テラマイシン ドル マイシン。 ドルマイシン軟膏

テラマイシン軟膏の効能とステロイドの強さ!陰部には使える?

テラマイシン ドル マイシン

テラマイシン軟膏aとは テラマイシン軟膏aは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が販売元である市販薬で、第2類医薬品に分類されています。 薬局で買えるため、使ったことがある方も多いのではないでしょうか。 テラマイシン軟膏aは、 ポリミキシンB硫酸塩と オキシテトラサイクリン塩酸塩の2つの 抗生物質を配合した 化膿性皮膚疾患用薬で、黄色の軟膏剤です。 テラマイシン軟膏aの成分 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の公式サイトでは、テラマイシン軟膏aに含まれる成分について次のように記載されています。 引用元: ポリミキシンB硫酸塩は、緑膿菌、大腸菌、肺炎桿菌、エンテロバクターなどのグラム陰性桿菌に対して優れた抗菌作用をもちます。 オキシテトラサイクリン塩酸塩は、グラム陽性菌、グラム陰性菌、スピロヘータ、リケッチア、クラミジアなどに対して抗菌作用があり、タンパク質の合成を阻害することにより抗菌作用を示します。 テラマイシン軟膏aに含まれるこの2つの 抗生物質が、 細菌による化膿をおさえてくれます。 テラマイシン軟膏aの正しい使い方 患部にテラマイシン軟膏aを適量塗布する、または清潔なガーゼなどを使って貼付します。 間違った使い方は症状を悪化させる可能性も。 パッケージに記載されている正しい使い方を必ず確認して、守ることが大切! テラマイシン軟膏aの副作用・注意点 テラマイシン軟膏aは次のような方は 使用しないでください。 テラマイシン軟膏a、またはテラマイシン軟膏aに含まれる成分によってアレルギー症状を起こしたことがある方。 抗生物質によってアレルギー症状を起こしたことがある方。 副作用 テラマイシン軟膏aを使用した後に、 発疹、 発赤、 かゆみなどの症状があらわれた場合は、 副作用の可能性があります。 その場合はすぐに使用を中止し、医師や薬剤師、登録販売者に相談することをおすすめします。 長期連用はしないでください。 年齢に関係なく小児にも使用できますが、必ず保護者付き添いのもとで使用してください。 また、テラマイシン軟膏aはどこにでも塗っていいわけではありません。 次の部位には 使用しないように注意してください。 湿潤やただれのひどい患部• 深い傷やひどいやけどの患部• 目や目の周囲 テラマイシン軟膏aはニキビやニキビ跡に効果ある? 「テラマイシン軟膏aがニキビに効いた!」という声がSNSなどにあがっていますが、実際はどうなのでしょうか? 販売元であるジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に直接問い合わせてみました。 テラマイシン軟膏aはアクネ菌には効かない 「テラマイシン軟膏aはニキビにも効果ありますか?」と質問したところ、「テラマイシン軟膏aはニキビの原因となる アクネ菌には効果がありません」との回答をいただきました。 ニキビだけでなく、 ニキビ跡への効果も期待できません。 ニキビに塗っても悪化することはないようですが、やはりニキビには ニキビ治療薬を使ったほうがいいでしょう。 安易な自己判断はせず、どんな症状に効果があるのかを確認してから使用することをおすすめします。 テラマイシン軟膏aはどんな症状に効く? とびひやめんちょうなどに効果がある テラマイシン軟膏aは、とびひやめんちょう、毛のう炎などの 化膿性皮膚疾患に効果があります。 とびひ とびひは、ブドウ球菌や溶連菌などが原因で起こる皮膚の感染症です。 虫に刺されてひっかいた部分や傷があると、感染しやすくなります。 病院で治療をする際には、主に抗生物質の塗り薬や内服薬が処方されます。 めんちょう・毛のう炎 めんちょうと毛のう炎はニキビとは異なり、黄色ブドウ球菌などが毛穴に入り込むことで起こります。 めんちょうは顔にできるもので、特に口元や鼻にできるものを指します。 病院で治療をする際には、抗生物質の塗り薬や内服薬が処方されます。 テラコートリルやドルマイシンとの違いは? テラマイシンとドルマイシンは抗生物質 テラマイシン軟膏aに似た薬として、 テラ・コートリル軟膏aや ドルマイシン軟膏があります。 テラ・コートリル軟膏a テラ・コートリル軟膏aは、テラマイシン軟膏aと同じくジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が販売元である市販薬です。 テラ・コートリル軟膏aは、 ヒドロコルチゾン(副腎皮質ステロイド)が配合されているのが特徴であり、化膿性皮膚疾患のほか、湿疹やじんましん、かぶれやあせもなどの症状に効果があります。 ドルマイシン軟膏 ドルマイシン軟膏は、ゼリア新薬工業株式会社が製造販売元である市販薬です。 コリスチン硫酸塩と バシトラシンという2種類の抗生物質を配合しています。 とびひや毛のう炎のほか、外傷・火傷等の化膿を防いだり、治療などにも用いられます。 それぞれの違い つまり、 テラマイシン軟膏aと ドルマイシン軟膏は 抗生物質で、 テラ・コートリル軟膏aは ステロイド配合の薬ということになります。 市販薬を選ぶときはそれぞれの薬の特徴や違いを知り、 症状に合ったものを正しく選ぶことが大切です。 自分で選ぶのがむずかしいときは適当に購入せず、薬剤師や登録販売者に相談しましょう。 まとめ ニキビに効くと噂のテラマイシン軟膏aですが、 ニキビへの効果がないことが分かりました。 やはり、ニキビを治したいときは ニキビ治療薬を選ぶほうが安心で、効果も期待できるのではないでしょうか。 市販薬を使ってもなかなか良くならない場合や、ニキビが繰り返しできるという方は、 皮膚科を受診することも大切です。 ニキビケアに評判の化粧品をレビュー•

次の

テラマイシン軟膏a

テラマイシン ドル マイシン

とびひにドルマイシン軟膏を使う時の副作用!ステロイドなの? とびひは、単純な皮膚の炎症ではなく、その炎症部位に黄色ブドウ球菌や溶連菌といった細菌が入ることで現れる感染症です。 そのため、病院を受診すると、皮膚の中で繁殖している細菌に効果的な抗菌薬の飲み薬の他、皮膚の炎症部位を治す塗り薬を処方してもらえます。 ただ、急いでいる時や土日で病院が対応していない時は、市販薬でとびひの応急処置ができるものを知っておきたいですよね。 では、そんなときにドルマイシン軟膏を使うのはどうなのでしょうか。 ドルマイシン軟膏の効果・効能や副作用についてはコチラ! ドルマイシン軟膏は2種類の抗生物質を配合しているので、とびひ以外にもやけどやただれなど幅広い細菌感染症に効果を発揮します。 また、やけどや傷に起こった化膿性皮膚疾患の治療や予防にも使用できるので、とびひの初期症状で化膿を予防ができ、化膿した部位の治療にも使うこともできます。 そして、半透明でさっぱりとしたつけ心地な上に、お値段も手頃なので、ニキビ予防や治療のために家庭にひとつ常備しているという方も多いのではないでしょうか? それから、ドルマイシン軟膏はステロイドを配合していない薬のため、副作用の心配はあまりありませんが、稀に発疹や赤み、かゆみ、かぶれなどを起こすことがあります。 そして、初めてドルマイシン軟膏を使用した場合には肌が慣れておらずに初期症状として軽い刺激感がでる場合があります。 しかし、2~3日使っているうちに肌が薬に慣れて副作用も治まっていきますが、続くようであれば使用を中止することをオススメします。 また、抗生物質なので、長期的に使用すると効果が薄れる可能性があり、1週間以上使用しても治らない場合は使用を中止し、病院を受診するようにしましょう。 ちなみに、よく似ている名前で「ドルマイコーチ」という薬があり、これはステロイド配合薬で、化膿を伴うしっしんや皮膚炎に効果的なので、間違えないようにしましょう。 【Amazon. jp アソシエイト】 ドルマイシン軟膏の使い方はコチラ! 1. 洗顔やシャワーで炎症部位の汗や汚れを優しく洗い流し、清潔な状態にしてから、綿棒を使って薬を塗るか、ガーゼに薬をつけて炎症部位を保護します。 ガーゼは包帯や固定テープで固定し、化膿している炎症部位が他の部位や他のひとへ接触しないよう注意しましょう。 5~6日間使用しても効果がでない場合は、とびひの症状が進行しており、皮膚の中の細菌を駆除しないと治らない可能性があるので、病院を受診しましょう。 副作用がでた場合も使用を中止し、病院を受診しましょう。 ドルマイシン軟膏と同じように、抗生作用のある市販薬には、テラマイシン軟膏などもあるので、ドルマイシン軟膏が手に入らなければ代用してみると良いでしょう。 【Amazon. jp アソシエイト】 スポンサーリンク ステロイドはとびひの治療に不適切?!病院で処方されるのは? とびひで病院を受診すると、リンデロンやロコイドなどのステロイド系軟膏薬を処方されることもありますが、これらの薬ではとびひがなかなか治らないことがあります。 なぜかというと、ステロイドには皮膚の免疫を低下させる作用があるので、細菌がかえって繁殖しやすい環境を作り出し、とびひの炎症が悪化するためです。 なので、ステロイド軟膏薬はとびひの症状が【初期状態】の場合に限り効果的なので、もしも水疱が破けて化膿が始まった場合は使用を中止するようにしましょう。 それから、ステロイド軟膏薬を使う場合も、炎症部位に薄く適量のみ使用し、使用期間も守るようにし、副作用が出たら使用を中止するよう注意しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、とびひにドルマイシン軟膏を使う時の副作用やステロイドについて詳しくお伝えしました。 まず、ドルマイシン軟膏は細菌感染の症状に効果的で、とびひの化膿予防や治療に良く、ステロイド非配合薬のため副作用はほとんどないですが、稀に発疹や炎症の悪化が現れたり、初めて使う方は2~3日の間、軽い刺激感を感じることがあるのでしたね。 それから、使用する際は清潔にしてから炎症部位に綿棒で塗るか、ガーゼにつけて部位にかぶせ、固定テープで保護しますが、もし1週間近く使っても治らない場合は病院を受診して内服薬も処方してもらう方が良いとのことでした。 さらに、ステロイド配合薬はとびひを悪化させる場合もあるので、医師の指示通りとびひの初期症状のみに使い、副作用がでる場合は使用を中止するのでしたね。 カテゴリー•

次の

ドルマイシン軟膏

テラマイシン ドル マイシン

2.次の部位には使用しないでください (1)湿疹,ただれのひどい患部。 (2)深い傷,ひどいやけどの患部。 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (3)患部が広範囲の人。 (4)鼻腔等の粘膜に病変のある人。 2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ まれに次の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 [症状の名称:症状] ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。 3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください• 用法/用量.

次の