にんべん 漢字。 にんべんに衣(依)の意味、読み方、熟語、使い方

部首が「にんべん」の漢字一覧

にんべん 漢字

部首を画数から検索 スポンサードリンク 画数別部首一覧 画数別の部首一覧です。 画数から部首を検索できます。 1画から順に17画の部首まで記載しています。 2画の部首• 3画の部首• 4画の部首• 5画の部首• 6画の部首• 7画の部首• 8画の部首• 9画の部首• 10画の部首• 11画の部首• 12画の部首• 13画の部首• 14画の部首• 15画の部首• 16画の部首• 17画の部首• スポンサードリンク•

次の

にんべんに衣(依)の意味、読み方、熟語、使い方

にんべん 漢字

部首を画数から検索 スポンサードリンク 画数別部首一覧 画数別の部首一覧です。 画数から部首を検索できます。 1画から順に17画の部首まで記載しています。 2画の部首• 3画の部首• 4画の部首• 5画の部首• 6画の部首• 7画の部首• 8画の部首• 9画の部首• 10画の部首• 11画の部首• 12画の部首• 13画の部首• 14画の部首• 15画の部首• 16画の部首• 17画の部首• スポンサードリンク•

次の

【伶】の意味は?名付けのポイントを徹底解説!

にんべん 漢字

「伶」の意味や由来は? 「伶」は 「俳優、音楽を演奏する人」という意味をもつ漢字です。 「亻(にんべん)」は人の意味で、ツクリの「令」はお辞儀をして神様にお願いをする様子を表すので、2つを組み合わせて「神に仕える人」を表現します。 古来、神に仕える人は踊りや音楽を通じて奉仕していたので、そこから「音楽を演奏する人」という意味が生まれました。 また、音楽を演奏しながら人々が踊り舞い、神様を楽しませることを「わざおぎ」と呼んでいました。 その言葉に、近い意味をもっていた「伶」が当てられ、ここから「伶」は「俳優」の意味で使われるようになりました。 名付けで使い勝手の良い「伶」 「伶」は「レイ」の響きや、頭文字だけ読ませて「レ」の響きで使われます。 「レイ」や「レ」の響きは 様々な漢字と組み合わせられるので、男の子なら伶翔(レイト)、伶一郎(レイイチロウ)、女の子なら純伶(スミレ)、伶奈(レナ、レイナ)、伶美(レミ)などが考えられます。 男女ともに「レイ」の響きで一文字名前として使われることもあります。 ほかにも「リョウ」という響きもあるので、伶平(リョウヘイ)や伶太(リョウタ)などの男の子の名前で活用できますよ。 また、「伶」には似たような漢字に「」や「」があります。 どれも「レイ」の響きがあるので、画数や意味を元にどれを使うかを選びましょう。 これらの 違いを理解して、どの「レイ」を使うか検討してみてください。 「伶」にはどんな願いや想いが込められる? 「伶」がもつ意味からイメージを広げると、名前に願いや想いを込められますね。 俳優や音楽家がもつ「芸術に優れた」イメージを活かして 「芸術に秀でたクリエイティブな人になるように」という願いを込められます。 また、俳優や音楽家がもつ「人々を楽しませる」「感情を揺さぶる」という特徴を活かして 「人々を魅了するような人に成長してほしい」「感動を与えられる人になってほしい」という願いも表現できますね。 「伶」の漢字を使ってぜひ素敵な名前をプレゼントしてあげてください。 【組み合わせて使われる漢字】 伶(リョウタ) 伶平(リョウヘイ) 伶(レイト) 伶一郎(レイイチロウ) など 伶(スミレ) 伶(レナ、レイナ) 伶(レナ、レイナ) 伶(レミ) など.

次の