積水 ハウス 株主 総会。 株主総会

積水ハウスの定時株主総会は全面対決になりそう: 金商法についてあれこれと

積水 ハウス 株主 総会

積水ハウスの4月23日開催定時株主総会に、地面師詐欺事件をきっかけとした人事抗争で2年前に解任された同社和田勇前会長らが、 取締役の総入れ替えを求める株主提案を出しています。 普通、株主提案の取締役候補が過半数の賛成を得るのは大変です。 しかし、今回はクーデターで失脚した前会長がこの総会に狙いを定めて、メディア戦略含め周到に準備し根回しした経営陣刷新の提案なので予断を許しません。 しかも米議決権行使助言会社最大手インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ (ISS)とグラスルイスの2社が、それぞれ会社提案につき、阿部会長と稲垣副会長の取締役再任に反対を推奨(但し和田氏にも反対推奨)、現代表取締役4人(前記2名含む)全員について反対推奨とのレポートを出しています。 両社ともガバナンス重視の流れ、地面師詐欺事件に絡む情報開示姿勢などが反対推奨理由のようですが、その件で責任が重いとされる会長や副会長の再任にどの位の賛成あるいは反対があるのか注目の株主総会です。 2020年1月31日における積水ハウスの株主構成。 金融機関などの機関投資家や外国人投資家は、議決権行使助言会社のアドバイを参考に自らの判断で議決権を行使しますが、現体制に厳しい目を向けることにはなるでしょう。 ただし、積水ハウスはこの規模の会社にしては外国人株主比率が低いようですが。 会社側は社内の調査対策委員会による事件に関する「調査報告書」の公開を頑なに拒み、情報開示に異常なほど消極的な姿勢も目立ちます。 しかし大企業で起きた大型不正経済事件なので、もっと全容解明にむけ事件の詳細を率直に開示すべきだと思います。 今の状態では積水ハウスの内向き志向の隠ぺい体質が際立ち、詐欺被害額の何倍もに相当するイメージダウンになっていると感じます。 事件の流れ。 多額の不明金がアメリカからも注目され、マネーロンダリング疑惑などの話もでているようです。 詐取された55. 5億円のうち中間業者の「IKUTA HOLDINGS(株)」が、この架空取引で10億円の差益を得、残り45. 5億円は、地面師グループ内で分配などされたりしたのでしょうが、詳細は不明です。 マンション購入代金7. 5億円とは、積水ハウスの新築マンション「グランドメゾン江古田の杜」11室を偽売主に購入させる売買契約の代金相当分で、偽売主への残金決済分から相殺したものです。 「グランドメゾン江古田の杜」は当時販売状況が芳しくなく(竣工後2年以上経つ現在も販売中)東京マンション部としてどうしても売りたい物件だったのでしょう。 しかしそんな営業?をする前に、何故大型土地取引にあたって最も大事な「売主の本人確認」に、(いろいろな警告があるにもかかわらず)最大限の努力をしなかったのか本当に不思議な会社です。 ここにきて、積水ハウス元不動産部長の方の「会長(当時の社長)は不正取引を知っていた」との実名証言が飛び出すなど、株主提案側が一段と攻勢を強めているようです。 新型コロナウィルス禍のもと、例年とは違う(参加者、時間)株主総会がどう決着するのか注目です。 (4月17日追記:積水ハウスの株主総会の開催場所が急遽ウェスティンホテル大阪から梅田スカイビルに変わったようです)。 なお、積水ハウス社の調査報告書全文(黒塗り箇所あり)は「」というサイト(株主提案側の情報提供サイト)で読むことが出来ます。 (過去記事:) (過去記事:).

次の

株主総会|IR情報|積水化学

積水 ハウス 株主 総会

取締役一新の株主提案をするのは前会長の和田勇氏。 東京都品川区の土地取引で約55億円をだまし取られた責任をめぐり、当時社長だった阿部俊則会長と対立し、2018年に会長を退いた。 和田氏は現経営陣のガバナンス(企業統治)や事件についての情報開示が不十分だとして、自身を含む11人の取締役選任を求めている。 これに対して積水ハウスは阿部氏や仲井嘉浩社長を含む12人の取締役選任を提案。 和田氏に反論し、その提案に反対するよう株主に呼び掛けている。 総会の行方の鍵を握るのは、機関投資家に影響力がある議決権行使助言会社の動きだ。 特に積水ハウス株主の約3割を占める海外投資家は、助言会社の意見を重視する傾向が強い。 米大手2社は4月、阿部氏と、稲垣士郎副会長の続投に反対することを推奨した。 インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)は、積水ハウスにはガバナンスや情報開示の姿勢に懸念があり、両氏は特に責任があると指摘した。 グラス・ルイスは阿部氏と稲垣氏に加えて仲井氏、内田隆副社長の再任にも反対した。

次の

積水ハウス、あす株主総会 「地面師」被害、助言会社が会長再任反対

積水 ハウス 株主 総会

2月18日、積水ハウス経営陣に取締役選任の株主提案をした和田勇・前会長兼CEO(左から2人目)ら(撮影:大澤誠) 「2年間ずっと見てきたが、(55億円をだまし取られた地面師事件の真相について積水ハウスの現経営陣は)隠しに隠している。 これだけ隠し通すのはおかしい。 何かうごめいているものがある。 事件の真相を明らかにしないとダメだ」 積水ハウスの前会長兼CEOの和田勇(わだ・いさみ)氏はそう語る。 ガバナンス改革のために立ち上がった 和田氏は2月18日、都内で記者会見を開き、積水ハウスの現経営陣に対して株主提案を行うと発表した。 例年4月に開催される積水ハウスの定時株主総会で、和田氏を含む4人の社内取締役と7人の独立社外取締役、計11人の取締役選任を求めるという提案だ。 なお、和田氏自身の会長や社長への復帰については明言を避けた。 会見の冒頭、和田氏は、会見にも同席した勝呂文康取締役から「この1月に、今の積水ハウスはにっちもさっちもいかない。 こんなことをしていたら、2. 4万人いる社員がおかしくなる」と直訴され、積水ハウスのガバナンスを立て直すために立ち上がったと説明した。 勝呂氏は、2018年2月に和田氏が会長を退任する直前まで、和田氏肝煎りの国際事業を担当していた人物だ。 和田氏らは、積水ハウスの現経営陣である阿部俊則会長や仲井嘉浩社長らに地面師事件の責任があること、阿部氏らは自らに不都合な情報を含む調査報告書の開示や事実解明を拒んでいること、阿部氏を解職すべきとした人事・報酬諮問委員会の答申を無視し、ものが言えぬ状況を作り出していると指摘。 独立社外取締役を半分以上とする体制を構築し、「新しい積水ハウス」を目指すとした。

次の