サメハダー育成論 剣盾。 【ソードシールド】サメハダーの育成論!加速する高火力広範囲アタッカー!【ポケモン剣盾】

サメハダー 弱点

サメハダー育成論 剣盾

自身の能力ランクを上げる 登場時に発動したり、特定の条件を満たすと発動するものがあります。 かちき 相手の技や特性で自身の能力ランクが下がった時、 特攻が2段階アップします。 この特性のポケモン:テッカニン、サメハダー、ペンドラー ぎゃくじょう 相手の技のダメージで自分の残りHPが最大の半分以下になると、 特攻が2段階アップします。 相手の技のダメージ以外の場合や、すでに残りHPが半分以下の場合は発動しません。 この特性のポケモン:ジジーロン くだけるよろい 物理技を受けると、 防御が1段階ダウンし、 素早さが2段階アップします。 この特性のポケモン:イワパレス、ポットデス、サニゴーンなど じきゅうりょく 技のダメージを受けると、 防御が1段階アップします。 この特性のポケモン:バンバドロ じしんかじょう 自分の技で相手を倒すと、 攻撃が1段階アップします。 この特性のポケモン:ギャラドス、ワルビアル、ズルズキンなど じょうききかん 水か炎タイプの技を受けると、 素早さが6段階アップします。 また、手持ちにいると、ポケモンのタマゴの孵化に必要な歩数が半分になります。 この特性のポケモン:セキタンザン そうしょく 草タイプの技を受けると技を無効化し、 攻撃が1段階アップします。 この特性のポケモン:マリルリ、ヌメルゴン、バッフロンなど ソウルハート 場にいるポケモンがひんしになる度に、 特攻が1段階アップします。 この特性のポケモン:マギアナ ダウンロード 登場時に、相手の防御が特防より低い場合は攻撃ランクを、特防の方が低い場合は特攻ランクを1段階アップします。 この特性のポケモン:ポリゴン2、ポリゴンZ でんきエンジン 電気タイプの技を受けると技を無効化し、 素早さが1段階アップします。 この特性のポケモン:エモンガ ひらいしん 電気タイプの技を受けると技を無効化し、 特攻が1段階アップします。 ダブルバトルの時、自分以外の全てのポケモンの、電気タイプの単体攻撃技の対象が自分になります。 また、手持ちの先頭にいると、電気タイプの野生のポケモンと出会いやすくなります。 この特性のポケモン:ライチュウ、ガラガラ、ライボルトなど びびり ゴースト・むし・あくタイプの技を受けた時、 素早さが1段階アップします。 相手の特性いかくで攻撃が下がった時にも発動します。 この特性のポケモン:ペルシアン アローラ 、ウソッキーなど ふくつのこころ 相手の技でひるむと、 素早さが1段階アップします。 この特性のポケモン:ルカリオ、エルレイドなど ふくつのたて 戦闘に出ると、 防御が1段階アップします。 この特性のポケモン:ザマゼンタ ふとうのけん 戦闘に出ると、 攻撃が1段階アップします。 この特性のポケモン:ザシアン まけんき 相手の技や特性で自身の能力ランクが下がった時、 攻撃が2段階アップします。 この特性のポケモン:キリキザン、タチフサグマ、タイレーツなど みずがため 水タイプの技を受けると、 防御が2段階アップします。 この特性のポケモン:シロデスナ ムラっけ 毎ターン終了時、攻撃・防御・特攻・特防・素早さ いずれかのランクが2段階アップし、 別のランクが1段階ダウンします。 この特性のポケモン:オニゴーリ、オクタン よびみず 水タイプの技を受けると技を無効化し、 特攻が1段階アップします。 ダブルバトルの時、自分以外の全てのポケモンの、水タイプの単体攻撃技の対象が自分になります。 また、手持ちの先頭にいると、水タイプの野生のポケモンと出会いやすくなります。 この特性のポケモン:トリトドン、マラカッチ 相手の能力ランクを下げる いかく 登場時に、相手全体の 攻撃を1段階ダウンします。 この特性のポケモン:ギャラドス、ウインディ、レントラーなど うのミサイル 自分が なみのりか ダイビングを使った時、HPが最大の半分以上の時は「うのみのすがた」に、半分以下の時は「まるのみのすがた」にフォルムチェンジします。 この特性のポケモン:ウッウ カーリーヘアー 直接攻撃を受けた時、相手の 素早さを1段階ダウンします。 この特性のポケモン:ダグトリオ アローラ ぬめぬめ 直接攻撃を受けた時、相手の 素早さを1段階ダウンします。 この特性のポケモン:ヌメルゴン わたげ 攻撃を受けると、自分以外のポケモンの 素早さを1段階ダウンします。 この特性のポケモン:ワタシラガ 相手からランクを下げられない ここで紹介する特性は、相手から能力ランクを下げられない特性です。 ただし、自分で自身の能力を下げる場合には、これらの特性は発動しません。 また、特性 かたやぶりのポケモンは、これらの特性を無視してランクを下げることができます。 しろいけむり 相手から全能力を下げられません。 また、手持ちの先頭にすると、野生ポケモンと出会いにくくなる効果があります。 物理型の多いマルヤクデは、 いかくや ダイドラグーンで能力を下げられないので、かなり有用な特性です。 この特性のポケモン:コータス、クイタラン、マルヤクデ クリアボディ 相手から全能力を下げられません。 ドラパルトは、もう一つの特性すりぬけとの判断が難しいため、相手に安易に能力ダウンの技を撃たせないメリットがあります。 この特性のポケモン:ギギギアル、ドラパルト メタルプロテクト 相手から全能力を下げられません。 他の特性と違い、相手のかたやぶりで無効化されません。 この特性のポケモン:ソルガレオ ミラーアーマー 相手からの能力ダウンの効果を受けず、その効果を相手に跳ね返します。 追加効果のある技は、ダメージは受けますが、効果は跳ね返します。 この特性のポケモン:アーマーガア かいりきバサミ 相手から攻撃を下げられません。 この特性のポケモン:キングラー、クチート、ナックラー、シザリガー はとむね 相手から防御を下げられません。 この特性のポケモン:ケンホロウ、アオガラス、バルジーナ するどいめ 自身の命中率ランクが下がらず、相手の回避率ランク上昇を無視します。 この特性のポケモン:ヨルノズク、スカタンク、ドラピオンなど その他 あまのじゃく 自身のランク変動のプラスマイナスが逆になります。 カラマネロのばかぢからで、攻撃と防御を1段階ずつ上げながら戦う戦法が有名です。 この特性のポケモン:ツボツボ、カラマネロ たんじゅん 自身のランク変動値を2倍にします。 弱点保険が発動した場合には、攻撃・特攻が4段階ずつ上昇します。 能力を上げる追加効果を持つダイマックス技とも相性が良いです。 この特性のポケモン:ココロモリ.

次の

サメハダー 弱点

サメハダー育成論 剣盾

自身の能力ランクを上げる 登場時に発動したり、特定の条件を満たすと発動するものがあります。 かちき 相手の技や特性で自身の能力ランクが下がった時、 特攻が2段階アップします。 この特性のポケモン:テッカニン、サメハダー、ペンドラー ぎゃくじょう 相手の技のダメージで自分の残りHPが最大の半分以下になると、 特攻が2段階アップします。 相手の技のダメージ以外の場合や、すでに残りHPが半分以下の場合は発動しません。 この特性のポケモン:ジジーロン くだけるよろい 物理技を受けると、 防御が1段階ダウンし、 素早さが2段階アップします。 この特性のポケモン:イワパレス、ポットデス、サニゴーンなど じきゅうりょく 技のダメージを受けると、 防御が1段階アップします。 この特性のポケモン:バンバドロ じしんかじょう 自分の技で相手を倒すと、 攻撃が1段階アップします。 この特性のポケモン:ギャラドス、ワルビアル、ズルズキンなど じょうききかん 水か炎タイプの技を受けると、 素早さが6段階アップします。 また、手持ちにいると、ポケモンのタマゴの孵化に必要な歩数が半分になります。 この特性のポケモン:セキタンザン そうしょく 草タイプの技を受けると技を無効化し、 攻撃が1段階アップします。 この特性のポケモン:マリルリ、ヌメルゴン、バッフロンなど ソウルハート 場にいるポケモンがひんしになる度に、 特攻が1段階アップします。 この特性のポケモン:マギアナ ダウンロード 登場時に、相手の防御が特防より低い場合は攻撃ランクを、特防の方が低い場合は特攻ランクを1段階アップします。 この特性のポケモン:ポリゴン2、ポリゴンZ でんきエンジン 電気タイプの技を受けると技を無効化し、 素早さが1段階アップします。 この特性のポケモン:エモンガ ひらいしん 電気タイプの技を受けると技を無効化し、 特攻が1段階アップします。 ダブルバトルの時、自分以外の全てのポケモンの、電気タイプの単体攻撃技の対象が自分になります。 また、手持ちの先頭にいると、電気タイプの野生のポケモンと出会いやすくなります。 この特性のポケモン:ライチュウ、ガラガラ、ライボルトなど びびり ゴースト・むし・あくタイプの技を受けた時、 素早さが1段階アップします。 相手の特性いかくで攻撃が下がった時にも発動します。 この特性のポケモン:ペルシアン アローラ 、ウソッキーなど ふくつのこころ 相手の技でひるむと、 素早さが1段階アップします。 この特性のポケモン:ルカリオ、エルレイドなど ふくつのたて 戦闘に出ると、 防御が1段階アップします。 この特性のポケモン:ザマゼンタ ふとうのけん 戦闘に出ると、 攻撃が1段階アップします。 この特性のポケモン:ザシアン まけんき 相手の技や特性で自身の能力ランクが下がった時、 攻撃が2段階アップします。 この特性のポケモン:キリキザン、タチフサグマ、タイレーツなど みずがため 水タイプの技を受けると、 防御が2段階アップします。 この特性のポケモン:シロデスナ ムラっけ 毎ターン終了時、攻撃・防御・特攻・特防・素早さ いずれかのランクが2段階アップし、 別のランクが1段階ダウンします。 この特性のポケモン:オニゴーリ、オクタン よびみず 水タイプの技を受けると技を無効化し、 特攻が1段階アップします。 ダブルバトルの時、自分以外の全てのポケモンの、水タイプの単体攻撃技の対象が自分になります。 また、手持ちの先頭にいると、水タイプの野生のポケモンと出会いやすくなります。 この特性のポケモン:トリトドン、マラカッチ 相手の能力ランクを下げる いかく 登場時に、相手全体の 攻撃を1段階ダウンします。 この特性のポケモン:ギャラドス、ウインディ、レントラーなど うのミサイル 自分が なみのりか ダイビングを使った時、HPが最大の半分以上の時は「うのみのすがた」に、半分以下の時は「まるのみのすがた」にフォルムチェンジします。 この特性のポケモン:ウッウ カーリーヘアー 直接攻撃を受けた時、相手の 素早さを1段階ダウンします。 この特性のポケモン:ダグトリオ アローラ ぬめぬめ 直接攻撃を受けた時、相手の 素早さを1段階ダウンします。 この特性のポケモン:ヌメルゴン わたげ 攻撃を受けると、自分以外のポケモンの 素早さを1段階ダウンします。 この特性のポケモン:ワタシラガ 相手からランクを下げられない ここで紹介する特性は、相手から能力ランクを下げられない特性です。 ただし、自分で自身の能力を下げる場合には、これらの特性は発動しません。 また、特性 かたやぶりのポケモンは、これらの特性を無視してランクを下げることができます。 しろいけむり 相手から全能力を下げられません。 また、手持ちの先頭にすると、野生ポケモンと出会いにくくなる効果があります。 物理型の多いマルヤクデは、 いかくや ダイドラグーンで能力を下げられないので、かなり有用な特性です。 この特性のポケモン:コータス、クイタラン、マルヤクデ クリアボディ 相手から全能力を下げられません。 ドラパルトは、もう一つの特性すりぬけとの判断が難しいため、相手に安易に能力ダウンの技を撃たせないメリットがあります。 この特性のポケモン:ギギギアル、ドラパルト メタルプロテクト 相手から全能力を下げられません。 他の特性と違い、相手のかたやぶりで無効化されません。 この特性のポケモン:ソルガレオ ミラーアーマー 相手からの能力ダウンの効果を受けず、その効果を相手に跳ね返します。 追加効果のある技は、ダメージは受けますが、効果は跳ね返します。 この特性のポケモン:アーマーガア かいりきバサミ 相手から攻撃を下げられません。 この特性のポケモン:キングラー、クチート、ナックラー、シザリガー はとむね 相手から防御を下げられません。 この特性のポケモン:ケンホロウ、アオガラス、バルジーナ するどいめ 自身の命中率ランクが下がらず、相手の回避率ランク上昇を無視します。 この特性のポケモン:ヨルノズク、スカタンク、ドラピオンなど その他 あまのじゃく 自身のランク変動のプラスマイナスが逆になります。 カラマネロのばかぢからで、攻撃と防御を1段階ずつ上げながら戦う戦法が有名です。 この特性のポケモン:ツボツボ、カラマネロ たんじゅん 自身のランク変動値を2倍にします。 弱点保険が発動した場合には、攻撃・特攻が4段階ずつ上昇します。 能力を上げる追加効果を持つダイマックス技とも相性が良いです。 この特性のポケモン:ココロモリ.

次の

【ポケモン剣盾】サメハダーをかわすコツ【鎧の孤島】

サメハダー育成論 剣盾

はじめまして。 初めて育成論を投稿します。 間違いや改善点がありましたらお気軽に指摘して下さい。 ・本育成論ではHABCDSなどの略称を用います。 ・個体値は理想個体を前提にします。 ・ダメージ計算はポケソルさんを使用しています。 採用理由と役割 初手で相手のポケモンを一体持っていきつつ裏のタスキトリックルームからトリルエースを通す構築を使っていた時に初手でステロを撒かれる展開が厳しかったので環境に多いステロを撒くポケモンであるやに強めでかつそれ以外のポケモンにもある程度戦えるポケモンを探していました。 そんな時にサメハダーが解禁されたので採用してみました。 持ち物 タスキを持たせたくなかった故の調整なのでタスキはなし。 ノーウェポンなのでメンタルハーブにしました。 性格・努力値と調整 努力値 B212 S252 残り自由 145-x-87-x-60-161 同族意識で性格はようきで素早さに252振りします。 防御はようきA252のじしんを確定耐えまで振って残りは自由で良いです。 技構成 確定技 まもる 素早さが負けてる相手に最初のターンで使える。 様子見でも使える。 みちづれ 不利対面でも1対1交換が出来る。 かそくサメハダ ーと相性が良い。 ちょうはつ 相手のステロなどの変化技を封じる。 選択技 みがわり 初手ダイマ相手にまもるからのみがわり連打で ダイマを枯らせることがある。 アクアジェット ゴリランダーなど、どうしようもない対面 で相手のタスキを潰せたり、最後っ屁を入れることが出来る。 立ち回り例 Aは自分のBは相手のポケモンを指します。 ステロを覚えないポケモンに対しては初手まもるが安定です。 ダイマックスしてきたらダイマックスターンを枯らせるし、こちらより遅いポケモンのスカーフも対応出来ます。 まもるに合わせて積み技を使われてダイマックスされたとしてもみがわりを使いながらみちづれ出来ます。 被ダメージ計算 ようきA252のじしん 83. 相性の良い味方 タスキを持たせたポケモン このポケモンの対策 先制技で素早さ関係なく叩き潰せる より速く、まもるを貫通する より速いポケモンにスカーフを持たせる。 この論ではカバルドンを倒したい、ということですよね?だったらノーウェポンはまずいのではと感じました。 カバルドンは上からの挑発でステロを撒けなくなりますが、そこで身代わりを残したところでバトンするわけでもないのにどう強くなるのですか?身代わりの採用理由としてダイマを枯らせるとありますがそれは初手ダイマックス戦法の話ですので挑発とのシナジーがあっていないように感じますドリュウズにステロを撒かせないのはなかなか強いと思いますが、カバルドン相手ならバルジーナでいいと思います。 長文失礼いたしました。 サメハダーは特攻種族値もまあまあありますので、カバルドンのゴツメ警戒で熱湯はいかがでしょうか。 色々と答えていきたいと思います。 まずこのサメハダーの1番大きな目的は初手で1対1交換をすることです。 それを行っていくなかでステロ展開を阻止出来るようにこのような型にしました。 カバルドン相手ではもちろん初手でちょうはつをしますが、それで相手が引っ込んでくれば引き先をみちづれし、カバルドンがじしんで突っ込んでくればカバルドンをみちづれします。 自分のパーティ的には裏のタスキポケモンが着地出来さえすれば良いので、カバルドンが引っ込んだ後のステロ展開は考慮してません。 あとみがわりとちょうはつのシナジーが合わないというところが自分にはあまり理解出来ませんでした。 ステロまきながらイカサマをしてくるポケモンと言えばバンギラスなどが思いつきますが、一発で死ぬことはないですから大丈夫でしょう。 なんならステロをまいてくるポケモン以外にはイカサマで死んでもらいたいので特にAを下げる必要もないかと思います。 イカサマがサメハダーに1番通る技なんてことはないでしょうしね。 サメハダーによる加速からの先制道連れはかなり有名ですので、相手としては道連れされないように攻撃技を選択しない行動をとりやすいです。 挑発が入っていると仮定すれば多くは交代してくると思います。 攻撃技を積んでいるであれば、相手の道連れ読み交代を読んで攻撃技を撃つことで相手に負荷をかけることができる、つまり道連れを絡めた読み合いが可能になるのですが、ノーウェポンだと相手はノーリスクで道連れを躱し続けることができます。 そのうち道連れのppが尽きて使い物にならなくなってしまいます。 というわけで流石にワンウェポンは入れた方がいいと思うのですが、どうでしょうか。 ノーウェポンであることについては色々と迷いました。 本当はワンウェポン入れたいんです。 ただ、みちづれを絡めた読み合いはじゃんけん要素が強く自分のやり方には合わないと思って見送りました。 コンセプト的に攻撃技と交換するならみがわりなのですが、ドリュウズを意識して変に耐久に振った関係上能動的に体力を減らす技が欲しいと感じてみがわりを採用しました。 相手がみちづれを警戒して交代を繰り返すとかなり厳しいのですが、相手の交代に合わせて有利対面を作りに行ったりまもるやみがわりを使いながら時間を使って相手を焦らせに行くのも良いかなとは思います。 1対1交換が出来なければかなりきついですが、ステロ展開は阻止出来るので40点くらいですね。 あと出来るだけまもるやみがわりをしてみちづれないのではと思わせるようなワンチャンプレイも出来なくはないです。 まだカジュアルでしか運用出来ていないので来月からのランクマで使用してまた書き直したいと思います。 非常に良いと思います。 ただ、カバルドンを流して後発にダイマックスのエースが出て来た場合を想定すると、みがわりしているうちに天候ダメージで削れ、そのままみちづれ出来ずに落とされてしまう可能性がありますね。 ダイマックス技で天候を変えられた場合も同様です。 また、サメハダーは悪タイプであり、いたずらごころを持つポケモンの挑発は受けないため、メンタルハーブは腐りがちだと考えられます。 なので、天候以外にキョダイゴクエン系のスリップダメージなども耐えられるオボンの実か、パーティーと被りにくくみちづれの邪魔にならない防塵ゴーグルを持たせるとより良いと思いますが、いかがでしょうか。

次の