戸塚 日立 跡地。 戸塚区戸塚町のブリヂストン横浜工場跡地の今後、噂の真相は?

戸塚新聞

戸塚 日立 跡地

日立製作所は、横浜事業所(横浜市戸塚区吉田町)の機能強化を本格化させる。 16日には、新たにビル4棟を建設し、JR戸塚駅周辺などに分散している7拠点を集約すると発表した。 情報技術(IT)系を中心に5千人が働くことになり、一大拠点としての位置づけが一層鮮明になる。 新ビルは2011年春に着工、12年春の完成を目指す。 約230億円を投じる。 IT系のソフトウエア事業部2拠点と、防衛・社会インフラ安全保障事業の5拠点を集約する。 それぞれJR戸塚、東戸塚駅周辺のほか、磯子駅周辺、東京・秋葉原などに分散している。 磯子区に本社を置く子会社「日立アドバンストシステムズ」も合わせて移転させる。 ソフトウエア事業部は1969年の発足以来、急速に事業が拡大。 連動して拠点を設けたため各地に分散していた。 1カ所に集約することにより開発力の強化を図る。 新ビル予定地に隣接する既存ビルに情報通信システム分野の研究開発スタッフ約700人を集約する計画も進めており、横浜事業所はIT関連だけで約4200人を擁することになる。 防衛・社会インフラ事業は経営企画、開発・設計、製造の各業務を集め、約1400人が働く。 新ビルは映像関連機器を生産していた工場の跡地に建てる。 4棟のうち、ソフトウエア事業部と防衛・社会インフラ事業で2棟ずつ使う。 移転後に空室となる自社ビルもあるが、売却を含め今後活用方法の詳細を詰める。 日立製作所は経営効率化に向け拠点再編を加速させており、横浜・みなとみらい21(MM21)地区には横浜市内や都内に分散している拠点を集約する方向で検討している。

次の

【口コミまとめ】ザ・パークハウス_戸塚レジデンスを本音で考察!

戸塚 日立 跡地

4,162,377アクセス• 日立戸塚工場跡地に建設中の中外製薬中央研究所では工事が本格化してきているようだ。 ダンプカーの他にコンクリートミキサー車などがひっ切りなしに建設現場を行き来している。 その建設現場には工事用に道路が設けられ、その道路に「マンション通り」と大きな看板が立てられている。 製薬会社の中央研究所に「マンション通り」は可笑しいだろうと思い、ゲート前で交通整理をしている人に聞くと、「コンクリート打ちが始まってコンクリートミキサー車が来るが、どこへ行けば良いのか分からずに、時間が掛かってしまったりするので、工事現場に番地代わりに工事車両用道路に「通り」を付けた。 」ということだ。 なるほど。 他にも「中央通り」もある。 しかし、その先にある車両の誘導や現場地点の指示には「下町ロケット」に登場したように、GPS機能で対処することも実用化されてしかるべきだと思う。 また、工事現場・建設現場には注意看板が付きものであるが、ここ中外製薬中央研究所建設現場の遮蔽板にはディスプレイがはめ込まれており、左右下側にはスピーカーもある。 ディスプレイの簡単なやり方にはそれぞれの「注意」を何枚かのスライドにしてスライドショー方式にすることが直ぐに思い付く。 こうした製薬会社の中央研究所では当然、レベルの高い施設でウィルス研究も行われるであろう。 いかなる事態においても東日本大震災(平成23年(2011年))発生時の東電福島原発のような事態を招くことは絶対に避けなければならない。 さもないと、今回のような新型コロナウィルス感染のような事態に陥るのであるから、コンクリートも良質なままで打ち込む必要があり、品質保持のためには工事現場で迷っている無駄な時間などないはずだ。 しかし、今回の新型コロナウィルスに関連して、こうした製薬会社のこうした中央研究所の(建設中の)ことが報じられることもなく、また、こうした製薬会社のこうした中央研究所の最先端の施設がないことには今回のような新型コロナウィルス感染症に効く薬品やワクチンも作り出せないということでもある。 (表紙写真は中外製薬中央研究所建設現場に「マンション通り」).

次の

日立グループ会社、秦野へ 跡地利用は未定

戸塚 日立 跡地

概要 [ ] 横浜市戸塚区の中央部、()ののほぼ中心に位置し、駅周辺は横浜市南西部の商業・行政の中核になっている。 西口と東口の間は、地下1階の自由通路と、2階のでつながっており、24時間自由に行き来することができる。 詳細は、駅周辺の項で後述する。 乗り入れ路線 [ ] JR東日本の各線(後述)と、横浜市営地下鉄のの合計4路線が乗り入れる接続駅となっている。 JR東日本:各線(後述) - 「 TTK」• 横浜市交通局: - 駅番号「 B06」 JR東日本の駅に乗り入れる路線は、正式な線路名称ではのみであるが(詳細は路線記事および「」を参照)、運転系統としては以下の3系統が停車する。 それぞれ専用の線路が割り当てられており、当駅以東(東京方面)では停車駅および経路が異なっている。 また、当駅はこれら各系統同士の乗換駅()としての役割を果たしている。 :東海道本線以西の・方面に直通する()。 発着系統と、東京駅・経由で・に直通するが乗り入れる。 下り普通列車は当駅以西は東海道本線の各駅に停車する。 上り列車はまで無停車のとしての役割も果たしている。 - 「 JT 06」• :東海道本線(経由)を経て、下り列車は大船駅より線路名称上のを走る。 上り列車は横浜駅まで各駅に停車する緩行線としての役割を果たすとともに、多くの列車が東京駅を経由し、総武快速線へ直通する。 - 駅番号「 JO 10」• :東海道本線(品鶴線経由)を経て、当駅からまで横須賀線と同一の線路を使用し、経由で東海道線と高崎線間、横須賀線と宇都宮線間をそれぞれ直通する。 - 駅番号「 JS 10」 また当駅は制度における「横浜市内」に属するが、東海道本線においては当駅がその西限となる。 歴史 [ ] 昭和初期の戸塚駅(現在の西口)• (20年) - 東海道本線の - 間開通と同時に開業。 ・の取り扱いを開始。 開業後はも停車。 のである戸塚の地に開設された。 当初は旧宿場町側の西口が多く利用されたが、戸塚競馬の開催とともに東口も次第に賑わうようになった。 (2年) - (昭和4年) 鶴見駅 - 横浜駅間6線化、横浜駅 - 平塚駅間複々線化により貨客分離。 (昭和5年) - 横須賀線の、東海道線は当駅を全列車通過となる。 (昭和7年) - 開設。 (昭和12年) - 戸塚競馬の開催に伴い、東口を開設。 (昭和25年) - 戸塚競馬場廃止、へ移転。 (昭和37年)3月 - 戸塚駅前地区決定(約21. (昭和43年)5月 - が4252-1に開店(店舗面積9,169m 2)。 (昭和44年) - が完成。 (昭和45年) - 貨物の取り扱いを廃止。 (昭和46年) - の旧・ が戸塚町4018番地に完成。 (昭和54年) - - - 当駅間が開通。 (昭和55年)10月1日 - 戸塚駅 - 大船駅間6線化により東海道本線と横須賀線が分離運転(SM分離)され、東海道線普通列車の当駅停車が復活。 現在のホーム配置となる。 (昭和57年)4月 - 戸塚駅東口地区第一種事業計画決定。 戸塚駅周辺の市街地再開発事業は、東口地区は第一種(権利変換方式)、西口地区は第二種(方式)で行われた。 違いについては「」を参照。 (昭和60年) - 取り扱いを廃止。 (昭和61年)11月 - 東口駅前再開発ビル「」オープン。 (昭和62年)• - により東日本旅客鉄道の駅となる。 鶴見駅から横浜羽沢駅を経由する支線の終点が、戸塚駅から東戸塚駅に変更される。 - 横浜市営地下鉄の駅が仮設駅として開業。 ホームが4両分しか設けられず、後部2両の扉をしていた。 7月11日 - 開業100周年を迎える。 (元年) - 横浜市営地下鉄の駅が本設置となり、ドアカットは廃止。 (平成2年)3月 - 戸塚駅東口地区第一種市街地再開発事業完了。 (平成6年)10月 - 戸塚駅西口第1地区第二種市街地再開発事業都市計画決定。 (平成9年)3月 - 戸塚駅西口第1地区第二種市街地再開発事業開始。 (平成11年) - 横浜市営地下鉄 当駅 - 間開業。 延伸により中間駅となる。 (平成13年)• - JR東日本で「」の利用が可能となる。 - 湘南新宿ライン運転開始。 大船駅発着の特急の停車駅となる。 (平成14年)12月 - 戸塚駅前地区中央土地区画整理事業事業計画決定。 (平成16年) - 湘南新宿ラインの増発により新設された「特別快速」の停車駅となる。 (平成18年) - が閉店。 (平成19年)• - 旧・丸井戸塚店がとして開店。 まるい食遊館、レストラン街、その他一部の店舗は継続して営業。 - 東海道線の停車駅となる。 横浜市営地下鉄でICカード「」の利用が可能となる。 - 西口再開発地区全体を封鎖する形で大規模な街区解体工事を開始。 西口駅前に既存商店街の仮設店舗ビルとして建設された「戸塚ウエスト」オープン。 - 駅開業120周年を迎える。 - 横浜市営地下鉄での使用開始。 (平成20年) - 戸塚駅西口再開発により、西友戸塚店が閉店(店舗解体済)。 (平成21年) - 西友戸塚店跡地に、西口駅前再開発ビル「」オープン。 が運営。 建設は (横浜市戸塚区。 社名は類似しているがとは無関係 )• (平成22年)• 3月 - 仮店舗ビル「戸塚ウエスト」閉鎖(7月頃に解体)。 西口駅前再開発ビル「」オープン、店舗が順次移転し営業開始。 - 西口駅前再開発ビル「」プレオープン。 トツカーナに隣接する第1交通広場に自転車駐輪場(約3100台収容)が完成し使用開始。 駅とトツカーナ、第1交通広場は「中央プロムナード」で結ばれる。 - 「トツカーナ」グランドオープン。 - 旧・戸塚バスセンターが、この日の終車(翌18日0時19分発の)をもって使用終了。 - 第1交通広場が・乗降場として使用開始。 戸塚バスセンターは18日始発より第1交通広場に移転し化される。 バスセンター移転に伴い・でダイヤ改正。 (平成23年) - 戸塚駅前線の開通と同時に、西口駅前にバス降車場(降車専用)を設置。 第1交通広場まで行かなくても降車可能になる。 (平成24年) - によるサービス開始。 (平成25年)• - 「戸塚ウエスト」跡地に戸塚区総合庁舎が完成、戸塚区役所が移転。 総合庁舎1階に第2交通広場(タクシー・一般車の乗降場、自転車駐輪場)使用開始。 これをもって戸塚駅西口第1地区第二種市街地再開発事業完了。 (平成26年)• - のであった戸塚大踏切上空に、歩行者専用の「戸塚大踏切デッキ」使用開始。 当日は完成記念式典が行われた。 (平成27年)• - 区役所跡地が戸塚共立第1病院などを運営する横浜柏堤会に、旧・戸塚バスセンター跡地がグループのであるにそれぞれ売却される。 旧・バスセンター跡地は移転後長らく更地となり、西口再開発工事の資材置き場として使用されていた。 - 戸塚道路の清源院入口から矢部団地まで、のが開通し、戸塚大踏切が廃止される。 当日15時開通、16時に踏切閉鎖。 開通に先立ち3月1日には、3月14日には記念式典が行われた。 - 横浜市営地下鉄のダイヤ改正により、ブルーラインに新設された「」の停車駅となる。 (平成30年)5月 - 旧・戸塚バスセンター跡地に、三菱地所レジデンスの分譲が竣工。 10月から(平成31年)3月 - 下りホームの東京寄り、橋上改札方面階段手前までホームの段差解消工事を実施。 2019年(元年)• 10月から(令和2年)3月 - 上りホームの段差解消工事を実施。 は橋上と地下の2ヶ所にあり、それぞれ東口・西口の両側への出入口へ通じている。 ホームの大船寄りはを跨いでいる。 1・2番線ホームの脇にはの線路があるがホームはない。 東海道線と横須賀線の分離運転(SM分離)以前は、現在の1・2番線ホームがなく、1番線(現:3番線)が東海道・横須賀上り線、2番線(現:4番線)が東海道・横須賀下り線であった。 また現在の貨物線がなく、現在の1・2番線ホームがあるところに旧貨物線があった。 その後分離直前までには島式ホームが2つあり、2番線を東海道・横須賀線上り、3番線を同・下りとして使用していた。 1・4番線は線路が敷設されていたが長らく廃枕木等が載せられ使用不可状態になっていた。 東海道本線と横須賀線は方向別配線となっており、同一ホームで相互にができる。 上野東京ラインと湘南新宿ライン相互の対面乗り換え可能な駅は、区間を含めて当駅が唯一(年末年始終夜運転時の大宮駅を除く)。 東北本線の北行では対面乗り換えがどの駅でもできず、南行の大宮駅でも宇都宮線からの列車同士あるいは高崎線からの列車同士でしか対面乗り換えができない。 終電同士以外では駅や指令から特別な指示がない限り接続を取らないため、どちらかの列車のドアが開くと同時にすぐ向かい側の列車のドアが閉まることもある。 同様の例は首都圏のJR線の場合、(と)、(と中央・総武線各駅停車)、 - 間の山手線と併走区間各駅(特に山手線と京浜東北線快速)など。 湘南新宿ラインの東海道線直通列車、新宿方面発着の東海道線特急列車(当駅通過)は、大船方で東海道線に転線する。 武蔵野線からの直通臨時快速列車など、横浜駅を東海道線ホームに発着する横須賀線直通列車は、大船方で横須賀線に転線する。 のダイヤ改正から特急「成田エクスプレス」が当駅に停車するようになったが、それ以外の特急列車は当駅を通過している。 ただし、臨時で運転される特急(など)は例外として当駅に停車することがある。 のダイヤ改正から東海道線のの全列車が当駅に停車するようになった。 これにより「湘南新宿ライン快速・特別快速は停車するのに快速アクティーは通過」という乗り慣れない乗客に混乱を招いていた事態が解消された。 また快速アクティーが停車するまでは、通過駅の中で唯一の乗り換え駅でもあった(ただし正式名称の東海道本線、すなわち横須賀線・京浜東北線電車が停車する駅を含めると、快速アクティーが通過する乗換駅は他に・・・・・・がある)。 なお、東海道線の通勤快速は引き続き通過する。 3月頃に、全ホームの放送装置が更新された。 また、上野東京ライン開業時に再度更新され、男声がからとなった。 直営駅であり管理駅として東戸塚駅を管理している。 1 木もれ陽の散歩道 2 Gota del Vient 3 Cielo Estrellado 4 蝶々のように• 前後に発車メロディが数回変更された。 当初は1・2番線が「Gota del Vient」、3・4番線が「Cielo Estrellado」であったが、に1番線が「ホリデイ」、2番線が「秋桜」(制作)に変更され、さらに同年に2番線が「Gota del Vient」に戻り、2000年に1・4番線が「ホリデイ」(総武快速線・・と同様の音色違いバージョン)に、2001年に2・3番線がそれぞれの低音程バージョンに変更された。 に1番線が「木もれ陽の散歩道」、4番線が「蝶々のように」に変更され、現在に至っている。 駅弁 [ ] が販売を行っており、売店は橋上改札外と地下改札外にある。 主な駅弁は下記の通り。 また、かつてはの出店が地下改札内で駅弁販売を行っていた時期があった。 横濱中華弁当• 横濱チャーハン• 横濱ピラフ• かながわ味わい弁当(春・初夏・夏・秋・冬、季節により内容が変わる)• おべんとう(春・初夏・夏・秋・冬、季節により内容が変わる)• ハマの朝ごはん弁当(平日午前中のみ販売)• 炒飯弁当• 幕の内弁当• お赤飯弁当• しょうが焼弁当• いなり寿司 駅構内設備 [ ]• (営業時間 6:30 - 21:00)• 橋上改札 - 1・2番線(ホーム中程ホーム事務室の前)• 地下改札 - 1・2番線(ホーム中程ホーム事務室の横)• 地下改札 - 3・4番線(ホーム中程橋上改札階段の裏)• 戸塚1号店 - 1・2番線(横浜方面行)ホーム横浜方• 戸塚店 - 改札外。 橋上改札を出て左手すぐ。 戸塚地下店 - 改札外。 地下改札を出て左手すぐ。 NewDays mini3号戸塚店 - 改札内。 橋上改札を入った目の前。 はまりん戸塚店 - 地下1階改札付近• 戸塚地下売店 - 地下1階付近• 戸塚店 - 地下2階市営地下鉄改札脇• 戸塚駅サービスコーナー かつては橋上改札前に戸塚店などいくつかの店舗が構えていたが、戸塚駅西口再開発事業に伴う駅内改修工事に伴い2月にすべて閉店・撤去された。 その後も形式で出店して駅弁や雑貨などを随時販売している。 改札口は地下2階、ホームは地下3階にある。 地下1階が地下自由通路となっており、JRの地下改札口がある。 所在駅。 戸塚管区駅として当駅 - 間を管理している。 当初計画ではから当駅までの延伸が計画されていた。 戸塚駅西口の直下に駅を設置する予定であったが、西口の再開発事業が難航したため、(昭和60年)に隣の舞岡駅までを先行して開業することになった。 その後、駅の位置は国鉄(現 JR)の直下(約77m)と東口バスターミナル・2の直下に変更されたが、国鉄の分割民営化の時期に重なったことと、軟弱な地盤により国鉄直下の委託工事が難航したことから、戸塚駅開業100周年となる(昭和62年)に暫定開業に最低限必要な国鉄直下の11mと東口バスターミナル・ラピス戸塚2の直下を使った、4両分(約100m)のホームを持つ仮設駅として暫定開業した。 当時は6両編成で運行していたため、側の2両はで対応していた。 国鉄と地下鉄の乗り換えのために建設していた国鉄の地下改札口・自由通路も完成していなかったため、出入口は東口バスターミナル側が使用されていた。 横浜100周年・の会期中に間に合わせるべく急ピッチで工事が行われ、(平成元年)、6両分のホームを持つ本設駅として本開業した。 に当駅-間が延伸開業するまでは終着駅であったため、あざみ野方にが設置されており、延伸後の現在も残されている。 なお、湘南台延伸後は当駅発着の定期列車は設定されておらず(非常時に湘南台駅-当駅間や当駅-あざみ野駅間で折り返し運転が行われたことはある)、代わりに引き上げ線を有する隣の発着の列車が設定されている。 1日あたり乗車人員の推移• JR東日本 - 2018年度の1日平均は 112,606人である。 JR東日本管内の駅ではに次いで第31位、神奈川県内の東日本管内の駅では・・に次いで第4位。 横浜市営地下鉄 - 2018年度の1日平均は 90,133人(乗車人員:44,761人、降車人員:45,372人)である。 ブルーラインでは横浜駅に次いで第2位である。 年度別1日平均乗降人員 [ ] 近年の1日平均 乗降人員推移は下記の通り。 年度別1日平均乗降人員 年度 横浜市営地下鉄 1日平均 乗降人員 増加率 1999年(平成11年) 53,618 2000年(平成12年) 63,950 19. 年度別1日平均乗車人員 年度 JR東日本 横浜市営地下鉄 出典 1987年(昭和62年) 11,145 1988年(昭和63年) 15,132 1989年(平成元年) 16,952 1990年(平成 02年) 18,881 1991年(平成 03年) 100,344 20,058 1992年(平成 04年) 102,528 19,794 1993年(平成 05年) 102,796 20,667 1994年(平成 06年) 102,828 21,079 1995年(平成 07年) 101,923 20,762 1996年(平成 08年) 102,072 21,247 1997年(平成 09年) 100,335 21,533 1998年(平成10年) 99,521 21,301 1999年(平成11年) 98,054 26,704 2000年(平成12年) 97,391 31,407 年度別1日平均乗車人員(2001年以降) [ ] 年度別1日平均乗車人員 年度 JR東日本 横浜市営 地下鉄 出典 2001年(平成13年) 98,168 33,042 2002年(平成14年) 98,869 34,454 2003年(平成15年) 100,374 35,227 2004年(平成16年) 99,853 36,135 2005年(平成17年) 101,458 37,020 2006年(平成18年) 103,402 37,776 2007年(平成19年) 105,904 39,064 2008年(平成20年) 106,301 39,917 2009年(平成21年) 105,491 40,512 2010年(平成22年) 105,662 41,314 2011年(平成23年) 105,538 41,398 2012年(平成24年) 107,681 42,161 2013年(平成25年) 109,988 43,124 2014年(平成26年) 108,933 43,613 2015年(平成27年) 110,797 44,016 2016年(平成28年) 111,405 44,416 2017年(平成29年) 111,725 44,370 2018年(平成30年) 112,606 44,761 備考 「」も参照 西口・東口には約50のバス路線が発着するが形成されている。 東口は再開発事業や横浜市営地下鉄1号線(ブルーライン)の開通により、駅前広場やバスターミナルが整備された。 その後、西口でも再開発事業により、2010年4月18日に戸塚バスセンターが第1交通広場へ移転、2013年3月3日に乗り場のある第2交通広場が完成し、利便性が向上した。 西口は東海道(国道1号)沿いにあり、古くから小規模な商店が密集し、戸塚駅西口商店街や旭町通商店街が形成されていた。 横浜市営地下鉄戸塚駅の建設計画をきっかけとして、(昭和45年)7月に西口の再開発が開始されたものの、権利者の多さと利害関係の対立から交渉が難航し 、7月まで事業計画が確定していなかった。 そのため、に完成していた店舗用のビルは一度も使われなかった。 このうち、にとが開放された。 その後再開発事業計画の確定により、より再開発地域全体を封鎖する形で本格的な工事に着手し、同年には商店街で営業していた店舗群が仮入居するビル「戸塚ウエスト」がオープンした。 この「戸塚ウエスト」も3月に閉鎖、7月頃に解体された。 その後「戸塚ウエスト」に入居していた店舗群が移転し、2010年3月に開業した商業施設「」、翌4月に開業した「」に出店した。 2013年3月3日「戸塚ウエスト」跡地に戸塚区総合庁舎が完成、戸塚区役所が移転。 総合庁舎1階にタクシー・一般自動車の乗降場となる第2交通広場が完成し、これをもって再開発事業が完了した。 東口の右岸は昭和10年代に開発が始まった工業地帯で、や各社など大規模な工場が複数存在する。 東口再開発事業により1・2・3が建設され、そのうちラピス戸塚2は直下にある地下鉄駅をビルの基礎として利用している。 さらに駅南側では2016年3月7日より、が日立製作所戸塚工場の土地を横浜研究拠点として購入する契約締結が決定し 、物件引き渡しに向け工事が進められている。 では、当駅周辺地区を横浜市都市計画マスタープラン・戸塚区プランとして街づくりを考えている。 策定の「よこはま21世紀プラン」では当駅周辺地区が副都心に指定されていたが、現在では生活拠点という扱いに変わっている。 商業施設 [ ] 東口エリア都市型商業施設 [ ] ラピス戸塚1()• 戸塚店(戸塚モディ)• 戸塚モディ店• 戸塚モディ店• 戸塚神奈川店• 戸塚モディ店• 戸塚モディ店 ラピス戸塚2• スタジオ本店• 戸塚カルチャーセンター・戸塚ミュージックサロン ラピス戸塚3• マナビス戸塚校• 戸塚店• アピタ戸塚店• 戸塚店• アピタ戸塚店• 戸塚東口店 その他• 戸塚店• 戸塚東口店• 戸塚駅東口店• 戸塚店• 戸塚駅東口店• 戸塚駅東口店• 戸塚駅前営業所• 戸塚駅地下売店 東口エリア郊外型商業施設 [ ]• 戸塚舞岡店• 横浜戸塚吉田店• (旧・ダイエー戸塚店)• 戸塚店 西口エリア都市型商業施設 [ ] トツカーナ(東急プラザ戸塚およびトツカーナモール) (およびトツカーナモール)• 東急プラザ戸塚店• 戸塚駅西口トツカーナ店• 東急プラザ戸塚店• 東急プラザ戸塚店• トツカーナモール• 薬トツカーナモール店• コンタクトのアイシティ戸塚トツカーナモール• 戸塚西口薬局・戸塚西口店• 戸塚店 戸塚区総合庁舎• 戸塚区地産地消直売コーナー• 戸塚区役所店 戸塚パルソ• 西通り(新バスターミナル側)1~4ブロック• 首都圏 戸塚支店• 横浜戸塚• チェリー薬局• サクラス戸塚スタジオ• サクラス戸塚店• 戸塚サクラス店• サクラス戸塚店• 戸塚店• 戸塚店• サクラス戸塚店• スポーツ&ゴルフ サクラス戸塚店• 戸塚店 その他• 戸塚店• 戸塚町店 西口エリア郊外型商業施設 [ ]• 山手台店• 戸塚深谷店• テックランド戸塚店• 戸塚深谷店• 戸塚汲沢店 金融機関 [ ]• 戸塚支店• 戸塚支店• 戸塚支店• 戸塚支店・戸塚駅前支店• 戸塚支店• 戸塚支店• 戸塚支店• 戸塚支店・新戸塚支店• 横浜戸塚支店• 戸塚支店• 戸塚支店・戸塚東口支店• 戸塚支店 郵便局 [ ]• 横浜矢部郵便局• 横浜上倉田郵便局 企業 [ ]• 日立コンシューマエレクトロニクス株式会社• 日立製作所ITプロダクツ統括本部• 日立製作所通信ネットワーク事業部 跡地• 横浜工場• メディセオ神奈川ALC 公共施設 [ ]• 戸塚区総合庁舎• 戸塚税務署• 横浜市戸塚図書館• 戸塚地区センター 学校 [ ]• 横浜校舎• 湘南とつか(等々)• - 元の跡地を利用して建設された、横浜市で一番校庭の広い小学校。 道路 [ ]• (東海道)• バス路線 [ ] 東口(戸塚駅東口) [ ] 東口出口すぐのJR線に面したバスターミナルである。 JR橋上改札と接続するペデストリアンデッキ、および地下鉄コンコースからも接続されている。 1998年までは横浜市営バス53・69系統が上大岡駅から乗り入れていたが、廃止された。 また、1番乗り場は現在では欠番ではあるが、横浜市営バス53・神奈中69・横浜市営69系統・神奈中上07系統が使用していた。 その後、2005年の神奈中69系統・上07系統廃止により、役目を失い1番乗り場は降車専用へと降格となった。 ・・・・ 2番乗り場• 飯島団地循環(江ノ電)• 見晴橋行(江ノ電)• 下倉田循環(江ノ電) 3番乗り場• 行(江ノ電)• 夜行高速 JR前行(・・・前・南海前経由)(南海・和歌山バス) 4番乗り場• 戸01 井土ヶ谷下町行(神奈中)• 戸38 東口行(神奈中)• 戸45 前行(こども医療センター・南区総合庁舎前経由)(神奈中)• 横43 横浜駅東口行(井土ヶ谷経由)(神奈中)• 横44 横浜駅東口行(こども医療センター・井土ヶ谷経由)(神奈中)• 戸22 行(神奈中) 6番乗り場• 戸12 行(西田橋経由)(神奈中)• 戸39 弥生台駅行(白百合台団地経由)(神奈中)• 空港連絡 行(神奈中・横浜京急) 7番乗り場• 戸09 行(神奈中)• 戸33 東口行(秋葉経由)(神奈中)• 戸37 川上団地第一行(秋葉・東戸塚駅東口経由)(神奈中) 8番乗り場• 行(江ノ電)• 舞岡台循環行(江ノ電)• 小田急分譲地中央循環(江ノ電)• 南門行・平島行(明治学院大学南門経由)(江ノ電)• 急行 行(江ノ電) シャトルバス [ ]• 明治学院大学行• その他に駅周辺にあるマンションに向かうシャトルバスもある。 西口 [ ] 戸塚バスセンター(2011年8月) 戸塚バスセンター [ ] ビルのさらに国道1号側に設置されており、JR橋上改札口からはトツカーナビルを通り抜けて利用する。 神奈中の(と)は担当、(ふ)は担当 1番乗り場• 戸81 北口行(ふ)• 空港連絡 行(成田空港交通) 2番乗り場• 戸50 ドリームハイツ行(俣野公園・横浜薬大前経由)(と)• 戸52 俣野公園・前行(と)• 戸55 俣野公園・横浜薬大前行(横浜医療センター経由)(と)• 戸56 行(と) 4番乗り場• 戸60 行(汲沢経由)(と) 5番乗り場• 戸72 大船駅西口行(ヒルズ南戸塚経由)(と)• 戸93 戸塚台循環(と)• 戸53 汲沢団地行(と)• 戸79 弥生台駅行(戸塚斎場前経由)(と) 8番乗り場• 戸58 立場ターミナル行(中田経由)(と)• 戸61 上飯田車庫行(いちょう団地経由)(と)• 戸64 いちょう団地行(と) 戸塚駅西口 [ ] に都市計画道路の戸塚駅前線が開通し、戸塚バスセンター行のバスは、一旦、新設された戸塚駅西口(降車専用)を経由し、戸塚バスセンターに戻る経路で運行されるようになった。 一方、戸塚バスセンター発のバスは西口を経由せず、これまで通りの経路で運行される。 また、戸塚駅西口は降車専用であるが、公式ホームページでは時刻表を確認できる。 戸塚駅(第2バスセンター) [ ] JR橋上改札口から、JR線の西側線路沿いを北に進み、旧・戸塚大踏切を越えたさらに先に設置されている。 すべて神奈川中央交通・戸塚営業所担当 1番乗り場• 戸91 行(領家中学校前経由)• 戸92 前行(上矢部高校経由)• 戸96 ラムーナ横浜戸塚行(第一工業団地経由)• 戸97 ラムーナ横浜戸塚行(領家中学校前経由)• 戸99 上矢部高校行(領家中学校前・ラムーナ横浜戸塚経由) 廃止路線 [ ] かつて、横浜市営地下鉄の - 戸塚間開業前は、東口から行きのバスが、同じく市営地下鉄の戸塚~湘南台間開業前は東口から、方面行き、西口から方面のバスがそれぞれ運行されていたが、までに廃止された。 また、まではを経由して川上団地・横浜駅西口へ向かうバスも運行していたほか、始めまではも乗り入れていた。 神奈川中央交通の戸52系統は来園者のための運行が主力だった路線で、施設閉園の後に終点の停留所名および行き先が「俣野公園・横浜薬大前」に変更されたものの、現在でもJR橋上改札口前にあるバス乗り場案内には ドリームランド方面と記されている。 その他 [ ]• のポケモンスタンプがからまで設置されたが、が完成したからかからスタンプが設置されなくなった。 その代わりににスタンプが設置されるようになった。 鉄道省『』、137頁。 『流通会社年鑑 2003年版』 日本経済新聞社、2002年12月20日。 タイハン特報 大量販売新聞社. 2009年1月29日• 三家英治 『現代日本小売経営戦略』 晃洋書房、1985年5月。 - (、2019年7月16日)• 『』第49巻第11号、、1998年11月、 109頁。 タイハン特報 大量販売新聞社. 2009年10月8日• 東急不動産ニュースリリース、2009年11月24日、2019年7月21日閲覧。 「パルちゃんのおしゃべり大好き」戸塚パルソ公式サイト、2019年7月16日閲覧。 「戸塚パルソ通信 第13号」戸塚パルソ公式サイト、2019年11月12日閲覧。 カナロコ、2015年2月21日、2019年7月16日閲覧。 神奈川新聞 カナロコ、2015年01月22日、2019年11月12日閲覧。 戸塚区とつかNavi、2015年3月、2019年11月12日閲覧。 鉄道ホビダス「最新鉄道情報」、2015年5月14日、2019年11月12日閲覧。 、2019年11月12日閲覧()。 『JTB時刻表』2019年3月号、、2019年、 148頁。 『横浜市高速鉄道建設史II』 横浜市交通局、2004年3月、72ページ• - 日本共産党 横浜市会議員団• 広報よこはま 戸塚版 2013年12月号• 広報よこはま 戸塚版 2015年2月号• 『横浜市高速鉄道建設史』 横浜市交通局、1987年12月、231-233ページ• -2016年3月7日• 横浜市. 2014年1月16日閲覧。 はまれぽ. com. 2014年1月16日閲覧。 旧 横浜工場• 利用状況 [ ] JR・地下鉄の1日平均利用客数.

次の