尽力いたします。 「尽力いたします」の意味とビジネスでの使い方|メール/履歴書

「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

尽力いたします

「尽力いたします」を使うことのできる場面に、行事やイベントがあります。 目上の人がたくさん集まっている、行事やイベントの中で「尽力いたします」 を「尽力してまいります」という例文に言い換えて使えます。 「尽力してまいります」の「まいります」には「行きます」の謙譲語が使用されているため、「尽力してまいります」には「努力していきます」という意味が含まれていることがわかります。 「尽力いたします」よりも「尽力してまいります」の方が、かしこまった言い方がされているので、目上の人が集まる機会である行事やイベントの時のスピーチに、「今後も尽力してまいります」という例文を使うと、その場にふさわしい敬意が表現されています。 「尽力いたします」を言い換えた類似表現に「奉仕する」があります。 「尽力いたします」を言い換えた類似表現の「奉仕する」には、「報酬や見返りを求めないで、無私の労働を行うこと」という意味が含まれています。 そのため、「尽力いたします」のように「力を尽くす」様子を表現しているわけではないものの、言い換えた類似表現である「奉仕する」では、努力の内容について言及されていることになります。 この「尽力いたします」の言い換えた類似表現の「奉仕する」を使いながら、利益を求めた努力ではなく、ボランティア精神を持っていることを強調することができます。 「奉仕する」という言い換えた類似表現で、自分の無私の気持ちを表現しましょう。 ビジネスの場面で、上司や目上の人と会話をしている時に「尽力いたします」を言い換えて「尽力する所存です」と言うことができます。 後半部分に使用されている「所存です」には、「思う」や 「考える」という意味が含まれています。 しかし、「尽力していきたい」という簡単な意味だけを表現しているのではなく、「尽力する所存です」では謙譲語が使われているため、上司やかなり目上の人に対して深い敬意を示すことが可能になります。 普段から面識のない上司と会話をしている時や、お世話になっている取引先の人と会話をしているビジネスの場面で、「尽力する所存です」や似た表現である「尽力させていただく所存です」を使えば、ビジネスの場面で違和感のない言葉遣いになります。 「尽力いたします」を使用しながら、便利なビジネスメールを作ることができます。 ビジネスメールの中で「お力になれるよう、尽力させていただきます」や「お力になれるよう、尽力させていただく所存です」という例文を使用できます。 職場の上司にビジネスメールを送らなければならない時に、「お力になれるよう」と「尽力いたします」が使われている例文を組み合わせれば、「上司に協力をしたい」という気持ちを伝えることができます。 上司は部下に協力したい気持ちがあれば、お願いをしやすいと感じます。 そのため、上司へのビジネスメールを作成する時に、「お力になれるよう、尽力させていただきます」という例文で、上司と協力するために努力したいと思っている事を表現しましょう。 履歴書の中で「御社のお力になれるよう、尽力いたします」という例文を使うことができます。 非常に深い敬意が示されているため、上司へのビジネスメールの中など、履歴書以外でも使用することのできる例文です。 注目したいのは、「尽力いたします」だけでなく「御社のお力になれるよう」と、履歴書の中で会社に貢献できる意欲を持っていることをアピールしています。 そのため、会社のことを考えた人であることを、履歴書を通して理解してもらえます。 もちろん、履歴書を読んでいる人は、他の文章にも目を通しているため、それらの文章もしっかりと記入しなければなりません。 しかし、履歴書の中で、この例文が使われていれば、「会社に貢献できる人」とみなしてもらえる可能性が上がります。

次の

尽力(じんりょく)の意味と正しい使い方

尽力いたします

スポンサーリンク 「私はまだまだ知識もありませんが、売り上げを達成するために 尽力を尽くします!」 これは営業会議で営業課に配属されてまもない新人君が言った言葉です。 この「 尽力を尽くす」という言葉。 なんとなく聞いていればなにも変には聞こえませんよね。 ところがよ~く考えてみると言葉の 使い方が 間違いであることに気がつきます。 新人君が「がんばります!」と言ってるんです。 そんなに重箱の隅を楊枝でほじくるようなことを言わなくてもいいのかもしれません。 でも新人君だからこそ、社外で恥をかかせては可愛そうです。 ここは心を鬼にして言葉の間違いを教えてあげましょう。 あれ?もしかしてあなたも「どこがおかしいいんだろう」と首をかしげてます? そうなんですよね。 ふだん間違いに気づかないで使っているとな~んにも変に感じないんですよね。 ということで今回はまずは「 尽力」の 意味をきちんと紹介します。 そのうえで「尽力を尽くす」という言い方のどこが間違っているのかをみていきましょう。 頭痛は頭が痛いということです。 なので「頭痛が痛い」と使うと「頭が痛いのが痛い」と変な使い方になってしまいます。 落馬は馬から落ちることです。 えすので「馬から落馬」と使うと「馬から馬から落ちた」とこちらも変な言葉の意味になってしまいます。 たしかに重複表現は間違った使い方です。 ただ「一番最後の人」「一番最初」「後で後悔してもしらないよ」「過半数を超える」なんて普段使っていますよね。 なので「尽力を尽くす」もなんとなく聞く分には間違った使い方と思われないかもしれません。 でも社会人になれば、重複表現を使うなんて認めない! なんて取引先に出会うかもしれません。 ですからここで「尽力を尽くす」は間違い。 それは重複表現だから。 社会人としてこのことを覚えておいて損はしません。 なのでせっかくですからここで覚えちゃいましょう。 「尽力を尽くす」の正しい使い方 この記事のはじめに新人君が言った言葉。 「私はまだまだ知識もありませんが、売り上げを達成するために尽力を尽くします!」 いや~たとえ間違った使い方でも元気よくこう言われると熱意が伝わってきます。 せっかく熱意あふれる新人君の心意気を無駄にしたくはありません。 ただ「その言葉の使い方間違ってるよ」とだけ言っても意味がありません。 せっかくなら新人君に正し言葉の使い方を覚えてもらっちゃいましょう。 そのためにも正しい「尽力を尽くす」の使い方を紹介していきますね。 尽力します 「尽力します」だけで「 力を尽くす」という意味になります。 なのでこの言葉だけで十分なんです。 尽力を惜しみません 力を出し惜しみをせず一生懸命やりますということです。 全力を尽くす なんか「尽力を尽くす」と似たような言い方ですね。 じつはこの「全力を尽くす」と「尽力を尽くす」という言い方がごっちゃになっった。 そして間違った言い方「尽力を尽くす」が使われるようになってという考え方もあるんです。 「全力を尽くす」とは「 もてる全ての能力を使い努力する」ということになります。 最善を尽くす この表現はよく聞く言い方です。 「 今できることの最高の方法で力を尽くす」ということです。 新人君には元気よく「全力を尽くします!」とか「最善を尽くします!」なんて言ってもらいたいですね。 なんかそんな元気な声を聞いたら、こっちまで元気になりそうです。 類語 もし「尽力を尽くす」の言い換え方を忘れたときはどうしましょうか。 安心してください。 日本語には類語という意味の似た言葉があります。 一生懸命に取り組む• 全力で取り組む• 努力をおしみません• 全身全霊をそそぐ• 心血をそそぐ• 最大限努力する• 力を振り絞る この類語も元気よく熱意を込めて言えば大丈夫。 「尽力します!」に負けないくらい相手に熱意が伝わります。 まとめ 言葉の使い方で「重複表現」というのがあります。 これは同じ意味の言葉を重ねて使うことを指しています。 元気よく「尽力を尽くします!」と言ってもこれは「重複表現」となります。 尽力という言葉自体が「 なにかをするために力をつくす」という意味の言葉です。 そして「尽」という漢字は「全部出しつくす」と意味を持っています。 なので「力を尽(つ)くすことに尽(つ)くします」という変な言葉になってしまうんです。 「尽くす」を使うなら違う言い方に言い換えればいいんです。

次の

増本雅敏法律事務所

尽力いたします

このライフレシピのもくじ 【】• たまに耳にする「尽力」という言葉。 うまく使えると便利な言葉ですが、意味と使い方はしっかりと把握しておきたいものですね。 尽力とは? 尽力とは、漢字の通り「力を尽くす」という意味で、たとえば「目標達成のために尽力する」といったように使います。 なお、尽力の読み方としては、「じんりょく」と読みます。 尽力の使い方 相手の努力に感謝する 相手の協力に感謝したい時には、下記のように使います。 ご尽力頂きありがとう御座います。 ご尽力を頂き心から感謝申し上げます。 平素よりご尽力を賜り、感謝申し上げます。 自分で使う 自分で使う時は、下記のように使いましょう。 たとえば、会社の社長から「これをお願いできないか」と言われたら、「尽力させて頂きます!」とさらっと返せると良いですね。 一同、尽力させていただく所存です。 誠心誠意尽力して参りたいと存じます。 精一杯の尽力をさせていただきます。 尽力を惜しまない。 尽力に努めたい。 その他 ニュースなどでは以下のような表現で利用されています。 「このようなことに頑張ってきた人」や「力を注いでいること」を表現する時に使われます。 日本のTPP早期参加に尽力• 憲法の口語化に尽力• パンダ借り受けに尽力 類語• 頑張り• 手を尽くす• 献身する 重複表現&間違った敬語に注意 「尽力を尽くします」という表現は「尽くす」という表現が重複してしまいます。 「頭痛が痛い」「馬に乗馬する」と同じ重言表現となりますので、使わないようにしましょう。 「ご尽力させて頂きます」は、自分でする行為に「ご」をつけることになるので、一般的な表現ではありません。 image by 筆者.

次の