ニコ生 収益化。 Twitchの収益化の仕組みと収益例 まずはTwitchアフィリエイトを目指せ!!

YouTubeとニコニコの収益化(広告収入)について比較

ニコ生 収益化

こんにちは、MATSUです。 バーチャルYouTuberの 桐生ココさんをご存知でしょうか? ホロライブ4期生として2019年12月28日デビューされており、名前や外見からは連想しにくいですがドラゴンのライバーさんです。 デビューされてから3週間経つか経たないかくらいですが、 前世(中の人)が特定された噂があり、 ニコニコ生主のksonさんと言われて居ます。 また、 顔バレもしているらしく日系の顔ともいわれて居ますが実際はどうなのでしょうか? その他、 年齢などのバレもあるのかも掘り下げていけたらと思います。 そして、ホロライブ4期生は早い段階で 収益化を達成されて居ますが、桐生ココさんの場合はどうなっているのかも気になりますね。 今回は、そんな桐生ココさんについて書いていきます。 桐生ココとは? 名前:桐生 ココ(きりゅう ここ) 年齢:3500歳(ドラゴンの子供) 誕生日:6月17日 身長:180㎝(通常時) 好きなゲーム:龍が如く ホロライブ4期生として2019年12月28日デビューされた、ドラゴンの子供のライバーさんです。 名前の由来は龍が如くの主人公「桐生一馬」の苗字からとっている可能性が高そうですね。 一応この主人公の通り名が「堂島の龍」だったので、一応ドラゴン繫がりではあります笑 片言から繰り出されるどこで教わったのか不明なワードが良く出てくるのが特徴で、見ていてクスッと来てしまいます笑 配信内容はゲーム配信等をやられているのですが、他の方々と違うところは「「あさココLIVEニュース」と言うニュース形式での配信です。 こちらはホロライブ内であった小さな事件を毎朝6時に配信されており、桐生ココさんのキレ切れなトークで解説する配信になります。 ありそうでなかった感じが中々新鮮ですね笑 デビューされてから約2週間で10万人を達成されており、4期生の中ではぶっちぎりの様ですね。 ホロライブのブランドもあるのかもしれませんが、2週間で10万人は断トツな感じがしますね。 ただ、10万人を達成された時の絵面は中々シュールだったとか笑 スポンサードリンク 桐生ココの前世(中の人)はニコ生主のkson? 桐生ココさんの前世(中の人)は日系ニコニコ生主のksonさんと噂されて居ます。 その様に言われている理由としては、 まず独特の片言と声が似ているからの様ですね。 実際に聞いてみるとかなり近い感じがしますね。 声以外にも よくわからないワードがたまに繰り出されるキレ切れなトークも似ていますね。 また、桐生ココさんはバーチャルYouTuberとしての名前に登場キャラの一部を入れている様な節や実際に配信を行うほど龍が如くと言うゲームが好きなのですが、 ksonさんもかなりの龍が如くファンだったようです。 実際に龍が如くに出演したいとおっしゃっていた他、会社の忘年会を龍が如くを理由に欠席していた程の様ですね。 その他、セガの公式アカウントからリプライが飛んでくる程の様ですし、ファンとしては名前が通っていた様な感じがしますね。 声や独特の片言が似ているに加えて熱を上げているゲームが一致するのも珍しい感じがしますね。 デビュー後もksonさんとしての活動は行われていますが、新年早々多忙な様子が見受けられる事から、両立が大変と考えると辻褄も合うような気もします。 やりたいこと と、できること のバランスが取れませんね困ります。 スポンサードリンク 桐生ココの顔は日系?年齢バレは? 桐生ココさんは日本語と英語のバイリンガルともいわれて居ますし、ハーフである可能性が高そうですね。 もし前世がksonさんだったと仮定すると顔などは判明しているのか気になりますね。 調べてみたところ、 顔出しは日常のツイートや顔出し配信などで普通に行われて居たようですね。 日本人で言うと眼鏡を掛けた状態の仲間由紀恵さんに似ている様な感じがしますし、眼鏡を取るとかなりの美人さんなのかもしれませんね。 年齢バレもしているのか気になるところですが、こちらについてもはっきりは言われて居ないものの 大体の年齢は判明している様ですね。 スポンサードリンク 桐生ココの収益化の状況は? ホロライブ4期生の方々は早い段階で、収益化を達成されているのが確認できます。 角巻わためさんはデビューされてから約3週間後の2020年1月14日、姫森ルーナさんはデビューから9日後の2020年1月13日に収益化達成と4期生の方々は順調な滑り出しをされています。 調べてみたところ、桐生ココさんは 2020年1月13日に収益化に落ちてしまった事が確認できます。 配信されているゲームや発言などが引っ掛かってしまったのでしょうか? 再申請は最低でも1ヵ月掛かると言われて居ますし、収益化達成は早くても2020年3月くらいになりそうですね。 ただ、収益化落ちてからも良い意味でも悪い意味でも勢いが落ちていない感じがしますから達成できるかが少し不安な所ですね。。。 こちらについては続報があり次第更新していけたらと思います。 スポンサードリンク まとめ 如何でしたか? 桐生ココさんの前世(中の人)がニコニコ生主のksonさんである可能性は片言の声やトークの癖、熱を出しているゲームなどの共通点から、断定は出来ないものの高そうな感じがわかりましたね。 また、顔バレについてはksonさんのツイッターや配信などから普通にされて居ることがわかりましたね。 年齢については公表されて居ませんが、誕生日や両親の結婚記念日などから2020年1月現在30歳~32歳である可能性が高そうですね。 収益化の状況についてですが、2020年1月13日に落ちていることが確認出来ました。 こちらについては収益化の状況の続報が出次第更新していけたらと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

ニコ生放送者必見! ギフトとは?クリエイター奨励登録で収益化?を詳しく解説!!|ニコニコインフォ

ニコ生 収益化

やはり色々考えるとYouTubeを使うのがベストだと思います! YouTubeの特徴 YouTubeはGoogleの運営する動画プラットフォームで、 全体的なバランスが良いのが特徴です。 ゲーム実況の動画のアップロードは保存してある動画を選択するだけで完了できるので非常に簡単です。 他のプラットフォームに比べて 面倒な手順などは極力省かれているのでシンプルです。 ライブ配信についても簡単で、 申請をして1日・2日程度で承認されてできる様になります。 視聴者とのラグはそれなりにありますが、実装されている低遅延モードを選択すると解消できます。 また、ライブ 配信したアーカイブの内容も自動で動画として残すことが可能なので、ゲームのライブ配信中心に活動していても動画としてストックが溜まっていく様な仕組みになっています。 ユーザー層は日本の若めの年齢層ユーザーが多いです。 有名なゲームの方が視聴者を集めやすい一方で、そういったゲームには既にライバルもそれなりに多いので、 差別化の必要があります。 ただ、YouTubeは 収益化に関するハードルがやや高いです。 下記の2点の条件をクリアした上でYouTubeに審査の申請を行って通過した者だけが収益化が可能な状態になることができます。 チャンネル登録者1,000人以上• 動画の総再生時間4,000時間以上 最小限の参加資格要件 ・すべての YouTube パートナー プログラムのポリシーに準拠している。 ・YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域に居住している。 ・公開動画の総再生時間が過去 12 か月以内で 4,000 時間以上である。 ・チャンネル登録者数が 1,000 人以上である。 ・リンクされている AdSense アカウントを持っている。 YouTubeの収益化の方法に関しては「動画の広告添付・商品アフィリエイト・ライブ配信時のスーパーチャット(投げ銭)」など様々あって 自分でコントロールができるようになっています。 特に「 チャンネル登録者1,000人」を達成するのは非常に難しく、戦略的に狙う必要があります。 関連記事「」 ハードルは高いですが使いやすいし収益分配も明確です! OPENRECの特徴 OPENRECはサイバーエージェントの子会社であるCyberZが運営していて、 ゲーム特化したライブ配信向け動画プラットフォームになっています。 比較的新しいので穴場的感覚がありますね。 配信をしたい場合にはOPENRECに直接申請をして、認められれば配信可能というスタイルです。 OPENRECにはプレミアム会員という仕組みがありますが、 配信は一般会員でも可能です。 動画の投稿も可能ですが、配信のアーカイブを残す様な用途がメインです。 フォロワー1,000以上であれば動画は消えませんが、それ以下だと2カ月間で100再生以下の動画は消える仕組みです。 Liveの開始時に広告が入ったり、動画にも自動的に広告がつくので、現状の収益化ハードルとして 他プラットフォームに比べると低くて収益化しやすいです。 動画配信の収益化について OPENREC. tvで発生した広告収益やエール収益を原資として、視聴数やランキング、獲得したエール数などプログラムに参加する配信者の活動実績に応じて、一定ルールに基づき分配されます。 獲得したエールを直接収益として受け取れるわけではありません。 ただ、 エールも含め様々な要素をごちゃまぜにして運営側のさじ加減で収益額が決定されるので、正直なところ不透明な部分が多すぎて結構不安ですね。 資金洗浄を警戒している様ですが、不公平な分配にならない様に配信者には内訳を教える様な工夫があるといいかもしれません。 関連記事「」 収益化はしやすいんですが、分配部分がブラックボックスで気になります! ニコニコ動画の特徴 ニコニコ動画はドワンゴが運営する動画プラットフォームで、 コメントが動画上に流れるオリジナルのシステムが人気です。 ニコニコは独自の文化というか、他のプラットフォームとは好まれる動画の内容も編集の仕方もユーザー層も全て違うので、合う・合わないが結構激しいですね。 ただし、 良く言えば辛辣でも素直なコメントが多いので、自分の動画やライブ配信に足りないモノが分かったり、凝った作品は評価されて熱烈なファンができる事もあるので、人気は下火ですが、自分に向いていると思ったらメインに選んでゲーム配信をしていくのもアリだと思います。 「クリエイター奨励プログラム」は一般会員でも申し込むことが出来ますが、本人確認の申請のステップが必要です。 クリエイター奨励プログラムとは niconicoの投稿作品に対し、プレミアム会員収入の一部を原資として奨励金(クリエイター奨励スコア)を支払う制度です。 また、ニコニコ生放送自体は「プレミアム会員」でないと配信ができないです。 ニコ生に関しては6時間の制限があったり、30分ごとに延長が必要だったり、1,000人が定員だったりといった縛りがあるので、生放送するにもある程度の慣れが必要です。 ニコ生らしさはまだまだ健在です。 コチラもOPENRECと同様に 明確な分配基準等は示されていないので、駆け出しの配信者から巻き上げて有名配信者が手厚くされている様な事態が起こっていなければいいなと思っています。 関連記事「」 引き抜きをしたり、配信者で格差があったりで印象が良くないサイトです! まとめ:ゲーム配信におすすめの動画プラットフォーム・収益化法 今回はゲーム配信をするのに おすすめの配信サイトの特徴の紹介と収益化の条件について解説しました。 それぞれメリット・デメリットな部分があるので、自分の動画や配信のスタイルに合わせてどこを選ぶのかという事を考えるのが良いと思います。 メインで活動するプラットフォームとサブを持っていると、どちらかでハマりやすくなると思うのでおすすめです。 複数のプラットフォームで同時にゲーム配信することも可能でお得ですよ。 関連記事「」.

次の

【ゲーム実況2019】定番のライブ配信サイトの比較

ニコ生 収益化

近年、小学生のなりたい職業ランキングNo1に"Youtuber"が輝いて間もないですが、 ここ数年はさらにネット上で ライブ配信をする"ストリーマー 配信者 "を生業として収益・生計を立てている人も多くなってきており注目されています。 Youtuber同様、自分の好きなジャンルで雑談やゲーム実況を行うので、趣味の延長として取り組めるのも流行っている要因です。 また、ライブ配信に注目が集まることにより現在インターネット上には様々なライブ配信サイトが存在しています。 いざライブ配信をしようとしてもどこでどのように配信すれば良いのか困惑する人も多いでしょう。 そこで今回は、 収益化可能なライブ配信サイトと、具体的な収益方法について紹介していきます。 すでにライブ配信をしている方も、これからライブ配信を始めようと考えている方も参考にどうぞ。 -目次-• 手間をかけて「ライブ配信よりも動画投稿の方が良かった」なんでことになったら時間が勿体ないですからね。 ライブ配信のメリット• 動画編集やエンコードなどにかける時間が必要ない• リアルタイムで視聴者とのコミュニケーションが取れる• 好きな時間に始めて、好きな時間に終わることができる ライブ配信のデメリット• 家族や生活音など、見せたくない場面を配信してしまう可能性がある• 人気が出ない間は、視聴者が少なく反応も無いことが多いため孤独• 動画投稿であってもライブ配信であっても視聴者との繋がりはとても重要です。 動画投稿時やライブ配信予定時、あなた自身のことを知ってもらえるためにもツイッターなどのSNSを積極的に活用していくことをおススメします。 YoutubeLive 元サイト: 今や知らない人はいないであろうYoutubeが提供しているライブ配信サービスです。 Youtubeは動画サイトとしても世界一となっており利用者が多いことで、YoutubeLiveの方にも多くの人が流入してくることが見込めますが、 テレビタレントや芸能人、Vtuberなど既に知名度の高い人や企業をあげて参入してくるケースが多いので、 新規配信者にはライバルが多くハードルが高めと感じるかもしれないことに加えて、 最近Youtubeの規制が厳しくなっており、配信内容によっては収益化できない場合もあるため、事前に利用規約を確認しておくと良いでしょう。 また、 ライブ配信と動画投稿を平行して取り組め相乗効果も見込めるのがYoutubeLiveの魅力です。 YoutubeLiveのライブ配信には影響ありませんが、配信サイトの規約変更により収益が無に帰す可能性があるということを留意しておきましょう。 YoutubeLiveの収益化手段と条件 YoutubeLiveでは、 Youtubeのチャンネルメンバーシップ,スーパーチャット スパチャ が主な収益手段となってきます。 チャンネルメンバーシップとは、 視聴者が毎月料金を支払うことによって配信者のチャンネルメンバーとなることです。 視聴者はメンバーとなることでバッジ、絵文字、など限定の特典を得られるため、視聴者側にも恩恵があります。 スーパーチャット スパチャ は、 いわゆる投げ銭機能で、視聴者がチャット欄のコメントメッセージを目立たせることが可能です。 課金額によって目立ち具合や表示長さが長くなり、配信者にコメントを読んでもらいやすくなります。 スパチャによって配信者に入る収益は7割となっているため、1000円のスパチャが来たら700円となります。 また、前述していますが、Youtubeに配信アーカイブを動画投稿することで、別途動画による広告収入も見込めます。 Youtubeのチャンネルメンバーシップの対象チャンネルとなったり、スパチャを投げてもらうためには一定条件をクリアする必要があり、こちらで仕組み等詳しく解説しているので気になる方は参照してください。 後日追加予定 ニコニコ生放送 元サイト: 2007年にサービスを開始したニコニコ生放送はドワンゴによって運営されており、日本最大級の動画配信サイトニコニコ動画のライブ配信用の派生サイトとなっています。 ニコニコ動画が日本を代表する動画共有サイトの1つで、多くの用語や文化を生み出し続けているサイトです。 それ故にサービス開始時は多くの有名人やユーザーで盛り上がっていましたが、 ニコニコ動画や生放送で活躍していた人々の一部はYoutubeなどに流れてしまい、 最盛期 2016年 の有料会員数250万人に比べ、2019年では175万人と人口が少なくなっているようです。 しかし現在も日本企業のイベントや国会の中継や記者会見など、政治的な目的で利用されることが多くなっており、 知名度としては未だ衰えていません。 ニコニコ生放送の収益化手段と条件 ニコニコ生放送では、 ニコニコチャンネルとして YoutubeやTwitch同様に視聴者が毎月料金を支払う機能と、 ライブ配信中にはギフトという機能で 投げ銭を視聴者から贈られることで収益と繋がります。 また、ニコニコチャンネルは生配信や動画だけでなく、ブログやイベントや物販などの活動にも繋げていくことが可能です。 ある分野に特化したブログや企画力がありライブ配信以外での活動や収益化を狙いたい人は確認すると良いでしょう。 ニコニコの成功者として、よくメンタリストDaiGoさんが挙げられます。 DaiGoさんは並行してSNSやYoutubeでも活動しています。 いずれもニコニコ生放送の有料会員となるように上手く誘導しており、540円の有料チャンネル料金に対して10万人もの会員を獲得しています。 ニコニコの有料チャンネル収益だけで5000万の収益と考えると凄まじいことが分かります。 ニコニコ生放送で収益化を始めるためには、ニコニコ生放送でギフトとニコニコチャンネル機能を使用可能にする必要があります。 条件については下記記事にて詳しく記載しています。 後日追加予定 Twitch 元サイト: ゲーム実況を中心とした世界一の配信サイトになっており、Amazonが2014年に1000億円で買収して運営しています。 様々なジャンルのゲームが絶えず配信されており、e-Sportsと呼ばれる競技としてのゲームに対してもプロの配信や、世界規模の大会、コミュニティで開催されるイベントの様子も多く配信されているため国境を問わず世界中のゲーマーが集っています。 ゲームに興味を持ってくる視聴者が多く、他の配信サイトに比べると新規リスナーを獲得しやすい環境となっています。 もしゲームを中心としてライブ配信を予定しているならば、検討してみると良いでしょう。 Twitchの収益化手段と条件 Twitchでは、 サブスクライブ、 ビッツでのCheering、 広告収入による収益化が可能となっています。 サブスクライブとビッツでのCheeringはYoutubeLiveと呼び方が違うだけで機能は同じです。 Twitchもいくつかの条件をクリアしないと収益化することができなくなっています。 下記記事にて仕組みや条件等を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。 OPENREC. tv 元サイト: TwitCasting(ツイキャス)は、モイ株式会社が運営するライブ配信サイトです。 サービス名がTwitterと似ていますが、 Twitter社と関係はありません。 他のライブ配信サイトと異なる点はPCのみならず、 スマホのiPhoneやAndroid端末からでも手軽にライブ配信が可能なところです。 芸能人や企業による配信も行われており、SNS連携が手軽で「モイ!〇〇から配信中!」のような告知をタイムライン上で目にしたこともあるのではないでしょうか。 (ちなみに"モイ!"はフィンランド語で"こんにちは!"から来ているようです。 ) 様々なライブ配信サイトと比較して、 ツイキャスは質にはこだわらず、スマホさえあれば誰でも手軽に配信ができることを一番の売りにしています。 そのため、画質や音質などを他の配信サイトと比べてしまう劣っていますが、スマホの強みを活かして 外出中でも配信が可能であることはツイキャスならではの魅力と言えるでしょう。 アウトドアと配信を組み合わせることで、新しいライブ配信の形も期待できます。 そして今後 ファンクラブも追加される模様。 収益手段の多さだけを考えると ツイキャスが一番収益方法に幅がありそうです。 Youtubeの動画広告のようなものですが、Youtubeよりも報酬が高くなっているようです。 詳細は下記記事を参考 プレミア配信は開催日を指定し配信視聴用のチケットを販売することで、チケット購入者のみ視聴ができるという機能です。 アーティストのコンサートライブのネットライブ配信版と考えるとイメージしやすいでしょうか。 お茶爆は視聴者からの投げ銭機能のようなもので、、YoutubeLiveのスパチャ同様そのお茶爆金額の7割が配信者の収益となります。 少しややこしい点があり、視聴者は無料ポイントと有料ポイントを保有しており、有料ポイントから投げられたお茶爆のみが収益対象となる仕様となっています。 キートスは配信者が企画を作り、その企画に賛同してくれる視聴者がスポンサーとして資金援助してくれる機能。 ライブ配信のクラウドファンディングのようなものです。 詳しい仕組みや条件については下記記事にて記載しているので気になる方は参考にしてください。 Mildom 元サイト: Mildomは、Twitch同様 ゲームを中心とした新世代のライブ配信プラットフォームです。 過ぎた話になりますが、 配信サイト史上初となる配信時間に応じての時給報酬が付与されるということで一躍有名サイトになりました。 残念ながら現在はその応募は終了しているため、時給制で収益が発生することはありませんが、他の手段で収益化することが可能となっています。 Mildomの収益化手段と条件 後日追記予定 NimoTV.

次の