自宅でも簡単に作ることができます。 今回は意外と知られていないクッキーの歴史や特徴をはじめ、アレンジも自在にできる簡単でおいしいクッキーのレシピをまとめました。 型抜きクッキー・アイスボックスクッキー・絞り出しクッキー・サンドイッチクッキー・変わり種クッキーといったカテゴリに分けて紹介します。 コツやポイントがわかりやすく、手軽に楽しく作ることができますよ。 ぜひ子供や友達と一緒にチャレンジしてみてください。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【みんなが作ってる】 キャベツ 豆腐 グラタンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

キャベツ 豆腐 グラタン

に追加しました• きゃべつの葉 4枚• クレソン 適量• ピザ用チーズ 40g• 〔A〕• 合い挽きミンチ 150g• 卵 1個• パン粉 大さじ2• 牛乳 大さじ1• こしょう 少々• ナツメグ 少々• 〔B〕• 水 100ml• 生クリーム 大さじ3• ケチャップ 大さじ3• 塩 少々• こしょう 少々 作り方• きゃべつの葉はゆでて芯の固い部分を削ぐ。 ボウルに〔A〕を入れてよく混ぜ合わせて4等分にし、広げたきゃべつの手前に載せて巻き、両端を内側に押し込む。 鍋に〔B〕を入れて混ぜ、2 を並べて蓋をする。 強火で3分、弱火にして15分煮込む。 耐熱皿に3 を盛り付けてピザ用チーズを載せる。 旨みを逃がさずに、ジューシーに仕上げるためには、2 の工程でねばり気が出るまでよく混ぜるように。 きゃべつの葉が小さい時は、2枚重ねて使うといいでしょう。 ALL RIGHTS RESERVED. おすすめのレシピ じゃがいも(中) いわしの水煮缶 きゅうりのピクルス すし酢 【A】 マヨネーズ 粒マスタード 塩 こしょう• 20分• 333kcal• 585• 429 ピーマン 合挽き肉 玉ねぎ 【A】 溶き卵 ナツメグ 塩 こしょう パン粉 牛乳 サラダ油 溶けるチーズ• 25分• 354kcal• 478• 227 あじ(開いてあるもの) ゆで玉子 きゅうり マヨネーズ レモン汁 こしょう 小麦粉 溶き卵 パン粉 揚げ油 レタス ミニトマト レモン 塩• 30分• 503kcal• 913• 813 きゅうり ベーコン にんにく オリーブ油 顆粒コンソメの素 こしょう• 10分• 161kcal• 1577• 1863 アボカド プロセスチーズ ベーコン 粗挽き黒こしょう 餃子の皮 揚げ油• 20分• 290kcal• 1833• 2225 砂肝 にんにく 長ねぎ サラダ油 酒 塩 こしょう チリペッパー• 20分• 167kcal• 1647• 1788.

次の

低カロリーだからダイエット時に◎ヘルシーなグラタンのおすすめレシピ・作り方20選

キャベツ 豆腐 グラタン

グラタンの効果について グラタンはチーズ、ホワイトソースが基本の材料です、その他にマカロニやじゃがいもなど使う素材によってカロリーが変わってきます。 一般的なマカロニグラタンだと一食あたり約490kcalになっています。 これだけでみると高カロリーな感じがしますが、ドリアとピザが一食当たり約600kcalとなっているので、比べてみるとマカロニはそれほどカロリーが高いわけではありません。 マカロニ以外のもっとカロリーの低い材料に置き換えると、さらにカロリーを低く抑えることができます。 グラタンの糖質量は、1人前約39. 2gです。 ドリアが約60g、スパゲティが約70gとなっており、こちらもグラタンの方がかなり糖質量も低くなっています。 カロリーと糖質量が他の人気メニューより低めなので、さらに低カロリーな材料を意識して使って作るとグラタンはダイエット中でも食べられますよ。 グラタンの栄養について グラタンは使用する材料で栄養も異なりますが、基本のマカロニグラタンだとマカロニに含まれる糖質、チーズや牛乳、バターに含まれるたんぱく質や脂質が多くなっています。 グラタンはホワイトソースをたくさん使い、小麦粉とバターの量を減らすことで炭水化物や脂質を減らすことができます。 薄力粉の代わりに強力粉を使うと、糖質を抑えることができます。 具材にベーコンや鶏肉を使うと、さらにカロリーや脂質もアップします。 できるだけブロッコリーやピーマンなどの野菜を使ってかさ増しすることで、ボリュームを増やしカロリーを減らすことができます。 牛乳やチーズにはカルシウムが豊富で、丈夫な骨を作る大切な栄養素ですが摂りすぎると脂質を多く摂ることになってしまいます。 ダイエット中にグラタンを食べるのであれば、低カロリーでヘルシーなメニューを使って作るようにしましょう。 作り方は豆腐を水切りし、具材を炒めホワイトソースの材料を加えてとろみが付くまで煮詰めます。 耐熱皿に豆腐を入れ、その上にホワイトソースを流し入れチーズとパン粉をかけます。 先に小麦粉と牛乳を混ぜるとダマになりにくいです。 鶏肉やほうれん草などを使ってもおいしくできますよ。 作り方は具材をカットし木綿豆腐はレンジでチンして水切りします。 ボウルに木綿豆腐と牛乳・マヨネーズ・コンソメを入れ、滑らかになるまでしっかりと混ぜます。 フライパンで具材を炒めてホワイトソースを流し入れ、オーブン皿に移しチーズをのせてトースターで焼いたらできあがり。 バターと小麦粉を使わず、豆腐でホワイトソースを作るのでとってもヘルシーですよ。 作り方は豆腐を耐熱皿に入れて崩し、調味料を全て混ぜて豆腐の上にかけます。 トースターに入れて、焼き色が付いたらできあがり。 チーズと味噌ダレが絶妙にマッチして、ボリューム満点なのにヘルシーなのがうれしいですね。 七味唐辛子の辛さがアクセントになって、おつまみにもぴったりです。 パスタメニューの定番でもあるミートソースは、こどもから大人まで年齢を問わず大人気のメニューです。 イタリア南部では簡単な調理法しかなかったパスタに、北部のボローニャの裕福層が肉や野菜、ワインなどを贅沢に使用して作ったフランスの「ラグー」を合わせたことが始まりと言われています。 日本では明治から大正にかけていくつかの洋食屋がメニューに出し始めたといわれていますが、1959年・キユーピーが独立した缶入り商品としてミートソースを発売したことにより一般家庭に普及しました。 いろいろな食材と相性が良く、レシピも無限大であることから手作りでミートソースを作る家庭も多く、また気軽に利用できる缶詰やレトルトをアレンジする家庭も多くあります。 今回はミートソースの作り方からミートソースを使ったパスタレシピ、そしてパスタ以外にもご飯やトッピング素材を入れたもの、そしてデザートなどひと味変わったミートソースを使ったレシピと作り方をご紹介します。 ほっこりとどこか懐かしく、時々無性に食べたくなる肉じゃがは、「おふくろの味」と聞いて真っ先に思い浮かべる人気料理のひとつですよね。 もともと東郷平八郎がイギリス留学中に食べたビーフシチューを再現しようとして作ったのが始まりといわれるメニューで、簡単に作れるのであっという間に日本中の家庭で定着しました。 一般的にお肉、じゃがいも、玉ねぎなどといった基本の材料を使い、甘辛い味付けがされていますが、地方、そして家庭によって様々なアレンジが加えられており、何とも奥深い一品です。 今回はそんな肉じゃがのレシピと作り方を紹介します。 レシピは基本レシピ、あっさり塩味、変わり種、リメイクと、カテゴリ別にまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。 ひとことでクッキーといってもその作り方や材料によって、食感も味わいも様々です。 コンビニで気軽に買えるお手頃なものから、こだわりの専門店のものまでバリエーションも豊富です。 そんな誰もが大好きなクッキーは自宅でも簡単に作ることができます。 今回は意外と知られていないクッキーの歴史や特徴をはじめ、アレンジも自在にできる簡単でおいしいクッキーのレシピをまとめました。 型抜きクッキー・アイスボックスクッキー・絞り出しクッキー・サンドイッチクッキー・変わり種クッキーといったカテゴリに分けて紹介します。 コツやポイントがわかりやすく、手軽に楽しく作ることができますよ。 ぜひ子供や友達と一緒にチャレンジしてみてください。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の