ダイソン 買っ て は いけない。 期待外れ?ダイソンコードレス掃除機のマイナス口コミからデメリットを徹底分析!対策を検証しました

100円ショップ「ダイソー」、買ってはいけない商品5選…最悪の使い勝手、逆に割高

ダイソン 買っ て は いけない

【2019年】ダイソン掃除機のおすすめランキング 売上ランキングの上位がダイソンすぎて、どれを選んだらいいのかわからない人のためのページ 一昔前までコードレスクリーナーといえばキャニスター掃除機のサブ機という位置づけだった。 しかし、2013年頃からメインとして使える高価格帯のスティックタイプのコードレス掃除機が脚光を浴び始める。 当時はダイソンやエレクトロラックスといった海外メーカーが市場を独占していたが、現在では国内の大手家電メーカーからも独自の特徴を打ち出した高機能タイプのスティック型コードレスクリーナーが次々に登場、メーカー各社がラインナップを充実させている。 コードレス市場が激戦区になった今、ダイソン一強の時代は終わったかのように見えたが、現在もコードレス掃除機売上ランキングでは毎年ダイソンのモデルが首位を独走状態。 しかし、ダイソンの製品は型落ちのモデルが複数ランクインしていたり、同じシリーズからも複数ラインアップされいて、どれを選んだらいいのか悩んでいる人も多いのではないだおるか。 そこで毎年ダイソンの掃除機を買い替えてる管理人が目的に合ったおすすめモデルと買ってはいけないモデルを紹介。 なぜなら、ダイソンの製品は吸引力が低下しにくいため、ゴミの除去率(ダストピックアップ率)は、吸引力の指標となる吸込仕事率より、モーターヘッドのブラシ性能や設計に大きく左右するからである。 ダイソンの同じシリーズにはアタッチメントやヘッドのブラシ性能に違いがあるモデルが複数ラインアップされている。 アタッチメントは後で必要になっても、並行輸入品を購入すれば低予算で済むが、モーターヘッドを単品で注文すると高額になるので、普段、家で吸引するゴミや床に適合したヘッドが装備されたモデルを選びたい。 ダイソンのCMにも装備されていたり、ランキング1位を首位していることから、現在のダイソンスティック機の象徴やスタンダードモデルと言っても過言ではないだろう。 特徴は、柔らかなソフトローラーと広い開口部によって、アレルゲンなどの微細なゴミから食べこぼしなどの大きなゴミを同時に吸引することができる。 また、髪の毛や糸くずのような長いゴミが絡みにくい設計になっているので、面倒なヘッドのお手入れから解放される。 その他にフローリングの乾拭き効果が高い特長も存在するが、硬いナイロンブラシが搭載されてないので、カーペットの奥深くに入り込んだ微細なゴミの集じん性能は他のヘッドより劣る欠点も存在する。 絨毯に特化したモデルとなっており、アレルギーに悩んでいる人、ペットと生活している家庭、床にカーペットを敷いている面積が広い家での人気が高い。 特徴は、他のヘッドより大幅に向上したブラシパワーと硬いナイロンブラシを搭載しているため、他のどのヘッドよりもカーペットの奥深くに入り込んだ微細なゴミを掻き出す集じん力が優れている。 その他にカーペットやラグに頑固に絡みついたペットの抜け毛の集じん力も優れており、ここまで多くのペットを集じんできるヘッドを日本のメーカーでは未だに見たことがない。 従来のスタンダードモデルだけあって根強い人気があり、2019年にV7シリーズに「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」を標準装備した「V7 Slim」も登場している。 特徴は、他のヘッドと違って軽くてコンパクトな設計になっているため、広範囲の掃除の効率は落ちてしまうものの、軽くて取り回しが良いメリットが存在する。 ソフトローラークリーナーヘッドと違い、ペット用の餌・砂のような固形のゴミは弾き飛ばしてしまうが、カーペットから微細なゴミを掻き出す集じん力はそこそこ高い。 小範囲のカーペットにも対応している 基本的にミニモーターヘッドはダイソンのスティック機に標準付属されているアタッチメントである。 (一部例外あり) ミニモーターヘッドの特徴は、モーター駆動で高速回転するバーに硬いナイロンブラシが搭載されており、一般的にソファーや車のシートのような布製品の掃除に使われるが、布団やベッドのマットレスなどの寝具の掃除にも対応できる。 床との設置面には車輪がついていないため、傷がつきやすいフローリングような傷がつきやすい床に使用することはできない。 フローリングメインの掃除が用途であれば乾拭き効果の高いソフトローラークリーナーヘッドを標準装備しているFluffyをおすすめしているが、局所的にカーペットを敷いている部屋があり、小域的なカーペットや絨毯をしっかり掃除したい場合は、ミニモーターヘッドでも対応できるので、無理にAnimalやAbsoluteを買わなくても後悔することはない。 これまで吸引力の指標となる吸込仕事率が一番高いモデルはV10だったが、今年発売されたV11の強モードの吸引力はV10のMAXモードより25%もアップしている。 このため、最大吸込仕事率が高いモデルを選びたい場合は、迷わず最新モデルのV11を選ぶことをおすすめしたい。 ただし、吸引力が強い「強モード」は約8分ほどしか連続使用できないため、一回の掃除機に費やす時間が8分以上だった場合は、「標準モード」を使用しなければ広範囲を掃除することができない。 この使用頻度が高い「標準モード」の吸引力は前モデルと同等のため、吸引力重視で予算を抑えたい場合は、価格が下がったがおすすめである。 V11には「ソフトローラークリーナーヘッド」と「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」が付属されたモデルがラインアップ。 実はフローリングを掃除した場合、ゴミの除去率はどちらも同等であるが、床を磨く乾拭き効果は「ソフトローラークリーナーヘッド」のほうが上である。 一方、カーペットを掃除した場合、「ソフトローラークリーナーヘッド」は硬いナイロンブラシが搭載されていないため、底部の微細なゴミや絡みついた髪の毛やペットの毛は「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」に劣る。 このことから床に落ちているゴミの除去率は吸引力だけでなくヘッドの性能にも大きく左右されるため、家の床にあったヘッドが付属されたモデルを選ぼう。 ちなみに「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」だけが付属されたAnimalは後発で発売されると思われる。 現在、「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」が付属されたモデルは、2つのモーターヘッドが同梱されているAbsolute、Absoluteproの2機種しか存在しない。 V6以前のモデルはクリアビンのフタをパカッと開けてゴミを落とす設計だったため、クリアビン(ダストカップ)内で詰まったゴミやシュラウドに絡みついた髪の毛を手で取り除かなければいけなかった。 しかし、V10やV11は、V7やV8に採用されている「」を搭載。 半手動の操作でクリアビンのフタが開くと同時にゴム製のスクレイパーが前述したクリアビン内に詰まったゴミをこそぎ落としてくれるため、ゴミ捨て時に面倒な手間がかからず、しっかり捨てられるようになった。 さらに、この2機種はV7やV8と違ってクリアビンの位置が直線的に配置されたことにより、クリアビンのフタが前面についている。 このため、比較的小さなゴミ箱やゴミ袋に突っ込みながらフタを開けられるため、従来モデルよりゴミ捨て時に埃が舞い上がりにくいメリットも存在する。 ただし、どのモデルもクリアビンのフタを開けてゴミを落とす動作が伴うため、完全に埃の舞い上がりを抑えることは難しい。 このため当サイトでは「」を推奨している。 また、V6~V8シリーズのモデルは「プレモーターフィルター」に加え、「ポストモーターフィルター」を搭載。 このため、綺麗な空気を排出するようになったものの、フィルターが本体に2つ装着されているため、丸洗いするときにちょっとした一手間がかかった。 一方、V10以降のモデルはた「」と「」が一体化したフィルターを採用。 このため、前モデルよりフィルターのお手入れがスムーズに終わるメリットも存在する。 現在、V10やV11シリーズは「アタッチメント」や「モーターヘッド」の違いで複数のモデルがラインアップしている。 付属されているアタッチメントやモーターヘッドの種類がひと目で分かるページは比較表をクリック。 3年前のモデルとなるが、2017年まではフラッグシップ機であり、使用頻度の高い標準モードの連続運転時間は最新モデルを超えるスタミナを持っている。 床の掃除でよく使う[標準モード]の使用時間は、最新モデルのV10やV11より10分も長い30分。 バッテリー切れを気にして焦って掃除をしなくてもよくなった。 ただし、使用時間が長いメリットはあるものの、充電時間が5時間に増加しているので、掃除が終わったら充電を忘れないようにしたい。 また、最新モデルに採用されているダストカップに詰まったゴミを半手動の操作でごっそり落とせるはV8から採用されているため、ゴミ捨てもストレスフリーに行える。 その他に、V8以降のモデルは本体内部に吸音材を配置され、風路が改良されているため、体感では従来モデルよりこもった音で静かになっている。 現在、V8シリーズは「アタッチメント」や「モーターヘッド」の違いで6種類が発売。 標準付属されているアタッチメントやモーターヘッドの種類がひと目で分かるページは緑のボタンをクリック。 また、フローリングの掃除が得意なFluffyモデルに標準装備されている「ソフトローラークリーナーヘッド」は重量が765gもあり、ダイソンに採用されているクリーナーヘッドの中で一番重たい。 このため、V8シリーズに関わらずダイソンのFluffyは重たくて使い勝手が悪いという批判レビューも多くみられる。 そこでダイソンの象徴であるFluffyが欲しいけれど、重たくて使い勝手が悪いという不安を抱いている人におすすめなのが、2019年8月に発売されたV8 Slim Fluffyだ。 このモデルは従来のV8 Fluffyのマイナーチェンジされたモデルとなり、日本の住居や日本人に合わせた日本専用モデル。 15kgと、比較的新しいモデルの中で一番軽くなっている。 さらに、延長管も従来のものより6cm短くなり、低身長でダイソンが使いにくかったユーザーにも最適となっている。 それぞれの本体仕様は同じとなっており、大きな違いは付属されている専用ツールの有無となる。 フロアのみの掃除であれば最低限のアタッチメントが付属された割安の「V8 Slim Fluffy」。 なお他のアタッチメントは単品でも注文可能、Amazonなどで販売されている割安の並行輸入品がおすすめ。 なぜ、V7より重量の軽いモデルが存在するのに、V7をおすすめするのかというと、綺麗な空気を排出する「ポストモーターフィルター」とゴミ捨てが簡単になる「新ゴミ捨て機構」を搭載しているからである。 実はV7はV8より、後発で発売されたモデルとなり、新しいモデルに搭載されているギミックを搭載しているのだ。 ただし、軽さにウェイトを置いているため、2017年までフラッグシップ機であったV8と比較すると、バッテリーの容量が小さく、連続使用時間が短いデメリットも存在する。 また、吸引力の目安となる吸込仕事率もV8より少し劣っているのがネック。 しかし、床用モーターヘッドは最新モデルのものと同じタイプが搭載されているので、家庭で発生するゴミの除去率に大きな違いはないと考えても大丈夫である。 V7よりさらに軽いモデルを探している場合は、後述するV6をおすすめしていたが、2019年3月にV7シリーズからV6のMotorheadに採用されている「」を搭載した V7 slimがラインアップ。 またストレートパイプが6cm短くなっており、身長が低くい人にも最適。 現在、V7シリーズは「アタッチメント」の有無や「モーターヘッド」の種類の違いで大きく4種類が販売されている。 付属されているアタッチメントやモーターヘッドの種類がひと目で分かるページは下の性能比較表からどうぞ。 そこで、安価なダイソンを探している人におすすめなのが、2015年に発売された。 さらに型落ちのモデルも価格が安くなっているが、DC62以前のモデルは部屋の空気より綺麗な空気を排出する「」が採用されていないので、個人的におすすめはできない。 ただし、ダストカップに溜まったゴミをレバーを上に引き上げることで簡単かつ衛生的に捨てられる「」は採用されてないので、こまめにゴミ捨てを行いたい。 現在、V6シリーズのモデルは付属されているアタッチメントの有無や、標準装備されているモーターヘッドの違いで複数のモデルが市場に出回っている。 中にはHEPAフィルターと同等の「」が搭載されていないモデルも存在するので注意されたし。 同梱されているアタッチメントやモーターヘッドの種類がひと目で分かるページは下の黒のボタンからどうぞ。 「ダイソンの掃除機はうるさい」というイメージを持たれている人が多いかもしれない。 しかし、同社のコードレス掃除機の場合、運転音はV7以降のモデルから大きく改善されており、独特の「キーン」という高音はV6に比べるとこもったような音に改善されている。 このため、アパートなどの集合住宅に住んでいて、音の静かさを重視したい場合は、V7以降のモデルがおすすめである。 ちなみに、どのシリーズのモデルも騒音値に大きな差はないが、わたしの体感ではよく使用する「標準モード」の運転音が一番静かだと感じたのはV7である。 このため、使用頻度の高い「標準モード」の音を少しでも下げたい場合はV7シリーズのモデルがおすすめである。 ただし、V7の「標準モード」の吸込仕事率は他の機種より少し低いため、吸引力を妥協しなければいけない。 掃除機をかけにくい時間帯に掃除をすることが多い場合は、3つの運転モードが搭載されたV10やV11のほうがおすすめである。 V10やV11にはバッテリーの残量を節約する「省電力モード」が搭載されており、吸引力は弱くなるものの運転音が劇的に静かになるうえ、使用時間が延長できるメリットも。 モーターヘッドを搭載しているため、エコモードでも家庭で発生するゴミは十分に吸い取れるので安心。 DC62とDC74をおすすめしない理由 ポストモーターフィルターがないから排気性能が劣っている 2013年に発売されたDC62は画期的な変更点があった。 DC34とDC45に採用されていたデジタルモーターV2より、さらにパワーアップした「デジタルモーターV6」と、サイクロンが2層に配置された「」を搭載。 さらには、ブラシパワーがアップした「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」を標準装備し、より多くの微細なゴミを集じんすることに成功。 そして、DC74は最新モデルにも採用されている「」を初めて搭載したモデルとなる。  しかし、DC62とDC74にはV6以降のモデルに採用されている「」が搭載されていないのだ。 ポストモーターフィルターは空気清浄機にも採用されているHEPAフィルターと同等の性能があり、粒径が0. 97%以上の捕集率を持っている。 つまり、DC74以前のモデルはより多くの微細なゴミを吸引することができても、アレルギーの原因となるハウスダストをフィルターで捕らえきる能力が低いのだ。 現在、排気性能が劣っているDC74以前のモデルは、型落ちのモデルをセールしている「」のチャレンジデーでも登場しなくなっているが、型落ちのダイソンを購入するのであれば最低でもポストモターフィルターが採用されているV6以降のモデルを選びたいところだ。 DC35とDC45をおすすめしない理由 同じ予算で上のモデルが買える 2011年に発売されたはダイソン初となるハンディクリーナーに延長管と床用ヘッドを標準装備したスティックコードレスクリーナー1号機。 微細なゴミを遠心分離するサイクロン数が少ない「」という古いテクノロジーが採用されているうえ、「」が本体とダストカップのあいだに配置されているので、お手入れ時にフィルターの着脱が面倒な欠点が存在する。 翌年(2012年)発売されたもDC35と同じサイクロンテクノロジーとデジタルモーターV2を搭載。 DC35との大きな違いはバッテリーの容量が増えたことで[標準モードの]連続使用時間が13分から20分にアップ。 さらに、モーターヘッドのブラシパワーがアップしたことにより、特にカーペットにおける集じん性能が向上している。 しかし、充電時間が3. 5時間から5時間と大幅に増えている。 どちらも比較的新しいモデルに比べると重量が軽いというメリットがあるが、現在は、型落ちのモデルを安く提供する「」のチャレンジデーですら紹介されなくなった老兵。 古いテクノロジーや機構が採用されているうえ、DC34やDC45の実勢価格は30,000円前後。 このくらいの予算があれば、1つ上のパワーアップした「」や排気性能が向上した「」のモデルを購入できるので、わざわざ初期のモデルを選ぶ必要はない。

次の

【2020年】掃除機マニアが選ぶおすすめダイソンランキング!目的に合ったダイソンのコードレス掃除機が見つかる

ダイソン 買っ て は いけない

人気のコードレス掃除機といえば、ダイソン。 「高いけどやっぱりダイソンがいいのかな?」と購入を迷っている方にとって、 ダイソンユーザーの口コミは気になるもの。 特に購入前にチェックしておきたいのが、 マイナスの口コミですよね。 ダイソンの低評価な口コミをよく見てみると、使い方や機種選びである程度解決するものから受け入れるしかないものまで、 一言でデメリットといっても様々な種類がありました。 そこで、 ダイソンのマイナス口コミを集めて徹底分析!後悔しないために知っておきたい ダイソンの14のデメリットとその対策を解説します。 ダイソンコードレスクリーナーの口コミは賛否両論 ダイソンの口コミを調べると、「 吸引力にびっくり!最高」という 絶賛の声と「 二度と買わない。 最悪」という 批判の声の両方がでてきます。 例えばこちらのような内容。 ダイソンのプラスの口コミ 性能は、 言うまでもなく素晴らしい。 コードレスでは、ナンバーワンでしょう。 (より) 吸い込み量MAXにすると、 とんでもなく吸い込みます!どんだけ取れるねんってくらい取れます! (より) ずっと欲しかったダイソン。 すべてに申し分なく、verygoodです。 (より) ダイソンのマイナスの口コミ 購入してまだ 1年も経ってないのに動かなくなりました。 (より) 故障も多く、また、日本の製品と違い、作りが粗悪でした。 (より) 全然すいとらない。 使い物にならないから他の買いなおしました。 (より) このように、 賛否両論あるので、購入をためらってしまう方もいますよね。 件数で見るとプラス評価の方が多いのですが、やはり 高価な商品なだけにマイナスの口コミは気になるところです。 ダイソンのマイナス口コミを徹底分析!14のデメリットと対策 ダイソンのマイナス口コミを分析すると、 購入したのがたまたま不良品だったケースと、 ダイソンの仕様上のデメリットが原因のケースがありました。 とくに 低い評価を付けている口コミは、不良品にあたったケースが多そうです。 機械である以上、 一部不良品があるのは仕方ないこと。 ダイソンの場合は 2年間無償のメーカー保証があるので、故障や不具合の際は修理・交換してもらいましょう。 引き取り~返却まで72時間以内と、かなりスピーディに対応してもらえるそうなので安心ですね。 購入前に要チェックなのは仕様上のデメリット 一方、 仕様上のデメリットは、故障ではないので直せません。 そういったデメリットは 事前に知って納得した上で購入することをおすすめします。 知らずに購入すると、「想像と違った…」と後悔してしまうかもしれませんよ。 今回は、 ダイソンの口コミを分析してわかった14のデメリットと対策について解説します! ダイソンの口コミ1「重くて長時間は使えない」 駆動部が手元にくるので、重い(多分まだコツを掴めていない)。 (より) やはり 手元の機械の重量感があります。 お店のDysonスタッフさんが手を伸ばしてヘッドが進むのに合わせてやれば軽いと教えてくれたのですが、それができるのは広い場所だけ。 家具や椅子の下、ドアの裏など細かいところは手首で操作しないといけないので、途中で休憩が必要です (より) 皆さん言うように、よく吸います。 でも、 男性の私でも筋肉痛になるくらい重いです・・・。 (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 ダイソンのマイナスの口コミで多いのが、 重さがデメリットという声。 ダイソンは 2. 5㎏前後と重く、バッテリーやサイクロン機構が手元にあるため、長時間の使用では手が疲れてしまいます。 とくに女性や高齢者には辛いかもしれませんね。 対策としては、2. 2kgで 比較的軽めの「」を選ぶか、家中一気にではなく 毎日少しずつ掃除することをおすすめします。 ダイソンの口コミ2「パイプが長く扱いづらい」 ただ1つ残念なのは、 パイプが長く私の身長では使いづらいと言うことです。 必然的に体より遠くに出すことになり余計に重さを感じます。 日本で販売するのなら あと5センチ短くても良いのではないでしょうか。 私的には 10cm短いパイプが別売されていれば購入します。 (より) 吸引力は問題なく、ゴミ捨ても簡単でよかったのですが、使用していると思ったより重く感じ、 身長が低いせいか少し掃除機が長くて不便に感じました。 (より) なにやら扱いづらさを感じるのは ポールが長すぎるせい。 日本の女性 当方平均的な157㎝ にはポールが長すぎ。 掃除する箇所によってはせまくて短くしたいこともあるので ポールが伸縮性だったら満点なんですが。 あとは申し分ありません。 (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 ダイソンは元々イギリスの企業。 ダイソンのコードレスクリーナーも欧米のユーザーを基準に開発しているものです。 そのため、 身長の低い日本人には長すぎて使いづらいという声も。 残念ながら通常のダイソンに付け替えられる短いパイプや伸縮するパイプは別売していませんが、 小型のダイソンが発売されています。 「」は通常よりもパイプの長さが約10㎝短くなっていて、身長の低い方にもおすすめです。 ダイソンの口コミ3「意外と吸引力が大したことない」 吸引力はCM程の吸引力とは感じませんでしたが、そこそこ吸います。 (より) 一番初めは 『驚くほどの吸引力』のコピーが強く、ものすごく期待していたので『そうかな??』でした。 コード式の掃除機よりもすごいと思っていたので。 でも 使ううちにこの吸引力はすごいなと変わりました。 フローリングのざらつきはなく今までの掃除機より仕上がりがきれいです。 (より) 初めてコードレスにしてみました。 吸引力に関しては、やはりコード付き掃除機には敵いません。 例えば消しゴムのカスでも、ガ~ッ!と一気に吸い取る感じではなく、何度もブラシ(回転ヘッドではなく)を往復させてやっと吸い取れる程度です。 (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 ダイソンといえば吸引力というイメージは強いはず。 「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」というキャッチコピーが有名すぎるために、 ものすごい吸引力を期待してしまっている方も多いのではないでしょうか? 購入前のハードルが上がっているために、実際に使ったときに 「そこまででもない…?」とギャップを感じてしまう方もいるようです。 一方で「吸引力がすごい」という口コミも多いので、感じ方は人それぞれのようです。 はますます吸引力が向上していて、コードレス掃除機としては高い吸引力を持つのですが、 並外れた吸引力を期待するのはやめておいた方が良さそうです。 ダイソンの口コミ4「稼働音がうるさい」 ただ、 強モードの騒音は相当なもので、家中に響き渡ります。 通常の掃除はエコモードか中モードで十分という感じです。 (より) 1つだけ気になる点があります。 わかっていた事ですが 音はかなりうるさいです。 アパート住まいでは夜は掃除できません。 でもとても気に入っています。 買って良かったです。 (より) やはりコードレスは最高ですが、 起動時の音が大きく、嫁は朝一から掃除をするので目覚めが一発です。 めざまし時計がいらなくなりました。 (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 「 ダイソンはパワフルだけど音がうるさい」というのも、かなり多くの方が挙げていたデメリット。 近所迷惑が気になるアパートやマンションでは、 早朝・深夜の掃除は避けるか、弱モードで使用したほうが良さそうです。 比較的新しいダイソンでは静音性を高める工夫がされていますので、音が気になる方は、 新しい・を選ぶといいでしょう。 ダイソンの口コミ5「バッテリーもちが悪い」 バッテリーが40分ぐらいしか持たないこと。 都度掃除を中断しなくてはならないので時間がかかる。 電動自転車のように、 自分で簡単に予備のバッテリーと交換できたらいいと思う。 V11はバッテリーの量が見えるので、V10よりはましになった。 (より) 充電満タンで MAXでの使用時間10分では 家中の掃除がいつまでたっても終わらない。 購入を検討していたけど、サブ的な感じで使用するなら良いのかな… (より) 性能には満足しています。 できればフルパワーで1時間持続するバッテリーを希望。 無理なら、 すぐ交換出来るバッテリーパックが有れば便利。 (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 ダイソンの 連続稼働時間は、シリーズによって30分~60分。 モーターヘッドや強モードを使用すると、さらに稼働時間は短くなってしまいます。 残念ながら、現在のところ公式には 予備バッテリーの用意はないようです。 強モードは 汚れがひどい場所でのみ切り替えて使用するようにして、家中の掃除を一気に済ませるのではなく こまめに掃除するようにしましょう。 また、機種選びは 比較的バッテリーのもちが良い・がおすすめです。 最新のV11シリーズならディスプレイに残り掃除可能時間が表示されるので、突然のバッテリー切れは防げますよ。 ダイソンの口コミ6「トリガー式のスイッチは疲れる」 トリガー式の起動スイッチは、使用中ずっと引き続けなければならず、広い部分を掃除するとき疲れる (より) スイッチを押し続けていないと動作しないのは使い勝手が悪い。 その為、個人的には 親指の第二間接のところにマメができてしまった。 (より) スイッチを押し続けなければ使えないことが最大の不便な点です とても疲れますし、 掃除機の重さを痛感します (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 ダイソンの 起動スイッチは、トリガー式。 手元のトリガーを引いている間だけ掃除ができます。 トリガーはそこまで固くはないのですが、 掃除中ずっとスイッチを押しっぱなしにしているのは大変という声も多く挙がっています。 スライド式でロックできる機能があればいいのですが、今のところトリガー式変更の兆しは見られません。 重さ・稼働時間・トリガー式という特徴を見ると、そもそも ダイソンは長時間の連続使用には向いていないようですね。 短時間の掃除をこまめにすることで、お家のキレイを保つような使い方がおすすめです。 ダイソンの口コミ7「排気が顔や身体に当たる」 排気が本体後部の左右から出てくるので、ベットの下を覗きこんで使うときやパイプなしで短くして使うときなど 顔に排気が勢いよくかかり驚きます。 でも、驚くだけで、嫌な臭いはありませんからきれいな排気なのだと思います。 (より) 排気が顔面直撃します:フィルターを通った 綺麗な空気が顔中に降り注いでいる!とイメージして気分を紛らわしていますが、実際強烈な風に長髪の方は髪型乱れまくりと思います。 (より) 排気口が本体上部の両側に。。 有るんですが。。 これが。。 顔に当たって気持ち悪いです (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 ダイソンは手元の近くにダストボックスと排気口があるので、使用方法によっては 身体や顔に直接排気がかかりやすい仕様になっています。 とくにパイプを取り外してハンディタイプにして使う際には、 排気が顔面を直撃してしまったり、床のゴミやホコリを巻き上げたりすることも。 ちょっと嫌な気持ちになってしまいますよね。 ダイソンの排気は、サイクロンとフィルターによって、 0. 3ミクロンの微細な粒子まで99. 部屋の空気よりもキレイということなので、 気分は悪いですが実害は無さそうです。 ダイソンの口コミ8「ゴミ捨てがしづらい」 ごみを捨てる時は、 結構舞うのでゴミ袋にしっかり入れ込んでポイっとしたほうがいいですね サイクロン式が初めてだったので、こんな 細かい塵みたいなのが舞うとは思いませんでした (より) 衛生的で簡単なゴミ捨てとありますが、 内部に長い髪の毛が絡みつくと簡単にはとれません。 指を突っ込むか棒で絡め取るようです。 (より) ゴミが捨てにくい。 前まではモータヘッドを付けた状態でゴミ捨てが可能でしたが、本モデルより不可。 (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 ダイソンの ゴミ捨て方法はワンタッチで簡単。 最新のV10・V11でもパイプを外してスイッチを押すだけと非常に簡単になっています。 ですが、ダイソンは粉塵のような細かいホコリまで集められるため、パカっとフタが開いたときに ホコリが舞い散ってしまうことや、 ダストボックス内に粉が残ってしまうこともあるようです。 ゴミ捨ての際は、ホコリをまき散らさないように ゴミ箱の奥までしっかり入れ込んでからフタを開けるようにしましょう。 ダイソンのダストボックスは取り外すことができるので、 汚れが気になるときは外して水拭きをするとキレイになりますよ。 ダイソンの口コミ9「掃除機内部の臭いが取れにくい」 ビスケット粉砕してしまって、それを掃除して以来、 排気がどこかビスケットの甘い香りがします。 カレー粉とかだったら惨事の可能性があります。 (より) 注意して欲しいのが、 フィルターがくさくなりやすいこと。 我が家は誰もタバコを吸わない家です。 先日ヤフオクで購入した中古のイスがたばこ臭く、イスをダイソンの掃除機で吸わせたら、 見事にフィルターや排気からたばこ臭がするようになりました。 (より) サイクロン部分の水洗いは公式には禁止されています。 しかし、かなり 埃が内部に付着しますし、臭いの原因となることもある様です。 (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 ダイソンは、 吸い込んだゴミの種類によっては内部に臭いがついてしまうこともあります。 まずは、 ダストボックス・フィルターなどのメーカー推奨のお手入れをしてみて、それでも臭いが取れない場合にはサポートに問い合わせて 臭いの原因となるパーツを交換してもらいましょう。 (臭いのトラブルはフィルターが原因のことが多いようです。 ) インターネット上では、自力での分解清掃や洗剤を使った漬け洗いの方法も紹介されているようですが、 推奨されていない使い方をしてしまうと保証が受けられなくなるので、おすすめできません。 最後の手段として行う場合には、 買い替えも覚悟して自己責任で行うようにしましょう。 ダイソンの口コミ10「髪の毛やゴミを巻き込みやすい」 ブラシとヘッドを繋ぐ回転軸の部分に 長い髪の毛を巻き込んでしまうと回転が悪くなってしまい、ブラシの掃除が必要になります。 (より) パワーヘッドの構造状、 内部にゴミを巻き込んじゃう。 それが見えるので気になって気になって、掃除する場所が増えちゃいました。 回転ブラシがゴミを内部に巻き込むので、 長い髪の毛や糸くずは絡まりやすいことがデメリットとなります。 モーターヘッドは カバーが透明になっていて、ブラシの汚れに気づきやすくなっています。 もちろんゴミが巻き付いた状態でも使用はできますが、機能面や衛生面を考えると、定期的なお手入れがおすすめです。 ブラシは 硬貨1枚で簡単に取り外せるので、気づいたときに清掃しましょう。 ダイソンの口コミ11「モーターヘッドでは狭い場所や壁際は掃除しづらい」 ヘッドが大きい!低めの家具(ルンバがぎりぎり入るくらいの高さ)は完全に平行にしないと入らないので、座り込んでかけることになります。 同じ理由で 高さだけでなく幅もあるので、細かい場所に入りません。 あと、 壁際のごみをとるのに弱いです。 ゴマ程度のごみがあって、なんどかヘッドを角度を変えて吸わせてみましたがダメでした。 (より) ヘッドに厚みがあるので、椅子の下など、高さのない部分に入らない。 (より) 他社製に比べて ヘッド部分がかなり大きいため、脚部付きの棚の底やベッドの下をアタッチメントを交換せずに掃除するのには向いていません。 特にベッドの下はモーター部分の重さと伸縮不可能なノズルが負担になってかなり動かし辛い。 (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 ダイソンは ヘッドが大きすぎて細かい部分が掃除しづらい!という不満も多く見られました。 とくにメインで使う2つの モーターヘッドは大きめで高さもありますし、モーター搭載のため 吸引口が端まで達していません。 モーターヘッドは部屋全体の掃除に使用し、家具の下や壁際・角などの 細かい部分は、面倒でもアタッチメントを付け替えて掃除することをおすすめします。 ダイソンの口コミ12「必要なアタッチメントだけを選べない」 あと、このセットは ヘッドが7つも付いているが、結局使うのは4つぐらい。 最初なのでわからんかったが、単品で1万以上するヘッドもあるので、もう少し考えれば良かった。 (より) 本当はダイレクト ドライブクリーナーヘッド が標準で付いている最上位のアブソリュートが欲しかったのですが、予算オーバー、要らないツールもあったりで、V10でも使える延長ホースと、カーペット用にダイレクトドライブクリーナーヘッドをAmazonの並行輸入で追加購入しました。 しかし、 カーペットはソフトローラーでレベルMAXなら事足りたかもしれないなぁ、というのが使用後の感想です… (より) さすがの吸引力。 でも、使わないアタッチメントが多いかも (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 ダイソンは 豊富なアタッチメントがセールスポイントの一つ。 機種選びでも重要なポイントとなります。 ですが、 アタッチメントの種類が多すぎてどれが必要かわからない…という方も多いのではないでしょうか?よくわからず 全種類付属している機種を選んだけど、ほとんど活用できなかったという声も多いようです。 また、 決められたセットの中からしか選べないので、ほしいアタッチメントと不要なアタッチメントが混在していることもしばしば。 どれが必要かわからなければ、最初は 必要最低限のセットにしておいて、必要なものだけ別売品を買い足す方法もおすすめですよ。 ダイソンの口コミ13「壁に穴を開けるか別途スタンドが必要」 壁に釘を打たなくともよい収納方法があれば尚よいと思う。 (より) スタンドが別売で買うしかない。 壁に穴開けるのに抵抗ない人は付属の壁付けでいいですが、やっぱりいやなので別メーカーのを購入しました。 (より) 収納用のツールもたくさんあるが、これまた値段が高い。 しかし、こいつをスマートに使うためには、 収納ツールは必須だろう。 色々売られているが、ちゃんと収納できないとか値段が飛び出るほどだとか選ぶのが大変である。 こんなの単純なので DIYが好きな人は、いっそ自分で作った方が良いだろう (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 ダイソンは自立しないので、 スマートに置いておくには収納ツールが必須となります。 通常付属している収納ツールは、 壁に穴を開けてダイソンを引っ掛けるタイプ。 賃貸住宅や壁に穴を開けたくないお家の場合には使えません。 純正の収納スタンドが付属している機種を選ぶか、市販されているスタンドを別途購入するか、はたまたDIYでスタンドを作るか… 予算と手間を考えて自分に合った方法を検討する必要があります。 ダイソンの口コミ14「布団圧縮袋が使えない」 布団圧縮袋を吸えない事。 これは盲点でした。 (より) 布団圧縮袋が使えないのは想定外。 (より) 口コミからわかったダイソンのデメリットと対策 布団圧縮袋が使えない!というデメリットも、数は少ないのですが挙がっていました。 ダイソンには、アタッチメントを取り付けるために、本体側の接続部に突起がついています。 その 突起が引っかかって、袋の口とうまく密着できないようです。 当然使えるものと思っていると、びっくりしてしまうかもしれませんね。 じつは、このような 市販の接手を使えば、布団圧縮袋問題は簡単に解決します。 布団圧縮袋が使えないなら国産の掃除機にしようかな…と迷っている方がいたら、ぜひ試してみてください。 まとめ:口コミでわかったダイソンのデメリットは事前に知って対策しよう ダイソンを実際に使った ユーザーの口コミから、デメリットとその対策を検証してきました。 その結果、 ダイソンのデメリットは使い方と機種選びで、ある程度は解決するものだということがわかりました。 もちろんライフスタイルによっては解決できない問題もあるので、 納得できるデメリットかどうかよく検討して選びましょう。 最後に ダイソンのデメリットと対策をまとめましたので、ダイソンの購入を迷っている方は参考にしてみてください! ダイソン 14のデメリットと対策• バッテリー長持ちのV10・V11シリーズがおすすめ。 定期的に取り外して水拭き。 まずは各部品のお手入れや交換で対応する。 ダイソンのデメリットを試すならレンタルがおすすめ ダイソンのデメリットを実際に試して、納得してから購入したい方には、 レンタルがおすすめです。 家電レンタルサービスでは、 ダイソンをお試しでレンタル可能。 3カ月~のお得な月額レンタルプランもおすすめですよ。 レンタルできるダイソンの種類や価格については、こちらからチェックしてみてくださいね! ダイソン最新全機種比較とおすすめはこちら.

次の

ダイソンが公表しないコードレス掃除機の欠点のまとめ

ダイソン 買っ て は いけない

【2019年】ダイソン掃除機のおすすめランキング 売上ランキングの上位がダイソンすぎて、どれを選んだらいいのかわからない人のためのページ 一昔前までコードレスクリーナーといえばキャニスター掃除機のサブ機という位置づけだった。 しかし、2013年頃からメインとして使える高価格帯のスティックタイプのコードレス掃除機が脚光を浴び始める。 当時はダイソンやエレクトロラックスといった海外メーカーが市場を独占していたが、現在では国内の大手家電メーカーからも独自の特徴を打ち出した高機能タイプのスティック型コードレスクリーナーが次々に登場、メーカー各社がラインナップを充実させている。 コードレス市場が激戦区になった今、ダイソン一強の時代は終わったかのように見えたが、現在もコードレス掃除機売上ランキングでは毎年ダイソンのモデルが首位を独走状態。 しかし、ダイソンの製品は型落ちのモデルが複数ランクインしていたり、同じシリーズからも複数ラインアップされいて、どれを選んだらいいのか悩んでいる人も多いのではないだおるか。 そこで毎年ダイソンの掃除機を買い替えてる管理人が目的に合ったおすすめモデルと買ってはいけないモデルを紹介。 なぜなら、ダイソンの製品は吸引力が低下しにくいため、ゴミの除去率(ダストピックアップ率)は、吸引力の指標となる吸込仕事率より、モーターヘッドのブラシ性能や設計に大きく左右するからである。 ダイソンの同じシリーズにはアタッチメントやヘッドのブラシ性能に違いがあるモデルが複数ラインアップされている。 アタッチメントは後で必要になっても、並行輸入品を購入すれば低予算で済むが、モーターヘッドを単品で注文すると高額になるので、普段、家で吸引するゴミや床に適合したヘッドが装備されたモデルを選びたい。 ダイソンのCMにも装備されていたり、ランキング1位を首位していることから、現在のダイソンスティック機の象徴やスタンダードモデルと言っても過言ではないだろう。 特徴は、柔らかなソフトローラーと広い開口部によって、アレルゲンなどの微細なゴミから食べこぼしなどの大きなゴミを同時に吸引することができる。 また、髪の毛や糸くずのような長いゴミが絡みにくい設計になっているので、面倒なヘッドのお手入れから解放される。 その他にフローリングの乾拭き効果が高い特長も存在するが、硬いナイロンブラシが搭載されてないので、カーペットの奥深くに入り込んだ微細なゴミの集じん性能は他のヘッドより劣る欠点も存在する。 絨毯に特化したモデルとなっており、アレルギーに悩んでいる人、ペットと生活している家庭、床にカーペットを敷いている面積が広い家での人気が高い。 特徴は、他のヘッドより大幅に向上したブラシパワーと硬いナイロンブラシを搭載しているため、他のどのヘッドよりもカーペットの奥深くに入り込んだ微細なゴミを掻き出す集じん力が優れている。 その他にカーペットやラグに頑固に絡みついたペットの抜け毛の集じん力も優れており、ここまで多くのペットを集じんできるヘッドを日本のメーカーでは未だに見たことがない。 従来のスタンダードモデルだけあって根強い人気があり、2019年にV7シリーズに「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」を標準装備した「V7 Slim」も登場している。 特徴は、他のヘッドと違って軽くてコンパクトな設計になっているため、広範囲の掃除の効率は落ちてしまうものの、軽くて取り回しが良いメリットが存在する。 ソフトローラークリーナーヘッドと違い、ペット用の餌・砂のような固形のゴミは弾き飛ばしてしまうが、カーペットから微細なゴミを掻き出す集じん力はそこそこ高い。 小範囲のカーペットにも対応している 基本的にミニモーターヘッドはダイソンのスティック機に標準付属されているアタッチメントである。 (一部例外あり) ミニモーターヘッドの特徴は、モーター駆動で高速回転するバーに硬いナイロンブラシが搭載されており、一般的にソファーや車のシートのような布製品の掃除に使われるが、布団やベッドのマットレスなどの寝具の掃除にも対応できる。 床との設置面には車輪がついていないため、傷がつきやすいフローリングような傷がつきやすい床に使用することはできない。 フローリングメインの掃除が用途であれば乾拭き効果の高いソフトローラークリーナーヘッドを標準装備しているFluffyをおすすめしているが、局所的にカーペットを敷いている部屋があり、小域的なカーペットや絨毯をしっかり掃除したい場合は、ミニモーターヘッドでも対応できるので、無理にAnimalやAbsoluteを買わなくても後悔することはない。 これまで吸引力の指標となる吸込仕事率が一番高いモデルはV10だったが、今年発売されたV11の強モードの吸引力はV10のMAXモードより25%もアップしている。 このため、最大吸込仕事率が高いモデルを選びたい場合は、迷わず最新モデルのV11を選ぶことをおすすめしたい。 ただし、吸引力が強い「強モード」は約8分ほどしか連続使用できないため、一回の掃除機に費やす時間が8分以上だった場合は、「標準モード」を使用しなければ広範囲を掃除することができない。 この使用頻度が高い「標準モード」の吸引力は前モデルと同等のため、吸引力重視で予算を抑えたい場合は、価格が下がったがおすすめである。 V11には「ソフトローラークリーナーヘッド」と「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」が付属されたモデルがラインアップ。 実はフローリングを掃除した場合、ゴミの除去率はどちらも同等であるが、床を磨く乾拭き効果は「ソフトローラークリーナーヘッド」のほうが上である。 一方、カーペットを掃除した場合、「ソフトローラークリーナーヘッド」は硬いナイロンブラシが搭載されていないため、底部の微細なゴミや絡みついた髪の毛やペットの毛は「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」に劣る。 このことから床に落ちているゴミの除去率は吸引力だけでなくヘッドの性能にも大きく左右されるため、家の床にあったヘッドが付属されたモデルを選ぼう。 ちなみに「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」だけが付属されたAnimalは後発で発売されると思われる。 現在、「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」が付属されたモデルは、2つのモーターヘッドが同梱されているAbsolute、Absoluteproの2機種しか存在しない。 V6以前のモデルはクリアビンのフタをパカッと開けてゴミを落とす設計だったため、クリアビン(ダストカップ)内で詰まったゴミやシュラウドに絡みついた髪の毛を手で取り除かなければいけなかった。 しかし、V10やV11は、V7やV8に採用されている「」を搭載。 半手動の操作でクリアビンのフタが開くと同時にゴム製のスクレイパーが前述したクリアビン内に詰まったゴミをこそぎ落としてくれるため、ゴミ捨て時に面倒な手間がかからず、しっかり捨てられるようになった。 さらに、この2機種はV7やV8と違ってクリアビンの位置が直線的に配置されたことにより、クリアビンのフタが前面についている。 このため、比較的小さなゴミ箱やゴミ袋に突っ込みながらフタを開けられるため、従来モデルよりゴミ捨て時に埃が舞い上がりにくいメリットも存在する。 ただし、どのモデルもクリアビンのフタを開けてゴミを落とす動作が伴うため、完全に埃の舞い上がりを抑えることは難しい。 このため当サイトでは「」を推奨している。 また、V6~V8シリーズのモデルは「プレモーターフィルター」に加え、「ポストモーターフィルター」を搭載。 このため、綺麗な空気を排出するようになったものの、フィルターが本体に2つ装着されているため、丸洗いするときにちょっとした一手間がかかった。 一方、V10以降のモデルはた「」と「」が一体化したフィルターを採用。 このため、前モデルよりフィルターのお手入れがスムーズに終わるメリットも存在する。 現在、V10やV11シリーズは「アタッチメント」や「モーターヘッド」の違いで複数のモデルがラインアップしている。 付属されているアタッチメントやモーターヘッドの種類がひと目で分かるページは比較表をクリック。 3年前のモデルとなるが、2017年まではフラッグシップ機であり、使用頻度の高い標準モードの連続運転時間は最新モデルを超えるスタミナを持っている。 床の掃除でよく使う[標準モード]の使用時間は、最新モデルのV10やV11より10分も長い30分。 バッテリー切れを気にして焦って掃除をしなくてもよくなった。 ただし、使用時間が長いメリットはあるものの、充電時間が5時間に増加しているので、掃除が終わったら充電を忘れないようにしたい。 また、最新モデルに採用されているダストカップに詰まったゴミを半手動の操作でごっそり落とせるはV8から採用されているため、ゴミ捨てもストレスフリーに行える。 その他に、V8以降のモデルは本体内部に吸音材を配置され、風路が改良されているため、体感では従来モデルよりこもった音で静かになっている。 現在、V8シリーズは「アタッチメント」や「モーターヘッド」の違いで6種類が発売。 標準付属されているアタッチメントやモーターヘッドの種類がひと目で分かるページは緑のボタンをクリック。 また、フローリングの掃除が得意なFluffyモデルに標準装備されている「ソフトローラークリーナーヘッド」は重量が765gもあり、ダイソンに採用されているクリーナーヘッドの中で一番重たい。 このため、V8シリーズに関わらずダイソンのFluffyは重たくて使い勝手が悪いという批判レビューも多くみられる。 そこでダイソンの象徴であるFluffyが欲しいけれど、重たくて使い勝手が悪いという不安を抱いている人におすすめなのが、2019年8月に発売されたV8 Slim Fluffyだ。 このモデルは従来のV8 Fluffyのマイナーチェンジされたモデルとなり、日本の住居や日本人に合わせた日本専用モデル。 15kgと、比較的新しいモデルの中で一番軽くなっている。 さらに、延長管も従来のものより6cm短くなり、低身長でダイソンが使いにくかったユーザーにも最適となっている。 それぞれの本体仕様は同じとなっており、大きな違いは付属されている専用ツールの有無となる。 フロアのみの掃除であれば最低限のアタッチメントが付属された割安の「V8 Slim Fluffy」。 なお他のアタッチメントは単品でも注文可能、Amazonなどで販売されている割安の並行輸入品がおすすめ。 なぜ、V7より重量の軽いモデルが存在するのに、V7をおすすめするのかというと、綺麗な空気を排出する「ポストモーターフィルター」とゴミ捨てが簡単になる「新ゴミ捨て機構」を搭載しているからである。 実はV7はV8より、後発で発売されたモデルとなり、新しいモデルに搭載されているギミックを搭載しているのだ。 ただし、軽さにウェイトを置いているため、2017年までフラッグシップ機であったV8と比較すると、バッテリーの容量が小さく、連続使用時間が短いデメリットも存在する。 また、吸引力の目安となる吸込仕事率もV8より少し劣っているのがネック。 しかし、床用モーターヘッドは最新モデルのものと同じタイプが搭載されているので、家庭で発生するゴミの除去率に大きな違いはないと考えても大丈夫である。 V7よりさらに軽いモデルを探している場合は、後述するV6をおすすめしていたが、2019年3月にV7シリーズからV6のMotorheadに採用されている「」を搭載した V7 slimがラインアップ。 またストレートパイプが6cm短くなっており、身長が低くい人にも最適。 現在、V7シリーズは「アタッチメント」の有無や「モーターヘッド」の種類の違いで大きく4種類が販売されている。 付属されているアタッチメントやモーターヘッドの種類がひと目で分かるページは下の性能比較表からどうぞ。 そこで、安価なダイソンを探している人におすすめなのが、2015年に発売された。 さらに型落ちのモデルも価格が安くなっているが、DC62以前のモデルは部屋の空気より綺麗な空気を排出する「」が採用されていないので、個人的におすすめはできない。 ただし、ダストカップに溜まったゴミをレバーを上に引き上げることで簡単かつ衛生的に捨てられる「」は採用されてないので、こまめにゴミ捨てを行いたい。 現在、V6シリーズのモデルは付属されているアタッチメントの有無や、標準装備されているモーターヘッドの違いで複数のモデルが市場に出回っている。 中にはHEPAフィルターと同等の「」が搭載されていないモデルも存在するので注意されたし。 同梱されているアタッチメントやモーターヘッドの種類がひと目で分かるページは下の黒のボタンからどうぞ。 「ダイソンの掃除機はうるさい」というイメージを持たれている人が多いかもしれない。 しかし、同社のコードレス掃除機の場合、運転音はV7以降のモデルから大きく改善されており、独特の「キーン」という高音はV6に比べるとこもったような音に改善されている。 このため、アパートなどの集合住宅に住んでいて、音の静かさを重視したい場合は、V7以降のモデルがおすすめである。 ちなみに、どのシリーズのモデルも騒音値に大きな差はないが、わたしの体感ではよく使用する「標準モード」の運転音が一番静かだと感じたのはV7である。 このため、使用頻度の高い「標準モード」の音を少しでも下げたい場合はV7シリーズのモデルがおすすめである。 ただし、V7の「標準モード」の吸込仕事率は他の機種より少し低いため、吸引力を妥協しなければいけない。 掃除機をかけにくい時間帯に掃除をすることが多い場合は、3つの運転モードが搭載されたV10やV11のほうがおすすめである。 V10やV11にはバッテリーの残量を節約する「省電力モード」が搭載されており、吸引力は弱くなるものの運転音が劇的に静かになるうえ、使用時間が延長できるメリットも。 モーターヘッドを搭載しているため、エコモードでも家庭で発生するゴミは十分に吸い取れるので安心。 DC62とDC74をおすすめしない理由 ポストモーターフィルターがないから排気性能が劣っている 2013年に発売されたDC62は画期的な変更点があった。 DC34とDC45に採用されていたデジタルモーターV2より、さらにパワーアップした「デジタルモーターV6」と、サイクロンが2層に配置された「」を搭載。 さらには、ブラシパワーがアップした「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」を標準装備し、より多くの微細なゴミを集じんすることに成功。 そして、DC74は最新モデルにも採用されている「」を初めて搭載したモデルとなる。  しかし、DC62とDC74にはV6以降のモデルに採用されている「」が搭載されていないのだ。 ポストモーターフィルターは空気清浄機にも採用されているHEPAフィルターと同等の性能があり、粒径が0. 97%以上の捕集率を持っている。 つまり、DC74以前のモデルはより多くの微細なゴミを吸引することができても、アレルギーの原因となるハウスダストをフィルターで捕らえきる能力が低いのだ。 現在、排気性能が劣っているDC74以前のモデルは、型落ちのモデルをセールしている「」のチャレンジデーでも登場しなくなっているが、型落ちのダイソンを購入するのであれば最低でもポストモターフィルターが採用されているV6以降のモデルを選びたいところだ。 DC35とDC45をおすすめしない理由 同じ予算で上のモデルが買える 2011年に発売されたはダイソン初となるハンディクリーナーに延長管と床用ヘッドを標準装備したスティックコードレスクリーナー1号機。 微細なゴミを遠心分離するサイクロン数が少ない「」という古いテクノロジーが採用されているうえ、「」が本体とダストカップのあいだに配置されているので、お手入れ時にフィルターの着脱が面倒な欠点が存在する。 翌年(2012年)発売されたもDC35と同じサイクロンテクノロジーとデジタルモーターV2を搭載。 DC35との大きな違いはバッテリーの容量が増えたことで[標準モードの]連続使用時間が13分から20分にアップ。 さらに、モーターヘッドのブラシパワーがアップしたことにより、特にカーペットにおける集じん性能が向上している。 しかし、充電時間が3. 5時間から5時間と大幅に増えている。 どちらも比較的新しいモデルに比べると重量が軽いというメリットがあるが、現在は、型落ちのモデルを安く提供する「」のチャレンジデーですら紹介されなくなった老兵。 古いテクノロジーや機構が採用されているうえ、DC34やDC45の実勢価格は30,000円前後。 このくらいの予算があれば、1つ上のパワーアップした「」や排気性能が向上した「」のモデルを購入できるので、わざわざ初期のモデルを選ぶ必要はない。

次の