マムタロト wiki。 Mrマムタロト討伐!! 太刀 ソロ 初見【Mhwi:モンスターハンターワールド:アイスボーン】

Mrマムタロト討伐!! 太刀 ソロ 初見【Mhwi:モンスターハンターワールド:アイスボーン】

マムタロト wiki

マム・タロト 別称 別称 爛 登場作品• 『』の第二弾にて登場した。 はなく、いわゆる 牙種の格。 ゼ ノ・ジーヴァ並の巨を誇り、左右にねじ曲がった巨大なのが特徴。 縄りである「 地脈の郷」を、然と闊歩する。 爛なにくの外殻をローブのようにう姿から『 爛(らんき)』とも呼ばれている。 この外殻はマム・タロトの を引き寄せる特殊で集まり、身体から発せられる高熱によって溶融した物である。 その中には、かつてマム・タロトに挑んだ達のがある程度原を保ちつつも溶け込んでいる。 古渡りの相にたどり着いた後も新の調を続けるは、ある日色にく跡を発見する。 見た事もないそれを大に報告すると、わせた1期団の団員達は一斉に色めき立ち、は初めてマム・タロトの名前を告げられる。 実は、マム・タロトはかつて年前の新において1期団がその姿を確認した古だった。 しかし調活動の基盤を整える的で結成された当時の1期団には調に必要な人材が足りず、強大な古の歩みを止めることすらかなわず取り逃がしてしまったがあった。 以降年間その足取りは全く掴めていなかったが、の上陸やのによって古であるもまた活性化したらしく、今回 が持ち帰った跡により「 地脈の郷」にて活動を再開したことが判明。 達5期団を軸とし、特別調が開始された。 、期間限定の「 狂乱のド」が登場。 歴戦王がされた事に伴い、通常個体および「地の奢なる宴」はされてしまった。 通常個体よりも攻撃・は大きく上がっており、何れの攻撃も即死級の危険を伴う。 慎重な立ち回りがめられる。 クエスト概要(上位) マム・タロトの特別調は特殊なで進行する。 まず、がを前提としており、集会の受付嬢か受注することができず、運チケットが使用不可となっている。 また、は標達成するまで同じ集会内のと連動しており、 最大16人で同じ個体に挑む設定となっていて、いずれかのが標を達成すると他のはをできなくても標達成したことになる。 ただし、後述の 達成度が低いと標を達成しても得られる特別報酬は少なくなる。 の調では棲み処まではできていないため、棲み処まで追いつめて討伐するということができない。 そのための最終標はマム・タロトの 大を全に破壊してサンプルを採取することだが、マム・タロトは一間やを行った後を立ち去ってが終了してしまう。 それでも失敗とはならず、跡の採取や部位破壊・マム・タロトの移動など調に貢献することによってが加算され、次回のに持ち越すことができる。 そのを貯めていくことで 追跡と 達成度が上昇する。 追跡が上がると「導による誘導」が発動。 更に「を立ち去るまでの時間」が延び、「部位の壊しやすさ」があがる。 それにより 大の部位破壊が行いやすくなり、最終的にりの腕と装備があれば何度か周回することでをすることができる。 また、 達成度を上げると標達成後に受付で貰える特別報酬のが増える。 前述のようには他と連動しており、 調項の達成によるは他のが取得しても少量自にも加算される。 クエスト内容 開始直後は「 地脈の郷」 1にマム・タロトが現れ、を始める。 全身が分厚いの外殻に覆われているため、多少の攻撃はほぼ視して歩き続けるので、内の落石やのを駆使して効率よくを与えよう。 内にはの他、全身ぴかのが多数生息しており、マム・タロトが落とす跡からを採取したり、を攻撃してくる。 撃退するとほぼ確実にを落とすので、調合を用意すればマム・タロトを各種にすることができる。 から立ち去る前に一定以上のを与えると、程度にしか思っていなかったであろう達を脅威と認識したマム・タロトが 2へと逃走する。 2に到達すると達を待ち構えており、ここからは積極的に攻撃を始める。 2以降のマム・タロトはやローなど、と似た攻撃を仕掛けてくるが、体格のせいでスが全く違うため避けるのは容易ではなく、威も歴戦の個体に匹敵する。 また、 高温の熱をブとして吐くことができ、これを地面に向かって吐くと広範囲が焦熱化し、範囲内に居る間すさまじい勢いで火のを受ける。 「 強化」を発動していれば一応可だが、多段するため「 性」を上げていかないと耐えきるのは難しい。 胸などの較的がい部分を狙い続けるとによって奮し、急な体温の上昇でったが軟化するため、や部位破壊を稼ぐになる。 ある程度を与えるとのにブの熱でを開け、 3に逃走する。 その時に溶かされたが溶岩として流れていくが、はでそれに流されて進むことができる。 ー・・・。 3は溶岩地帯となっており、 ードか 耐熱の装衣の使用を推奨する。 一応 3の手前に ードのになる ヒンヤリダケがひっそりと生えている。 ここでは落石と噴火のを利用してを与えていくことになる。 落石は上手く誘導する必要があるため、とはある程度意思疎通させておくと成功しやすい。 ここまでの総が一定値をえることでマム・タロトは ったを解き放ちの姿を現す。 解き放たれたマム・タロトは全身のが剥がれ落ち、引き締まった体と々とした鱗を持った姿に変貌する。 特徴的な大もが剥がれに鈍くく部分が露わになる。 解き放たれた後は再びをブで溶かして 4に逃走。 そこには今までのに居たはおらず、中央に登れる石柱がある狭いになっている。 解き放たれたマム・タロトは今までとはべ物にならない程機敏に動き、のローブの下に隠されていた太いをのように振り回し、頭の大を地面につけたり、つけからの突進攻撃を多用するようになる。 ブも相変わらず使用するが、このでは更に広範囲の地面を焼き尽くすブを使用し、 その後一間のが溶け落ちてくるというが発動する。 それがに直撃するとと共に吹っ飛ばされる。 このまで来たら後は大の全破壊に集中し、の部位破壊も可だがついでとして行おう。 今までより頭を低く下げているが増えており、四肢への蓄積でも可。 や睡眠および、弾があればそれらを使って頭部への攻撃を最大限増やす立ち回りにしよう。 大が折れたらめでたく標達成である。 折れずに立ち去られてしまっても、次回はより破壊が容易になっているため諦めず挑戦してみよう。 剥ぎ取りは折れて残った大から4回できる。 装備概要(上位) から作れるは存在せず、特別報酬や剥ぎ取りで得られたマム・タロトのに 溶けて混ざっていたを鑑定し、他ののを用いて修復した物として手に入る。 種によっては現状の補となるものも存在するが、ごとに複数ある物がにするため狙ったのを手に入れるのは非常に難しい。 防具は火とが非常に高く、それ以外はかなり低いという極端な耐性だが、4. 00まででや氷攻撃を持つは少ない上に、構成上部位ごとに使い分けることが多いため、あまり気にならないだろう。 はの甲冑、は同じくの奢なといったである。 いずれも形は違うが、マム・タロトの大を思わせるが頭に付いている。 モ装備はとしたの毛に包まれたぴかボーツである。 説明ではマム・タロトの鱗や甲殻をに加工した物らしいが、どうやったらそんなことができるのかはである。 ただし古装備であるにもかかわらず、を備えていない。 生産が存在しないため「 爛の煌玉」は防具を全て作るにしても4つで十分だが、ほかのいくつかの部位には別の古の宝玉をとしているため、作成は少々高い。 クエスト概要(MR) 通常のとしては登場するため、追跡や達成度のはなく、人数による体変動にも対応している。 排出されるやそれまでの上位マム・タロトのは鑑定の錬成に使用できる。 ただし、から錬成して鑑定する場合1回に3つなので、多くの鑑定をめる場合は上位の方が適正ではある。 (人口的な問題は出てきそうだが) クエスト内容 まず、全体的に上位でを悪化させていた1へは行けなくなり、2からのとなった。 また、傷つけとぶっ飛ばしの組み合わせで胸や腕のをすぐに剥がせるようになり、潜ってを再びうこともないため、胸への集中攻撃がしやすくなっている。 また、2で形態移行してから3へ移動するようになっている。 3では、地の落石は見当たらなくなっており、手前側のみとなっている。 4へ移行した後、新モーションを覚えるが、を見て位置をしたり、単純にに回避をめたり等の純な技が追加されている。 (度々溶岩が落ちてくるのは相変わらずだがご敬か) また、全体的な質が上位のものとは変わっており、全体的に弾との数値が20近くと通りにくくなっていて(胸の弾質は)それに対してと打の質がでも付近、最大で以上となっており、士での攻撃がを出しやすい状態になっている。 また、形態移行前のの変化により、の必要性があまりない。 ちなみにが足りていなければて実質失敗になるのは相変わらずだが、当時の上位のマム・タロトほど要値が高いわけではない。 また、マム・タロトと遭遇しなければるまでの時間が消費されないため、ごとでの準備も十分に出来る。 装備概要(MR) は上位の鑑定を強化するという形となっている。 その強化値は種ごとにおおよそ固定されており、が相当に修正される。 また、全ての近接はlまで強化した際に5が実質付与されるような形となり、れ味がになっている。 ちなみに強化した鑑定は強化が可になっている。 このとボーンの調整や防具の組み合わせので全体的にはや一部の生産に匹敵するのはほぼに「会心撃【】」が付与されている皇となっており、強化と強化で値を引き上げ、の防具を位以上採用して使う等と言ったことが可である。 そのため、としてはこちらの方が評価されている。 ただし、ラものマム・タロトの防具である、マイラに搭載されているの1部位として扱うことが出来るという側面も持っており、ラを活かしたいのならその一つとしてを利用することになるか。 また、は2部位で根性が発動し、4部位で感・極意が発動する。 また、マイラは一部部位にはチャージや会心等の有用が多めで付与されており、一部の装備編成で使用することもあり得るとなっており、その他の部位には感や食い等が付与されている。 余談 の間では名前をもじって 「マム」「マムタロサァン」と呼ばれることが多い。 地なのにである。 ちなみにとは呼ばれているが雌雄は特に明言されていない 「たろさぁん」 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

歴戦王マムタロト攻略!おすすめ装備と「怒り荒ぶる状態」解放条件について解説!虹色の鑑定武器は全56種類!【モンハンワールド攻略】

マムタロト wiki

スポンサーリンク 1歴戦王マムタロトおよび鑑定武器について解説。 マム・タロトの撃退なので討伐クエストではないです。 新モーションとして、首を振りながらのビームなどが追加。 さらに、 「怒り荒ぶる状態」が追加されています。 怒り荒ぶる状態の解放条件・方法と新しい報酬について 黄金を積極的に攻撃して条件を満たすと 黄金から解き放たれた後に「怒り荒ぶる状態」に変化 します。 つまり、エリア4までに部位破壊をいかにできるかが一番重要ということ。 これを踏まえると、「部位破壊を最もできるエリア1でどれだけ破壊できるか」が重要になりそうです。 最終的にエリア3までに「 金属の調査は十分だ」という部位破壊条件を達成すると、 次のエリアで「怒り荒ぶる状態」になります(やってみたら、大団長の言葉がなくてもなるときはなりました 笑 ) すると、「 怒り荒ぶる状態で大角を破壊する」の調査項目が追加され、条件を達成すると報酬も増加するという仕組みです。 報酬には 虹色枠が追加されています。 この虹色枠を多く入手するために、怒り荒ぶる状態にする必要があるということですね。 虹色枠・金枠からは 「灼熱を帯びた武器」が出ます。 皇金の太刀・熔山など、新鑑定武器が登場。 まだ途中ですが、一覧をご紹介しています。 その他の変更点も記載します。 ・ 落石が2625ダメージに変更。 さらに、爆弾と大砲が450ダメージに増加しています。 基本的には、火力と体力、モーション、歩く速度以外は以前のマムタロトとそこまで変わりはない、とのことです(公式情報)。 ただし、怒り荒ぶる状態になるとかなり強化されますし、 実際プレイしてみて以前とは違う部分(重要)もあったので書きます。 1エリア1での落石ポイントを把握しておく。 まずは追跡ポイントを貯める。 上がエリア1での落石ポイントです。 落石はかなり重要なので、エリア1で積極的に狙っていきます。 また、大砲は4か所にあります。 ただ、歩く速度が速いとのことで今回は大砲を積極的に使うべきかは難しいところ。 落石&大砲はもちろん狙っていきたいですが、破壊王ありで積極的に攻撃したいです。 特に重要なのが、 最初は追跡ポイント(痕跡)を貯めることに集中したほうが良いということ。 『星の船』のクエストカウンターでは、マムタロトの調査状況を確認することができ、メンバーの調査結果が上の画像のように「追跡レベル」になって表示されます。 追跡レベルが高いほどマムタロトが立ち去るまでの時間が長くなったり、部位破壊しやすくなります。 「追跡レベル」は痕跡集めや部位破壊、体力を削ることなどによって上昇するため、 積極的に痕跡を集めたり、部位破壊を狙っていきましょう! 飛散した黄金片を集めることで追跡レベルを早く上げることができるので、こちらも積極的に拾うようにします。 とりあえず1回目は痕跡集めをして最後までやり抜きましょう。 ) 2虹色枠を手に入れるために「途中帰還はしない」! 達成度(調査項目条件) エリア2、3、4に到達 怒り荒ぶる状態で大角を破壊 マムタロトが 解き放たれた 大角を完全に破壊 大角の一部を破壊 大角の黄金を破壊 尻尾を破壊 左前脚の黄金を破壊 右前脚の黄金を破壊 右胸の黄金を破壊 左胸の黄金を破壊 右後脚の黄金を破壊 左後脚の黄金を破壊 尻尾右側の黄金を破壊 尻尾左側の黄金を破壊 追跡レベル6に到達 追跡レベル4に到達 追跡レベル2に到達 また、 「初期から調査を完遂」も追加されています。 追跡レベル1の状態から最後まで大角を破壊すると、達成度ポイントではなく虹色枠が2枠追加されるというもの。 つまり、 追跡レベル1から参加してクリアするだけで「怒り荒ぶる状態」にならなくても虹色枠が2枠がもらえる、というご褒美仕様になっています。 ということは、 追跡レベル1の最初から集会所に参加して最後までやっていくほうが良い、ということですね。 これまでのように「既に追跡レベルが高い部屋」を狙って回るやり方はあまりおすすめできないということ。 さらに、これまでは痕跡集めなどをしてキリがいいところで帰還していましたが、 今回はこの仕様があるためにエリア3などで途中帰還するのはおすすめできません。 きちんと大団長が「このくらいでいい」と言うまでやり遂げる必要があります。 これが今回やってみて一番驚いたことでした・・・。 ただし、大団長が帰還命令を出すまでの時間が個人的にかなり短くなっている気がするので(その分クリア自体は難しい)、 とりあえず、追跡レベル1の部屋に入り、 まずはひたすら最初はマムタロトの痕跡集めを「威嚇3」などをつけて行うか、 あるいは「破壊王」をつけて部位破壊を狙いつつ、痕跡集めをしましょう。 1巡目で エリア1で痕跡集めだけして(ダメージ与えずに)、さっさと「もういい」と言われるやり方もかなり早かったです(ただし、集会所の人間がやり方をわかっている必要あり。 ) 集会所の皆でやると2巡目にはレベル6でした。 集会所の方が攻撃している場合は、エリア3までに部位破壊して最後までやる方法でいいと思います。 ・部位破壊:13P ・痕跡集め:10P 特にマムタロトでは破壊王はつけておいて損はないと思います。 特に、今回はエリア1で部位破壊をどれだけできるかも重要なので、積極的に破壊していきましょう。 ちなみに、 地面に潜ってまた復活した場合、また部位破壊ができるチャンスが増えるのでお得です。 スポンサーリンク 2歴戦王マムタロトの弱点を把握しておく。 こちらは通常マムタロトの弱点と破壊可能部位です。 有効属性は 最初は雷、解放後は氷と龍となっています。 そのため、最初の段階では雷属性武器、後半は氷または龍属性を持っていくのが吉。 今回、 しっぽ破壊のポイントがかなり上がったので、しっぽは確実に破壊したいところ。 しっぽは切断ではないため、ハンマーなどでも破壊可能です。 また胸を弱点属性で狙うことで、軟化が速くなります。 以上今回の歴戦王マムさんおすすめ攻略法をまとめると、 1追跡レベル0の状態から始めること。 最初はエリア1で痕跡集めをしてポイント貯める。 攻撃しなければ8分内で終わる。 最後までやること。 2次の2回目以降に、 エリア1で破壊王をつけて積極的に部位破壊をする。 落石をする。 できればこの段階でレベル5以上にしておきたい。 3 弱点の胸を雷属性で狙う。 軟化させて同時に部位破壊していく。 エリア2と3ではしっぽもできれば狙いたい。 4解放後は「氷または龍」属性でとどめ。 火力大なので、広域化のヒーラー装備もいいかも。 大角は睡眠&大樽爆弾Gも使っていく。 睡眠はなるべく最後に残す。 怒り荒ぶる状態は火力が高いので、秘薬を準備。 さっさと眠らせちゃいます。 という感じでしょうか。 おすすめ装備も以下にご紹介します。 スポンサーリンク 3歴戦王マムタロト対策おすすめ装備 これまでのマムタロトさんで既に装備はある程度決まってきていると思いますので、 あくまで歴戦王マムタロト初見用の安全装備としてまずご紹介します。 (周回用でもっといい装備を見つけたら追記します) 武器はやはりエンプレスシェル冥灯。 睡眠ボマー&雷属性攻撃&斬裂弾を狙います。 苦手な方はライトボウガンが一番おすすめ。 これに破壊王スキルを積んでいきます。 【発動スキル】 発動スキルはこんな感じです。 破壊王&雷属性強化でとにかく部位破壊を狙っていくスタイルです。 エリア4では睡眠弾&ボマーで大角を破壊し、さらに斬裂弾でしっぽも狙っていきます。 自信がある場合は、体力をなくして攻撃などに変えても大丈夫です。 ただ、 実際やってみて火力大なのでガンナーの場合は特に体力3あったほうがいいと思いました。 怒り荒ぶる状態が過激すぎて乙してしまう場合は、ガード強化&ガード性能を積んだ装備もあり。 その他に以前ご紹介したマム専用エンプレスシェル装備は以下をどうぞ。 私の(女性の)転職体験も載せていけたらと思います。 その他PCやPS5など基本的に管理人の好みをメインに自由に投稿してます。 自由にコメントできますので、皆様の考察やご意見お待ちしております。 152• 256• 236• 1 スポンサーリンク.

次の

【MHW】マムタロト攻略 大角破壊のやり方、方法や弱点と立ち回り方について

マムタロト wiki

マムタロトの痕跡を拾うか部位破壊をすると、追跡レベルが上がる。 追跡レベルが高いほど戦闘時間が長くなり、部位破壊もしやすくなる。 立ち去ってしまってもレベルは引き継がれるので、挑む度に戦闘時間を伸ばすことが可能。 クエストは最大16人で挑む! マムタロトのクエストは、 集会エリアにいる最大16人が4パーティに別れて行う特殊な形式。 それぞれのパーティが何度もマムタロトに挑み、調査を進めることでクエストが進行していく仕様だ。 ソロでの挑戦は非推奨 マムタロトにはソロでも挑戦はできる。 報酬の鑑定武器を集めよう マムタロトのクエストをクリアすると、鑑定武器を入手できる。 数ある鑑定武器の中から、望みの武器を入手することがゴールだ。 達成度が報酬の質に繋がる クエストには達成度というゲージが設定されており、達成度が高いほど報酬の質も上がる。 ただクリアするだけではなく、できるだけ達成度を高めることが大切。 マムタロトエリア1の立ち回り エリア1の立ち回りとポイント• 1周目では痕跡集めに集中• 2周目から攻撃開始• 落石を活用する• ダメージが足りていればエリア2へ 1周目では痕跡集めに集中 クエストに1周目 追跡レベル1 で参加した場合は、攻撃や落石をせずに追跡レベル上げに集中しよう。 マムタロトはエリア2へ移動しながら痕跡を落とすため、 怯ませてしまうと痕跡集めに時間がかかる。 2週目から攻撃開始 1周目で痕跡を集めて追跡レベルを上げたら、2週目以降はエリア1から攻撃していこう。 痕跡を集めつつ部位破壊することで、効率的に追跡レベルを上げられる。 落石を活用する マップ内の上部を見上げると、落石を落とすポイントがある。 落石できるポイントは砂埃が出ているため、きちんと狙って落とせば、大ダメージかつダウンさせて攻撃チャンスを生める。 ダメージが足りていればエリア2へ マムタロトはダメージが蓄積すると、エリア2で戦闘態勢に入る。 砥石やキャンプで装備を整えてから、エリア2へ向かおう。 マムタロトエリア2の立ち回り エリア2の立ち回りとポイント• 本格的な戦闘が始まる• 潜ったら爆弾を置く• 条件が足りていればエリア3へ 本格的な戦闘が始まる エリア2へ向かうと、エリア1に比べてマムタロトがこちらへ本格的に攻撃を仕掛けてくる。 転がり攻撃や灼熱ブレスといった広範囲の攻撃を繰り出してくるため、きちんと動きを見極めよう。 潜ったら大タル爆弾Gを置こう マムタロトは、たびたび地面に潜って黄金をまとい直す。 その後 すぐに潜った場所から出てくるので、爆弾を置いておけば大ダメージを狙える。 条件が足りていればエリア3へ 多数の部位破壊を行い、十分なダメージを与えるとマムタロトはエリア3に移動する。 エリア3は熱ダメージが発生するため、 移動する前にクーラードリンクを飲んでおこう。 マムタロトエリア3の立ち回り エリア3の立ち回りとポイント• ここでも落石を活用する• 噴火を当ててダメージを稼ぐ• 複数部位破壊で解き放たれる ここでも落石を活用する エリア3にも落石ポイントが複数存在する。 石ころやハジケ結晶などをスリンガーで撃ち出すか、遠距離武器で落下させて確実に大ダメージ&ダウンを狙おう。 噴火を当ててダメージを稼ぐ エリア3には落石だけでなく、龍結晶の地にも存在した噴火のギミックが存在。 こちらもうまく誘導して当てることで、大ダメージを与えることができる。 複数部位破壊で解き放たれる 複数部位を破壊することで、マムタロトは解き放たれる。 解き放たれたマムタロトは弱点が氷属性になるため、エリア4に行く前にキャンプで氷属性装備に変えていこう。 マムタロトエリア4の立ち回り エリア4の立ち回りとポイント• 本格的に角を狙おう• 格段に移動スピードが速くなる• 上層から落ちてくるマグマに注意 本格的に角を狙おう エリア4ではクエストの目的である、角の破壊をようやくここで達成できる。 真ん中の柱を利用してのジャンプ攻撃や怯みダウン・麻痺・睡眠などを活用して、パーティ全員で角を狙っていこう。 格段に移動スピードが速くなる エリア4に移動すると、マムタロトが黄金を纏ってないため移動スピードが格段に速くなっている。 武器種によっては角への攻撃が与えづらいため、 使う武器種をキャンプで予め変更しておくのも1つの手である。 上層から落ちてくるマグマに注意 エリア4では上層からマグマが流れてくる仕様になっている。 攻撃にばかり集中しているとマグマに気づかないため、 上方への注意も怠らないようにしよう。 マムタロトの行動と状態について 検証から推測した結果を掲載しています。 行動と状態の条件 行動・状態 条件 エリア2で 戦闘開始 エリア1での総ダメージ量と部位破壊数。 少ないとそのまま立ち去ってしまう。 エリア3で 戦闘開始 エリア2までの総ダメージ量と部位破壊数。 エリア4で 戦闘開始 マムタロトが解き放たれる。 軟化する 胸か胸の黄金への総ダメージ量。 潜って黄金をまとう 角と尻尾以外の部位を複数破壊する。 解き放たれる 多数の部位破壊をする。 解き放たれると、弱点属性が氷になる。 怒り荒ぶる まとい直した黄金を含めて、多数の部位破壊をする。 大団長が「金属の調査は十分だ!」と言ったら条件達成。 部位破壊数と総ダメージ量が重要 マムタロトの各行動は、部位破壊数と総ダメージ量が密接に関わっている。 スキルやアイテムをフル活用して、多くの部位破壊とダメージ稼ぎを行おう。 軟化が最優先 マムタロトは胸へのダメージが蓄積すると、 全身の黄金が軟化して肉質が柔らかくなる。 部位破壊も格段にしやすくなるので、エリア1の時点で胸は重点的に狙っていこう。 解き放たれると弱点が変化する マムタロトは雷属性が弱点だが、解き放たれると弱点が氷に変化する。 同時に雷属性が全く効かなくなるので、 属性で弱点を突く場合は必ず雷と氷の装備を用意しよう。 怒り荒ぶる状態を狙おう マムタロトは、怒り荒ぶる状態という特殊形態が存在する。 慣れてきたら、怒り荒ぶる状態の撃退を目指そう。 マムタロトの要注意攻撃 要注意攻撃 ブレス 前方のハンターにブレスを吐く。 横の範囲は狭いが即死級の威力なので、連続回避で対処しよう。 直立ブレス 直立して、地面に溶岩状のブレスを吐く。 溶岩は凄まじい威力の熱ダメージなので、マムタロトが直立したら絶対に離れよう。 薙払いブレス 前方を薙ぎ払うようにブレスを吐く。 動作は遅いが、範囲はほぼ前方180度なので背面にまわってやり過ごそう。 転がり 巨体を活かして転がる攻撃。 範囲が非常に広いため、剣士は常に警戒しよう。 尻尾 尻尾で薙ぎ払う攻撃。 尻尾の長さ故に範囲が広いので、慣れないうちは過剰に離れるのが無難。 のしかかり 上半身を大きく浮かせた後、前方へのしかかってくる。 範囲が大きい尻尾は前方などへ回避 黄金を纏ったマムタロトの尻尾は巨大で、攻撃範囲がとても広い。 尻尾を大きく振り上げたら、 マムタロトの前方か尻尾が届かない後方へ回避しよう。 転がりは前方か後方へ移動 転がる攻撃は範囲が横に長いため、 マムタロトの前方か後方へ移動すれば被弾しづらい。 かつ転がった後は攻撃チャンスにもなるため、そのまま一気に攻めよう。 ブレスはガードせず、とにかく離れる ブレスはパターンが多く、どれも即死級。 直線上なら側面に避けて攻撃、広範囲ならマムタロトの後方が安全。 距離を詰めすぎていたら、熱ダメージでみるみる体力を奪われるため、とにかくその場から離れるようにしよう。 クリア報酬と達成度の仕様解説 達成度の上げ方 まずは探索でマムタロトの痕跡を見つけよう。 どのマップでも痕跡は発見することができる。 痕跡は1つ見つければ条件達成だ。 マップに青色で「!」が出るのでそれを目安に探して話しかけよう。 期間外は挑戦不可なので、可能な限り周回を目指そう。

次の