後藤 謙次 入院。 【ズブズブの関係】ジャパンライフから元朝日新聞政治部長に顧問料3000万円!元官僚ら5人で計1億4000万円、返還には応じず…そして報道ステーションの後藤謙次さんがいつのまにか入院!?【有本香】

後藤謙次

後藤 謙次 入院

「安倍政権はタカが外れている」との少し過激な発言をした後藤謙次氏。 この発言の真相を探ってまとめた記事となっています。 またそんな後藤さんですが、彼には家族や子供がいるのでしょうか。 そんな疑問を解決する記事となっております。 ジャーナリスト後藤謙次のプロフィールは? ではまず初めに、後藤謙次さんを知らない方プロフィールを紹介します。 名前:後藤謙次 生年月日:1949年10月5日 出身地:東京都 学歴:早稲田大学法学部卒業 【経歴】 1973年4月 共同通信社入社 2004 年 11 月 論説副委員長兼編集委員 2006 年 6 月 編集局長 2007 年 10 月 共同通信退社 【テレビ】 2005 年 3 月から 2006 年 5 月 TBS 系ニュース番組「イヴニング・ファイブ」のコメンテーター 2007 年 12 月~2009 年 3 月 共同通信社を退社後、「NEWS23」キャスター 2009 年 3 月~2010 年 3 月 「総力報道! THE NEWS」アンカー 2012 年 7 月~ 「報道ステーションサンデー」、「グッドモーニング」(テレビ朝日)など民放各局にコメンテ ーターとして出演 【現在】 ジャーナリスト、共同通信客員論説委員 週刊ダイヤモンドに政治コラム「永田町ライヴ!」を連載中 北國新聞コラム「北風抄」、静岡新聞「論壇」、山陽新聞「山陽時評」、徳島新聞「ニュース九 十九折」を執筆中 文化放送ニュースパレード「後藤謙次ポイント・オブ・ビュー」(毎週月曜日夕) 大まかなプロフィールは以上です。 では次からは気になる彼の家族や子供について書いていきます。 後藤謙次が安倍政権を痛烈批判!! 「安倍政権はタカが外れている」 これは後藤謙次が『報道ステーション』で放ったコメントです。 なかなか過激なことをおっしゃる方ですよね。 さて、この発言ですがその真意はなんだったのでしょうか。 新憲法の施行を宣言したかと思えば、居丈高に「読売新聞を熟読しろ」と言い出したり、あたかも自分が全権力を握っているかのようなトランス状態にある安倍首相。 今国会の答弁はもはや正気を疑うものばかりだが、問題は、この総理が「常軌を逸している」と指摘しないメディアです。 しかし、そんななかで真っ当に批判を繰り出しているのが、意外にも『報道ステーション』(テレビ朝日)コメンテーターの後藤謙次氏でした。 たとえば、「読売を熟読しろ」発言が飛び出した今月8日の放送では、「自民党総裁としての立場と内閣総理大臣の立場は違うらしい。 その使い分けの一つの舞台装置として読売新聞を使ったと、こう言っているようなもの」「はっきり言えば『メディアの私物化』と言ってもいい」と断言しています。 今年5月11日の放送では、安倍首相が「テロ等準備罪がなければ東京五輪は安心して開催できない」と言ったり、さらには東京五輪開催と同じ2020年に新憲法を施行すると述べたことについて、こう解説しましや。 「頻繁に自らの内政を推進するために東京五輪の名前を出している。 これはある面で、『五輪の政治利用』と言われても仕方がない」 また、5月7日の『サンデーステーション』では、安倍首相の新憲法施行宣言に対して、「憲法改正の発議権は国会にある」と基本のキを解説し、「総理の政治的な思惑のなかで、日程や中身を決めていいということはないんです」「(安倍首相の発言は)99条の憲法遵守義務に反すると指摘する人もいます」と言い切りました。 さらに、参院予算委員会の集中審議が行われた5月9日の放送では、「きょうに限らず、このところ予算委員会の劣化というのは目を覆うばかり」と嘆き、「その問題点の核心というのは、やはり安倍総理の答弁にある」と批判。 「都合が悪くなるとはぐらかしたり焦点をずらしたり、あるいはヤジに対応して茶々を入れたり、その『真摯な態度がない』というところが、いまのこの予算委員会の劣化の最大の要因」と切り捨てました。 ジャーナリスト後藤謙次の家族や子供は? では最初にジャーナリスト後藤謙次さんの奥さんについて紹介します。 後藤さんの奥さんは 城後倫子さんです。 彼女はヨルダンのアンマン育ちで、世田谷の神学校から東大に入学しています。 その後JICA 国際協力機構 職員 理事長室 秘書役チームで勤務。 OECDに出向して、パリに勤務中、後藤氏と知り合い結婚。 後藤さんは婿養子に入ってるので本名は城後謙次なのです。 良くネットに出回っているプラカードを持ってる写真は別人の『許すな!憲法改悪 市民連絡会』、『解釈で憲法9条壊すな!実行委員会』でデモやっています。 菱山南帆子さんという25歳の福祉職員の方です。 後藤さんの両親は離婚したため、母石堂順子さんは石堂行夫氏と再婚したため後藤さんと苗字が違います。 実父:情報なし 実母:石堂順子 78 、後藤健二が3歳の時に離婚 義父:石堂行夫 78 義母:情報なし 兄弟:兄の後藤純一 55 と姉がいる。 妻:城後倫子 子供:長女・次女 2 ・三女 0 最後に いかがでしたでしょうか。 ジャーナリスト後藤謙次さんについて知ってもらえたかと思います。 なかなか過激な発言をした後藤さんでしたが、彼のあまり表には出ない家族などの情報を知っていただけたのではないでしょうか。 今回は以上になります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

後藤謙次が休み→降板理由は病気?腰痛手術で入院も

後藤 謙次 入院

テレビ朝日は13日、ニュース番組「報道ステーション」の月~木曜コメンテーターを務めている後藤謙次氏が交代し、4月クールから月、火曜を共同通信社の太田昌克氏、水、木曜を朝日新聞社の梶原みずほ氏が新たに担当することを発表した。 後藤氏は政治コメンテーターとして不定期に出演する。 金曜の野村修也氏は続投する。 後藤氏は「昨年、満70歳になったのを機に自らの引き際を考えるようになりました。 そうした中で昨年末から長期間にわたり、番組を休むことになり、報道ステーションの『卒業』を決断しました」と、卒業の理由を説明。 「新聞、雑誌の連載もあり、少しペースダウンしてジャーナリストとしての発信を続けていきたいと思います。 日曜午後放送のテレビ朝日『サンデーステーション』には引き続き出演させていただきます」と述べている。 報道記事の内容によると、 『長期間番組を休むことになった』というのが降板の理由のようです。 年齢も70歳という高齢になり、体力的にも大変だったということでしょう。 実際、後藤さんは2019年に腰痛の手術のためにしばらく休養することを発表していました。 2019年には腰痛手術で入院も批判の的に 後藤謙次がセクハラ問題でのテレ朝の対応は「記者会見したからギリギリセーフ」だってwwwww 聞き間違ったかと思ったわwww 反論しないアナウンサーwwww — TAMAGO tamago3884 後藤さんは2019年の末に、持病である腰痛の手術を受けるため、入院することを公表しました。 この入院によって、報道ステーションもしばらくの間お休みするということを発表し、ネットでも話題に。 ただ、一部からはこの入院発表が批判の的にもなりました。 さん入院するって不祥事起こした政治家が逃げるのと同じ手使う気かな? ジャパンライフの件、まだ何も説明してないよなあ — ぶりのすけ taiyouman この投稿にある『逃げる』というのは、ジャパンライフへの関与に対する説明責任から逃げるという意味。 入院の真偽は不明ですが、もしかすると今回の降板はこれらの批判も1つの理由であった可能性があります。 ジャパンライフとの関係が取り沙汰される ジャパンライフと後藤さんの関係についてご存じない方のために、以下簡単に解説しておきます。 ジャパンライフといえば、電磁期間関連の商品や健康食品(サプリメント)などのいわゆる代替医療を提供する会社としてしられていました。 ただ、そのジャパンライフの営業方法がマルチ商法であるとして、問題に。 急速な成長の一方で、高齢者をターゲットに騙すような経営方針を取っていたことに批判が集まりました。 そして、2018年3月にジャパンライフはついに倒産します。 これと同時に、マルチ商法問題が取り沙汰されたジャパンライフは、政財界との関係も話題となりました。 こちらも何かと話題の『桜を見る会』の出席者に、ジャパンライフ元会長の山口隆祥氏の名前があるなど、疑惑は深まるばかり。 そして、この山口隆祥会長が開いた 『二階幹事長を囲む懇親会』という催し物に、参列していたというのが後藤謙次さんだったわけです。 後藤謙次 www — shosetini shosetini このとおり、配布されたというチラシのなかには、後藤さんの名前が記載されているのが分かります。

次の

後藤謙次 最後の出演!報道ステ政治評論家コメンテーターで出演も病気に悩まされた

後藤 謙次 入院

後藤謙次 最後の出演 後藤謙次さんの最後の出演についてスポーツ報知が報じました。 ジャーナリストの後藤謙次氏がコメンテーターを務めてきた26日放送のテレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜・後10時)で最後の出演を果たした。 2016年4月から4年間に渡りコメンテーターを務めてきた後藤氏は番組の最後に「あっという間の4年間でした。 最初、富川さんとはじめたとき熊本地震がまずあって最後はウイルス、東京五輪パラリンピックの延期と想像外のニュースが続発しました」と振り返った。 その上で「4年間感じたのは、やはり政治と政治家の劣化。 それを政治部記者を長くやってきて強く感じます。 特に日本の民主主義の根幹をゆるがすような事態が日々起きていた。 例えば国会軽視とか当たり前に見られていた公文書が平気で改ざんをされてしまう。 そして、弱い人たちへのまなざしがほとんどないような、そういう政治が日々行われてきた」と指摘した。 最後に「我々の無力感も感じますがさらに場所を変えて取材活動を続けて参りたいと思います」とコメントしていた。 引用元:スポーツ報知|2020年3月27日 スポンサーリンク 最後の出演の報ステ動画 後藤謙次さんの最後の出演となった報ステの挨拶動画です。 3月26日がラストです。 最後までしっかりとコメンテーターとして素晴らしい発言をしてくれています。 降板されるのは残念です。 同社広報部によると、後藤さんから「 70歳を機会に卒業を考えていた」と申し出があったという。 今後は不定期で出演する。 引用元:東京新聞|2020年3月13日 このように年齢によって降板する事を後藤さん自身で以前から決めていたようです。 降板となると何かやらかしたと思ってしまいますが今後も不定期で出演するとの事ですのでテレ朝と確執などはなさそうです。 後藤謙次さん、報道ステーション降板なのかー、残念。 ご自分からの申し出とあるけど、本当かな〜? もっと続けて欲しかった。 情報が双方化したことで、情報の量と質、そして流通するタイミングかなり変わっているのです。 そもそも昔の政治家が優秀だったら社会保障制度だってしっかりしたものにしてたんじゃないの? 多分、後藤さんが30年前に降板したとして、最後の挨拶は同じ事を言ってそう。 当然、一人の人間なので、考えはそれぞれだが、公共の電波使って話していることを忘れないで欲しい。 コメンテーターというのは、無責任に何でも喋れるが、間違った内容を広める危険性があることも忘れてはならない。 後藤氏のコメントは上部だけ視聴者受けの良い偏った部分が多く取材能力の低さや自分目線のコメントが残念ですね。 スポンサーリンク 後藤謙次 最後の出演のまとめ 報道ステーションに4年間出演していたコメンテーターの後藤謙次さんは2020年3月26日が最後の出演となり降板となりました 降板理由は「70歳で卒業を考えている」と以前から考えていたようです! もっとお若く見えていたのですがもう70歳だったのです。 後藤さんが降板した後は共同通信社編集委員で早稲田大客員教授の太田昌克さん(51)が担当するとのことでした。 ^^ 関連.

次の