魔王様リトライ アク。 小説『魔王様、リトライ!』が面白い!魅力を全巻ネタバレ紹介!【アニメ化】

魔王様リトライのキャラクター登場人物まとめ!作風がオバロに似ている?

魔王様リトライ アク

魔王様リトライの作品情報、内容 魔王様、リトライ! 原作 神崎 黒音 イラスト 飯野まこと ジャンル 異世界ファンタジー アニメーション制作 EKACHI EPILKA 放送期間 2019年7月~9月(全12話) 一般的な社会人である大野昌(おおのあきら)は自分で作って運営をしているゲームをいつもと変わらず使用していたが、ある日ログインをしているとなぜか異世界に飛ばされるという何とも不思議なことが起きる。 そしてもう一つ不思議なことに自分が作ったゲームに登場させている魔王のキャラに姿が変わった状態でさらにはその自分が作ったゲームの中である異世界に召喚された。 状況が理解できない中、成り行きでアクと言う名の少女を助ける。 アクと共に様々なトラブルに巻き込まれながらもどうしてゲームを作った自分がこの世界に降り立ったのかを知りたいので旅に出ることに。 魔王様リトライの2期の続編の可能性は 可能性についてだが「魔王様、リトライ!」の原作は元々人気でありテレビアニメはファンの中ではいい出来だと聞いていますが意外や意外でDVDの売上は正直良くないようです。 続編を作るためには約5000枚の売上が必要とのことで調べてみた結果になりますがなんと「魔王様、リトライ!」は約300枚という数字が出てしまっていました。 そのことから魔王様リトライの続編の可能性はだいぶ低いでしょうね。 魔王様リトライは打ち切りという感じになってしまいそうです。 魔王様リトライのアニメ12話の最終回では「つづく」というものじゃなくてまさかの「続け!」という斬新なテロップにより制作陣からの強い願望を感じたがあくまで願望ということで結果によっては作られないことの可能性も当然あるでしょう。 そして魔王様リトライのDVD売上の結果だけでなく原作もシリーズ累計発行部数は20万部以上ほど。 そのことからもあまり魔王様リトライが続編が制作されることは正直あんまり期待できないと感じてしまうのは仕方ないことでしょうね。 魔王様リトライの続編2期の制作会社は 魔王様リトライの制作を担当した「EKACHI EPILKA」はアニメ会社でよく東京にあることが多いと聞いていますがそれとは違い北海道にある会社であり制作をしたアニメはまだ2作品ほどで実績は少々物足りないと言ったものでしょう。 さらにファンからは魔王様リトライの作画崩壊がすごいといった意見もちらほらと。 あまり魔王様リトライの作画のクオリティ面に関して評価はよくないと言った印象ですがファンの中には面白かったと前向きな意見もあるので続編の期待をしていないとはハッキリと言えないのもまた感じたことです。 そして、もし続編があると仮定するなら制作は「続け!」とテロップを出してまで続編制作を希望した「EKACHI EPILKA」が意地でも作ろうとするでしょう。 魔王様リトライの続編2期の漫画はどこからどこまで? 魔王様リトライのストックはというと原作が噂では打ち切りになったと騒がれたこともありましたが実際はWEB版が完結をしただけで有料の完全版と言われている書籍版ではまだ連載は続いているのだと。 それを踏まえて魔王様リトライが現在出ているのは5巻ほどであり、アニメは3巻ほどを映像化したとのことなのでストックは簡単に考えると2巻ほど。 魔王様リトライは半年に1巻というスピードでの発行なので2020年2月で5巻が発売されたことを考えると次は早ければ2020年8月には6巻が発売されると安易な考えではあるが予想できるのでその感覚でストックが溜まると考えられます。 魔王様リトライの続編2期の放送日はいつ?打ち切りはあるのか? 先ほどから記載をしていたように個人的な意見になってしまうが魔王様リトライの続編が作られることはなく打ち切りになってしまう可能性があります。 ただ魔王様リトライの作品のストックについては溜まるのに発売スピードがよっぽどなにかしらの問題がなく、遅くならなければ早い段階で増えると考えられるでしょうね。 そう考えると後はDVDの売上と原作の売上が関わってくるのですからそこが問題になります。 DVD売上はハッキリと言って期待できない数字と思うので後は原作の売上になってきますがもともとは人気な作品なのでそちらはあんまり心配ないという感じがします。 ただ最近の異世界物が増えていることからそちらも若干心配があるといえばあります。 それを置いといて仮に続編があるのならストックを十分に溜めることから2022年くらいに放送すると予想されます。

次の

魔王様リトライのキャラクター登場人物まとめ!作風がオバロに似ている?

魔王様リトライ アク

アニメ「魔王様、リトライ!」っておもしろかったですか? 主人公が津田さんだから見始めたんですが、ちょっとどこかおもしろいのか分からないアニメでした。 おもしろくはないけど、津田さんだし、見るのをやめるほど酷いわけでもなく。 途中からアクの存在意義0で、ただ魔王に懐いている少女ってだけじゃないですか。 折角最初に出会った子なんだからもっと設定いかそうよ。 ルナもなぜ初対面で尻をたたくような男に懐いてついてきたか不思議。 霧雨零で森久保さん出て来て豪華だなって思ったけど、強キャラ召喚まで出来て(悠や田原)自分が別人の最強キャラにまでなれるなんてチートすぎ。 キラー・クイーン、なぜこの性格で聖女になれたんだ・・・。 トロンも今のところ、魔王サイドで活躍なしなので、魔王が少女に懐かれまくるアニメなのかな~ぐらいに。 「魔王様、リトライ!」って原作だとおもしろいんですか?よくアニメ化したなって思います。 感想検索してみると「どこかで見たような設定ばかり」「アクがあの姉妹の色違いにしか見れない」とか低評価多かったですし。 アニメ見た方おもしろかったですか? 全体の総意でなく個人的意見だとしてください。 『魔王様リトライ!』の原作者はわりと最近デビューの方で、1作目にオーバーロードの2次創作『OVER PRINCE オーバープリンス 』という作品を書いて当時話題になりました。 そして2作目としてオリジナルの作品を書きます。 それが『魔王様リトライ!』です。 小説家になろうに投稿された作品は現在では膨大で、 その中から『選んで読んでもらうまでが大変』なのですが 当時はオーバーロードの2次創作を読んでいたファンが 「神崎さんの次作だー。 プリンス面白かったし次も期待」と、 そのままスライドしてリトライの読者になった形です。 つまりリトライ最初期からのファンとはオーバーロードのファンが9割と言っても過言では無かったと思います。 で、「オーバーロード」と『魔王様リトライ!」を比較した場合に ・主人公が魔王 ・ゲームの最終日にログインしていてそのまま異世界に ・主人公は魔王のアバターのまま転移してしまう ・主人公の能力や強さはゲームの時のそのまま ・配下のNPCがいる ・やること成すこと偶然から「さす魔王」になる ・その気は無かったのに部下の暴走から世界征服へと続く 等、根幹となる基礎はオーバーロードそのものだし その他にも ・魔王のアバターを使っていた主人公。 中身は社会人のおじさん (九内 伯斗:モモンガ) ・ヤンデレ気味な部下(桐野 悠:アルベド) ・かなり頭のいい配下(田原 勇:デミウルゴス) ・主人公の黒歴史な存在(霧雨 零:パンドラズ・アクター) ・男の娘(ユキカゼ:マーレ・ベロ・フィオーレ) ・男勝りの言動の女戦士(ミカン:ガガーラン) ・厨二病のヒーラー(ミンク:ラキュース) ・正体を隠した謎の冒険者。 実は魔人(オルガン:イビルアイ) 似た設定を持つキャラクター等が登場するのが特徴です。 元々がオーバーロードの二次創作出身の作者という事と 読んでる読者がオバロファンという事もあり 「魔王様リトライ!」は好意的に受け止められスタートを切ります。 他作品のパロディやギャグが多めの作品でした。 マツコ似の貴族とかネット用語やヒャッハー達等々・・・ でもこの頃はまだアニメ化はおろか漫画化、書籍化すらされて無かった時期なので「身内ネタで楽しんでる」ような作品だったわけです。 オーバーロードっぽいネタだったり、幼女可愛いとか。 どこがおもしろいかわからなかったというのは「身内ネタがわかれば楽しめる」のですけど、わからなければただただすべってるだけだからです。 で、なんとなくこの作品が今期のアニメの中で評価されてた所もあったんですけど、それは『今期の他のなろう作品がつまらなすぎたから』と『声優がかなり豪華』だからです。 今期の他のなろう作品は、視聴者が「なろう作品」に慣れ過ぎたというのもあり、「どっかで見た転生」「どっかでみたチート」「視聴者に好かれない主人公」「作品が面白いか知りたいのに延々とどっかで見たことあるような『チートを得るまで』の練習や不遇の時期を何週にも渡って見せられるだけ」等 ハズレ作品が多く 逆にリトライはテンポよく毎週さくさく進むので好印象だったのと、作画ではなく声優に金を使った事、実況民の好むギャグ多めの話で盛り上がれる為に『実況向けの作品』だったんです。 一人で見てもリトライは面白くないと思います。 ギャグのネタがわからないなら尚更です。 この作品は実況を見ながら皆でヒデェなガハハとネタを笑う作品という見方が正しいです。 この作品は実況民がツッコミ入れやすいボケを出し、実況民が入れるであろうツッコミを実際にはアニメ本編内でも言ってるという状況です。 だから作画ヒデェで1話切りした人も居るには居るのですが『実況で盛り上がりやすい作品』という事で回を重ねれば重ねるほど実況に人が増えていきました。 勿論これは作者が意図してた方向とは違う盛り上がりだとは思います。 全うな人気の出方では無いので実際コレで本が売れるとはわからないですし。

次の

【魔王様、リトライ!】魅力あふれる美少女!可愛いキャラランキング

魔王様リトライ アク

アニメ「魔王様、リトライ!」っておもしろかったですか? 主人公が津田さんだから見始めたんですが、ちょっとどこかおもしろいのか分からないアニメでした。 おもしろくはないけど、津田さんだし、見るのをやめるほど酷いわけでもなく。 途中からアクの存在意義0で、ただ魔王に懐いている少女ってだけじゃないですか。 折角最初に出会った子なんだからもっと設定いかそうよ。 ルナもなぜ初対面で尻をたたくような男に懐いてついてきたか不思議。 霧雨零で森久保さん出て来て豪華だなって思ったけど、強キャラ召喚まで出来て(悠や田原)自分が別人の最強キャラにまでなれるなんてチートすぎ。 キラー・クイーン、なぜこの性格で聖女になれたんだ・・・。 トロンも今のところ、魔王サイドで活躍なしなので、魔王が少女に懐かれまくるアニメなのかな~ぐらいに。 「魔王様、リトライ!」って原作だとおもしろいんですか?よくアニメ化したなって思います。 感想検索してみると「どこかで見たような設定ばかり」「アクがあの姉妹の色違いにしか見れない」とか低評価多かったですし。 アニメ見た方おもしろかったですか? 全体の総意でなく個人的意見だとしてください。 『魔王様リトライ!』の原作者はわりと最近デビューの方で、1作目にオーバーロードの2次創作『OVER PRINCE オーバープリンス 』という作品を書いて当時話題になりました。 そして2作目としてオリジナルの作品を書きます。 それが『魔王様リトライ!』です。 小説家になろうに投稿された作品は現在では膨大で、 その中から『選んで読んでもらうまでが大変』なのですが 当時はオーバーロードの2次創作を読んでいたファンが 「神崎さんの次作だー。 プリンス面白かったし次も期待」と、 そのままスライドしてリトライの読者になった形です。 つまりリトライ最初期からのファンとはオーバーロードのファンが9割と言っても過言では無かったと思います。 で、「オーバーロード」と『魔王様リトライ!」を比較した場合に ・主人公が魔王 ・ゲームの最終日にログインしていてそのまま異世界に ・主人公は魔王のアバターのまま転移してしまう ・主人公の能力や強さはゲームの時のそのまま ・配下のNPCがいる ・やること成すこと偶然から「さす魔王」になる ・その気は無かったのに部下の暴走から世界征服へと続く 等、根幹となる基礎はオーバーロードそのものだし その他にも ・魔王のアバターを使っていた主人公。 中身は社会人のおじさん (九内 伯斗:モモンガ) ・ヤンデレ気味な部下(桐野 悠:アルベド) ・かなり頭のいい配下(田原 勇:デミウルゴス) ・主人公の黒歴史な存在(霧雨 零:パンドラズ・アクター) ・男の娘(ユキカゼ:マーレ・ベロ・フィオーレ) ・男勝りの言動の女戦士(ミカン:ガガーラン) ・厨二病のヒーラー(ミンク:ラキュース) ・正体を隠した謎の冒険者。 実は魔人(オルガン:イビルアイ) 似た設定を持つキャラクター等が登場するのが特徴です。 元々がオーバーロードの二次創作出身の作者という事と 読んでる読者がオバロファンという事もあり 「魔王様リトライ!」は好意的に受け止められスタートを切ります。 他作品のパロディやギャグが多めの作品でした。 マツコ似の貴族とかネット用語やヒャッハー達等々・・・ でもこの頃はまだアニメ化はおろか漫画化、書籍化すらされて無かった時期なので「身内ネタで楽しんでる」ような作品だったわけです。 オーバーロードっぽいネタだったり、幼女可愛いとか。 どこがおもしろいかわからなかったというのは「身内ネタがわかれば楽しめる」のですけど、わからなければただただすべってるだけだからです。 で、なんとなくこの作品が今期のアニメの中で評価されてた所もあったんですけど、それは『今期の他のなろう作品がつまらなすぎたから』と『声優がかなり豪華』だからです。 今期の他のなろう作品は、視聴者が「なろう作品」に慣れ過ぎたというのもあり、「どっかで見た転生」「どっかでみたチート」「視聴者に好かれない主人公」「作品が面白いか知りたいのに延々とどっかで見たことあるような『チートを得るまで』の練習や不遇の時期を何週にも渡って見せられるだけ」等 ハズレ作品が多く 逆にリトライはテンポよく毎週さくさく進むので好印象だったのと、作画ではなく声優に金を使った事、実況民の好むギャグ多めの話で盛り上がれる為に『実況向けの作品』だったんです。 一人で見てもリトライは面白くないと思います。 ギャグのネタがわからないなら尚更です。 この作品は実況を見ながら皆でヒデェなガハハとネタを笑う作品という見方が正しいです。 この作品は実況民がツッコミ入れやすいボケを出し、実況民が入れるであろうツッコミを実際にはアニメ本編内でも言ってるという状況です。 だから作画ヒデェで1話切りした人も居るには居るのですが『実況で盛り上がりやすい作品』という事で回を重ねれば重ねるほど実況に人が増えていきました。 勿論これは作者が意図してた方向とは違う盛り上がりだとは思います。 全うな人気の出方では無いので実際コレで本が売れるとはわからないですし。

次の