ヒロアカ 最新 話。 【ヒロアカ】ネタバレを暴露!明らかになった物語の謎と展開に迫る

ヒロアカ最新話でドクターの本名が「志賀丸太」だったことで批判殺到炎上騒ぎに!理由は?

ヒロアカ 最新 話

今回は『僕のヒーローアカデミア』ネタバレ274話最新話速報!動き出す死柄木達の反撃、についてご紹介します。 6月1日(日)に先駆けて、5月31日(日)に最新話273話が発表されました! タイトルは 「破滅のボルテージ」。 目覚めた死柄木の個性により、街全体が崩壊が広がっていきます。 もはや災害としか言いようがない惨状であり、ヒロアカ史上だとオールマイト VS AFOに匹敵する被害ではないでしょうか。 デクをはじめ、雄英生も住民を抱えて必死に避難します。 意識がはっきりしてきた死柄木は、スマートフォンでギガントマキアにみんなを連れてくるように伝えます。 一方、トゥワイスを殺された怒りで、ヒーローを次々と切り裂いていくトガ。 死柄木一派も動き出します。 そして蛇腔病院に佇む死柄木に、エンデヴァーが飛びかかります! スポンサーリンク 前回(273話)のあらすじ はてなブログに投稿しました 僕のヒーローアカデミア No. デクがOFAのさらに成長した「 45%セントルイススマッシュ・エアフォース」を繰り出しますが、崩壊は少しも収まる気配がありません。 轟も大技「 穿天氷壁」を繰り出しますが、同じく崩壊を止められずに壁を無力化されます。 どうも崩壊の波は衝撃のようなものではないようです。 対抗する手段はないと判断し、バーニンの退避命令が飛びます。 爆豪は住民の服を口で咥えて飛び、お茶子や蛙吹も住民を抱えて走ります。 デクは黒鞭でバスを固定し、OFAの機動力でバスごと引っ張っていきます。 OFAの怪力を活かしたダイナミックなやり方ですね。 目覚めた死柄木の宣言 崩壊の中心となった蛇腔病院は、廃墟と化していました。 一人佇む死柄木は、崩壊していない機械を開け、中の薬を取り出します。 それはオーバーホールが開発した個性無力化の薬ですが、使い物にならなくなってしまったようです。 それを残念がっていると、頭に痛みが走って声が聞こえます。 「ワ…れ…」 なんと言ってるのでしょうか? よく聞き取れなかったので首を傾げますが、死柄木の意識がはっきりしてきました。 落ちているスマートフォンを拾い、郡訝山荘にいるギガントマキアにみんなを連れてくるよう命じます。 「おいで、マキア。 みんなと一緒に」 「 今ここからすべてを破壊する」 その言葉を聞いたマキアは、雄叫びをあげます。 怒りに燃えるトガ 一方その頃、蛇腔病院から80キロ離れたアジトでは……。 重傷を負っているホークスを抱えた常闇がファットガムの頭上を通過します。 それに気づいたファットガムが後衛の救護班の元に行くよう告げます。 戦場では、外典とマウントレディが戦っています。 外典の氷の技を殴りながらも、苦戦している様子。 ヒーロー達は、まだ自分達が優勢のままだと言います。 しかしその時、 ヒーローの一人が味方を突然刃物で切り裂いていきます。 その正体は、個性で変身していたトガ。 トゥワイスを殺された怒りで、単身でヒーローのど真ん中にに突っ込んでいたのです。 さすがにコンプレスも自殺行為だと言いますが、いつもの笑顔はなく血走った眼でヒーロー達を睨みつけるトガ。 「自分の生きやすい世界に、ヒーローは邪魔だ」 そしてトガの背後で、地面が砕けて大きな腕が現れます。 おそらくギガントマキアでしょう。 エンデヴァーVS死柄木 場面は再び蛇腔病院へ。 佇む死柄木に、エンデヴァーが飛びかかります。 怒りの形相のエンデヴァーに対し、余裕の表情の死柄木。 スポンサーリンク ヒロアカ274話の展開を予想、考察! トガです! トガヒミコ! — なまこ uD2mp1kQZc5nbV7 トガとトゥワイスの絆 今回で再確認できたのは、トガとトゥワイスが本当に仲が良かったことですね。 以前に「助けてくれてありがとう」とトゥワイスを抱きしめて最期を見届けたトガでしたが、その後すぐにヒーロー側に潜入していたようです。 「無謀だ」とコンプレスが止めるのも聞かず、理性を失った状態らしいですが、ヒーローを殺す手際は一周回ってとても頭が冴えてるのでは? 変身って奇襲と潜入にとてつもなく有効な個性ですが、今までは奇襲にあまり使っていなかったんですよね。 だけど今回は個性を最大限に発揮して、ヒーロー達に大打撃を与えました。 変身が溶けて正体を表したトガの眼には、今までにないくらい憤怒が宿っています。 自分が社会のはみ出しものだと強く自覚しているからこそ、同じ敵連合の中でも仲間を特に思いやるのがトガとトゥワイスなのかもしれません。 オーバーホールにマグネを殺された時も、トガとトゥワイスは特に怒りと悲しみを露わにしていたので、どこか通じ合う者同士だったのでしょう。 ギガントマキアが動く 彼女の後ろに現れた巨大な腕はおそらくギガントマキア。 死柄木の命令を聞いて、さっそくトガを呼びに来たのでしょう。 ただでさえ混乱しているヒーロー陣営の元にギガントマキアが来たらますます手がつけられませんね。 個性・巨大化のマウントレディでも、スタミナが桁違いのマキアには圧倒されるでしょう。 トゥワイス以外の敵連合はほとんどダメージを負っていないので、ここから彼らの反撃が始まりそうです。 いずれにせよ、比較的優勢だったヒーロー側が押されていくでしょう。 この事態には正式なヒーローではないデク達も動かざるを得ないことになりそうです。 エンデヴァーは敗北する!? 最後は死柄木に突っ込んでいくエンデヴァーのシーンで終わりましたが、この対戦カードは不穏ですね……。 個性が覚醒したばかりの死柄木が相手ですし。 エンデヴァーは以前にハイエンドに逆転勝利したことがありますが、ハイエンドと死柄木の個性はそもそも性質が違いますからね。 異能解放軍との戦いが始まる前は、エンデヴァーがデク達を指導するエピソードがありました。 その前にはホークスとの絡みでエンデヴァーの人となりがクローズアップされて、出番が多くなっていったのですが。 最近のエンデヴァーの活躍の多さが、なんだか死亡フラグに思えてしまいます……。 スポンサーリンク まとめ こんばんは坂本です 皆様いかがお過ごしでしょうか 僕は鼻水が止まらない毎日を過ごしています 会社では相変わらず 4時間残業な毎日を送っています 最近ヒロアカと美食探偵明智五郎にハマり 漫画を買いあさっています 皆様コロナには気をつけて 気を引き締めて行きましょう 以上坂本の近況報告でした — さーもん【🐟🍣】 samonosusi 前回から死柄木の圧倒的な破壊活動が始まりましたが、まさしく災害ですね。 目覚めた彼を筆頭に、あんまり目立ってなかったトガも動き出しました。 トガの眼は完全にヒーローへの憎しみに溢れていましたね……。 デク達と遭遇しても見向きもしなさそうな勢いではないでしょうか? ここから死柄木率いるいつものメンバーが反撃開始とくるでしょう。 最期の死柄木とエンデヴァーのぶつかり合いなど、不穏な幕引きでした。 エンデヴァーが倒され、ヒーロー側が次々とやられていきそうですが、そうときたらヒーロー側がどうやって対抗していくのか。 次回をお楽しみに!.

次の

ヒロアカネタバレ269話最新話確定ハイエンド撃破。死柄木の装置も破壊で…

ヒロアカ 最新 話

Contents• 無個性で戦う!? 試合続行を決断した相澤先生に、B組担任のブラド先生は先程のデクは明らかに異常だったと言います。 またああなった場合は即止めてデクを退かせると相澤先生。 心操の個性で止まったことから、個性の範疇であれば自分が止められると言います。 オールマイトは「何故?」と聞き、デクも心操もまだやる気だから、全員まだ勝ちに行く気だと話す相澤先生。 その言葉にブラド先生は「おまえ、意外と甘いよな」と言い、「・・・そうですね・・・」と相澤先生。 場面はデクと心操。 心操の操縛布を握りしめるデク。 心操に操縛布を引っ張られ力負けするデク。 一旦退いて立て直そうとお茶子は言いますが、退いたら負けるとデク。 心操が目の前にいる今が勝つチャンスだと。 そしてお茶子に「頼みがある」と言います。 峰田が余裕!? 乱戦中A組とB組。 人数が不利な中善戦するA組。 芦戸の距離である近接がメインになっていることから、B組は庄田1人で近接が苦手な2人を守っている状況です。 峰田も無作為にモギモギを投げていますが、自分にだけひっつかない性質を活かし、トラップであると同時に自分専用の高速移動手段に使っています。 モギモギを使った高速移動で芦戸を守る峰田ですが 新個性「黒鞭」を使いこなす!? 場面はデクとお茶子、物間と心操。 一瞬、デクに触れたことでデクのワンフォーオールをコピーした物間。 危ないと言うデクですが、物間はワンフォーオールでデクを攻撃しようとします。 しかしお茶子のGMA(ガンヘッド・マーシャル・アーツ)で物間を捕獲します。 デクのパワーではないことから「ハッタリだ」とお茶子。 そしてデクに行くよう伝えます。 物間を助けようとする心操ですが、お茶子の個性で無重力になったデクが操縛布を辿って心操の懐に飛び込みます。 デクが心操の懐に潜ったところでお茶子の個性が解除されます。 取っ組み合うデクと心操。 心操は体育祭ぶりに取っ組み合うと言いますが、デクはもちろん無視します。 心操を見失えばこの乱戦一気に形勢が傾く。 心操が脅威だとデクは考えます。 心操は相澤先生との操縛布の練習を思い出します。 相澤先生が5年も掛かって習得したものを、自分なんかが本当に扱えるようなると思えないと心操。 自分や心操のような人間は、いざという時に1人でどうにかできなければ死ぬだけだと相澤先生。 そして、自分は無駄なことに時間を掛ける人間ではないと言い、心操に練習をするよう伝えます。 場面は再びデクと心操の戦いに戻ります。 あの時の自分とは違うと心操は叫び、操縛布を使い一瞬で巨大な配管を落とします。 あまりにも一瞬のことで避けられないと判断したデク。 ここでデクは先代継承者を思い出します。 今朝と違って不思議と不安が晴れていたとデク。 先代継承者の持つ雰囲気、声色、色んなものがオールマイトに似ていたからとデクは言い、6つの個性の一つである新個性の黒鞭を使いこなします。 ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントでヒロアカの最新刊を 1冊無料で読むことができます。 さらにヒロアカのアニメも 全て「見放題」です!! アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!.

次の

ヒロアカネタバレ272話最新話確定死柄木復活で街ごと崩壊!ヒーロー達も犠牲に

ヒロアカ 最新 話

最新記事 by 中年ペンギン• - 2020年6月26日• - 2020年6月25日• 第273話ではトガちゃんが謎の個性で巨大な手を出してこれから大暴れしそう。 ということで、さっそく274話のネタバレ予想します! 前話までのおさらい ヒロアカ274話ネタバレ予想「トガちゃんの後ろの巨腕の正体は?」 274話ではトガちゃんのこれからの行動、そして死柄木弔vsエンデヴァーの戦闘がどうなるか注目されます。 まずはトガちゃんから。 トガちゃんとコンプレスは、山荘へ乗り込んだヒーローの個性によって捕まっています。 その時の様子がこちら。 自分たちを捕まえた謎生物は今回使ってなかったけど、これは単にどんな"個性"なのか把握してなかったからかな。 無重力はお茶子が使う様子を見てたから使ったと。 まあ彼女にとっては馴染んだ刃物を振るった方が圧倒的に効率良いし、あえて他人の"個性"を使う理由もないか。 トガちゃんを捕まえたヒーローの個性はよく分かりませんが、謎の白い触手のように見えます。 ・手から生えている ・形が白い生き物のよう でも今回のトガちゃんの個性は後ろの地面から直接生えてます。 見た目も手そのままです。 しかもデカイ。 ギガントマキアでもあんなに大きくない。 何か違うような。 きっとこれじゃない感じ。 今までいろいろな血を吸ってストックしてあるから、それらを混ぜたのか? あるいは、怒りがきっかけで、個性がさらに覚醒したのか? 今まで吸った血の個性を自在に使えるとなると、トガちゃんの攻撃力もグンとアップします。 吸血版オールフォーワンのような感じですね。 トガちゃんの攻撃は高い身体能力を活かしたナイフによる攻撃が中心でした。 まあ、ナイフの方が血を吸えるから都合がよいわけですが、広範囲攻撃には向いていません。 しかし今回の個性は手をスタンプのようにして押しつぶせば応用範囲も広いです。 でもそうなるとロビンのパクリになってしまう。 堀越先生がそんなことするだろうか? あの手をどう使うのか?とても気になります。 予想では最初に手が生えてきて、それから頭とか胴体とか足とか全身が出てきて、最終的に巨人が現れて、それに乗って攻撃するトガちゃんがいたりして。 そしてなんと言ってもトガちゃんの眩しい全裸。 毎度ドロドロになっていますが、これも性癖を刺激してるのだろうか? ミルコの場合、褐色とかバニーとか筋肉ムチムチとか分かりやすいけど、トガちゃんの場合なんだ? おそらく、ローションまみれ属性とかナイフで切り刻む属性、血を見るのが好き属性とか、ちょっとヤバい性癖になりそう。 かなりマニアックだが。 着ていた制服は丁寧に畳んでどこかにしまってあるのかな。 というか、トガちゃんって脱いで全裸になってからいちいち変身してるのかな? 変身が解けるシーンは何度も登場したけど、平常時から変身するシーンってまだ出てきてないような。 来週のトガちゃんもどうなるか楽しみです。 ヒロアカ274話ネタバレ予想「死柄木弔vsエンデヴァーはどうなる?」 鳥肌モンのラスボスになってきた死柄木弔とエンデヴァーを比較すると、どう考えても死柄木弔の方に分があるように見えますね。 最終的にはエンデヴァーが死柄木弔に多少のダメージは与えたものの、やっぱり最後はやられてしまうのではないでしょうか? でも途中まではけっこう激しい戦いがあるはずです。 エンデヴァーの場合、空中戦をしつつ、最終的にはプロミネンスバーンが決め技です。 では死柄木弔の場合はどうか? 正直、強化された崩壊の個性だけでも十分、エンデヴァーに勝てると思います。 そして死柄木弔には強化手術でプラスされたいろいろな個性、強化された肉体があります。 仮にエンデヴァーが空中戦で勝負しようとしても、オールフォーワンは神野のときに「エアウォーク」という、いかにも浮遊っぽい個性を持っていたので、死柄木弔も持っているでしょう。 空中を歩く個性でしょうかね?飛べるかどうか分かりませんが、空中戦でもそこそこ戦えそうですね。 そしてオールフォーワンから譲られた強奪の個性。 ヒーロー側もまさかこの個性が譲られたとは思ってもみないでしょう。 最悪の結末としては、エンデヴァーは負けて、個性であるヘルフレイムを奪われてしまい、殺される、ということも考えられます。 ただし、せっかくNo. 1になったし、そう簡単には死なないと思うので、瀕死の重傷の時点で誰かが助けに行くでしょう。 ここはやっぱりデクだろうか?デクのいる場所から病院まではけっこう距離はあると思うが、頑張ればすぐ到着できるはず。 そして死柄木弔と一戦交えるデク。 死柄木弔はデクを翻弄しつつ、「お前を殺すのはもっと後だ」と王者の余裕をみせつけ、わざとデクを活かしつつ、その場を立ち去っていく、みたいなシナリオを期待できますね。 空中戦ならリューキュウとかもエンデヴァーと一緒に来ても良さそうだけど、避難誘導でやることがあるから、これないのかな。 あーしかし、ヒーロー側がどんどん負けるイメージしか湧いてこない。 ヒロアカ、やっぱ面白いわ。 ヒロアカ274話ネタバレ予想のまとめ 来週はマキアが80キロ離れている山荘から病院まで動き出すところが描かれるだろうな。 マキアが動き出した時点で、山荘側のヒーローはほぼ壊滅、敗走。 そして病院跡地の死柄木弔と合流し、圧倒的武力でエンデヴァーを倒す。 そんな感じになるかな。 おっと、トガちゃんも活躍も出てくるだろう。 あの謎の個性の正体、本当気になります。 ヒロアカ274話ネタバレ確定速報! 2020年6月8日発売の週刊少年ジャンプの僕のヒーローアカデミア274話より、確定速報を紹介します。 さっそく紹介します! ヒロアカ274話ネタバレ「新生・死柄木弔が始動!」 前回、病院跡地にて飛んできたエンデヴァーが死柄木弔目掛けて一直線に攻撃をしかけました。 立ち上がり、エンデヴァーを確認した死柄木弔。 目からキュウウ・・・という音がしてます。 何か個性を発動してます。 「サーチ」です! 今週号のタイトルが「サーチ」だから、おそらくオールフォーワンが神野でラグドールから奪ったものを死柄木弔に譲渡したのでしょう。 エンデヴァーはヘルカーテンで炎の包囲網を作り、逃さないようにします。 炎でジリジリと焼かれる死柄木弔。 接近し、交錯する両者。 死柄木弔の張り手を避けるように動くエンデヴァー。 「耐性がない人間が動ける温度じゃない。 こいつ、焼けた先から再生してる!」 ほー、「超再生」ですね。 死柄木弔はエンデヴァーに手を近づけると、エンデヴァーが遠くまで吹っ飛びました。 オールフォーワンが溜め込んでいた個性の一つですね。 「空気を押し出す」かな? エンデヴァーと戦いながら、譲渡された個性がまるで生まれつき備わっているかのように馴染む万能感に酔いしれる死柄木弔。 しかし、なぜか満ち足りない気持ちになる。 その時、ドクターから言われた言葉を思い出します。 「オールフォーワンが欲した全てのうち、唯一思い通りにならかった力、ワン・フォー・オール」 自分の中の何かが手に入れなきゃと駆り立てる、そう死柄木弔は思います。 思わず口に出してしまいます。 「ワン・フォー・オールを」 それを聞いたエンデヴァーは 「ワン・フォー・オール?」 そうです、エンデヴァーといえども、オールマイトの秘密は知らないので、個性の本当の名前も聞いたことがないのでしょう。 一方、エンデヴァーと通信をしていたバーニンもエンデヴァーのつぶやきを聞きます。 「ワンフォー?何?とりあえずアシスト向かう!」 エンデヴァーと戦いながら遠くに目を向ける死柄木弔は、遠方に光る何かを発見。 サーチがまだ発動中なのでしょうね。 そして確信します。 その先に求めるワン・フォー・オールがあることを。 エンデヴァーの援護に向かうバーニンを思わず引き止めるデク。 デクはこの時点で死柄木弔の狙いが自分であると予想してます。 しかしバーニンはデクに避難誘導をするように言います。 一方、死柄木弔は深くしゃがみこむと、大跳躍します。 まるでミルコの跳躍のようです。 「筋骨発条化」「瞬発力」「膂力増強」 この辺の個性の組み合わせでしょうか? そして死柄木弔の跳躍にエンデヴァーは通信で避難先の方角に向かってるから注意を呼びかけます。 デクのいる場所はその情報にざわつきます。 近くにいるヒーローに話しかけようとするデクですが、ヒーローたちが避難誘導してるところを見て躊躇します。 そこへ爆豪が 「ここで言ったらお前を守ろうとこの人員を割いちまうもんなぁ」 別行動を取ろうとしたら、別のヒーローがデクを守るためについてきてしまう。 そうなると避難誘導してるヒーローに迷惑をかけてしまう。 爆豪はその状況を正確に観察してそう言いました。 「ヒーローってのはみんなを守ろうとするからな」 「かっちゃん!」 爆豪は「一択即決だろ」と言います。 デクも、 「街の人たちの安全を最優先」 与えられた情報だけでは根拠が薄いけど、デクがここにいたら確実に死柄木弔がやってくる。 だからこそ、デクはここから動かないといけないわけです。 さりげなくデクと一緒に行動してくれるところが爆豪らしいですね。 「どこに行くんだ?」と呼ぶ轟に、「ちょっと忘れ物」と言うデク。 それを心配そうに見つめるお茶子。 そうこうしてるうちに遠方にいる死柄木弔はデクを発見。 デクも「こっちに来い!」そう思いながら移動します。 そしてデクは突然、エンデヴァーに個別通信します。 「死柄木弔は僕を狙ってます!人のいない方向へ誘導できるかも!」 ヒロアカ274話の感想と考察 新生・死柄木弔は弱点らしい弱点がなくなり、何が飛び出てくるか分からない感じになってますね。 そしてデクはデクでみんなを守るために自分が率先して危険に飛び込もうとしてます。 このまま行くと次回にはデクと死柄木弔が遭遇しますね。 エンデヴァーも駆けつけ、ギガントマキアも駆けつければカオスになりそう。 死柄木弔はオールフォーワンの個性を持ってますから、デクから個性を奪うこともできる。 次回も楽しみですね。

次の