宇多津 観光。 宇多津町観光ページ

楽天トラベル:坂出・宇多津・丸亀の「歴史」観光スポット(たびノート)

宇多津 観光

地理 [ ] 香川県の瀬戸内海沿、中央よりやや西寄りの地方に位置する。 面積は県内自治体の中では最も小さく、東側に隣接すると西側のに挟まれており両市の中心部にも近いが、経済的に比較的余裕があるためによる合併は行わなかった。 町内のうち、字吉田の地域(の一部)は埋め立て地であるが、町内他場所とは北浦漁港で隔てられているため、陸路でのアクセス手段は隣接する坂出市を経由しなければならないである。 山: 、、角山、茶臼山• 河川:• 寺: 現存9寺、過去廃寺、移転したものを含めると計28寺• 6 1,723. 2 浜一番丁 357 183 174 179 315,659. 3 1,131. 0 浜二番丁 335 154 181 250 225,578. 6 1,485. 1 浜三番丁 176 89 87 130 330,036. 2 533. 3 浜四番丁 420 213 207 202 152,478. 0 2,754. 5 浜五番丁 1,895 941 954 853 307,878. 2 6,155. 0 浜六番丁 1,848 933 915 836 205,480. 3 8,993. 6 浜七番丁 1,639 784 855 712 126,774. 3 12,928. 5 浜八番丁 820 419 401 354 164,260. 6 4,992. 1 浜九番丁 811 393 418 336 138,421. 2 5,858. 9 新宇多津都市計 8,301 4,109 4,192 3,852 1,966,566. 7 4,221. 1 東分 1,191 586 605 415 953,103. 5 1,249. 6 合計 18,434 9,092 9,342 8,050 8,108,989. 8 2,273. 広袤(こうぼう) [ ] によると宇多津町の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは3. 45km、南北の長さは5. 70kmである。 宇多津町(大字なし地域)• 字津ノ郷、字沼ノ池、字十楽寺、字長縄手、字中村、字山下、字西町、字本村、字網ノ浦、字塩浜、字新開、字平山、字坂下、字茶臼山、字津の山、字岩屋、字青の山、字吉田• 浜一番丁、浜二番丁、浜三番丁、浜四番丁、浜五番丁、浜六番丁、浜七番丁、浜八番丁、浜九番丁• 大字東分• 大字がない地域の郵便番号は769-0210。 この大字も町丁も無い地域の存在というのは自治体同士の合併が繰り返された現在では珍しくなった現象で、県内では他に(一部)、(一部)、(全域)にのみ同じ例が存在する。 かつてはが施行された(23年)に村同士が合併をしなかった場合で、かつそれ以後にも合併をしていない自治体であれば普通に見られた現象であり、県内においても多くの自治体がこれに当てはまった。 特に宇多津町の場合は、他自治体との合併をしなかったものの、他自治体の部分編入や埋め立てによる土地造成という歴史的経緯の結果、「大字も町丁も無い地域」、「大字が設定されている地域」、「町丁が設定されている地域」の3パターンが混在するという現象が生じている。 なお、町内において制度は一切導入されていない。 歴史 [ ] 古代、港としてに貢物を積み出していた。 鎌倉時代には多くの寺院が建立され、兵の集結宿泊所として利用される。 又、物資の積み出しの港として重要な位置を確立する。 1363年(2年)、がを破り、宇多津に居城を構え、の守護所とする。 これより政治の中心地となりが四国を分国として統治する際も宇多津の居城に在住したため、四国の中心地になった。 年表 [ ]• (23年) - である宇多津村の区域を以ってを施行し、の 鵜足郡宇多津村成立。 この際合併などは無し。 (明治30年) - (現・) - 間開通。 村内にはが開業。 (明治31年) - 町制を施行し、 宇多津町となる。 (明治32年) - 鵜足郡がと合併し、となる。 (3年) - 丸亀通町 - 富士見町間(鉄道線)開通。 (昭和30年) - 大字東分の一部を編入。 (昭和38年) - 琴平参宮電鉄の鉄道全線廃止。 (昭和39年) - 宇多津町章制定。 (昭和47年) - を全廃し、塩業廃止。 (昭和52年) - 宇多津塩田土地区画整理事業計画認可(宇多津新都市)。 (昭和53年) - 架橋起工式。 (昭和62年) - 瀬戸大橋開通に備えて宇多津駅が移転。 (昭和63年) - 瀬戸大橋開通。 (3年) - 宇多津塩田土地区画整理事業(宇多津新都市)竣工。 (平成6年)3月 - 宇多津ビブレが開業。 (平成14年) 町長の米沢正文が受託収賄容疑で逮捕され、のちに失職。 (平成23年) - の宇多津町ご当地ナンバープレート導入。 (平成26年) - 宇多津ビブレが閉店。 (平成27年) - 宇多津ビブレ跡地にが開業。 行政 [ ] 町長 [ ]• : 谷川俊博(たにかわ としひろ)• (30年)、3期目就任 歴代町長(公選)• 初代 三木百之助 - 昭和21年6月5日〜昭和23年5月6日• 二代 平田三次郎 - 昭和23年6月20日〜昭和35年6月19日• 三代 本川宗治 - 昭和35年6月20日〜昭和45年10月1日• 四代 - 昭和45年11月8日〜平成5年3月15日(宇多津町名誉町民)• 五代 米沢正文 - 平成5年4月25日〜平成14年9月13日(平成14年9月8日に受託収賄容疑で逮捕され、13日失職)• 六代 谷川実 - 平成14年10月20日〜平成22年10月19日 町役場組織 [ ]• 総務課• 危機管理課• まちづくり課• 地域整備課• 水道課• 税務課• 住民生活課• 保健福祉課• 健康増進課• 出納室• 教育委員会 学校教育課• 教育委員会 生涯学習課 警察 [ ]• 香川県警察坂出警察署 宇多津交 消防 [ ]• (宇多津町には常備消防機関がなく、町内で発生する災害の初動対応は消防団が対応する。 町内にある国・県の機関 [ ]• 第六管区海上保安本部備讃瀬戸海上交通センター 立法 [ ]• 定数:10人• 議長:宮本 隆• 副議長:藍川 佳津樹 また、の選挙区は坂出市選挙区に属し、同市と合わせて定数は3となっている。 経済 [ ] ゴールドタワー かつては広大なが広がっていた町だったが、以降塩田が埋め立てられが始まった。 その後瀬戸大橋の開通にあわせ、JR駅舎もの移設(かつてはやや内陸部を走っていた)と合わせてされ、などの観光・商業施設の充実や高層マンションの建設や中層マンションのラッシュなど大きな発展をみせた。 現在も以前のような勢いはないものの、マンションやスーパーなど商業施設の建設が行われており発展し続けている。 しかし、一方で郊外部に(・・など)が建設されたことで商業施設の競争激化が更に進み、核商業施設となっていた『宇多津ビブレ』が末で閉店。 イオングループは跡地に、を中核とした地域密着型のショッピングセンターであるを10月にオープンした。 宇多津ビブレおよびイオンタウン宇多津に併設されている(旧宇多津)は四国初のとなった。 産業 [ ] 特産品 [ ]• -入浜式復元塩田でつくられている。 教育 [ ] 学校 [ ] 大学・短期大学 [ ]• 高等学校 [ ]• 町内にはない。 中学校 [ ] 町立• 小学校 [ ] 町立• 幼稚園 [ ] 町立• 宇多津幼稚園 私立• 青山幼稚園• 香川短期大学附属幼稚園 専門学校 [ ]• 交通 [ ] 鉄道路線 [ ] 宇多津駅 町内にはのがあり、が方面・方面、が方面を結んでいる。 当駅は多数の特急列車が停車する。 路線バス [ ]• (が受託運行) 注:2014年9月現在、町役場にアクセスする路線バスは無い リムジンバス [ ]• 南口からへ向かうリムジンバスがによって2013年12月10日に運行開始した。 町内では発着便が南口に停車する。 (丸亀駅〜坂出駅間のみの乗車はできない。 ) 道路 [ ]• 町域の東西を結ぶ幹線道路には町域北部を通過する、香川県道33号(旧国道11号)と南部を通過する国道11号がある。 町内には高速道路のインターチェンジはないが、(・)が坂出市との境界近くにある。 岡山方面から中心部へは(ハーフインター)が近い。 一般国道 [ ]• (重複) 県道 [ ]• 道の駅 [ ]• 著名な出身者 [ ]• (陸上競技日本代表)• (女子バレーボール日本代表監督)• 沖ノ浜伝兵衛(時代の)• () 宇多津町を舞台とする作品 [ ]• 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ] 郷照寺 名所・旧跡・観光スポット [ ]• うたづ臨海公園• うたづ海ホタル(宇多津町産業資料館) - 塩田に関しての資料・道具などが展示。 復元塩田 - 復元された。 (高さ158m)• 世界のガラス館• 常盤公園• 青の山頂上展望台• 神社・寺院・仏閣 [ ]• (78番)• 円通寺• 聖徳院• 浄泉寺• 多聞寺• 南隆寺• 本妙寺 祭事・催事 [ ]• 塩竃神社例大祭• 例大祭• うたづの町家とおひなさん-2004年に開始され、毎年3月上旬に開催。 民家の玄関に明治からのひな人形が飾られる。 が会場の一つとなっている。 通信 [ ]• 市外局番は全域0877(丸亀MA)。 ご当地キャラクター [ ] うーみん うーみんの概要 [ ] うーみんは、宇多津町ならびに宇多津ウミホタルのイメージキャラクター。 平成17年4月にうたづ臨海公園のイメージキャラクターとして誕生した。 また、宇多津町広報隊長にも任命されている。 モチーフはウミホタル。 平成17年7月にみなとオアシスうたづ海ホタルイメージキャラクターネーミング募集によってう~みんという名称が決定される。 う~みんという名前は宇多津の「う」海を表した「うみ」と宇多津の民という意味の「みん」で構成されている。 平成22年4月にう~みんとゆ~みんの着ぐるみが完成し、同年4月4日の歩行者天国にて初公開された。 ゆ~みんという恋人と2人の子どもであるな~みんがいる。 公表されているうーみんのプロフィール [ ]• 誕生日:2005年7月24日• 身長:180cm• ウエスト:440cm• 体重:アップダウンが激しい• 好物:うたづ特産の塩キャラメル、塩あめ 関連キャラクター [ ] ゆ~みん う~みんの恋人。 名前は一般公募で決定。 2010年4月に着ぐるみが完成した。 な~みん う~みんとゆ~みんの子供として誕生したキャラクター。 2014年6月からデザインと名称を一般公募で募集し2014年9月24日に採用が決定した。 体の形は波を、体の色は瀬戸の夕日を表現している。 体の波の形でガッツポーズをつくっており、明るく元気な性格を表現している。 グッズ展開と公式サイト [ ]• 関連グッズ うたづ臨海公園内のうたづ海ホタルにてグッズ販売を行っている。 公式サイト•

次の

宇多津町

宇多津 観光

坂出・宇多津・丸亀の 「観る」観光スポット(全6件)• 敷地面積1万5000坪におよぶ回遊式庭園。 貞享5(1688)年、丸亀2代藩主である京極高豊によって築かれた。 絵画館、陶器館、ひいな館の3施設からなる丸亀美術館を併設。 瀬戸大橋の全てを動く模型や映像、大型パネル等で紹介。 瀬戸大橋を渡りながら島々を観光する疑似体験コーナーも好評。 全天周大型映像のブリッジシアターでは、宇宙に関する映像も楽しめる。 子どもたちの科学意識や創造力の開発を目指した科学館。 館内には岩石や化石、古瓦、ミンククジラの骨格標本など、各分野で香川県についての知識を深める展示物が多数ある。 香川県出身の祖父をもつ、日本画家東山魁夷の作品を広く鑑賞してもらおうと、瀬戸内海に面した場所に整備された美術館。 日本画7点、木版画やリトグラフ約280点を所蔵している。 坂出・宇多津・丸亀の 「歴史」観光スポット(全8件)• 慶長7(1602)年に完成した城。 木造天守は国の重要文化財。 石垣は「扇の勾配」と呼ばれる美しい曲線を描く。 城跡一帯は亀山公園として整備され、春には桜まつりを開催。 白峰山の麓にある鎌倉時代創建の神社。 火結命、奥津彦命など四神が祀られ、神々が集る谷「神谷」と呼ばれる。 鎌倉初期に建てられた檜皮葺きの三間社流造りの本殿は国宝。 寛政10(1798)年に建てられた塩飽全島の政所で、国指定史跡。 豊臣秀吉や徳川家康からの朱印状や塩飽諸島に関する古文書など、島の歴史を知る貴重な資料が保管されている。 四国霊場第78番札所。 宇多津町を見渡す青野山のふもとにある。 行基が開創し、その後空海、一遍が訪れ、真言・念仏の流派が伝わる。 現在は、厄除けの寺として賑わっている。 坂出・宇多津・丸亀の 「自然」観光スポット(全5件)• 笠島地区のメインストリートで「町通り」の呼び名が変化したもの。 かつて本島で賑やかだった通りで、その面影を残す立派な家屋が道の両側に立ち並ぶ。 塩飽水軍の本拠地だった島。 国の史跡に指定されている塩飽勤番所をはじめ、重要伝統的建造物群保存地区の笠島地区、島歌舞伎の舞台、千歳座など見どころが多い。 約10km続く瀬戸大橋の途中で唯一車で降りられる島。 橋の下を通る遊歩道や小島の灯台、フードコートや展望台を備えた与島プラザなどがあり、ドライブ休憩に格好。 坂出港の沖合い約4kmに浮かぶ小島だっだが、昭和42(1967)年の洲埋立事業で陸続きになった。 1周約1kmの遊歩道では散策を楽しめ、投げ釣りに格好のポイントがある。 瀬戸内海に沈む夕日は絶景。 坂出・宇多津・丸亀の 「名所」観光スポット(全5件)• 丸亀港沖にある塩飽水軍の本拠地だった本島に残る町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区。 網の目のように張り巡らさせた狭い道路や格子構えの家が当時を偲ばせる。 島の北東部にある小高い山。 麓から山頂までは山道を歩いて約15分。 山頂には展望台があり、瀬戸大橋の中でもっとも美しいといわれる4連の斜張橋を間近に見ることができる。 島の北東部、笠島はかつての権力者たちが多く暮した地区。 江戸から昭和初期にかけて塩飽大工が建てた約100棟の町家が保存され、美しい町並みが続く。 158mのゴールドタワーを中心に、屋内遊具、バルーン遊具、わんわんランド、ゲーム、ボウリングなどがあるレジャー施設。 第1駐車場内には焼肉店「カルビ屋 大福」もある。 坂出・宇多津・丸亀の 「買う」観光スポット(全10件)• 中・四国地方最大規模のテーマパーク。 ホテルや温泉も備える。 金刀比羅参りのみやげに考案されたと伝わる丸亀うちわの展示館。 うちわに関する文献や道具などの資料展示、竹骨うちわ作りの実演が見学できる。 うちわ作りの体験は予約が望ましい。 讃岐富士の間近にある丸亀市飯山町西坂元のファーマーズマーケット。 香川県の全地域から自慢の新鮮な農作物が集まる産直広場。 また、農産物の美味しさを味わう試食コーナーもある。 大正8(1919)年に、坂出商業学校が県立になったときに建てられたもの。 大正初期の建築様式で、西洋風の外観。 坂出市の考古、歴史、民俗の資料を収集、展示している。

次の

宇多津町

宇多津 観光

食べて学んで観る!「うたづ海ホタル」 「うたづ海ホタル」は、香川県宇多津町にある総合臨海公園です。 瀬戸内海を臨むこの場所は、オレンジ色に染まる瀬戸の夕景や瀬戸大橋のライトアップを楽しめる観光スポットとして大人気。 敷地内には江戸時代初期に開発された貴重な塩田の復元施設や、工夫をこらした展示や映像で宇多津町や製塩技術について学習できる「うたづ海ホタル」、ファミリーにも人気の「遊具広場」「芝生公園」などがあります。 公園の先端には「恋人の聖地モニュメント」が設置され、夜景を楽しむカップルにも大人気。 「うたづ海ホタル」内にはカフェレストランや土産物店もありますので、ゆっくり楽しむことができますよ。 また、夏になると「うたづアロハナイト」というイベントが開催され、感動的な夕景を背景に優雅なフラダンスを楽しむ観光客で賑わいます。 香川の観光スポットへぜひ一度訪れてみて下さいね。 uplaza-utazu. 宇多津市街を見渡す絶景観光スポット「青ノ山山頂」 香川県宇多津町と丸亀市にまたがる「青ノ山 あおのやま 」は、おむすびの形をした標高220メートルほどの山。 別名「古墳の山」とも呼ばれ、たくさんの古墳や古窯の跡が残っています。 山頂にある古墳は1400年も前の遺跡であることが分かっており、宇多津の古い歴史を物語っています。 山の上には展望台が設けられ、眼下には瀬戸内海の小さな島々や真っ白に佇む瀬戸大橋が一望でき、宇多津の街並みを見下ろすことができるこの場所はまさに香川の絶景観光スポット!芝生の広場やアスレチック遊具も設置されているので、子供連れのファミリーにも人気があります。 春には桜が咲き誇る名所ですし、夜景が美しいスポットとしても知られていますよ。 特に、夜の帳に浮かび上がるライトアップされた瀬戸大橋の美しさは必見です。 ぜひ青ノ山山頂からの眺めをお楽しみ下さい! スカッとしたいい天気です。 気持ちがいいですね!... 一日中遊び尽くせる全天候型アミューズメントパークです。 ゴールドに輝くマリンタワーでは、158mの高さからの絶景を独り占めできます。 展望台にはゴールド神社があり、恋人たちがロックして行く「誓いの鍵」がたくさん並んでいます。 タワーの周囲にプレイパークやカラオケ、ゲームコーナーなど盛沢山。 一日いても遊び尽くせないほどの楽しいコーナーがいっぱいですよ。 特に子供たちには嬉しい「キッズランド」や犬と触れ合える「わんわんランド」、プレイパークなどが人気で、もちろんフードコートもありますのでお腹が空いても安心です。

次の