パッカー車 構造。 トラックの構造・パーツの役割と構造変更がまるわかり

トラックの構造・パーツの役割と構造変更がまるわかり

パッカー車 構造

Contents• パッカー車の操作方法や手順は必ず守ろう! パッカー車は ゴミを収集するという重要な役割があるものですが、その構造の複雑さと、ゴミをプレスして粉砕しているパワーのために操作方法を間違えると非常に危険な車両でもあります。 実際にスピードを重視したり、慣れから安全確認を怠って作業をしていた人が パッカー車に巻き込まれたり、 火災事故を起こすというトラブルも起こっています。 何よりも 操作方法を正しく理解し、操作手順に従って操作をしていくということが重要なのです。 パッカー車の積み込み操作手順について PTOをオンに パッカー車でゴミの積み込みを行っていくときには安全を重視しているためにいくつかの手順を踏まなければいけません。 まずは PTO(パワーテイクオフ)を操作してオンにします。 これはパワーを伝達していく「油圧シリンダー」を操作していくためのものです。 車内で積み込みボタンを操作 車内からゴミの積み込みボタンを操作して積み込んでいくことが可能な状態にしていきます。 安全確認をしてゴミの投入口に人がいないことを見てから行いましょう。 後部で積み込みボタンの操作 車両の後部、ゴミの投入口の場所にある積み込みボタンを操作して実際にゴミを粉砕していく動作を行うようにします。 この時に 巻き込まれる事故がもっとも起こりやすくなるために十分に注意しましょう。 車内の積み込みボタンをオフ 作業が終わったら車内から積み込みボタンをオフにします。 PTOをオフ 最後にPTOをオフにして一連の作業が終了となります。 もっとも重要なのは スイッチを操作する際に投入口の近くに人がいないことを確認することです。 パッカー車の排出手順 積み込んだゴミは集積場で排出することになります。 排出方法には• 押し出し式・・・ゴミを荷箱の中の押し出し板を使って外に押し出す• ダンプ式・・・荷箱をダンプカーのように傾けて一気に排出する などがあります。 ここでは押し出し式のパッカー車のゴミの排出の仕方を紹介していきます。 PTOをオン まずゴミを収集するときと同じようにPTOのスイッチをオンにして 油圧エネルギーを使用可能な状態にします。 これで排出を可能な状態にしていきます。 車内の排出ボタンをオン 車 内の排出ボタンをオンにしてゴミの排出を行う段階を進めていきます。 テールゲートボタン操作 後方の扉を開けてゴミを出すためにテールゲートボタンを操作していきます。 排出板を操作しゴミを押し出す 実際に荷箱の中にある排出板を操作してゴミを押し出していきます。 細かいゴミまですべて押し出してしまうことができるのが押し出し式の強みでもあります。 テールゲートボタンを操作 すべてゴミを押し出したら テールゲートボタンを操作して扉を閉じます。 PTOオフ 最後に PTOをオフにして一連の作業が終了となります。 パッカー車で絶対にしてはいけない事 ポッパ内に手足を入れない パッカー車はとにかく事故が多い車両でもあります。 特に危険になるのはゴミの投入口から荷箱にかけて、つまりポッパの内部です。 ここから離れていれば急激に危険になることはそれほどありません。 ゴミを収集して投入していく際でもこのポッパの内部に手足を入れることは絶対にしてはいけません。 ゴミは基本的に投げ入れるようにして投入していきます。 ポッパ操作時の安全未対策 ポッパに関連する作業には安全確認がいちいち必要になります。 特に ポッパを開けて作業をする際には安全棒、降下防止スイッチを使用することで挟まれるということを未然に防いでいかなくてはいけません。 エンジン作動時のポッパ内での作業 洗車、点検、整備などのためにポッパに入るときにはエンジンが停止していること、急に 誰かが操作しないようにキーは自分が持っていくことを徹底しなければいけません。 まずエンジンが作動しているときにポッパには入らないようにすることは当然として、誰かが操作することも防ぐことが重要なのです。 まとめ パッカー車は使用方法を間違えると非常に危険な面もある車両です。 使用方法や使用手順を正しく守ることが何よりの危機管理になります。 安全を最優先して作業を行うようにしましょう。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。

次の

[ パッカー車(塵芥車)について ] ゴミ収集車の仕組みや構造について説明します!

パッカー車 構造

ゴミ収集車の特徴 ここではゴミ収集車の特徴について基本的な事をご紹介いたします。 ゴミ収集車とは ゴミ収集車というのは家庭ゴミや企業からでる廃棄物などを収集し、集めたゴミを処理場まで運んでいくための車両の事を言います。 一般的にはゴミ収集車と言ったりしていますが、実はこの車はパッカー車と呼ぶ事もあります。 一方で行政の方では何というのかというと、塵芥車(じんかいしゃ)と言ったり塵芥収集車など言う方が多いようです。 呼び方は違うけれどもすべて同じゴミ収集車の事を指しています。 ではゴミ収集車の仕組みについてを説明いたします。 ゴミ収集車の仕組み ゴミ収集車は後ろからゴミを入れて、ドラムの内部でゴミを圧縮しながらゴミを収容して、ゴミを捨てる処分場についたら所定の場所にゴミを捨てます。 そしてゴミ収集車の仕組みは一種類だけではありません。 ですが基本的な仕組みは同じで、シャーシ部分、架装部分(ドラム)そして圧縮装置の部分で構成されています。 それぞれの違いはドラム内部や圧縮装置の部分が違いますので、後程これらの仕組みの違いや特徴についてをご説明いたします。 ゴミ収集車の値段 気になるのがゴミ収集車の値段ですが、同じような作業をする事ができるのに種類によって開きがあるものなのです。 さらに新車と中古では値段の基準が変わってきます。 例えば新車の場合だったらシャーシと架装部分の種類や大きさで変わります。 では中古は?というと車両の年式であったりどのくらいの走行距離なのかであったり、さらに車両全体を見た時の状態によっても変わってくるのです。 つまり一般的な車両の値段の決め方とほとんど変わらないものなのです。 ゴミ収集車のメーカー ここではゴミ収集車のメーカーを、パーツ事にご紹介していきましょう。 ゴミ収集車に使われるシャーシ ゴミ収集車に使用されているシャーシはメーカーによって違うのは当然なのですが、 ゴミ収集車用にシャーシを作っているというメーカーはありません。 例えば元となっているのは輸送用トラックなどに使われているものばかりです。 いすゞならエルフやフォワードが使われ、三菱ふそうならキャンターやファイターが多いですね。 日産だとアトラスという車両やコンドルなどが使われています。 日野ならレンジャーやデュトロ、マツダはタイタンが使われています。 ゴミ収集車架装を作るメーカー どこのシャーシメーカーでもゴミ収集車のメインである架装の部分は作っていません。 この部分を作っているメーカーは極東開発工業であったり、新明和工業というメーカーであったり、富士車両だったりモリタエコノスなどです。 これらの架装部分を各メーカーのシャーシに搭載する事でゴミ収集車が完成するのです。 ただし架装部分のメーカーの名を目にした事が無い方もいらっしゃるのではありませんか?それはシャーシのメーカーの車両がパッカー車として販売しているからなのです。 ゴミ収集車の圧縮部分 ここではゴミ収集車の圧縮部分の種類とそれぞれの特徴、仕組みについてをご紹介していきましょう。 回転式 ゴミ収集車に多い回転式は家庭ゴミや事業ゴミなどを集積するのに活用されています。 ドラムの後ろにゴミを入れると回転式の羽がゴミをドラムの内部へと運んでいき、奥へと圧縮しながら詰め込んでいきます。 ただし圧縮する力はものすごく強いというわけではありません。 なぜなら回転するのは手前だけで奥までは届かないからです。 動く仕組みは羽がついていて羽が手前に動きゴミを入れると後方へと書き込んでいく仕組みです。 プレス式 プレス式はもっともパワフルなゴミ収集車です。 投入口に装着されているのはプレスプレートという頑丈なプレートで、ゴミを入れるとまず最初にプレスして粉砕してしまいます。 粉砕してある程度細かくなったら奥へと押し込むのです。 別名を圧縮板式ゴミ収集車と言うだけあって、一般家庭から出るゴミではなく粗大ごみなどの収集用として使われます。 大型の冷蔵庫でも粉砕するだけのパワーがあるので、収集する時には十分気を付けなくてはなりません。 ロータリー式 ロータリー式はドラムに特徴があります。 プレートなどは付いておらずドラムがぐるぐると回転する事でゴミを奥へと収納するのです。 一応奥へ溜まっていけばある程度の圧縮は期待できますが、他の二種類に比べたらパワー不足です。 そのため最近ではロータリー式のゴミ収集車を使っている団体は減っているようです。 作業する方の安全面ではとても良いのですが、効率が低い事から中古でもあまり見かけなくなっているのです。 ゴミ収集車の排出方法 ここではゴミ収集車の排出はどのようになっているのか、その仕組みをご紹介いたしましょう。 ダンプ式 一つはダンプ式という方法です。 この方法はダンプと同じようにドラム部分の前が上に上がります。 前が上がれば当然傾斜ができるのですから、中に入っているゴミも下に滑り落ちていくのです。 とても簡単な仕組みになっています。 しかしながらダンプ式にも欠点はあります。 それは荷物全てが傾斜だけで落ちていくとは限らないからです。 そのため完璧にごみを落とすには棒やほうきなどを使って丁寧に取り除く必要があるでしょう。 押し出し式 押し出し式はドラムの中に大きなプレートが装備されているタイプのゴミ収集車です。 一番奥つまり運転席のすぐ後ろの部分に付いているプレートが収集口に向かってゴミを押していき、一気に押し出すことができるのです。 一度にほぼ全てのごみを排出する事ができるので、ドラム内を清掃する時に非常に楽です。 ただしとても便利なのですがプレートが内部にある分ドラムに収容できるゴミの量が少なくなってしまうというデメリットもあります。 ゴミ収集車(新車)の値段相場 ゴミ収集車を新車で購入する時の値段は車両のトン数つまり大きさによって変わってきます。 例えば小型のゴミ収集車の新車の相場は、およそ400万円~600万円程度と言われています。 中型車になると新車でおよそ500万円~800万円の間くらいで取引されています。 大型のゴミ収集車を新車で購入しようとしたら、およそ800万円~1000万円程度ほどで購入する事ができるでしょう。 ただしこの金額はサイズ(トン数)による違いです。 仕様が違ったりすればそれによって値段も変わってきます。 シャーシの部分はどこのメーカーもそれほど価格は変わりません。 一方で中古車の場合を見てみましょう。 ゴミ収集車(中古)の値段相場 日野 デュトロ 日野のデュトロ、3トン、年式は平成31年、走行距離294km、ボディはホワイトのキレイな小型パッカー車です。 この中古車はプレス式で駆動方式は2WD、修復歴がなく程度がとても良い中古パッカー車です。 バックカメラが付いているので後方の安全確認が楽にできます。 MT5速なのでAT限定免許では運転する事はできません。 価格は746万円なので非常に入手しやすいお値段なので、中古パッカー車を狙っている方におすすめです。 日産ディーゼル コンドル 増トン 日産ディーゼルのコンドルという車種のパッカー車です。 年式は平静18年と若干古めですが外装はキレイなホワイトです。 走行距離は26. 1万km、トン数は3. 6トンとなっています。 修復歴がないのが良いですね。 プレス式で増トン仕様となっているので効率よくゴミの収集作業を行う事ができ、回数も若干減らすことができるでしょう。 価格も年式が古い分だいぶ買い求めやすくなっていて、186万円の支払い総額で済むのはお買い得です。 いすゞ エルフ いすゞエルフのパッカー車です。 4トンなのでかなりの大容量です。 産業廃棄物の収集などに有利かもしれません。 年式は平成25年と比較的新しいのでとても美しい外装をしています。 普段からのお手入れの賜物でしょう。 クリーム色と後ろがブルーのツートンカラーで、プレス式パッカー車となっています。 走行距離は6. 3万kmとパッカー車としては少ない方でしょう。 天然ガスなのでエコな会社に最適です。 アイドリングストップなど環境に配慮しています。 価格は支払総額が273万円とかなりリーズナブルです。 まとめ 今回はゴミ収集車の値段や基本的なゴミ収集車の構造などについて、さらに中古パッカー車の仕様や価格などについてもご紹介いたしました。 この記事がゴミ収集車の値段を知りたいという方の参考になれば幸いです。

次の

トラックの構造・パーツの役割と構造変更がまるわかり

パッカー車 構造

パッカー車における安全対策の重要性 パッカー車は一般的な普通車やトラックと形状や構造が違っているために 想像できないような事故が起こることがあります。 中に可燃物が残っている空き缶を収集した際に爆発・火災が起こって運転手が死亡、周囲にいた子どもたちが大けがをするというような事故も起きています。 パッカー車でゴミを集める際には 安全を最優先させて作業を行う必要があるのです。 パッカー車にはどんな危険が考えられるのか? 運転者の巻き込まれ事故 パッカー車の事故で多いのが巻き込まれ事故です。 ゴミはそのままの大きさだとあまり収納できないために圧縮板でプレスして収納されます。 しかしこの 圧縮板に作業員が巻き込まれる事故が多発しているのです。 実際にあった事故では本来収集してはいけないものを投入してしまった作業員が慌てて取ろうと手を突っ込んだところ巻き込まれるという事故が起きました。 また、基本は2人以上で行うべき作業を 1人でしていたために緊急停止スイッチをすぐに押すことができないということにもつながりました。 収集物排出時の事故 圧縮して収集したゴミは 専用の処理場でパッカー車から排出していきます。 その際に正常に排出が行われないと 火災や爆発、作業員への鋭利なものによるケガ、などが起こる場合があります。 火災・爆発事故 カセットコンロやカセットボンベ、ヘアスプレーの空き缶などが完全にカラになっておらず、ガス抜きもされていない場合に収集してしまうと爆発、火災が起こることがあります。 実際にあったのは収集して清掃工場に戻ったあとに爆発を起こし、運転手が怪我、車両は廃車になるという事故でした。 事故を防ぐための安全対策とは? 定期的な点検の実施 どのような車両でもそうですが部品が故障している、不具合があると大きなトラブルにつながります。 特にパッカー車のような構造で、特殊な用途のものは故障している部品があると大きな事故につながりやすくなります。 定期的な点検に加えて、始業前の点検を確実に行うことが重要です。 運転者の安全意識の向上 どうしても慣れてくると安全意識よりも効率の良さを求めたり、要領よく動くことを優先させてしまったりすることがあります。 しかし、作業員の不注意による事故は安全意識を高く持っていれば防げたものも多くあります。 危険な作業を行っているということを認識して安全意識を高く持って作業を行いましょう。 作業手順の遵守 収集するときには何も考えずにパッカー車に投入すれば良いというものではありません。 危険なもの、圧縮した際に 破裂したり破片が飛び散ったりするものが含まれていないかどうかの確認、 空き缶は本当に残量が残っていないかどうかの確認など、作業手順は正しく決まっています。 その 順序を遵守することで防げる事故は多いのです。 面倒ではありますが作業手順をもう一度確認して守っていきましょう。 作業中の周囲確認 作業員が安全意識を持って作業手順の通りに作業を行っていたとしても第三者からのトラブルが起こることがあります。 作業中に他の車が来る• スマホなどを操作しながら自転車に乗っている人が来る• 子どもが飛び出してくる ということも起こるのです。 作業中は周囲にも注意を払い、安全確認をした上で作業を行いましょう。 余裕を持った作業 時間に追われてくるとどうしても安全よりも早さを意識したり、いつもは行っている確認を飛ばしたりするようになります。 そうして 焦って作業を行うと普段であれば起こらないアクシデントが起こることがあるのです。 時間を意識する気持ちはわかりますが、作業は余裕を持って落ち着いて行うことが重要です。 運転者の注意で防げる事故がほとんど パッカー車で起こる事故は他からの原因のものもありますが、やはりもっとも多いのは運転手や作業員の不注意によるものです。

次の