デッド バイ デイ ライト キラー おすすめ。 【DbD】質問掲示板|DbD攻略Wiki|デッドバイデイライト

【DbD】ハグ[キラー/殺人鬼]の性能と評価!おすすめパーク編成&立ち回り!【デッドバイデイライト】|ゲシピ

デッド バイ デイ ライト キラー おすすめ

血の番人の説明 サバイバーが脱出ゲートを開くと効果が発動するパークで、脱出ゲート付近にいるサバイバーのオーラを見る事ができます。 また、その状態で生存者をフックに吊るすと脱出ゲートをエンティティが塞いでくれて、一定時間生存者を脱出不可能にすることができます。 仲間意識の強いサバイバー達と出会ったら意外と刺さるパークですね。 基本的に皆が脱出準備が整ってから脱出するのがサバイバーの基本ですが、その状態の時に釣ってしまえば生存者を追加で吊る可能性が増えますよね。 ノーワンなどと合わせつつ発電機が全て直ってから本番といった後半に力を注ぎ込むキラーにはおすすめのパークです。 血の番人の対策 ハッチの場所を押さえておく 血の番人は脱出ゲートの出口を塞ぐので、ハッチの脱出に関しては何の制限もかかりません。 なので、ゲート解放前にハッチの場所を見つけておくといざという時に脱出できます。 ただハッチの脱出は「紫か赤カギを持っているか」「最後の一人」でしか開かないので、残り2人で一人が釣られたら・・・この戦法が使えるという感じです。 味方の釣られた回数をしっかりと覚えておく 出口が封鎖されるのは、フックに吊られたら発動するので、フックに吊られるのが3回目のサバイバーであれば助けることはできないので、さっさと出てしまうのも手です。 吊られそうだから助けに行ってあげるか!といっても、3回目だとまったくの無意味なので、このサバイバーは今ゲージ何段階目・・・と覚えておくとよいでしょう。 ゲート解放を寸止めしておく ゲートを開けると血の番人が発動するので、生き残っている仲間が全員脱出できそうな状況になった時にゲートを解放すれば、血の番人の効果は発動しません。 低レベル帯だと脱出ができるからといってすぐゲートを開けてしまう場合が多いのですが、ゲートを開けてしまうと、脱出までに制限時間が設けられてしまうので他のサバイバーを助ける時間もなくなってしまいます。 なので、焦らずゲートは寸止めで止めておいて、一人だけではなく全員で生き残れるようにゲームを進めてみましょう! 他サバイバーが釣られそうになったら脱出ゲートから少し離れておく 出口が封鎖されてしまったからといって、その場に停滞するのは危ないです。 血の番人の効果で、脱出ゲート近くにいると居場所が丸見えになってしまうので、吊った後の次のターゲットは出口で待っているあなたになる場合が非常に高いです。 なので、封鎖されたらすぐにゲートから少し離れて仲間を助けるのかキラーに攻撃されない位置で待機するのかを決めて、行動すると良いですよ。

次の

ヒルビリーのおすすめアドオン構成

デッド バイ デイ ライト キラー おすすめ

「キラー」と「サバイバー」どっちが効率よく稼げるのか? この問いは、この記事を読みに来た人なら絶対考えることだと思います。 この問いの答えは、「若干、キラーの方が稼ぎやすい」です。 後述するのですが、キラー側の方が「BP稼ぎ用のパーク」が優秀で、サバイバー側はあまり普段から搭載するようなパークではありません。 そのため、サバイバー側の方だとパーク枠を余計に1つ分潰すことになります。 そうすると、パーク枠が圧迫し搭載したいパークが付けられなくなり、若干そのキャラクターが使いにくくなるので、生存率が下がる可能性があります。 逆に、キラー側が稼ぎやすいと言っても慣れていないプレイスタイルで「1人も吊れない」という状況になるなら全然意味がありません。 要するに「若干キラーの方が稼ぎやすいが、どちらも『生存』or『全滅』できなければ意味がない」ということです。 サバイバー側をよくプレイする方はサバイバーでBPを稼いで、キラー側をプレイする方はキラーでBPを稼ぐのが、一番効率がいいです。 この後の項目で「BP稼ぎ用のおすすめパーク構成」を紹介しているので、ぜひ見てみてください。 サバイバー側 サバイバー側の主なBPの稼ぎ方は、「生存」「協力」「大胆」「目標」の4つに分けられたカテゴリをこなすことです。 それぞれのカテゴリポイントの取得方法を解説していきます。 生存 5000 儀式から脱出する。 治療 ~300 セルフケアで自身を治療する。 もがく ~900 フックの耐久フェーズでもがく。 阻害 150 爆竹を爆発させる。 罠からの脱出 500 ベアトラップから自力で脱出する。 フックから脱出 1500 フックから自力で脱出する。 殺人鬼の腕から脱出 500 担がれた状態から、もがきゲージを最大まで溜めて脱出する。 正気を取り戻す 200 ドクターの狂気状態Lv3を治療する。 起きた! 100 ・セルフケア中のスキルチェックに失敗し、ナイトメアの悪夢状態から覚醒する。 ・発電機修理のスキルチェックに失敗し、ナイトメアの悪夢状態から覚醒する。 ・パークによってナイトメアの悪夢状態から覚醒する。 罠から脱出 400 逆トラバサミを解除する。 atwiki. 上の表の単語は、ゲーム中に達成すると中央左側に「〇〇+100」みたいな感じで表示されています。 細かい点数配分や文章については、上の表の通りです。 この中でも初心者が非常にこなしやすいカテゴリ条件は、「生存」「治療」「もがく」です。 その他の条件は、相手がどんなキラーを使用しているかで依存するものが多く、キラーごとにもらえるポイントが異なります。 そのため、共通して取得しやすい条件は、上記の3つとなります。 生き残るためにセルフケアしたり、フックに吊られても諦めずもがくことでポイントがもらえます。 救援 250 危機的状況の生存者に近づく• 再会 200 儀式中に他の生存者と出会う• 防御 200 他の生存者を庇って攻撃を受ける。 妨害 250 自身が殺人鬼に追いかけられている時に、他の生存者が殺人鬼から逃げ切る。 フックから救出 1500 フックから他の生存者を救出する。 殺人鬼の腕から救出 1250 生存者を担いだ殺人鬼をライト、爆竹でスタンさせる。 治療 ~400 他の生存者を治療する。 共同作業 ~120 負傷した生存者を他の生存者と一緒に治療する。 スキルチェック成功:グッド 50 治療 セルフケアも含む のグッドスキルチェックに成功する。 スキルチェック成功:グレート 150 治療 セルフケアも含む のグレートスキルチェックに成功する。 罠から救出 1000 ベアトラップから他の生存者を救出する。 起きろ! 150 ・ナイトメアの悪夢状態から他の生存者を覚醒させる。 ・悪夢状態の生存者を治療中にスキルチェックを失敗し、生存者を覚醒させる。 ・発電機修理のスキルチェックを失敗し一緒に修理していた悪夢状態の生存者を起こす。 atwiki. 味方を救助したり、味方と発電機をまわすことで多くのポイントを得ることができます。 オススメなカテゴリ条件は、「フックから救出」です。 ポイントが1500と高く、味方への積極的な救助で勝利への貢献にも繋がります。 だからと言って救助を無理に行うと戦況の悪化に繋がるので、安全な状況で行うことをオススメします。 殺人鬼をひるませる 1000 殺人鬼にパレットを当てる。 殺人鬼を目眩まし 250 ライトで殺人鬼の目をくらませる。 大胆 50 心音範囲内でロッカーから出る。 脱出 250 殺人鬼から逃げ切る。 浄化 600 通常のトーテムを破壊する。 浄化 1000 呪いのトーテムを破壊する。 フックを破壊 ~500 フックを破壊する。 スキルチェック成功:グッド 50 破壊行動でのグッドスキルチェックに成功する。 スキルチェック成功:グレート 150 破壊行動でのグレートスキルチェックに成功する。 罠を解除 300 トラッパーの罠を解除する。 罠を破壊 250 トラッパーの罠を破壊する。 殺人鬼に着火 350 透明化中のレイスをライト、爆竹でスタンさせる。 罠を破壊 400 ハグのトラップをライト、爆竹で消す。 atwiki. 初心者にはハードルが少し高いカテゴリ条件が多いことが特徴です。 チェイスパークを搭載したサバイバーを使用すると、かなり立ち回りやすくそれなりにポイントが稼げます。 オススメなカテゴリ条件は、「浄化」です。 チェイスが得意な人は、パレットを当ててキラーを怯ませるのが、高いポイントを得ることができるのでオススメですが、そうでない人は、安定した「浄化」がオススメです。 呪いのトーテムを破壊するだけで1000ポイント取得できるのでとても美味しいです。 修理 ~1250 発電機を修理する。 スキルチェック成功:グッド 50 発電機修理,ジグソウボックス ピッグ のグッドスキルチェックに成功する。 スキルチェック成功:グレート 150 発電機修理,ジグソウボックス ピッグ のグレートスキルチェックに成功する。 呪詛スキルチェック 150 殺人鬼のパーク「破滅」の影響を受けている時に、発電機修理のグレートスキルチェックに成功する。 共同作業 ~800 発電機を他の生存者と修理する。 マップを偵察 150 マップ系アイテムを持って対象を記録する。 チェストを調査 ~250 チェストからアイテムを得る。 アンロック ~1250 ゲートを開放する。 ハッチから脱出する 2000 ハッチで儀式から脱出する。 ハッチを開く 2000 鍵でハッチを開く。 マカブルサーチ 100 ジグソウボックスの探索を完了する。 atwiki. 目標だけでは「何のこと?」と思う人も多いでしょう。 オブジェクトに関わるカテゴリ条件が多く、メインは発電機の修理です。 自ずとオススメなカテゴリ条件も「修理」です。 「修理」は、同時に「スキルチェック成功」のカテゴリポイントも入るので、多くのポイントが貯められます。 余裕があれば、「チェストを調査」「ハッチから脱出する」もやってみるといいかもしれません。 パークで追加ポイントをゲットする No One Left Behind(誰も見捨てはしない) 発電機修理を終えて、ゲートの電力が入ると効果発動。 atwiki. atwiki. html この2つのパークは、サバイバー側に用意されたBP追加回収パークです。 自分の技量に自信がある方は、搭載していくと良いと思います。 これらのパークは、大したステータス向上効果がなく、実質1パーク分枠を消費することになります。 (「ずっと一緒だ」は特に) そこまでして搭載していく必要性は、個人的に感じません。 それより生存率を高めて、脱出のポイントを取得した方が効率的だと考えますね。 atwiki. atwiki. html この2つのオファリングは、追加BPを得る上でとても大事になります。 他にも下位互換のオファリングはたくさんありますが、今回はあえてこの上位の2つを紹介しています。 どちらも「100%増加する」と記載されているということは、実質獲得ポイントが2倍になります。 ぜひ、多くのポイントをゲットするために大事に使いましょう。 キラー側 キラー側の主なBPの稼ぎ方は、「残忍」「邪悪」「狩猟」「処刑」の4つに分けられたカテゴリをこなすことです。 それぞれのカテゴリポイントの取得方法を解説していきます。 捕獲 600 発電機修理中、ゲート開放中、チェスト調査中、障害物を乗り越える、ハッチへジャンプ、ロッカーを出入りしている生存者をキャッチする。 命中 300 生存者を攻撃する。 破壊 100 パレットを破壊する。 発電機にダメージ 100 発電機を破壊する。 退出者ボーナス 退出者一人につき625 儀式中、生存者が脱出以外の方法で退出する。 atwiki. とても簡単な内容なので、普通にプレイしていれば知らず知らずのうちに貯まっていきます。 基本的な動作が多いため、オススメなカテゴリ条件は特にありません。 出血中 ~250 生存者を瀕死状態にする。 死亡 50 生存者を失血死させる。 懐中電灯を回避 75 懐中電灯の光を回避する。 罠を設置 100 ベアトラップを設置する。 トラッパー• 罠にかかった 1000 生存者がベアトラップに引っかかる。 トラッパー• 罠にかかった生存者を捕獲 500 ベアトラップに引っかかった生存者をキャッチする。 トラッパー• 奇襲攻撃 550 透明化を解除してから10秒以内に生存者を攻撃する。 レイス• レイス• 奇襲 150 移動している生存者の近くで透明化を解除する。 レイス• ヒルビリー• チェーンソー命中 850 チェーンソーで生存者を攻撃する。 ヒルビリー• 正確なブリンク 150 ブリンク直後に生存者を発見する。 ナース• 奇襲ブリンク 200 ブリンク直後に生存者をキャッチする。 ナース• トドメのブリンク 250 ブリンク直後に生存者を攻撃する。 ナース• シェイプ• 内なる邪悪 500 内なる邪悪がレベルアップする。 シェイプ• ボーナスヒット 600 アドオン「Scratched Mirror」を使用した儀式で生存者を攻撃する。 シェイプ• ボーナスヒット 450 アドオン「Vanity Mirror」を使用した儀式で生存者を攻撃する。 シェイプ• 罠を設置 25 魔法陣を設置する。 罠が発動 200 魔法陣が発動する。 幻像攻撃 550 魔法陣が発動してから10秒以内に生存者を攻撃する。 狂気段階上昇 200 狂気レベルを上昇させる。 ドクター• ショック状態 300 生存者にショック療法を当てる。 ドクター• 攻撃ボーナス 250 ショック療法を当ててから10秒以内に生存者を攻撃する。 ドクター• 精密投擲 500 手斧を生存者に当てる。 ハントレス• チャージ投擲 300 チャージを最大までためた手斧を生存者に当てる。 ハントレス• チェーンソーヒット 850 チェーンソーで生存者を攻撃する。 カニバル• チェーンソーラン 100 チェイス中にチェーンソーを使用する。 カニバル• ドリームデーモン 150 生存者を悪夢の中に引きこむ。 ナイトメア• ドリームチェイサー 500 生存者を悪夢の中に引きこんだ後に攻撃する。 ナイトメア• 奇襲ダッシュ 50 ダッシュ攻撃を行っている時または行った後にチェイス状態であることで獲得 ピッグ• 奇襲ヒット 250 ダッシュ攻撃で生存者に攻撃する。 ピッグ• 罠設置 500 生存者に逆トラバサミを装着する。 ピッグ• atwiki. サバイバーを全滅させることを目標に各キラーごとに使っていけば、多くの取得ポイントが得られます。 オススメなカテゴリ条件は、「生存者を全滅」ですね。 頑張ってサバイバーを全滅させましょう。 生存者を発見 200 走っている生存者を視界に入れる。 捕獲 600 ロッカーに隠れている生存者をキャッチする。 atwiki. これが一番簡単な内容のカテゴリです。 ただサバイバーを見つけて追いかけるだけです。 こんな簡単でいいのか。 たまにサバイバーがロッカーに入ってそうならのぞいてみて、入ってたらラッキーって感じですね。 しかし、ポイントがかなり低いので、多くのポイントは取得できなさそうです。 フック 500 生存者をフックに吊るす。 フックに吊るした 200 フックに吊るされている生存者が召喚フェーズに突入• エンティティ召喚 200 フックに吊るされている生存者が耐久フェーズに突入• 処刑 200 フックに吊るされている生存者が死亡する。 殺害 1000 生存者を自身の手で殺害する。 (メメントモリ)• ゲームオーバー 500 逆トラバサミが起動することによって生存者が処刑される。 atwiki. 文章にすると少しばかり物騒なものばかりですね。 おっかない。 オススメなカテゴリ条件は、フック関係ですね。 メメントモリは回数が一回なので、ポイントがあまりおいしくないです。 なるべくエンティティによるフック処刑を狙いましょう。 atwiki. atwiki. 吊るしたフックから52・46・40m以上離れている生存者を4秒間可視表示する。 また、各生存者を初めて吊るすと専用ポイントを1個取得する。 atwiki. html これらのキラー側パークを搭載することで追加BPを取得することができます。 「苦悶の根源」邪悪カテゴリ(最大100%)• 「呪術:狩りの興奮」狩猟カテゴリ(最大50%)• そして余裕があれば、「苦悶の根源」を搭載するのが、一番バランスがよいと思います。 さすがに「呪術:狩りの興奮」などを搭載すると、パーク枠を圧迫しすぎるので、ノーパークでも全滅できるくらいになるまでは辞めておきましょう。 atwiki. atwiki. html キラー側も似たようにこの2つのオファリングによって、追加BPを得ることができます。 多くのBPを取得するためにガンガンサバイバーを追い詰めましょう。 サバイバー側BP稼ぎ用おすすめパーク構成 私がポイント稼ぎする時のおすすめパーク構成は以下の通りです。 セルフケア• ずっと一緒だ or 誰も見捨てはしない• デッドハード or しなやか or 全力疾走• 決死の一撃 or 都会の逃走術 or 共感 何より生存して脱出することが大事なので、「セルフケア」と「ダッシュ系パーク」は必須です。 あとは、「ずっと一緒だ」または「誰も見捨てはしない」を搭載して、残り1枠は「自由」です。 おすすめは「決死の一撃」ですけど、初心者の方は「都会の逃走術」や「共感」の方がいいかもしれません。 キラー側BP稼ぎ用おすすめパーク構成 次にキラー側ですが、こちらはキラーを指定します。 使用するキラーは「ドクター」で、パーク構成は以下の通りです。 苦悶の根源• バーベキュー&チリ• 野蛮な力 or 不屈 これで軽く5万BP以上は稼げます。 期間限定の「BP2倍」でよくこの構成のドクターが大量発生するのは、やはり稼ぎやすいからですね。 オファリングなどを使用すると、軽く10万超えたりするので、ウハウハですよ。

次の

【DBD】最新アプデ対応!キラー強さランキング!【デッドバイデイライト】

デッド バイ デイ ライト キラー おすすめ

こちらの姿を見られたらサバイバーが隠れちゃうもんな その3 深追いはしない チェイスの上手いサバイバーにハマってしまうと大幅に時間を使ってしまいその間に発電機を修理されてしまったりフックに吊るした生存者を逃がされてしまいますので場合によっては諦めることも大切です 他のサバイバーがフックに吊るされている状態で 他のサバイバーが負傷すると キラーは 「他のサバイバーを追ってるから今が助けるチャンス!」と大体のサバイバーはフックに吊るされたサバイバーを助けに来ます。 その際に 負傷させたサバイバーを無視してフックに向かうと大体の確率でザバイバーが集まっているのでそこを叩く のも一つの手だと思います こんな感じの状況になるとほかのサバイバーはフックに吊るされたサバイバーの救出に向かうことが多い サバイバーを負傷させたらすぐフックに向かおう その4 一定のエリアに居座り続ける 一定のエリアに居座り続けることでサバイバーが直せる発電機を限定し後半戦になると直せる発電機が密集してサバイバーの動きが制限されるので後々有利になります 発電機が密集しているので守りやすい さりげなく近づこう その6 音をしっかり聞く サバイバーの足音や障害物に身を潜めている際、耳をすますと呼吸音が聞こえてきます。 キラーが上手な人は音を聞くのが上手い傾向にあります。 なのでキラーをやる際はヘッドホンを着用した方がいいです。 低ランク帯であれば音を意識せずとも何とか勝つことができますが、 ランク帯が上がるにつれてサバイバー達も手練れぞろいになってくると正直なところ目視だけじゃかなりキツイです。 私は長引かせたくない時は敢えてパレットに当たりにいく事が多いです。 当たりに行く時は迷わず当たりに行った方がタイムロスも最小限で済みますし、気持ち的にも楽ですw しかしパレットに当たって怯むと加速効果などがリセットされてしまうので要注意です その8 相手のペースに巻き込まれてはならない! サバイバーは パレットや 窓などの飛び越えられる場所などをうまく使いキラーから逃げるのですが チェイスが上手いサバイバーはこれらをうまく使いこなしています 馬鹿正直に追いかけても相手のペースに巻き込まれて大幅なタイムロスに繋がります。 なので相手のペースを崩すため迷いを与えます。 私が実際に行なっている例としては 追いかけるのを諦める素振りを見せる サバイバーの逃げ道を予測し先回りする。 などです 追いかけるのを諦める素振りを見せればサバイバーはもう追ってこないのか?と迷いが生じて結果動きが止まります。 状況によってはここから再度追いかけるのもありですが、できればサバイバーが他の行動を行ってから再度チェイスを挑むのがいいと思います。 (修理や、治療行為など) とにかく相手のペースに巻き込まれてはダメということです! ある程度やり込むといくつかの行動パターンとかが読めるようになるよな 私が普段キラーをプレイする際に意識していることを思いつく限りで書き出してみたのですが参考になりましたでしょうか? 高ランク帯のサバイバーになると全員処刑する事は中々困難になってきます。

次の