早い対応 敬語。 お早いお返事ありがとうの使い方は?対応へのお礼の敬語・丁寧語表現は?

「なるべく早く」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

早い対応 敬語

早々 そうそう の意味• 急ぐさま。 はやばや。 まもなく。 その状態になってまだ間がないこと。 急いで物事をするさま。 さっさと。 簡略なさま。 手短なさま。 急なために対応やもてなしが不十分であるさま。 粗末なさま。 あわただしいさま。 急いで書き記したことをわびる意で手紙文の末尾に添えるあいさつの語• 急いで次の行動に移る様子• その事が実現したばかりなのに、早くも次の事が起こる様子。 こちらは、 急いでる感じがありますね~。 さて、「早々」にはもう一つの読み方があります。 すなわち、「はやばや」ですね。 早々 はやばや の意味 ここでは早々のもう一つの読み方、 「 はやばや」の意味をみてみましょう。 迅速な対応ありがとうございます• 迅速な処理• 迅速に行動する• 迅速果敢 ちなみに迅速も、目上の方や先輩、上司にも使うことができます。 まとめ 「そうそう」という言葉を音で聞くと、 敬語のように思えるのですが、実はそうではありません。 日本語というのは本当に難しく、 一つ間違えればとても失礼なことになってしまいます。 先輩や目上の方、上司に使える「早速」「迅速」。 後輩や同僚、自分自身に対して使える「早々 そうそう 」「早々 はやばや 」。 ちょっとしたニュアンスの違いですが、 上手に言葉を使い分けられるようになりたいものですね。 今回は以上です。 ご参考になりましたら幸いです。

次の

「ご対応」の意味と使い方・敬語・メール|ご対応いたします

早い対応 敬語

相手に早い対応をしてもらった時に、お礼メールを送る場合がありますね。 その際に、「 早い対応をしてくれて、ありがとうございます。 どう伝えれば、 ビジネスマナーを踏まえた正しいお礼の仕方になるのでしょうか? 目上・上司・社外など、あらゆる相手に使える敬語表現が次の2つ。 その表現が・・・• 迅速(じんそく)なご対応• 早速(さっそく)のご対応 これらの用語によって、 相手に失礼な印象を与えずに「早い対応」をしてくれたお礼を伝えることができます。 あらゆる状況で使用できるので、ぜひ使い方をマスターしていきましょう! ちなみに、私は過去にどう伝えればいいか分からず、「早々のご対応」という表現を使ってしまいました。 今になってみれば、恥ずかしい限りです…。 なぜ「早々のご対応」という表現が良くないのかについても、お伝えしていきますね。 そんなことにならないよう、 早い対応 への お礼メール を送る際の 敬語 表現についてしっかりと把握しておきましょう! まずは「迅速なご対応」についてお伝えしていきますね。 迅速なご対応に、心より感謝申し上げます。 迅速なご対応、ありがとうございました。 適切な敬語表現で、相手にお礼メールを書くことができれば、 マナーのある人だと認知してもらえます。 早い対応への感謝の気持ちを適切に表してくれたら、メールの受け手側は「これからも協力的に仕事を進めよう!」と思う可能性が高まるでしょう。 迅速なご対応という表現を頭に入れておくと、社会人生活で大いに役立ちますよ! 「迅速なご対応」という表現の他にも、「 早速のご対応」という便利な敬語表現もあります。 次の見出しで「早速のご対応」について見ていきましょう。 早速のご対応に感謝申し上げます。 早速のご対応、誠にありがとうございました。 早い対応をしてくれた後に、「早速のご対応」という文言があると、状況にマッチしている印象が強くなりますね。 すぐに対応してくれたことを的確に伝えることができます。 細かな気遣いの積み重ねによって、コミュニケーションスキルが高い社会人として認められる可能性がグッと上がりますよ! 「迅速なご対応」と「早速のご対応」は、どちらを使うのがよいのでしょうか? 次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 迅速なご対応と早速のご対応の使い分けは? 「迅速なご対応」と「早速のご対応」で大きな意味の違いはないので、基本的にどちらを使っても構いません。 ではどちらの方が使いやすいのでしょうか? それは・・・ 迅速なご対応 迅速なご対応は、 様々な使い方が可能です。 その理由は、「迅速なご対応によって~」「迅速なご対応のおかげで~」の~部分に、その後の結果も書けるから。 例えば次のような使い方ですね。 〇〇さんの迅速なご対応によって、問題を解決することができました。 迅速なご対応のおかげで、資料を完成させることができました。 それに対し、「早速のご対応」の方では、その後に続く文章に書く言葉が 感謝の言葉に限定化されてしまいます。 例えば、下記のような形式ですね。 早速のご対応ありがとうございました。 早速のご対応に感謝申し上げます。 「早速のご対応によって~」「早速のご対応のおかげで~」という使い方はしません。 ちなみに、「早々(そうそう)のご対応」という表現もありますが、この表現はオススメしません。 どうしてなのか次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 早々のご対応は相手に失礼? 「早々のご対応」は すぐの対応を意味します。 「迅速なご対応」もしくは「早速のご対応」と一見同じように思えますが、 注意が必要な表現です。 それは、早々は基本的に目下・友人などに使う言葉だから。 目上や社外の方に使うのは失礼にあたります。 わざわざリスクを負って、「早々のご対応」を使う必要はないので、避けるようにしましょうね。 どの表現にするか迷ったら、 「迅速なご対応」を使うのがベスト。 最も使いやすく、目上・社外にも無難な表現ですからね。 どちらも意味に大きな違いはありませんが、 使える幅が広いのは「迅速なご対応」ということを頭に入れておきましょう。 ただ単に「対応ありがとうございました」よりも、これらの用語を盛り込むことで、相手が受ける印象が良くなりますよ! 例えば、見積もりの作成を早く対応してもらった状況があるとします。 その場合、• 見積もり作成の件、ご対応ありがとうございました。 見積もり作成の件、迅速なご対応ありがとうございました。 どちらの方が印象が良いでしょうか? もちろん、後者の方が早く対応してもらったことに対する感謝の気持ちが強いので、印象が良いですよね! 私自身も、相手に早く対応してもらった際のお礼メールには、「迅速なご対応」を入れて、感謝の気持ちを伝えるようにしています。 ぜひ「 迅速なご対応」「 早速のご対応」の表現をお礼メールの中に盛り込んでいきましょう! 30歳代の現役会社員。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

早い対応へのお礼メール|2つの敬語表現で好印象を獲得【例文あり】

早い対応 敬語

気に入られていた上司に対して、正しい敬語を使う事が出来ずに嫌われてしまった、なんていう話はよく耳にします。 上司は特に部下の言葉遣いに対して厳しいものです。 逆に正しくて丁寧な敬語を話せる部下は重宝されます。 同じ仕事をしているのに敬語をしっかりと話せるか、話せないかで変わってくるものです。 こんな事で判断されているの?と思う人もいるかもしれませんが、敬語は社会人としてとても大切なのです。 「なるべく早く」という表現は不適切 例えば、上司に対して確認の返事を待っている状態だとします。 早く返答が欲しい時に「なるべく早くお返事をお願いします」と言われたらどう思いますか?少なくとも「なるべく早く」という言葉を使われたら、目上の上司は良い気分ではないでしょう。 「なるべく早く」は丁寧な言葉ではないので、上司に対して使うには不適切です。 上司に使う正しい敬語なのかを考えよう 社会に出る事によって殆どの人が敬語で苦労した経験があるのではないでしょうか。 シチュエーションによってはついつい正しい敬語が使えなくなってしまう事があります。 例えば、上司に対して確認待ちをしていた事があったとします。 早めに処理しておきたかったので、上司に「なるべく早くお願いします」と思わず口が滑ってしまう事があるでしょう。 本来であれば上司に対して「なるべく早く」というような表現は使うべきではありません。 上司が部下に対して使うのであれば何の問題もありません。 上司を立てる意識が必要 このような言葉遣いひとつが今後の仕事を左右すると言っても過言ではありません。 こんなにもったいない事はありません。 常に上司をたてるという意識で言葉を選んでいればこのような事にはならないでしょう。 正しい敬語を話すためには、上司をたてるという意識が必要です。 上司を立てる敬語を身につけよう 社会人が抱える悩みのひとつに正しい敬語が使えないという事があると思います。 あの時上司に対してもっと丁寧な敬語を使う事ができたら、今頃状況は変わっていたかもしれない。 そんな悔しい思いをしないためにも、社会に出る前に正しい敬語を使えるようになっておきたいものです。 中には特に勉強したわけではないのに、相手を立てる正しい敬語が自然に使える人がいます。 なぜでしょうか。 上司に気分良く居てほしいという気持ちが大事 上司を立てる敬語を使える人は、上司に気分よく居て欲しいという気持ちを表すことができています。 このような人は、上司に対して「なるべく早くお願いします」というような言葉は使わず「可能な限り早い対応をお願いします」という、相手に失礼のない表現を使うでしょう。 上司に対して敬語を使う際は、気分良く居て欲しいという気持ちが大事なのです。 「なるべく早く」をそのまま使わず上司を敬う敬語表現を使おう 敬語は難しいです。 ついつい上司に「なるべく早くお願いします」なんて言いたくなる時もあります。 若いうちはまだ許されるかもしれませんが、年を取った時に「なるべく早く」などという言葉を使っていては時すでに遅しです。 上司は正しい敬語を使えない部下に対し、見切りをつけてしまうでしょう。 このような状況に陥らないためにも、正しい敬語はしっかりと身につけておく必要があります。 「なるべく早く」という気持ちを伝える際は、「なるべく早く」とそのままの言葉を使わず、「可能な限り」など目上の人を立てるような表現を使いましょう。

次の