モンキー フル カスタム。 モンキー125(Monkey125 JB02)カスタムパーツ・アクセサリー・オプション集めました

新型モンキー125のタケガワ181cc改が初公開

モンキー フル カスタム

タイでも展示されなかった最強モンキー 3月末にタイで開催されたバンコクモーターショーでタイにおけるモンキーの正式発表が行われ、新たなカラーバリエーションやカスタムマシンが展示されたのはした通り。 そこでは、日本のキタコなども出展していたがSP武川のマシンはなかった。 しかし、モンキーカスタム界の雄であるSP武川が何も開発していないハズがなく、4月29日にモンキーミーティングで初公開される運びとなったのだ。 公開されたマシンはSP武川らしくハイパフォーマンス系。 50のモンキーでもDOHC4バルブのデスモドロミックヘッドを作ってしまうメーカーだけあって特にエンジンに力が入れられている。 基本的にグロムとモンキー125のエンジンは同系なので、SP武川がこれまで開発してきたパーツがフル投入され、排気量は181ccに拡大。 それに伴いビッグスロットルボディーキットとインジェクションコントローラー、ベーシックマフラーで吸排気を整えている。 硬派なSP武川がモンキー125をカスタムするとやはりこうなる。 5速クロスミッションにスペシャルクラッチキットで乾式化された右のカバーはいかにも速そうな見た目に。 ちなみに燃料はハイオク指定になる。 リヤショックはアジャスタブルに 足まわりは車高、減衰力、プリロード調整が可能なリヤショックとアルミスイングアームを装着してこちらも強化。 また、ノーマルでは右側にアップマフラーが装着されていたのをダウンタイプとしたことで空いたスペースにR. サイドカバーをABS樹脂製で製作した。 サイドカバーの形状はノーマルに準じているので、マシンに溶け込んで自然な外観に仕上げることができる。 尚、R. サイドカバーはブラック、カーボンプリント、メッキフィルムの3種類で発売される予定だ。

次の

モンキー買取査定事例|2002年式のフルカスタムを20万円

モンキー フル カスタム

モンキー買取査定事例|2002年式 定番スタイルで纏めたフルカスタム カスタムによって買取価格が伸びたモンキーの好例 人気の定番テイストでセンスよくまとめたフルカスタム車両。 2002年式のホンダ・モンキーの査定価格は? 昨年2017年、生誕50周年を迎えると共に「平成28年環境規制」のあおりを受け、その長い歴史に幕を下ろしたホンダ・モンキー。 いくつかの派生モデルや特別限定仕様車などを生み出し、誰もが楽しめるホビーバイクとして、数多くのファンを持つ原付クラスきっての人気者です。 カスタム人気は非常に高く、兄弟車のゴリラと合わせ「モンゴリ」の愛称でも親しまれております。 今回はホンダ・モンキーのフルカスタム車の売却相談を受け、実車査定の結果200,000円で買取させて頂いた事例をご紹介させて頂きます。 モンキーを売りたい方必見! 4ストミニカスタムの定番車! ホンダ・モンキーは生産終了が発表されて以降はさらに高額モデル化!中古相場は今値上がりしています。 状態別の買取価格がわかる評価点別の相場表もページ下段でご案内しています。 屋内保管されていたこと、走行距離がわずか1,871kmしか乗られていないことから、前後サスの状態は存外に良好。 Fフォーク下部にグリスがどっぷり付着していましたが、オイル漏れなどはなく2002年モデルのモンキーとしては機能も良好。 カスタムモンキーではほったらかしにされることが多いリアタイヤ周りも、リアフェンダーを収納することですっきりとまとめております。 特筆すべき点はアルミ合金で延長加工したスイングアームで、社外ホイールなど随所にこだわりが感じられました。 残念ながら純正ホイールは欠品状態でしたが、カスタム内容は良い査定評価となりました。 買取で減点対象となったのは、社外サイレンサーの排気口とリアサスが近いのでリアサスが焼けてしまった点。 インナーチューブの塗装が広範囲に剥がれている点。 ホイールの使用感やリムの軽い腐食などです。 以上が今回のホンダ・モンキーの査定チェックポイントですが、全体的に綺麗な状態を維持してこられたこと、カスタムの仕方がツボを心得た完成度の高さであった点を評価させて頂きました。 人気の定番テイストを踏まえているカスタムによって買取価格が伸びた好例と言えます。 カスタムモンキーは得てして同じようなスタイルになりがちなのですが、異型のマフラーなどを用いたことでセンスよくまとめておられました。 (余談ですがカスタムにも傾向があり定番化しているスタイルは流通価格も安定しているため値付けがしやすい反面、オリジナル度が高いカスタムは全体の評価は難しく、社外品の価値に依存する傾向があります) 残念ながら、排気口とリアサスが近すぎて右リアサスが排気焼けを起こしており、腹下の軽微なサビと合わせてマイナスになってしまいました。 しかし、走行距離2,000km未満と低走行であること、その他部位の良好さを総合的に判断した結果、2002年モデルとしてもカスタムモンキーとしても相場平均を上回る査定価格200,000円にて買取させて頂きました。 お客様のご感想と買取後記 「出来る限り丁寧に仕上げてきた自信はあったのですが、これだけカスタムを分かって頂いて評価してもらえれば言うことなしです。 お願いします」という気持ちのよいお返事を頂けました。 オーナー様はガレージ内の換気にも気を配られていいて、ガレージ内のホンダ・シビックも非常に美しい外観をキープしておられました。 今回、ふとした拍子に愛車へのご興味が失われてしまったことはいたく残念でしたが、これほど大事に乗られてきたバイクをお任せ頂くということを嬉しく同時にその重みを大切に考えております。 弊社販売店の整備工場での簡単な点検整備後、店頭展示1週間にして新しいオーナー様が見つかり、次の活躍先が決まったことをこの場を借りて御報告させて頂きます。 またいつの日かバイクに対する気持ちが復活される際は、お気軽に弊社パッションまでご相談頂ければ幸いです。 2万円というモンキーの業者間取引史上最高値を更新しました。 こちらは50周年を記念して500台限定生産で抽選販売となった「モンキー50周年スペシャル」で、その稀少性の高さが評価されての結果となっております。 昨年2017年モデルの新車販売価格が税抜き32. 6万円であったことを考えると、20%以上のプレミアがついている計算となり、程度状態のよいモンキーはますます高額買取が狙える状況となりつつあります。 直近1ヵ月間では落札データがありませんが、高額車両として忘れてならないのが1967年の初代Z50M型のモンキーです。 過去12カ月間に遡ってみると7台の取引があり、最高値は53. 2万円、平均落札額は40. 3万円。 査定現場での買取額でも多少状態に難があっても20万円台~状態が良ければ50万円台以上が狙える相場となっています。 Z50Mに関しましては安定的にこのレンジの相場を少しづつ値を上げながら堅持しています。 また、今回買取りさせて頂いた2002~2003年のAB27-130型モンキーの相場についてもご紹介させて頂きたいと思います。 こちらは直近12ヶ月以内で全26台の取引があり、最高値をつけたのは走行距離わずか2kmの評価点7車両の44. 0万円でした。 次点は評価点6の33. 2万円と順当な形となりましたが、それに次ぐ価格となったのは評価点4の25. 4万円。 こちらは純正パーツの欠品があったがために評価4に留まった車両でしたが、カスタムパーツが多く1,000km未満という低走行が評価されての結果となりました。 このことからAB27型モンキーは、フルカスタム車両でも状態次第では十分高額買取が狙えると言ってもよいでしょう。 2002~2003年モデルは10万円台で取引されている割合が圧倒的に多いことから、査定現場で実際に提示される買取額は、業者市場での想定落札金額から業者の儲けと諸経費(出品手数料や運消費など)を差引いた額となる 10万円台の前半が平均的なラインとなり、状態に応じて買取額が上下する相場になっています。 続けて不動車や事故車・部品取り車を扱う「蚤の市」車両についても見て参りましょう こちらは直近6ヶ月内の取引データですが、全45台中最高値をつけたのはAB27-100型モンキーで、落札価格は20. 2万円と高評価。 その後はZ50A型の18. 8万円が続き、最低取引価格はZ50J型の3. 2万円となりました。 全ての出品車両が入札されていることからもお分かり頂けるかと思いますが、人気の高いホンダ・モンキーは不動状態であっても十分な車両価値があり、余程のことがない限りは査定価格が付いて買取対応できる可能性大となっております。 事故車・炎上車ももちろん買取での対応は十分望めますので、処分にお困りのモンキーオーナー様は、是非弊社パッションの出張査定をお試しください。 ホンダ・モンキー豆知識 1967年の初代モンキー発売開始以来、50年という驚異的なロングセールスとなったホンダ・モンキー。 カスタムユーザーからの人気は非常に高く、スーパーカブベースのシンプルなエンジン構造でメンテナンスも容易であり、初心者でも維持がしやすいホビーバイクのお手本だと言えます。 シリーズを通してカスタム人気が高く、武川などのメーカーから多彩なパーツが販売されており、プラモデル感覚で自由自在にカスタムできる点が大きな魅力となっております。 生産終了のアナウンス以降、全体的に車両価格が高騰しつつありますが、特に公開抽選でわずか500台の生産となった「50周年スペシャル」、初代の「Z50M」は大排気量車顔負けのプレミア価格で取引されることも。 モンキーの買取相場 上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、 買取業者の転売金額です。 業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。 買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。 その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。 査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。 査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。 金額にすると 単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。 モンキーは売ろうと考え時が一番高く売れます 【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。 事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超! 弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。 【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】 お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。 安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

次の

ホンダモンキーをカスタムするならここから!初心者におすすめのアイテムや中古車情報をご紹介!

モンキー フル カスタム

モンキー125のホイールカスタム カスタムの王道「ホイール交換」。 好みのデザインをチョイスしてインチアップやカラーを変えることでモンキー125のイメージが大きく変わります。 純正流用も見逃せないのがホイールカスタムです。 モンキー125にNSR50のFホイールを装着するためのアクスルカラーです。 GROM用として売られてますが、モンキー125でも装着できます。 9㎏に軽量化もできました。 インプレ詳細はブログ... モンキー125のマフラーカスタム 走って楽しい。 聞いて楽しい。 見て楽しい。 それがマフラーカスタム。 サウンドが変わるのはもちろんのこと、パワー特性も変わります。 そしてその見た目の変化はモンキー125のカスタム度を大幅にアップしてくれます。 まず見た目。 細かいパーツまでクオリティが高く、さすがのヨシムラブランドです。 安物と違うのは素人でもわかります。 サイレンサーは好みでステンレス、チタン風ステンレス、チタンブルー、カーボンから選べます。 耳障りではないスッキリとした音質ですが、単気筒特有の重低音がしっかり聞こえ、結構音量は大きい方だと思います...

次の