くるみ 割り 人形 ストーリー。 解説・あらすじ

【くるみ割り人形(バレエ)のあらすじ】登場人物やバリエーションも紹介

くるみ 割り 人形 ストーリー

彼の音楽家としての人生というのは他の偉大な作曲家とは違った始まり方をしています。 彼は幼少期のころから音楽的才能の片鱗を見せていたようですが、両親の意向によって、音楽家になるという選択肢は与えられることはありませんでした。 チャイコフスキーは10歳で法律学校に進学し、卒業後も法務省の文官として地道なキャリアを築いていきました。 しかし、チャイコフスキーは文官という仕事に対して、あまり前向きな姿勢で取り組むことはできなかったようです。 21歳のある日、チャイコフスキーに転機が訪れます。 ペテルブルグ音楽院に入学し、初めて音楽を本格的に学び始めることとなるのです。 2年後には法務省を辞職し、本格的に音楽に専念することとなります。 ロシアの音楽学校。 世界三大音楽院の一つ。 彼は非常に優しい心を持っており、子供やか弱い動植物、同性愛者の人に対しても、心を開いて接していたようです。 そうして霞(かすみ)のない純粋な感性というのが彼の中で形成されていったのでしょう。 チャイコフスキーの楽曲は彼独自の純粋な感性が存分に生かされており、抒情的(じょじょうてき:非常に感慨深い様子)な側面にその特徴があるということが言えるでしょう。 また、交響曲の他にもバレエ音楽(バレエで使われる音楽)も手掛けており、バレエ音楽独特のメルヘンチックな世界を見ることができる曲も多いです。 今回ご紹介する「くるみ割り人形」もチャイコフスキーが手掛けたバレエ音楽のひとつであり、おとぎ話の世界のようなかわいらしさというのが感じられることでしょう。 くるみ割り人形というのは人形の形をしたくるみを割る道具のことを指します。 この曲は8つの小曲を通して、一つの物語が語られるような構成となっています。 その物語というのはくるみ割り人形に関する非常にファンタジックな内容です。 それに呼応するように音楽自体もまるで童心に帰ったようなかわいらしいものとなっています。 「くるみ割り人形」を聴く際にはこの物語を読みながら聴いてみるとより楽しむことができるでしょう。 クリスマスイブの夜、自宅でパーティを開催中に、少女クララはおじさんから「くるみ割り人形」をプレゼントされますが、兄弟で取り合いになり人形はこわれてしまいました。 クララが修理されている人形を見に来たところ時計が真夜中の12時を指します。 すると、クララの体は小さくなり人形ほどの大きさになりました。 そんな最中どこからともなく現れたねずみの大群とおもちゃの兵隊たちが戦争を始めます。 おもちゃの兵隊のリーダーは、例のくるみ割り人形で、クララの助けもあっておもちゃの兵隊たちは勝利。 するとくるみ割り人形は王子の姿になっており、王子は助けてくれたお礼にクララをお菓子の国に招待。 お菓子の国ではお菓子の国の女王 「金平糖の精」にも歓迎されて宴が催されました。 ( 「金平糖の踊り」はお菓子の国にて披露される)その後の展開は、夢から覚めるエンディングとお菓子の国で終わるタイプのエンディングがあります。 <8つの小曲> 第1曲 小序曲.

次の

解説・あらすじ

くるみ 割り 人形 ストーリー

PC ダウンロードゲーム:アイテム探しゲーム 英語版タイトル:Christmas Stories: Nutcracker Collector's Edition 今すぐ「クリスマス・ストーリーズ:くるみ割り人形 コレクターズ・エディション」をプレイ! まずは無料体験版をダウンロードしよう。 憧れの王宮で催されるクリスマス舞踏会に招待されたキミ。 しかし王宮に到着すると、なんとパーティはすでにお開きに…。 それでもプレゼントがもらえるというので大広間へ行ってみると、プレゼントの中から現われたくるみ割り人形が助けを求めてきた。 彼によれば、王子と王女は愛し合っていたが、王女に一目惚れしたネズミの王が魔法で王子をくるみ割り人形に、王女を陶器の人形に変えて二人を引き離してしまったと言う。 無料体験版でクリスマスムード満点の「クリスマス・ストーリーズ:くるみ割り人形 コレクターズ・エディション」をプレイするか、完全版をダウンロードして邪悪なネズミの王に立ち向かおう!二人がハッピーなクリスマスを迎えることができるかどうかはキミにかかっている! 当ゲームは特別先行リリースの コレクターズ・エディションです。 コレクターズ・エディションをお買い上げの場合、 特別ボーナスとして マンスリー・スタンプカードにスタンプを 3 つ加算させていただきます。 また、 Game Club クレジット 2 つでコレクターズ・エディションをお買い上げいただけます。 追加コンテンツなど標準版にはない特典が満載! コレクターズ・エディション特典:• その他の楽しい特典:• コンセプトアート• 特別な「ネコの洞窟」コレクション• クリスマスツリーの下のアワード• Elephant??????????????? takapuku????? mi4513????? MAP???????????????????????????? jidaraku????? : 2012-12-28•

次の

『くるみ割り人形と秘密の王国』パンフレット内容紹介【ディズニー映画】

くるみ 割り 人形 ストーリー

くるみ割り人形 第一幕第一場 時は19世紀のドイツ。 クリスマスイブに行われたシュタールバウム家のパーティーで、末娘の少女クララは、無骨なくるみ割り人形を贈られる。 贈り主は、名付け親でもあるドロッセルマイヤー。 不思議で不気味なところがあるおじさんである。 クララはこの人形が気に入るが、プレゼントを羨んだ兄のフリッツに壊されてしまう。 パーティーが終わった後、一旦は寝室に入るクララだが、壊れた人形のことが気になり、起き出して、居間に忍んでいく。 その時、時計が零時を告げ、クララの体は人形のように小さくなる。 そこへハツカネズミの大群が押し寄せ、くるみ割り人形率いるおもちゃの兵隊とネズミたちとの戦争が始まる。 ハツカネズミの王様に襲われたくるみ割り人形を、クララがスリッパを投げてあわや救い、ネズミたちは退散する。 くるみ割り人形は凛々しい王子に変身し、助けてもらったお礼に彼女をお菓子の国に誘う。 第二場 雪の国。 幻想的な風景が広がる。 王子とクララはお菓子の国を目指して旅していく。 第二幕 お菓子の国。 魔法の城に到着した二人は、この国の女王であるドラジェの精(こんぺい糖の精)に迎えられる。 チョコレート(スペイン)、コーヒー(アラビア)、お茶(中国)…多彩に繰り広げられるお菓子の国の踊りを見て、夢のようなひとときを過ごすクララ。 しかしドラジェの精と彼女をうやうやしく支える騎士のグラン・パ・ド・ドゥを最後に、楽しい夢も終わりを告げる。 クララが目を覚ますと、そこは居間のソファーの上だった。 不思議な出来事はクリスマスイブの夢だったのだろうか。 それとも…。 クララはかたわらに落ちていたくるみ割り人形を拾い上げ、いとおしそうに抱きしめる。

次の