どん きつね さん。 日本の女優「吉岡里帆」のどんぎつね写真集が可愛すぎる!【台湾人の反応】

狐(きつね)が登場する昔話

どん きつね さん

星野源さんと吉岡里帆さんが共演していることで話題の、「日清どん兵衛」のCM「どんぎつね」シリーズ。 前回ご紹介したCMでは、ふたりの出会いに関するエピソードが紹介されていましたが……。 一体なにが衝撃かって、どんぎつねの正体が……と、この続きは、もう少しあとで明かすことにしますね。 【初対面からしばらく経った頃の物語】 『絵本 どんぎつね』を朗読するのは、 星野源さん。 ある日、庭のほうから「グゥ~ッ」とお腹が鳴る音を聞いたげんは、急いで音の鳴る方向へ行ってみました。 するとそこには、以前助けてやったきつねが倒れていたものだから、さあ大変。 お腹を空かせている様子のきつねに、げんは 「日清どん兵衛」のふっくらおあげを分けてあげたんです。 するとそれ以来、どんぎつねは 毎日げんの元へやってくるようになり、 「どん」と名前を付けて可愛がります。 【げんの何気ない一言がどんぎつねを追い詰める】 ある日のこと、げんはどんぎつねに、 「きつねは人間の姿に化けられるんだろう? だったら、可愛い女の子に化けておくれよ」 と、お願いをします。 「人間になったら結婚してずっと一緒にいられる」というのがげんの思いのようなのですが、この一言を聞いた途端に、 どんぎつねの顔が曇り始めたんです。 げんが熱に浮かされたように結婚話を語るたび、どんどん落ち込んでいくどんぎつね改め、ポンスキーのどん……。 つーか、マジできつねと結婚しようとしていたとしたら、 ちょっと恐怖すら感じるわ。 たまらなくなってその場から逃げ出したどんに、げんは 「女の子に化けられるようになったら、いつでも帰っておいで~!」 という、容赦ない一言(?)を浴びせかけました。 そんなげんに対し、どんぎつねは渾身の 「わん!」で応戦したのですが……どんの気持ち、げんにきちんと伝わったのかな!? 【長い時間をかけて…化けられるようになりました!? 】 それから十数年後、可愛い女の子(吉岡さん)になって、大人になったげんの元へと戻ってきたどんぎつね。 そもそも犬だったというのなら、きっとここまで来るのに、血のにじむような努力をしたんだろうなぁ……。

次の

吉岡里帆演じるどんぎつねの1st写真集がブランドサイトにて公開!全37P撮りおろし“幸せな平成最後の大晦日”

どん きつね さん

女優のが話題だ。 「ぼくのそばに きみがいる」とのコピーで始まる1枚目は、テーブルの上で、両手で頬を支えた吉岡の姿が活写されている。 さらに、「これは夢? その卵でぼくの頭を コツンと叩いてくれないか」とのコピーに合わせて、卵で右目を隠した吉岡。 「そのとき落ちたのは、きみじゃなくて、ぼくだった」の文言とともに、どん兵衛に卵を割って入れようとする吉岡の姿が次々に登場する。 ツイッターには「吉岡里帆写真集、公式が本気過ぎる」「どん兵衛公式サイトが吉岡里帆との妄想全開な件についてwww」「公式気が狂っとるやん、、、わからなくもないけど狂っとるやん、、、」などと、公式サイトの力の入れ具合に衝撃が広がっている。 彼女にフォーカスした今回の写真集の登場は、新たな話題の的になっているようだ。 ファンからは「どん兵衛の吉岡里帆が可愛すぎる件... 」「どんぎつねさん写真集がかわいくて全私が泣いた」「どん兵衛1st写真集なるものがあり読みすすめ、胸が苦しくなった。 胸がきゅっとなる。 外部サイト.

次の

吉岡里帆のどんぎつねの写真集が無料で公開されたので堪能してみた

どん きつね さん

【】 むかし、あるところに悪知恵の働く狐がおったと。 ある冬の寒い日、狐は腹を空かせて、どこかに食べる物はないかと探し探し川辺りまで来たと 【】 むかし、あるところにキツネとクマがおったそうな。 二匹は山で出合ったと。 「クマどん、ふたりで畑をつくろうや」「うん、そりゃよかろう」ということになって… 【】 むかし、あるところに一人の若者がおったと。 若者は畑仕事のあいまに駄賃(だちん)働きするほどの働き者だったと。 ある日、若者が駄賃働きで隣(となり)村へ… 【】 むかし。 あちこちの山を巡り歩いて修行(しゅぎょう)をするひとりの山伏(やまぶし)がおった。 ある日、野原を通りかかると、道端(みちばた)で一匹のキツネ… 【】 むかし、あったけど。 狢と狐が、道でばったり会ったと。 「狐どん、狐どん、ひさしぶりじゃのう」「これはこれは狢どん。 本当にひさしぶりじゃ」というているうちに、狐が、… 【】 むかし、あるところに和尚さんと小僧さんがおったと。 ある秋の日、和尚さんと小僧さんが檀家の法事をすませてお寺へ帰る道を歩いていたと。 空は晴れとるし、草花は咲いとるし、道端の石に腰かけて、和尚さん一服した。 【】 とんと昔もあったげな。 狐と狸とあったげな。 あるとき、狸が山道をと通っていたら狐と出逢うたそうな。 【】 むかし、ある村にひとりの男があったと。 山道を歩いていたら、日が照っているのに雨がパラパラ落ちてきた。 天を仰いで、「ほ、こりゃ狐の嫁入り日じゃ」いうとったら、いつの間にやら、少し先を娘が歩いちょる。 【】 昔、ある村に文吾ゆうて、えらい、負けん気な男がおったそうじゃ。 ある日、村の衆が文吾にこうゆうたと。 「近頃(ちかごろ)、下の田んぼに悪戯(わるさ)しよる狐が出て、手がつけられん。 何とかならんもんかいの」 【】 昔あったけド。 あるどこの兄マ、妙法寺(みょうほうじ)さんのどご通て行たバ、七曲さんのどごがら、狐、チョコチョコと出で来で、松葉拾(ひろ)うて頭さチョンと乗せてで、あっちキョロ、こっちキョロ見っでモノ。 【】 むかし、あるところに、ひとりの爺(じ)さが居てあったと。 爺さは、毎日山へ木をきりに行っていたと。 ある日、爺さが山へ行ったら、ケン、ケーン、クーン、と苦しそうなキツネの鳴(な)き声が聴(き)こえてきた。 【】 むかし、むかし、おったと。 近江八幡(おおみはちまん)さんにそれはみごとに化ける狐(きつね)が。 そうして近くの寺には、これもみごとに化ける狸(たぬき)が。 【】 昔、あるところの原っぱに、性悪(しょうわる)で化け上手の狐(きつね)がおったと。 通る人を坊主頭にするので、村の人たちはおっかながって、誰もその原っぱを通らなくなった。 不便(ふべん)でしょうがないのだと。 【】 とんと昔のことたい。 筑前(ちくぜん)の国、今の福岡県の福間の里(ふくまのさと)に花見(はなみ)という街道(かいどう)が一本通っておって、その道は、いつでもおさん狐が化(ば)けて出るところじゃったげな。 【】 むかしむかし、あるところにキツネとカワウソがおった。 魚とりの上手なカワウソは、いつもキツネを呼んで魚をごちそうしていたと。 【】 むかし、あるところに『あくやのしろど』ていう仲の好(え)え夫婦いてあったと。 して、どっち死んでも七年間は後添(のちぞえ)貰わねことに約束したわけだ。 【】 あるところに、三太いう気のいい男がおった。 三太のかかは出べそだったんだが、三太のほかには、だぁれもしらん秘密だったと。 ある夜のこと、三太のかかが風呂さ入っているとこを、キツネがこっそりのぞいて見てしまったんだと。 【】 むかし、丹後の国、今の京都府宮津の天橋立に「橋立小女郎」と呼ばれる白狐がおったと。 この白狐はいつもきれいな女に化けて人間をだましていたので、こんな名前がついたのだと。 【】 むかし、あるところにひとりの爺(じ)さまがおった。 爺さまは畑に豆をまいた。 秋になって、たくさんの豆がなった。 爺さまはそれを刈(か)り取って束ね、束ねては立てかけて、畑に干しておいたと。 【】 むかし、むかし、あるところに太郎狐と治郎狐の兄弟狐があったと。 ある日のこと、二匹が連れだって山道を歩いていたら、道端に握り飯が二個、竹の皮に包まれて落ちていた。 いい匂いだと。 【】 むかし、あるところにひとりの男がおったと。 男が荒地(あれち)を畑にしようと掘り起こしていたら、鍬(くわ)が思いっきり石を叩(たた)いた。 「しもうた」… 【】 昔、あるところに御殿医(ごてんい)がおったげな。 御殿医ち言うんは、お城のお殿さんや奥方(おくがた)、ご家老(かろう)とかが病気になった時にかかる、身… 【】 むかし、長崎市(ながさきし)の立山(たてやま)あたりは、岩屋豪(いわやごう)といってお諏訪(すわ)さまの丘から続いたこんもり繁った森であったと。 この… 【】 むかし、長崎県の山田というところに、十伝どんという男がおったと。 その頃、やっぱり長崎の日見の峠に、いたずらな狐が棲んでいて、ときどき人をだましていた… 【】 むかし、今の道後温泉(どうごおんせん)のそばに、湯月城(ゆづきじょう)というお城があって、河野伊予守道直(こうのいよのかみみちなお)という殿さんがお… 【】 昔、あるところに茅部野(かやべの)というところがあってな、そこは狐(きつね)がよう出るところで、度々人がだまされて、道を迷(まよ)うて難儀(なんぎ)… 【】 むかし、ある山ん中の峠(とうげ)にお茶屋があって、お爺(じい)さんとお婆(ばあ)さんが住んでおったそうな。 峠を越(こ)す者は誰(だれ)でも、茶を飲(… 【】 むかし、ある寺に、かしこい小僧がおってな、山の狐穴(きつねあな)から、狐の玉を拾(ひろ)ってきたそうな。 その玉が無いと、狐は人をだませんのだと。 小僧… 【】 むかし、と言っても、つい此(こ)の間(あいだ)。 そうさな、五十年ほど前だったろうか。 山梨の金山(かなやま)っちゅうところに、炭焼きの爺(じ)さまがお… 【】 むかし、というても、ちょっとむかし。 そう、今から六十年前のこと。 長野県の篠ノ井(しののい)と塩尻を結ぶ、国鉄、篠ノ井線の話だ。 空が曇り、月の見え隠れ… 【】 昔、常陸 ひたち の国上岡 うわおか 、今の茨城県久慈郡 くじぐん 大子町 だいごまち に甚兵衛(じんべえ)さんという年寄りのきこりが一人で住んでお… 【】 むかし、福島県の浜通 はまどう りにある村に、ひとりの爺 じ ンちゃが住んであった。 お正月も近くなったある日、町へ買い物へ出かけたと。 その戻り道 み… 【】 はァ、ちっとばか昔の話じャ。 ある山奥に、まわりを峠 とうげ に囲まれた里があってャ、稲刈りも終って、はァ、北風の吹きはじめる頃だったとョ。 馬の背ェで… 【】 トント昔(むがす)、あったけド。 ある所(どこ)さ、弥八(やはち)っていう狩人(またぎ)あったド。 ある時(どき)、山へ狩りへ行(え)ったけド。 日ィ暮っ… 【】 昔、あるところに爺 じ さまがあったと。 がきて、町 まち に市 いち が立った。 爺さま買い物に出かけたと。 町ではピーヒャラ、ドンドンと笛太鼓が鳴り響… 【】 むかしあったけど。 ある夏の日盛 ひざか りに、旅人 たびびと が道をとぼとぼ歩いて行くと、檻 おり に入った虎 とら がいたっけど。 知らんぷりして通… 【】 昔、あったと。 もんじゃ 茂沢 の吉は長者どのの家で嫁こを探しているということを聞いた。 野っ原の方に歩いて行くと、狐が化けくらべをしているのに出会った… 【】 むかし、ある村に重兵衛という若者がおったと。 ある冬の朝、重兵衛は用事があって、隣りの町へ出かけたと。 川っぺりの道を、いくがいくがいくと、行く手の崖 … 【】 これは北海道日高(ひだか)地方のアイヌに伝わるお話昔、かあさんギツネが石狩の村の裏山に暮らしていた。 語り:井上 瑤/平辻 朝子.

次の