秋田 県 コロナ 感染。 秋田県(補助金・助成金・融資情報)

新型コロナウイルス感染者関連の情報について

秋田 県 コロナ 感染

新型コロナウイルス感染症の患者の発生は、秋田市で6件(クルーズ船関連を含め7件)確認されております。 新型コロナウイルス感染症患者(秋田市5例目、6例目) 本市において、4月11日(土曜日)18時30分、秋田市保健所で新型コロナウイルスに感染した患者2名が確認されました。 2名とも、4月10日に判明した4例目の患者の濃厚接触者です。 本件について、濃厚接触者68名のPCR検査の結果、全員の陰性を確認しております。 また、濃厚接触者の健康観察等をおこなっております。 記者会見資料• 新型コロナウイルス感染症患者(秋田市4例目) 本市において、4月10日(金曜日)18時00分、秋田市保健所で新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 本件について、濃厚接触者21名のPCR検査の結果、2名の陽性(秋田市5例目、6例目)のほか、19名の陰性を確認しております。 また、濃厚接触者の健康観察等をおこなっております。 記者会見資料• 新型コロナウイルス感染症患者(秋田市3例目) 本市において、4月1日(水曜日)18時15分、秋田市保健所で新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 本件について、濃厚接触者26名のPCR検査の結果、全員の陰性を確認しております。 また、濃厚接触者の健康観察期間を終了しております。 記者会見資料• 新型コロナウイルス感染症患者(秋田市2例目) 本市において、3月30日(月曜日)18時30分、秋田市保健所で新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 本件について、濃厚接触者28名のPCR検査の結果、1名の陽性(秋田市3例目)のほか、27名の陰性を確認しております。 また、27名の陰性者について、健康観察期間を終了しております。 記者会見資料• 新型コロナウイルス感染症患者(秋田市1例目) 本市において、3月6日(金曜日)21時15分、秋田市保健所で新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 本件について、濃厚接触者15名のPCR検査の結果、全員の陰性を確認しております。 また、濃厚接触者の健康観察期間を終了しております。 記者会見資料• 新型コロナウイルス感染症患者(県内1例目:秋田市関連) 3月6日(金曜日)18時30分頃に、秋田県健康環境センターの検査により、新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 詳細は、秋田県ホームページをご覧ください。

次の

横手の20代公務員感染 秋田6例目、北海道で発症

秋田 県 コロナ 感染

横手の20代公務員感染 秋田6例目、北海道で発症 秋田県は31日、横手市の20代男性地方公務員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 県内での感染確認はクルーズ船の乗客を含め6例目。 男性は1日にも県内の感染症指定医療機関に入院する。 県によると、男性は北海道滞在中の27日に38.3度の発熱や倦怠(けんたい)感の症状が現れた。 29日に妻と共に自家用車とフェリーを利用し、横手市の実家に戻った。 県内の医療機関に30日相談し、31日に検査で陽性が判明した。 男性は道内の市町村職員を31日付で退職、県内の自治体に1日付で就職するため実家を訪れていた。 県は妻と実家の家族2人に外出自粛を要請しており、検査も実施する予定。 また30日に感染が確認された秋田市在住で陸上自衛隊の20代男性について、県などは31日、濃厚接触者は26人に上ると発表した。 内訳は男性が勤務する陸自秋田駐屯地(秋田市)の隊員20人と家族・知人6人。 家族1人は31日に陰性が確認された。 感染した男性は、トラックの運転免許を取得するため1月10日から3月24日まで陸自多賀城駐屯地(多賀城市)に滞在したことも分かった。 駐屯地に宿泊したが、飲食などで外出したとみられる。 25日に自衛隊車両で秋田に戻った。

次の

秋田県で9人目のコロナウイルス感染者は誰?どこに住んでいる?行動歴も

秋田 県 コロナ 感染

1例目:60代男性|無職(ダイヤモンド・プリンセス号乗船者)• 2例目:10歳未満の女児(北海道在住)• 3例目:20代女性|由利本荘市(仙台市内のHUB利用者)• 4例目:30代男性|由利本荘市(仙台市内のHUB利用者)• 5例目:20代男性|秋田市|自衛隊員• 6例目:20代男性|横手市(北海道より転入) 最近は年度が変わるので、県への出入りする人も増えますよね。 もっと感染が拡大する可能性も大きいと思います。 さらに、5例目は陸上自衛隊の濃厚接触者が20名ほどいるそうなので、感染が広まっていないか気になるところですよね。 【秋田駐屯地】 [ad] コロナウイルス感染を自分自身で防ぐための5つのこと 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、世界保健機関(WHO)は以下の5つのことを推奨しています。 手洗い• 顔を触らない• 周りの人と互いの距離を少なくとも1mは空ける• 体調不良のときは家で休む 以上のことを実践し、新型コロナウイルスから自身を守りましょう。

次の