地震 予知 2020。 【地震予知ミシェル】2020は震度8の南海トラフ発生で東京オリンピックが中止?

【都市伝説】地震から戦争まで!2020年の予言が怖すぎる【オカルト】

地震 予知 2020

毎日のデータチェック等 地震予知情報をお届けします。 2 十勝M5. 8 茨城M5. 静寂傾向ですがスタンバイ待機します。 スタンバイしたらM6~シグナルとなります。 電子画像のホワイトアウト。 今回は、しっかり反応継続中です。 前回は十勝M5. 8です。 その前は しっかりと反応していたのに地震発生していません。 今回スタンバイしたら 溜め込んでる分がまとめて地震発生する可能性も。 スタンバイ待機ですが スタンバイしたら国内M6~注意。 今は国内M6気配としておきます。 ひので不良ラインです。 二回目。 前回の対応地震は、岐阜、十勝、茨城のM5~M6でした。 今回は、前回と違って ガッツリ反応しています。 昨日の夕方の4時~今朝の4時までの反応です。 これはホワイトアウトとは別で 国内M5~M6注意 5日間とします。 前回の不良ラインのカウントは 残り2日なんですが それは解除。 新しくカウントします。 しかし 明日、明後日には ホワイトアウトがスタンバイすると予想されます。 となると 全て統括し 国内M6~M7注意。 7日程度のカウントに。 皆さんには 精神的に 負担を おかけし、申し訳なく思いますが 一緒に乗り越えていきましょう。 国内は、かなり活性化しています。 各地ご注意ください。 スタンバイしたらM6~シグナル。 茨城M5. 3です。 これは 先日の体感の対応地震となります。 関東中規模は これで解除します。 ただ その後 前回より弱い耳鳴りがありました。 もしかしたら、これよりか弱いくらいの地震がもう一つあるかもしれません。 そこだけ ご記憶ください。 岩手のみスタンバイ継続中です。 岩手は中規模気配。 各地スタンバイしたらM8注意。 スタンバイしたらM7注意。 体感の予測で 今朝の関東の残り物があるかもしれませんが データとしてはスタンバイしてないので 大型の気配はありません。 反応継続中。 危ないなぁ関西。 関東とかも危ないんですが 関西もかなり危険地域です。 スタンバイしたらM7注意なんですが 大阪と京都はスタンバイしています。 とりあえず 大阪~和歌山M5~M6注意となります。 山形~石川M5注意となります。 スタンバイしたらM7注意となります。 スタンバイしたらM6注意となります。 これは 今スタンバイしている宮崎データの対応地震となります。 しかし、規模が少し小さいので 九州南部M5~M6注意は継続中となります。 今しばらくご注意ください。 熊本もスタンバイ継続中となります。 九州北部M4~M5注意となります。 スポンサーリンク.

次の

今年、東日本大震災級の大地震発生の兆候か…伊豆諸島で土地の異常な高さ変動観測

地震 予知 2020

Contents• 未来人の予言1:2020年8月開催の東京五輪について 漫画AKIRAで東京五輪の開催中止が予言されていたり、イルミナティカードでもコロンの流行、そしてそれに伴う東京五輪の開催危機の暗示と、あまり良くない予言が目立つ2020年東京オリンピック。 こちらの詳細は文末の関連記事をご覧くださいませ。 そんな不穏な予言が目立つ中、未来人の予言にはこのようなものも・・・ 未来人原田の予言する2020年東京五輪 かつて熊本地震や、2020年東京五輪の開催を予言したと言われている 2058年から来た未来人原田。 彼の予言によると、東京五輪の開催は滞りなく行われるものの、 いくつかの国が参加をボイコットすると予言しています。 引っかかるのが「 ボイコット」という言葉。 もしコロンが原因であるならば、「 棄権」「 不参加」といったほうがしっくりする気がします。 ボイコットであるならば、思い出されるのは、1980年のモスクワ五輪。 スポーツと政治の問題が大きく話題となりました。 未来人原田の言葉の意味を考えるのであれば、それは 政治的な衝突が起きることを示唆しているのかもしれませんね・・・ 2062年から来た未来人の予言する2020年東京五輪 東北沖地震を的中させたことで知られる、 2062年から来た未来人。 彼は2020年東京五輪の開催を以下のように予言しています。 「 東京オリンピックは成功する。 開会式より閉会式が感動的だ」 ・・・予言??笑 と言うかは置いておき、2020年東京五輪の開催は問題ないということでしょうか。 未来人原田の唱えた出場国問題については触れていません。 しかし、予言の一文からはそれ以上の意味は見出せないので、もしかしたらボイコットした国があるのかもしれませんね・・・ とにかく、閉会式が感動的らしいので、録画の準備はしておきましょう!笑 他にも色々な予言がありますが、 未来人の声を参考にすると、2020年東京五輪の開催自体は問題なさそうです。 スポンサーリンク 未来人の予言2:2020年8月に地震が起きる? 2020年に地震が起きると言う予言は、未来人のものはありませんでした。 しかし、 気になる予言が二つありましたので、そちらをご紹介します。 2020年東京で直下型地震が起きる? 一つは イルミナティカードと言われる、未来が次々と現実になると言われる不思議なカードの予言。 これまでに、911やペンタゴンのテロ、さらには311を的中させてきたり、未来を予言するカードとして注目を集めているのですが、その中には 東京都で直下型地震を暗示しているのではないかと取れるカードが存在します。 こちらがそのカードで、その解釈は諸説ありますが、ここでは簡単に有名な説を。 右上に描かれている時計台は、銀座の一等地として有名な 和光時計台。 それに酷似していると、かねてより話題となっています。 その時計台が、何か爆破のような形で破壊されています。 この原因は諸説あるのですが、その一つが東京を襲う直下型地震であると言うもの。 そして、 カードに登場する人物の服やネクタイなどを5色がオリンピックの5色エンブレムと配置は異なりますが、合致しています。 つまり、 東京五輪開催期間中に直下型地震が東京を襲うと言うものです。 もちろん、これには諸説ありますし、こじつけ感もあるのですが、過去に数多の予言を的中させてきたイルミナティカードの一つの可能性として、覚えておいても損はないと思います。 こちらについては、下記の記事で詳細を記載しています。 この予言も数年前から話題となっており、16日の日曜日が来る度に話題となるのですが、これまでは的中せず。 しかし、2020年に16日の日曜日が実現するのは、 2月16日(日)と8月16日(日)の2日間です。 ですが、ここで先ほどのイルミナティカードのイラストに書かれた人物のカラーがオリンピック、いや、パラリンピックの5色を表すのであるとしたら、8月16日と言う日付はまさにドンピシャのタイミングでやってきます。 と言うことなので、 2020年8月16日の日曜日、パラリンピックの真っ最中とはなりますが、もしかしたら、カードのイラストが実現してしまうかもしれません・・・ ・東京オリンピックのすぐ後くらいからある2カ国が衝突 ・2カ国はどちらもアジア ・日本が大きく関わっている ・日本が相手国の態度にブチギレ と言う内容のもの。 色々と情報を集めてみると、アジア2カ国での戦争ではありませんが、 アメリカと中国の戦争から第三次世界大戦に発展するのではと危惧する情報は多く、過去に多くの予言を的中させている ミステリー雑誌『ムー』でも、その内容を取り上げています。 となると直下型地震が原因ではなく、もしかしたら 戦争が原因で銀座の和光時計台が襲撃され、パラリンピックどころの騒ぎではなくなる・・・かもしれませんね。 感動を迎えるはずの東京五輪直後に、第三次世界大戦の勃発。 下記記事では、そのような内容をまとめて紹介しています。 過去に地震などを的中させてきた未来人ですが、果たして2020年以降の日本はどういった未来が待ち構えているのでしょうか。 もちろん、、、予言が的中しないことに、越した事はないですが。 今後の動向にも注目してみましょう。 また、関連記事も合わせてご確認してみてくださいね。

次の

2020年に巨大地震が多発する7つの理由! 「起きるとしか思えない」マジ危機的状況、東京五輪中止を覚悟せよ!

地震 予知 2020

2020年の夏季オリンピックの開催地が東京に決まった。 このニュースを聞いて筆者が真っ先に思ったのは、「放射能汚染は? 大地震は? 富士山噴火は? さらなる原発事故は?」という疑問だった。 この数年内に、さまざまな自然災害などの予言・予測が出ているのに、それが実際に起きてしまったら、五輪どころではなくなるだろうと。 すると、開催が決定した数日後に、予言者の松原照子氏が、ブログで非常に気になることを書いた。 それによると、松原氏は、昨年ある人に、「オリンピックは東京に決まりますか?」と質問を受けた。 その時、間髪を入れずに「ない」と答えてしまったというのだ。 だが、実際に開催地が東京に決まった後も、「2020年のオリンピックが気掛かりなのです」と書いているのだ。 「中止になる」と、はっきり断定してはいないが、それを匂わせるような書き方をしている。 そして、読者にお願いとして、「私の心の中にある不安と申しますか、胸が詰まったこの気持ちが治まるように思っていただきたいのです」とも書いている。 もし本当に松原氏の懸念が現実のものとなり、2020年に東京オリンピックが開催されないとすれば、それはどんな要因だろうか? 冒頭に書いた、数年内に予言・予測されている自然災害といえば、まずは「南海トラフ地震」がある。 過去の記事でも書いたように、現在、南海地震の前兆の可能性がある現象が起きている。 「今年12月から来年3月までにM7以上の地震が発生する」という可能性を示唆する学者もいる。 11も予測していたというロシアの地震学者であるアレクセイ・リュブシン氏も、やはり今年から来年春までに南海トラフあたりでM9クラスを予測している。 さらに、「週刊現代」(講談社)で、20人の占い師・霊能者に聞いた結果でも、南海トラフ地震が今年11月に起きるという予測が最も多かった。 五輪の施設プランをみると、競技会場や選手村の多くが、東京湾岸に分布している。 東京湾に津波が襲ってきたら、どうなるのだろうか。 南海トラフでM9規模の3連動地震が起きた場合、東京湾は最大で高さ3メートルの津波が想定されている。 東京湾岸は、高さ3. 5m以上の防潮堤で守られているので、南海トラフの津波でも大丈夫だとされていて、本当に3m程度で収まれば、被害はないことになる。 だが、津波を引き起こす地震は、南海トラフ地震だけとは限らない。 11など、さまざまな巨大地震の予知を的中させてきた木村政昭・琉球大学名誉教授は、伊豆・小笠原諸島で、2015年までにM8. 5の「スーパー巨大地震」が起きることを予測している。 また、松原照子氏自身も、1987年に出版した『宇宙からの大予言-迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)で、日本列島が分断されるような巨大地震が起こり、高さ80m~120mもの大津波が襲うと予言している。 南海トラフよりも東京に近いところで、このような巨大地震が起きれば、東京湾も高さ3mでは済まされず、大津波が防潮堤を超える恐れも出てくる。 日本政府は、伊豆・小笠原諸島などで巨大地震が来るとはまったく予想していないので、それこそ「想定外」となって、防潮堤を超える津波など予測していないだろう。 東京湾岸一帯は、ウォーターフロントと呼ばれ、高層マンションなども建てられて非常に人気があった。 だが、3. 11で住むところに対する価値観が大きく変わり、海沿いの土地は高いリスクが伴うと思われるようになった。 そのリスクとは、津波だけでなく、液状化現象も含まれる。

次の