ミト あさみ。 水卜麻美(ミトちゃん)が痩せた?2019年最新のスタイルやダイエット法もチェック!

水卜麻美アナ(ミトちゃん)の人気の理由と性格は?好きなタイプの男性や彼氏は?プロフィールと経歴を紹介

ミト あさみ

シュールな映像!(笑) プロフィール 名前 水卜麻美(みうらあさみ) 生年月日 1987年4月10日 血液型 AB型 身長 158cm 出身地 千葉県市川市 学歴 慶應義塾大学文学部英米文学専攻 勤務局 日本テレビ 2010年入社 利き手 左利き 経歴 オリコン調査 「好きな女性アナウンサーランキング」では、第10回(2013年)から第14回(2017年)まで 5年連続で1位となっている。 2010年8月7日、『全日本少年サッカー大会決勝戦中継』にてリポーターデビューを迎えた。 2010年8月28日・8月29日、『24時間テレビ33』の日産グローバル本社ギャラリーチャリティーイベントにて司会進行を担当。 2010年9月10日、『CAPTAIN! TV』に出演し、本格的なテレビ出演デビューとなった。 2011年3月6日、『NNNニュースサンデー』にて、初めて地上波のニュース番組を担当した。 2011年3月10日、『ぐるぐるナインティナイン』の「かぶっちゃや〜YO! 」にてゴールデンタイムのバラエティ番組で初めての進行を務めた。 2011年3月28日、自身初のレギュラー出演帯番組 『ヒルナンデス! 』の放送が開始され、アシスタントに就任した。 2012年2月26日、東京マラソン2012に出場。 5時間24分14秒でフルマラソン完走を果たした。 2014年8月30日・8月31日、『24時間テレビ37』の総合司会 2015年8月22日・8月23日、『24時間テレビ38』の総合司会 2016年8月27日・8月28日、『24時間テレビ39』の総合司会 2017年8月26日・8月27日、『24時間テレビ40』の総合司会 2017年9月29日、自身初のレギュラー出演番組として6年半アシスタントを務めた 『ヒルナンデス! 』を卒業した。 2017年10月2日、朝の情報番組の 『スッキリ』のサブMCに就任した。 今やテレビで見ない日ないくらい忙しく仕事されていますよね。 そんなミトちゃんの魅力をどうぞ! スポンサーリンク 水卜麻美(ミトちゃん)の人気の理由や性格は? ミトちゃんといえば、もう日テレの顔ですよね!ミトちゃんが出演してる番組は見ちゃいますもんね〜。 なんか 見てるだけで、ホッとします。 自然にこぼれる笑顔で、場が和やかになり、コミュニケーションもスムーズになりますよね。 その結果、自分にも余裕が生まれるようになり、仕事が上手くいく! 水卜アナといえば、豪快な食べっぷりの大食い、しかもおいしそうに平らげるのも魅力。 そして、ぽっちゃりした体系がまた、好感を呼ぶ! しかし、見た目や笑顔、キャラだけでは、何年も人気は続きません!そこにはアナウンサーとしての努力があったんです。 おちゃらけのアナウンスも出来るし、真面目なアナウンスも出来る。 そして聞いている側の気持ちになって話す。 土台となるアナウンス業をしっかりやってるからこそ、ここまでの人気を得ていると思います。 あまり頭が良さそうには見えないけど、慶應義塾大学を卒業できる程の頭脳の持ち主。 そしてテンパっているようで、冷静な対応ができる人って、みんなから愛されるんだなと思わされます。 性格も実は、自他ともに認める 負けず嫌い。 上昇志向が強く、先輩の桝太一アナと飲みに行っては、5年後の人事を熱弁しているとか。 これから日テレを背負っていく人間になるかもしれませんね? 素直に応援したいアナウンサーの1人です! スポンサーリンク 好きな男性のタイプや彼氏はいるの? ミトちゃんは好きなタイプの男性はいるの?どんな人が好きなのか、調べてみました。 なんと 「闇ある系」で自信満々より 「俺、自信ないんだよね・・・」みたいな人が好きなようです! なんか意外ですよね?ミトちゃんが元気で明るい性格だから、似た者同志的な人を好んでいる感じがしたんですが、闇ある系・・・とは。 自分に無い、影のある人に憧れてしまうんですかね?無い物ねだりって感じですね。 男性を「養いたい」そうで、 「幸せにされたいなんて思わない。 プータローじゃなくて夢を持っている人。 一文無しから頑張っている人にお金を払いたい」と自身の恋愛観を語っているところも、面白いですね。 水卜アナは 『ボンビーワンルームめし』のコーナーに出演した際に、ボンビーガールと2人並んで食事をしてたところで、会話は交際相手の話に。 現在は交際相手がいないという女性(ボンビーガール)に、水卜アナウンサーは 「仕事に『ガッ』って集中するときは、会う余裕がないよね」と共感。 女性から「今、彼氏はいらっしゃるんですか」と問われると、 「いるときはいる」ときっぱり答えた。 「いるときはいる」と発言したという事は、以前彼氏はいた。 ともとれる発言なので、今現在はいないのかな? でも、水卜アナ程の人気アナウンサーともなれば、すぐに彼氏は出来てもおかしくないですよね?ただ、好きなタイプが「闇ある系」・・・すぐに見つかるのかなぁ?と疑問! 今は仕事に全力で頑張るミトちゃんを応援していきたいと思いましたね! スポンサーリンク まとめ 水卜麻美アナについて話してきましたけど、ますます好きになっちゃいますよね?なんか、正直に人生を生きてる感じが気持ちいいです! こんなに素直に人生生きられたら、と思うと、羨ましい思いでいっぱいです。 こんなにお茶目で、カワイイけど、負けず嫌い。 努力もされているから、みんなからも好かれるんだなぁと感じます。 これからも、変わらないちょっと、おっちょこちょいなミトちゃんでいてほしいな〜と思います。 ミトちゃんが出てる番組はこれからも見ちゃうんだろうな。 最後まで読んで頂きありがとうございます! スポンサーリンク.

次の

水卜麻美アナウンサーの妹の高校はどこ?実家は市川市で金持ちなの?

ミト あさみ

水卜麻美の経歴 千葉県市川市に生まれ育った水卜麻美は、 幼少時代から食べることが大好きだったそうだ。 しかし誕生直後の水卜麻美は、低出生体重児いわゆる「 未熟児」であり母親が早く大きくなってほしいという願いを込めて、食事を沢山与えていたようだ。 小学生の時からアナウンサーに憧れを持っていた水卜麻美は、卒業アルバムの「 将来の夢は何?」の欄には すでにアナウンサーと書いていたほどだった。 その原点は当時人気絶頂で「めざましテレビ」に出演していた、 小島奈津子アナに憧れてのものであった。 中学校に上がると部活の部長や学級委員長など自ら積極的に前に立つようになるが、高校時代はイジられ役に徹する機会が多かった水卜麻美は、卒業アルバムの 「 変顔のすごい人ランキング」では1位を獲得している。 中学・高校・大学とバレーボール部に所属していた水卜麻美は、水泳も得意としているなど意外と?運動神経がいいようである。 慶應義塾大学文学部では英米文学を専攻した水卜麻美は、 子供の頃からの夢であった女子アナウンサーになるための基礎を学んでいったのだ。 大学を卒業すると日本テレビに入社するが、同期は誰もおらず「 プレッシャーがすごかった」と本人はのちに語っている。 また日本テレビ以外にもテレビ朝日・TBS・フジテレビと入社試験には応募したのだが、 いずれも最終選考すら残らなかったということだ。 現在の水卜麻美の人気を考えると、その時の試験管は大いに後悔していることだろう。 そんな水卜麻美ががブレイクするきっかけになったのは、「 ヒルナンデス」への出演がきっかけだ。 毎日の放送により南原と共に昼の顔になり、 愛嬌あふれる表情と、 いじられキャラ、さらに女子アナウンサーとは思えないほどの豪快な食べっぷりでたちまち人気が広がった。 現在では「有吉ゼミ」や「幸せボンビーガール」「ママモコモてれび」などにレギュラー出演をしているほか、多くの特番でも司会進行やアシスタントを務めている。 いまや日本テレビの顔どころか、 女子アナ業界の顔と言っても過言ではないほどの人気を集めている。 同期のいない水卜麻美は「 ミト会」という後輩アナウンサーと食事をする会を開いており、毎回 水卜の食べっぷりには後輩アナウンサーもたじたじなのだという。 2013年には初めて「好きな女子アナウンサーランキング」でトップに立つと、2014年にも2位加藤綾子に大差を付け、 圧勝で2連覇を飾っている。 また現在はアナウンサーとしての仕事だけではなく、声優として「 劇場版 HUNTERXHUNTER THE LAST MISSION」や「 映画宇宙兄弟#0」にも出演するなど、その活動の幅は留まるところを知らない。 スポンサーリンク 水卜麻美の性格は? 水卜麻美の性格だが、社内外問わず すこぶる評判がいいようだ。 撮影現場でもスタッフ一人ひとりに配慮をし、 制作会社のスタッフからも好かれているアナウンサーは珍しいということだ。 さらに水卜麻美を対象としたドッキリでは、 言い合いをする仕掛け人に対し止めに入り、スタッフにも謝罪を忘れないなど、 悪い話を聞かないほど評判が良い。 ただ日テレのアナウンサーの中には、水卜麻美が人気になったことを快く思わない人間もいるようで、特に 先輩のアナウンサーからはいじめに似たこともされているという。 しかもそういった人間に限って世渡りが上手く、上司には気に入られているというパターンも決して少なくない。 だがこういった人間の化けの皮はいつかは剥がれるものだ。 というよりも見る人間が見れば、 そういった人間の腹黒さは一目瞭然である。 正直者がバカを見ると言われる時代であるが、それでも正直に生きてバカを見たほうがよっぽど美しい生き様であると感じる。 どの職場でもあることだが、 性格のいい人間に対して、陰湿なイジメじみた事をする人間は本当に見苦しいと感じるものだ。 スポンサーリンク ヒルナンデスのお休み? 水卜麻美を検索にかけると「 ヒルナンデス 休み」というワードが引っかかるのだがこれはどういったことだろうか? これに関して調べてみると、どうやら水卜麻美が 夏休みをとった時のものらしい。 ヒルナンデスは通常通り放送されていたため、 水卜麻美がいないことに疑問を感じた人が多かったようだ。 これほどまでに影響力のあるアナウンサーも珍しく、日本テレビでは彼女の「 フリー転身騒動」があった際も、あの手この手で説得しなんとか引き止めたという過去もあるようだ。 彼女の出演するテレビ番組は 軒並み視聴率が高いことで知られ、 日テレの視聴率女とも呼ばれているほどの人気者だ。 水卜麻美の過激な画像集 水卜麻美といえば、 ムチムチのカップやヒップのキャプ画像が注目されており、検索する方も多くいるようだ。 水卜麻美といえば、モデルのような体型や容姿の女子アナウンサーが多いなかで、 ぽっちゃりキャラで人気を集め、近所のお姉さんのような親近感があることで人気を集めている。 ちなみに 水卜麻美の水着画像が多く検索されているようだが、彼女の水着画像はネット上には出回っていないようだ。 そんな水卜麻美の ムチムチカップや、24時間テレビの ピチピチTシャツ、 プリンとしたヒップなどのキャプ画像が豊富にあるので、ぜひご覧いただこう。 有吉弘行との関係? 有吉弘行との共演が多い水卜麻美だが、一体どういう関係があるのだろうか? 実は水卜麻美が新人時代に 有吉弘行に散々いじられて、それ以降有吉を毛嫌いしていたらしいのだ。 有吉の毒舌は有名だが、水卜麻美に対しては特にひどく「 子豚」呼ばわりされて、本気で傷ついていたという。 ただ 有吉弘行は水卜麻美のことを高く評価しており、有吉ゼミの出演アナウンサーを決める際には、ヒルナンデスで共演していた 水卜麻美を強く推し出演が実現したという過去まである。 有吉本人からしてみれば、 新人のアナウンサーを鍛えてあげたとの自負もあるのだろうか? 食べ過ぎで体重が大変!? 水卜麻美といえば代名詞ともなっているほどよく食べるのだが、最近その 暴飲暴食がたたり体重がみるみる増えているそうだ。 会社からダイエットの指令も何度か出たのだが、すぐにリバウンドしそのたびに以前より体重が増えていまうというのだからタチが悪い。 公式発表では 55kgだが、ある関係者によると最近は食べ過ぎでじきに 60kgにも届いてしまいそうな勢いだという。 158cmの女性の理想体重が50.8kgとのことなので、さすがに 水卜麻美はこれ以上の暴食はまずいだろう。 たしかにテレビで見ると以前よりもふっくらしており、視聴者からもその点をよく指摘されているようなので、仕事のストレスもあるだろうが水卜麻美には是非とも摂生してほしいものである。 好きな女子アナナンバーワン! 2013年にかつて「 好きな女子アナウンサーランキング」で2連覇中だった加藤綾子アナを抑えて、初めてナンバーワンに輝いた水卜麻美。 その後の活躍もめざましく、レギュラー出演している「 ヒルナンデス」では出演しているタレント以上に、ロケに出演するなど大忙しだ。 またレギュラー出演番組も非常に多く、「 有吉ゼミ」や「 幸せボンビーガール」を筆頭に水卜麻美自身が「長年の夢だった」と語っている「 24時間テレビ」の総合司会にも選出され、その勢いは留まるところを知らない。 2014年には「好きな女子アナウンサーランキング」2位の加藤綾子に大差を付け 圧勝で連覇を成し遂げている。 高嶺の花というイメージが強い女子アナウンサー業界において、水卜麻美は決して飾らないことで視聴者のハートを掴んでいる。 また彼女の魅力の1つに、大食いキャラが定着したことも大きいだろう。 「 ヒルナンデス!」のロケでは食レポが非常に多く、 水卜麻美の食べっぷりが視聴者の方にも好評なようだ。 水卜麻美の熱愛彼氏は? 気になる水卜麻美の熱愛だが、実は 過去にフライデーで報道されている。 近年は女子アナウンサーもタレントと同様に週刊誌のカメラマンが張り付いているということだが、水卜麻美に関しては「 好きな女子アナウンサーランキング」で2連覇を達成したほどの人気者だ。 週刊誌のマークも並大抵ではないだろう。 そんな水卜麻美は交際中の彼氏とのツーショット写真を、しっかりと週刊誌に抑えられている。 その時の画像がこちらである。 お相手は日本テレビの 30代半ばのディレクターだということだ。 この報道では2人はディレクターの住まいと思われる世田谷区の 高層マンションで一夜を明かしたというものだ。 ただこの交際には少なからず問題があったようで、ある記事では以下のように綴られている。 以前、フライデーされた契約社員のディレクターに弄ばれたというんです。 2人の将来について話し合った際にこのディレクターから『付き合うのは構わないが、結婚するつもりは全くない』とハッキリ宣言されてしまったそうだ。 局にいたら元カレと会うのが辛い。 水卜アナは失恋の痛手から立ち直ろうと、ドカ食いをして体重が5キロ近くも増えてしまったようです」 制作関係者 この話を漏れ伝え聞いた日テレ男性局員の大半が元交際相手の男性ディレクターに対し、怒りまくっているという。 「ずっと処女説のあった水卜アナの操を奪ったばかりか、挙句の果てに弄んで捨てたんです。 女癖が悪く、水卜アナと交際する前は年上の女性デスクとも付き合い二股、三股疑惑もあった。 某有名建築家の隠し子といわれ、コネ入社の噂が絶えなかった。 本当に水卜アナが退社してしまったらこの男も局にはいられない。 現在はいくつかの番組の演出をしているが、代わりはいくらでもいる」 このことが真実であるかどうかは分からないが、少なくとも 交際していたことは間違えなさそうだ。 しかもこの失恋が体重増にもつながったということは、一概に食べ過ぎだともいえない状況のようだ。 それにしても純情な女性を弄ぶ人間には なんらかの天罰が下る事を切に願いたくなる記事である。 水卜麻美の変顔がすごい? 水卜麻美といえば、 高校の卒業アルバムでも変顔がすごいランキング1位を獲得しているように、テレビでも度々変顔を披露している。 彼女の場合は愛嬌があるからか、その評判も上々であるのだ。 では画像の方をご覧いただこう。 この画像を見ると彼女の人気のヒミツがよく分かるというものだ。 2014年も「好きな女子アナウンサーランキング」にてナンバーワンに選ばれ、 2連覇を達成した水卜麻美。 そんな水卜麻美には今後も 人気アナウンサーとして活躍をしてほしいものである。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 では最後に水卜麻美のドッキリ企画の動画をご覧いただこう。 言い合いの仲裁に入る水卜麻美の 性格の良さがにじみ出てるこの動画は必見である。 youtube.

次の

水卜麻美と横山裕が結婚!ミトちゃん退社が話題に!

ミト あさみ

水卜麻美のプロフィール 【名前】:水卜麻美 【読み方】:みうらあさみ 【ニックネーム】:みうらちゃん、ミトちゃん、師匠 【出身】:千葉県市川市 【誕生日】:1987年4月10日 【年齢】:27歳(2014年現在) 【身長】:158cm 【体重】:48~55kg(変動あり) 【スリーサイズ】:B86-W67-H89cm 【カップサイズ】:Dカップ(推定) 【足のサイズ】:24.0cm 【血液型】:AB型 【デビュー】:2010年 【趣味】:ビートルズを聞くこと、読書 【特技】:水泳、バレーボール 【モットー】:明日は明日の風が吹く 【所属】:日本テレビアナウンス部 【学歴】:• 渋谷教育学園幕張高等学校• 慶應義塾大学文学部・英米文学専攻 スポンサーリンク 水卜麻美の経歴 千葉県市川市に生まれ育った水卜麻美は、 4歳下の妹がおり2人姉妹の長女である。 幼少時代から食べることが大好きだったという水卜麻美は、このころからすでに存在していたことになる。 どうやら現在のぽっちゃりキャラの基礎はこの時に培ったものであろう。 小学校時代からなにかと人前で話す役が多かったという水卜麻美は、 卒業式の時にも在校生を代表してあいさつ役を任されたりするなど、人前で話すことは全く苦にならなかったようだ。 水卜麻美がアナウンサーに憧れを持ったのは、この頃であったという。 当時めざましテレビに出演していた 小島奈津子アナに憧れて、将来はアナウンサーになろうと決めていたそうだ。 中学校に進学した水卜麻美は、意外にもスポーツが得意であり バレーボールは中学・高校・大学と続けていたほか、 水泳も得意としていたそうだ。 そんな水卜麻美は渋谷教育学園幕張高等学校を卒業後、女子アナウンサーを目指して慶應義塾大学に進学し、文学部で英米文学を専攻。 女子アナウンサーになるべく、民放の各テレビ局のアナウンサー採用試験を受験するものの テレビ朝日・TBS・フジテレビと最終選考すら進むことができず、水卜麻美はアナウンサーになることをかなり危ぶまれていたのだ。 そんな水卜麻美は「 いままで受けた試験で、一番手応えがなかった」と本人も語る 日本テレビの採用試験に見事合格を果たしたのだ。 他のテレビ局の試験に合格できなかったため、「 他局に負けてたまるか」という精神は人一倍強いという。 同期の入社が水卜麻美ただ一人というプレッシャーを感じる立場でアナウンサーになったのだが、彼女はそのプレッシャーを見事にはねのけて、テレビ局の期待に応えることになる。 日本テレビに入社した年に「 全日本少年サッカー大会」の決勝戦でリポーターとしてデビューを果たすと、水卜麻美が一気にブレイクするきっかけとなったのが2011年3月にスタートした昼の情報番組「 ヒルナンデス!」で進行兼アシスタントに抜擢されたことだろう。 ヒルナンデス!が人気番組に成長する中で、水卜麻美もアナウンサーとしてはもちろん、積極的にロケにも挑戦し 国民的な人気を集める女子アナウンサーとなる。 人気女子アナウンサーランキングでも上位に顔を出すようになっていた水卜麻美だが、当時女子アナの女王と呼ばれていた加藤綾子をついに捉え2013年12月にオリコンが発表した「 好きな女子アナウンサーランキング」で 念願んの1位に輝いたのだ。 2014年8月には「長年の夢だった」と本人も語っている「 24時間テレビ」の総合司会を務め上げその勢いは衰えるところを知らない。 水卜麻美は左利きであるが、箸と鉛筆は右手を使っている。 2012年に「ヒルナンデス!」の企画で 東京マラソンに出場しており、5時間24分14秒で見事完走している。 スポンサーリンク 水卜麻美の髪型がボブに? 2014年夏休み明けから帰ってきた水卜麻美だが、 髪型が大きく変わっていたということで話題になっている。 上の画像を見ていただければわかるが、髪型が ボブスタイルに変わっている。 生放送で出演している「 ヒルナンデス!」でこのことが大きく話題に挙がったのだが、ネット上ではこの髪型に関して「 かわいい!」という声が続出している。 だが実際にはそういったことはなく、 単純にイメージチェンジの可能性が高いということだ。 女性芸能人でも近年流行を見せているボブスタイルだが、人気アナウンサーの水卜麻美がこの髪型にしたことで、その人気に拍車がかかりそうだ。 スポンサーリンク 水卜麻美が激やせしたのはダイエット? 2014年夏ごろから、 水卜麻美が急激に痩せたということで注目を集めている。 実はこれは 水卜麻美自身がダイエットを取り組んで必必死に痩せた結果なんだという。 何故評判の良かったぽっちゃりからわざわざキツイダイエットをして痩せてしまったのか?それは水卜麻美が長年夢見ていた「 24時間テレビ」の総合司会が決定したためだ。 一生残るであろう初めての 24時間テレビの、映像や画像を少しでも良い見栄えにするために努力をして痩せたそうだ。 水卜麻美自身も「 24時間テレビ限定のダイエットです」と語っており、すでに2014年11月時点でリバウンドの兆しを見せている。 だがネット上では「 ぽっちゃりじゃなきゃミトちゃんじゃない!」という声が多く挙がっており、水卜麻美は図らずともファンの期待に応えた形である。 水卜麻美の熱愛彼氏がフライデーされた? 男性にもさることながら女性から絶大な支持がある水卜麻美だが、2014年1月に彼女が 熱愛彼氏とのツーショットを 週刊誌のフライデーに激写され話題になった。 それでは水卜麻美の彼氏とはどういった人物なのだろうか?まずはこちらの画像を見ていただこう。 この写真が掲載されたのは2014年の1月25日号の フライデーである。 このお相手は 日本テレビの社員ということ以外は一般男性であるため公開されていないが、2013年の年末から交際をしているのだと同誌は報じている。 この時は日本テレビの同僚と都内の 居酒屋で 4時間近く飲んだあと、彼氏と合流し午前3時過ぎから 焼肉店で再び飲み直し、最後には 〆のラーメンまで食べて帰ったという。 水卜麻美はこの 男性と以前付き合っていたのだが破局しているそうだ。 その後日本テレビの 人気番組のディレクターと交際をしていたのだが、2013年の秋ごろに破局をしている。 また噂の域を脱していないが、水卜麻美は現在の彼氏と結婚を望んでおり、その際には 日本テレビを退社する考えがあることをテレビ局側には伝えているという。 だが日本テレビのエースともいうべき水卜麻美が退社してしまっては、テレビ局の人気の低下は免れないことから、テレビ局の上層部が必死に留意しているそうだが、 近々水卜麻美がフリーに転向する可能性があることも話題に挙がっている。 彼女がどういった道を歩むかは分からないが、水卜麻美の絶大な人気を考えると日本テレビという狭い枠組みの中ではなく、フリーアナウンサーとして他局のテレビ番組でも見てみたい気持ちもある。 水卜麻美の 今後の動向に注目していきたいと思う。 推定Dカップとされている水卜麻美のバストがネット上でも大きく注目され、その画像が検索されているようだ。 また水卜麻美といえば ムチムチの太もももかわいいということで注目され、こちらの画像も多く検索されているようだ。 そんな水卜麻美の過激すぎるロケットバストの画像を、外部サイトではあるが発見したのでぜひご覧いただこう。 水卜麻美のファンの方はもちろんだが、そうでない方や水卜麻美をあまり知らなかったという方も 必見である。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 スポンサーリンク あなたにおすすめの記事.

次の